キャンプ

おしゃれキャンプの定番グッズをご紹介!おしゃれサイト作りに挑戦!

キャンプブームが熱くないくにつれて、キャンプサイトでは二度見してしまうほどおしゃれキャンプも見受けられるようになりました。
必要なギアはいっしょなのに、なんでこんなにおしゃれなの?と思ってしまいますね。

ここでは、おしゃれキャンプでよく見かける定番グッズをご紹介します。
また、人気のおしゃれサイトを解説付きでご紹介。
おしゃれサイト作りにぜひ、挑戦してみてください!

おしゃれキャンプに必要な定番グッズ!

[br num=”1″]
おしゃれキャンプと一言、インスタにいれるとたくさんの本当におしゃれキャンプを楽しんでいる人の写真がたくさんでてきます。
自分もおしゃれにしたいけど、じゃあ、なにから揃えればいいのかわからない・・・。
そんな人に、おしゃれキャンプを実行している人が定番としているグッズをアイテムごとにご紹介します。

おしゃれキャンパー定番グッズ①テーブル

196(イチ・キュー・ロク)ウッドテーブル

[br num=”1″]
これ一つで、一気におしゃれサイトに!
土佐ひのき製のロースタイルテーブル

おしゃれ度を上げたいなら、必須アイテムの木製テーブル。
これ一つだけで、キャンプサイトが一気におしゃれになるから不思議です。
見た目はもちろんのこと、土佐ひのきをベースに、硬くて丈夫なクルミ材を要所要所に使っていたり、細部までのこだわりが憎いテーブルです。
4.7kgなので、片手で軽々と持ち運びができるのもいいですね。
[br num=”1″]

DOD(ディーオーディー) テキーラテーブル

[br num=”1″]
焚き火の上でも使える!?
カスタム欲が湧き上がるローテーブル

スチール×木材のDOD テキーラテーブルは、天板部分3枚と脚部分の2つのパーツで構成されていて、パーツの組み合わせで、テーブルになったり、棚になったりと、いろんな使い方ができる優れもの!
カスタム前提で作られているので、オプションパーツもあり、ちょっとDIYで手を加えてオリジナルのツールを作っている人も。
カスタムしなくても、もちろん、見た目がカッコよく高見えするのも人気の秘密です。
[br num=”1″]

スノーピーク(snow peak)ジカロテーブル

[br num=”1″]
焚き火を囲んで、グリルを囲んで!
焼きながら食べられるって、画期的!

とにかく、ただただ、かっこいい!とその佇まいに惚れて、思わずポチッと購入してしまう人もいる、スノーピークのジカロテーブル。真ん中に、焚き火台、ロースターなどをおいて楽しめる、囲炉裏型テーブルです。BBQをすると、飲み物、お皿があちこちのテーブルにちらばって、人もうろうろ。そんな”BBQあるある”的、お悩みを解決してくれます。ただ、ちょと重いのがマイナスポイントだとか。
[br num=”1″]

おしゃれキャンパー定番グッズ②食器

ユニフレーム(UNIFLAME)fanカトラリーセットR

[br num=”1″]
シックで高級感ありのカトラリー
容器まで絵になる♫

フォーク・スプーン・箸が4セット、オリジナルケースに収められたカトラリーセット。
作りがしっかりしているのは、ユニフレーム品質だからこそ。
ファミリーキャンプ、グループキャンプにちょうどいいと人気です。

ステンレス製の容器は、そのままカトラリーをいれてディスプレイするだけで絵になる、キャンプ映えするビジュアルがgoodです。
[br num=”1″]

STANLEY(スタンレー)ベースキャンプクックセット

[br num=”1″]
調理器具から食器まで!
考えられたスタッキングに感動

フライパンと鍋の調理器具と4人用の食器とカトラリーがセットになった、クックセット。
この一セットを車に積んでおけば、「あ!忘れた!」なんてことが少なくなるとか。

セットだからと侮ることなかれ。
フライパンも鍋も充分に使えます。
なにしろ、渋目のネイビーとシルバーのスタンレーカラーのセットだから、とにかくおしゃれ度の統一感、満足感を満たしてくれますよ。
[br num=”1″]

Coleman(コールマン) エナメルディッシュウェアセット

[br num=”1″]
白×ネイビーのカラーがクール
ホーローだから、ガンガン使える!

コールマンの琺瑯製の食器セット。
マグカップ、プレート、ボウルがそれぞれ4つセットになっているので、ファミリーや友達数人とのキャンプにもってこい!

