キャンプ

小型ガソリンランタンのおすすめ6選!マントルの寿命も解説!

キャンプシーンの夜、なくてはならないギアといえば、ランタン。今では、火災や燃料漏れ、火傷などの心配がいらないLEDランタンも多く登場しています。

でも、星降る夜にゆらゆらときらめく光をずっと眺めながらホットワインでも一杯・・・。こんな乙なムードを楽しみたいなら、断然ガソリンランタンがおすすめです。

今回は、持ち運びも便利な小型ガソリンランタンのなかでもおすすめ6選をご紹介します。ガソリンといえば、マントルが必須。マントルの寿命と、長持ちさせるコツなども解説いたします。

小型ガソリンランタンとは?

キャンプ用のランタンには、燃料の違いで3種類あります。火災や火傷などの危険性がない安全で使い勝手のいいLEDタイプ、ガスカートリッジを取り付けるだけの初心者にも使いやすいガスタイプ、燃焼時間が長くて光量もあるガソリンタイプです。

どのランタンにもメリット、デメリットがありますが、やはり昔からキャンパーや登山者に愛されてきた小型ガソリンランタンがおすすめです。

小型ガソリンランタンの魅力

ガソリンランタンとは、燃料「ホワイトガソリン」を燃料とするランタンです。「ホワイトガソリン」は比較的価格がリーズナブル。それに加えて、燃焼時間が長く、真冬の極寒の中、または冬山など厳しい環境でも、安定的に着火することができます。

なにより、ランタンの中では抜群の明るさを誇り、メインランタンとしてもテーブルランタンとしても使える、頼れるランタンなのです。なにより、微かな燃焼音、オレンジ色のマントルの柔らかい光は、静寂した大自然にぴったりと溶け込み、贅沢な時間が過ごせます。

ガソリンランタンの使い方

小型ガソリンランタンの最大の特徴は、着火までの一手間がいることです。これをデメリットされることが多いですが、この一手間こそが、キャンプの醍醐味ともいえます。

キャンプシーンの夜を迎える、一つの儀式として楽しむことができれば、この一手間こそ、ガソリンランタンの魅力とも言えるでしょう。

ガソリンランタンの着火方法

ステップ1:ホワイトガソリンを給油
火を燃焼させるための燃料をガソリンランタンに充填

燃料であるホワイトガソリンをタンクの八分目あたりまで入れます。八部目の理由は、あとで行うポンピングにて空気を加圧するため、その空間を空けておくためです。燃料:空気=8:2と覚えておきましょう。

また、ホワイトガソリンは純正を使用しましょう。純正以外のガソリンは、添加物がはいっていることもあり、ジェネレーターがつまるなどの故障の原因になることもあります。


[br num=”1″]

ステップ2:ポンピング
ポンピングとは、タンク内の空気を加圧させる作業

ポンビングをすることでタンク内の空気が加圧され、燃料が点火部まで送り出されという仕組みです。手順としては、まず、付属されているポンプノブで燃料タンクの圧力をあげていきます。ノブを押す、手前に引く、の動作を繰り返し、ノブが押し込めなくなるくらいに固くなったら、バルブを閉めます。

ステップ3:マントルの空焼き
マントルを取り付け燃料は出さない状態で、マントルを燃やし、灰状にする

マントルを取り付けます。取り付ける際に、紐は、固結びではなく2重の仮結びでしっかりととめます。結んだ後の余分な紐は切ります。マントルの取り付けが終わったら、ライターなどの火をマントルに近づけ、下部から全体的にむらなく燃やします。

一旦、黒くなるが、マントル全体が白っぽくなり灰のようになれば完了。マントルの空焼きが終わったら、ガラスグローブなどを取り付けます。ちなみに、バーナー部分のサイズもちがいますので、マントルもメーカーの純正のものを使いましょう。


[br num=”1″]

ステップ4:点火
種火を入れて、マントルに点火

種火をチャッカマンやマッチなどで入れ、火がうつったら、徐々に燃料バブルを開きます。マントルに火がうつったら、再度ポンピングをして明かりを調整し安定させて終了です。

ガソリンランタンに必要な道具

[br num=”1″]

[br num=”1″]

マントルの寿命について

マントルは、消耗品で寿命があります。マントルは一度空焼きつけるとそのまま、交換することなく使えますが、穴が空いたり、壊れてしまったら交換が必要です。

マントルの寿命は、1度つかって穴を開けてしまった人もいれば、15年ほど交換していない人もいて、人それぞれ。では、その違いはどこにあるのでしょうか?

マントルの寿命を長持ちさせるポイント

マントルの寿命の差は、メーカーなどの違いというよりもその人の使い方によることが多いようです。空焼きした後のマントルは非常にデリケートで、ちょっと手で触れてしまうだけ、破れたりします。
よって、必ずキャンプ場で空焼きをすること、空焼きをした後は、容易に手で触れたりしないで丁寧に扱うことが必要です。

また、マントルの破損の原因には、移動中、横向きにしていたり、車の振動によっが多く、使用後は縦おきで専用ケースにランタンを入れてあまり動かさない、移動の際は、ランタンを緩衝材で覆うなどの配慮によって、寿命は長くなります。
空焼き後のマントルは、デリケート!を合言葉に、赤ちゃんを扱うように、丁寧に扱ってあげましょう。

壊れてなくてもキャンプに行くごとにマントルを取り替える人もいます。マントルを綺麗なものに取り替えて、その時々のキャンプを新たに楽しむという、気持ちの切り替えという意味でもいいですね。

小型ガソリンランタンのおすすめ6選

小型ガソリンランタンのおすすめ6選をご紹介します。
ガソリンランタンの中でも、デザイン違い、アンティーク、マントルの数の違い、明るさの違いなど、様々なタイプがあります。昔販売されたデザインのものを集めていたりと、収集品としても楽しまれています。
ご自分のキャンプスタイルにあった大きさ、明るさや、好みのデザインをチョイスして、お好みのガソリンランタンを見つけてください!