白とネイビーにコールマンのロゴが一つ。
シンプルなデザインなので、料理の盛り付けも映えて、琺瑯製だから、洗いやすく使い勝手もよし!
おしゃれだけど、ガンガン使えるのもいいですね。
[br num=”1″]

kuksa(ククサ)ハンドメイド木製コップ

[br num=”1″]
幸せになれる!?木製カップ
カラダもココロも暖かく

北欧フィンランドで白樺のコブから作られる伝統的なマグカップ「 Kuksa ククサ」。
幸運のシンボルともいわれ、プレゼントをすると受け取った人は幸せになれるといわれています。

一つ一つハンドメイドで作られているから、金属製のカップとちがって、木のぬくもりを感じられる口当たりは、一度体験するとやめられません。
朝のコーヒー、夜のワイン&ビールに。
たたずまいだけで絵になります。
[br num=”1″]

おしゃれキャンパー定番グッズ③テント

POLER × PENDLETONコラボテント

[br num=”1″]
アメリカ・ポートランド発祥のアウトドアブランドPOLeR(ポーラー)とオレゴン発祥のPENDLETON(ペンドルトン)のコラボテント。
ペンドルトン特有のパターンを採用したテントは、ポップでおしゃれでそのオリジナリティーは、キャンプサイトでも注目の的!
[br num=”1″]

NORDISK(ノルディスク)アルヘイムテント

[br num=”1″]
おしゃれキャンパーの憧れテント!
圧倒的おしゃれな存在感は、注目の的に

おしゃれなテントの代名詞とも言えるノルディクス。
北欧のアウトアドアブランドで、シロクマのマークが入った、コットン素材を採用したナチュラル感あふれるテント、といったらピンと来る人も多いのでは!?

アルヘイムは、円錐形のワンポールテントで設営も簡単。
日が沈んでから、暖炉やランタンをつけると、ほんわかと暖かい光で覆われて雰囲気抜群です。
[br num=”1″]

HILLEBERG(ヒルバーグ)ナロ4GT

[br num=”1″]
男心がくすぐられる
デザイン性と抜群の機能性

北欧のアウトドアブランド、ヒルバーグ。
見た目のクールさはもちろん、過酷な自然環境にも耐えうる引き裂き強度や耐水性はピカイチ!
お値段は少し張りますが、それ以上の安全性と信頼感があり、プロの登山家も愛用しているほど。

なかでも人気なのが、トンネル型のシリーズ。
軽量性と耐久性がバランスよく、ベンチレーションがあるので、夏の暑さ対策の備えもあります。
[br num=”1″]

おしゃれキャンパー定番グッズ④チェア

HELINOX(ヘリノックス)HOMEコンフォートチェア

[br num=”1″]
軽い!丈夫!心地よい!の三拍子そろったアウトドアチェアといえば、ヘリノックス。
なかでも、おしゃれキャンパー達に大好評なのが、HOMEコンフォートチェアのシリーズです。

布地のような風合いの生地と、コーヒーカラーや生成りなど、ナチュラル系、アイアン系のおしゃれキャンプサイトに馴染むカラー展開がすばらしい。
その名の通り、室内でインテリアとして愛用する人も。
[br num=”1″]

アディロンダック(ADIRONDACK)キャンパーズチェア

[br num=”1″]
背中のブランドマークがgood!
A&Fが手掛けるから、デザイン性も機能性

座り心地がよく、長時間座っていても折りたたみチェアによくある太ももの痛さも感じることがないと高評価のアディロンダック。
選べるカラーリングで、その色のセンスもグッとくるのは、A&Fのオリジナル商品と聞いて納得です。

・コットン生地だから、焚き火でも大丈夫。
・背もたれの高さが高く首が疲れない。
・肘置き・イス高さがちょうどよい。
・布地の張替え可能。
など、オススメポイントはたくさんです。
[br num=”1″]

Kermit Chair(カーミットチェア)

[br num=”1″]
快適さと美しさを併せ持つ
テネシー州でつくられたハンドメイドチェア

キャンパーなら誰しもが憧れる、カーミットチェア。
アメリカ・テネシー州で、1点ずつ手作りのチェアは、とにかくその姿が美しく、見ているだけでうっとりするようなデザイン。
それでいて、主張しすぎず、キャンプサイトにしっくりと馴染む感じがなんともいえません。

もちろん、丈夫でコンパクト。
自分好みの生地でカスタマイズもできるので、ずっとずっと愛用したい逸品です。
インテリアにもオススメ!
[br num=”1″]

おしゃれキャンパー定番グッズ⑤小物

コールマン(Coleman)ルミエールランタン

[br num=”1″]
おしゃれムードが盛り上がる!
OD缶カバーでさらにいい雰囲気

メインのランタンだけでもおしゃれ度はグッとあがりますが、この、隠れたおしゃれ的なランタンも、ムードを演出してくれます。

ガス缶とガラスホヤのシンプルなデザインから生まれる、ゆらゆら揺らぐ炎は、見ていてなんともいえません。
月明かりの下で、ビールやワイン片手に凪の時間を過ごす、大人の贅沢な時間こそ、おしゃれ!だと思いませんか?
[br num=”1″]

YETI COOLERS (イエティクーラーズ)クーラーボックス

[br num=”1″]
保冷力、耐久性は申し分なし
それ以上に、保有欲が満たされる

男前のオシャレキャンプサイトでよく目にするようになった、イエティの保冷ボックス。
上部の作りがしっかりしているので、保冷力も抜群。
2泊3日のキャンプでも、氷が残っていた!とのレビューも。
頼りになりますね。

ちょっとお値段が高いかなーという人もいますが、お値段以上のデザイン性は何物にも変えられません。
保有欲が満たされて、クーラーボックスを開けるたびにニヤリ。
キャンプの時間も楽しさ2倍!?になります。
[br num=”1″]

スノーピーク(snow peak)シェルフコンテナ25

[br num=”1″]
シェルフ&コンテナの一人二役!
そのまま家具としても使いたい

キャンプギアのコンテナとして人気のスノーピークのシェルフコンテナ。
25と50の大きさ違いのラインナップ。

無骨でシンプルなデザインは、さすが、スノーピーク!
棚としてつかうシェルフ機能のほかにも、荷物運搬に便利なキャリー機能が一体になっているので、小物を入れてキャンプサイトまで運んだら、ロックを解除して変形させて、小物をいれたまま棚として使う。
おしゃれなのに使い勝手のいい、コンテナです。
家具としても使えます。
[br num=”1″]

[br num=”1″]

Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)ポップアップトラッシュボックス

[br num=”1″]
ゴミ箱だって、こだわりたい!
コンパクトに収まって、容量もたっぷり

その名のとおり、ぺたんこに折りたためるポップアップ式のトラッシュボックスです。
ゴミ箱らしからぬ、そのデザインには、一目惚れする人が多く、一時期には売り切れ続出で入手困難になるほど。
蓋部分のファスナーをあけると、45Lのゴミ袋が固定できるスナタプボタンが内蔵されています。
[br num=”1″]

おしゃれキャンプサイトのおすすめ4選!

[br num=”1″]
ここからは、実際にインスタで見つけた、オシャレなキャンプサイトをご紹介します。
どこがオシャレなのか?のポイントをちょっとだけ解説します。

ナチュラル系、ほっこりおしゃれキャンプサイト!

[br num=”1″]

POINT

カーカムステントのベージュの優しい色を基調に、ちょっとアンティーク風な棚やテーブル、そして女子好きな北欧デザインのクッションがアクセントになった、女子ゴコロをくすぐる、ほっこりオシャレサイトです。
カフェにいるかのような、ゆったりとした雰囲気に癒されそうですね。

赤!をベースに、POPで元気なおしゃれキャンプサイト!

[br num=”1″]

POINT

こちらのオシャレサイトは、ビビットな赤がテーマ。
テント、カーミットチェア、ダストボックス、収納ケースに、ランタンまで!
あらゆるところに赤が入った、POPな雰囲気に、元気がもらえそうです。
明るい赤と木目のその配分、配色が絶妙で、大人なPOPさを演出しています。
赤い目印になって、キャンプギアを忘れることも少なそうですね笑。

モノトーンで大人なおしゃれキャンプサイト!

[br num=”1″]

POINT

まるで、モデルルームのように計算されたモノトーン×木の大人のオシャレサイト。
カーミットチェアの黒、イエティ収納BOXの黒と、ペンドルトン風の柄もあえてモノトーン。
ランタンなど小物のシルバーを効かせてクールさをさらに効かせているのもにくい演出ですね。
リゾート気分を味わいながら、ウイスキーで酔いしれたい気分になります。

男前で雰囲気抜群!ゴチャ感がまとまる凄さ!

[br num=”1″]

POINT

こだわりのキャンパーに大人気の、テンマクデザインのサーカスtCBIGのテントをベースに、使い古された木製の木箱をカスタマイズしたようなテーブルに収納棚、革張りのカーミットチェア、ビンテージのコールマンランタンetc…。随所にギアへのこだわり、ギアへの愛がつまった男前サイトです。
いろんなギアがランダムにおいてあるのに、このまとまり感は、すべてのギアに、ビンテージ感が漂っているからかもしれません。
オシャレキャンプの上級者、だからできる技!

おしゃれキャンプを始めよう!

[br num=”1″]
オシャレ!といっても、今では好みも多種多少。
その分、オシャレなキャンプサイトもそれぞれのオリジナリティーがあって、見ていて飽きないくらいです。

オシャレキャンパーも増えてくと同時に、オシャレなキャンプギアも国内、海外問わず、多彩にラインナップされてきています。
いろんな方のオシャレサイトの事例をみながら、自分好みの雰囲気をみつけて、まずは、テントから、まずは小物からと、ちょっとずつ自分好みのサイトに仕上げていくのも楽しいですよ。