ガソリンランタンといえば、コールマン!

ランタンメーカーとして1901年に創業したコールマン。質実剛健なランタンが揃い、こだわりのキャンパー達に絶大な人気を誇ります。そんなコールマンのガソリンランタンをご紹介します。

コールマン(Coleman)ワンマントルランタン

アウトドア界の定番中の定番
愛され続ける秘密は、作り込まれた完成度

ガソリンランタンが初めての方に、オススメの名品!
ガソリンランタンの定番中の定番として、多くのキャンパーに愛されています。なんといっても、ワンマントルなので、手入れも簡単。光量も200キャンドルパワーもあるので、メイン、サブどちらでもOK。ランタンデビューには最適です。モデルチェンジもなく、ずっと愛用できますよ。

明るさ:約200CP/130W相当
燃料タンク容量:約590cc
燃焼時間:約7.5~15時間
付属品:プラスチックケース
本体サイズ:約φ16×31(h)cm
重量:約1.4kg

コールマン(Coleman)ノーススターチューブマントルランタン

ポンピングも点火も簡単!
チューブマントルがつくる大光量

コールマンのランタンの中でも群を抜く明るさのノーススター。チューブタイプの大きなマントルが作り出す光は、ツーマントルランタンに匹敵するほど。
ポンピングも簡単、ホワイトガソリン仕様初の点火装置付なのでライターがなくても着火ができます。電池が必要なので、キャンプの時はお忘れなく。
明るい光がほしい!という方にオススメです。

明るさ: 約360CP/230W相当
燃料タンク容量: 約940cc
燃焼時間: 約7~14時間
サイズ: 約直径17.3×34.3(h)cm
本体重量: 約1.8kg

コールマン(Coleman)パワーハウスツーマントルランタン

2つのマントルで、頼れる明るさ
カーキャンプなどにオススメ

家族でキャンプに!という方に、おすすめのツーマントルランタン。
ノーススターの明かりは”白っぽい光”ですが、ツーマントルは、”太陽のような温かなあかり”。この暖色系でやさしい光は、キャンプサイトの気分をグッと盛り上げてくれ、心まであたたかくなりそうです。名前の通り2つのマントルが必要です。

明るさ: 約300CP/190W相当
燃料タンク容量: 約940cc
燃焼時間: 約7~14時間
サイズ: 約直径18×35(h)cm
本体重量: 約1.8kg

コールマン(Coleman)ツーマントルデュアルフューエルランタン

自動車用ガソリンでも点火可能
凡庸性高く、使い勝手よし

ホワイトガソリンも自動車用のガソリンも燃料としてつかえるので、災害などの非常時にも大活躍のデュアルフューエルランタン。オーソドックスなツーマントルタイプで、光量も十分、使い勝手もgood。290Aの光量を少しおとして、コンパクトにしたという印象です。

明るさ:861ルーメン(60W)相当
燃料タンク容量:2パイント
燃焼時間: 約7~14時間
サイズ: 約41×36×17cm(本体)
本体重量:約2.2 kg

コールマン(Coleman)シーズンランタン

その年だけの限定版!オリジナルデザイン
子どものバースデーランタンとしても人気!

コールマンジャパンが2005年から販売している限定ランタンです。前年の秋にその年のデザインを発表し、12月中旬に発売が開始されます。

2008年は「Rock」、2014年は「Cowboy」、2019年は「American coffeeShop」と、毎年テーマがあり、カラーやグローブのデザインが変わるので、コレクションとして集めている人も。また、子どもが生まれた年のシーズンランタンを購入し、先々子どもたちに渡すという、バースデーランタンという楽しみかたもあります。

明るさ:190CP/約130W相当
燃料タンク容量:約590cc
燃焼時間: 約7時間~15時間
サイズ: 約17cm×17cm×31(h)cm
本体重量:約1.4 kg

[br num=”1″]

スノーピークのパイルドライバーの使い方やおすすめケースもご紹介!

コールマン(Coleman)以外の小型ガソリンランタン

ガソリンも灯油も使える!
価格もお手頃でデザインもGOOD

ペトロマックスHK150のようなおしゃれなデザインで、かつ値段が半額!というコスパ高のランタンです。
中国製で作りは簡略化されてはいますが、ランタンとして、十分に明るく、暖色系の優しい光が好評です。とりあえず一度使ってみたいといった、ガソリンランタン入門の方におすすめです。

明るさ: 約120ルーメン/120W相当
燃料タンク容量: 約500ml
燃焼時間: 約7時間
サイズ: 180×300mm
本体重量: 約1.27kg