ランタン・ライト

オービット・ヘッドライト(HURKINS)のレビュー!180度照らす1000ルーメンヘッドライト

様々なアウトドアメーカーから高性能なヘッドライトが発売されていますが、今クラウドファンディング「Makuake」で話題になっているHURKINS(ハーキンス)社の「オービット・ヘッドライト」はご存じですか?

まだ一般販売されていませんが、その性能の高さからすでに目標金額を大幅に超えた支援を集めている大注目のヘッドライトです。

今回は情報の少ないオービット・ヘッドライトについて可能な限りご紹介していきます!「性能は?」「価格は?」「一般販売はいつ?」といった疑問にも触れていきますよ。

大注目ヘッドライト!ハーキンスのオービットとは?

オービット・ヘッドライト(HURKINS)

オービット・ヘッドライトは2014年に韓国で創立したハーキンス社によって開発されたLEDレッドライトです。これまでのヘッドライトというと進行方向一点のみを照らす商品がほとんどでしたが、オービット・ヘッドライトの照射範囲は180度と驚異的な可視角度を実現しており、一気にアウトドア界において注目を浴びました。

これまでオービット・ヘッドライトを手に入れるとなると個人輸入や並行輸入が必要でしたが、現在日本での一般販売に向けてクラウドファンディング「Makuake」でプロジェクトが進行中です。目標金額の1,500%をすでに達成しており、支援者はオービット・ヘッドライトが届くのを今か今かと待ち望んでいます。一般販売が開始されたら、売り切れ必須のヘッドライトですよ。

オービット・ヘッドライトのスペック

オービット・ヘッドライト(HURKINS)
商品名 ORBIT(オービット)
サイズ φ16 ×高さ5cm
重量 153g(実測)
光量 30~1,000lm
使用時間 3~100時間
バッテリー容量 3,350mAh
充電時間 3時間
可視角度 180度
可視距離 30m
防水防塵規格 IP56
付属品 ポーチ、充電ケーブル、延長バンド、説明書&保証書
販売予定価格 11,880円(税込)

一般販売は現時点の予定では金額は税込み11,880円、時期は今年2021年5月末となっています。

オービット・ヘッドライトの特徴や使い方

ここからはオービット・ヘッドライトの特徴を具体的に紹介します!ぜひ一般販売前、購入前に魅力ポイントを押さえておいてくださいね。

照射角度は驚異の180度

オービット・ヘッドライト

オービット・ヘッドライトと一般的なヘッドライトを比較して差が顕著に表れるのが照射角度です。オービット・ヘッドライトは特殊光学レンズにより目の前をかなり広範囲に照らしてくれ、その角度は約180度です。足元や手元など近場を照らすイメージのあるヘッドライトですが、オービット・ヘッドライトを使えば足元だけでなくその周辺環境全体を照らしてくれるので道を間違えたり、暗闇の中動線を誤る心配が減りますよ。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)

公式発表では可視距離は約30mで奥行きも広く照らしてくれます。
10m先の椅子でもはっきりと見えるので、暗闇の中でも遠くまで見渡せますよ。

ワンタッチ操作で最大光量は約1,000ルーメン

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の使い方

オービット・ヘッドライトはダイヤルの長押しでオンとオフができます。暗闇の中簡単に操作できるかは重要なポイントですね。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)は1000ルーメン

最大光量は1,000ルーメンとメインランタン並みの明るさがあるので、夜のキャンプ場では大活躍しますね。万が一の災害の際にもこれだけの明るさがあれば安心です。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の明るさ

明るさを無段階調整できるダイヤルがついているので、調光も自由自在にできますよ。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の明るさ

最小輝度30ルーメンから最大輝度1000ルーメンまで無段階で調節できます。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の明るさ

一般的なヘッドライトと比べても、断然明るく照射角度も広いです。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の使い方

照らす範囲が広く明るいので、暗くなってからでも不自由なく設営ができ、撤収時のペグなどの落し物も少なくなりますよ。

視界良好!なのに眩しくない

オービット・ヘッドライト(HURKINS)

最大照射角度180度、最大光量1,000lmと非常に明るいですが、頭に装着しても眩しさを感じることはありません。LEDライトの下に1cmほどの出っ張りがあり、これが帽子のつばのような役割を果たしているので眩しくならない設計となっています。
首にヘッドライトをかけるときは、この出っ張り部分が上向きになるよう装着すれば、顔にライトが直接当たることがありませんよ。

コンパクトで軽い

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の重量

ヘッドライトは光量が大きくなればなるほど重量も増えてしまうので、明るさ重視で購入すると長時間の装着がストレスに感じてしまうことが多々あります。オービット・ヘッドライトは最大光量が1,000lmありますが重量はわずか153gと超軽量。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)

軽さだけでなく重さのバランスも最も快適とされる前4:後6の割合で設計されているので、頭に長時間着けていても首が疲れにくいですよ。

また、付属のポーチに収納すれば持ち運びもしやすいです。紛失しがちな充電ケーブルなども一緒にしておけますね。

延長ベルト付き

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の延長ベルト

ヘッドライトを首から下げてネックレスのように使うことはよくありますが、オービット・ヘッドライトには延長ベルトが付属しているので首からぶら下げる以外に、腰にも装着することができます。延長ベルトはワンタッチで装着できるので暗い中でも簡単にセットできますよ。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の延長ベルト

ヘッドライトを付けていると額の汗が気になったり、頭に着けた時の締め付けが不快に感じたり、また女性は髪型が崩れてしまうのが心配になりますよね。腰に装着するようにすればこのようなストレスから解放されますよ。

防水防塵性に優れている

オービット・ヘッドライト(HURKINS)

オービット・ヘッドライトは防水・防塵規格がIP56となっています。この数値は粉塵が舞っていても、土砂降りの雨の中でも安心して使用できる数値となりますので、天候の変わりやすい登山など過酷な環境下でも使用することができますよ。もちろん、装着しながら汗をかいてしまっても大丈夫です。

また、アウトドアで頻繁に発生する外部衝撃にも対応できる耐久性があるので、落としたりぶつけたりしても壊れにくい設計となっています。

バッテリーが交換可能

オービット・ヘッドライト(HURKINS)

ヘッドライトに限らず、充電式のアイテムは使用して暫く経つと上手く充電されなくなったり、充電してもすぐにバッテリー切れを起こしてしまいますよね。オービット・ヘッドライトは交換用や予備用のバッテリーバックが別途販売される予定なのでこの点も安心です。

また、購入後1年以内であれば製品保証が付いているので、期間内に不具合を感じた場合には問い合わせをしてみてくださいね。

オービット・ヘッドライトの充電時間や充電方法

オービット・ヘッドライト(HURKINS)の充電方法

使用時間も最大で100時間と長めなので、2泊3日のキャンプなどのアウトドアでも安心して使用することができますね。

オービット・ヘッドライトの充電時間や充電方法

USBケーブルがType-Cなので、充電時間も3時間と短いのもうれしいポイント。

オービット・ヘッドライトの気になる点

日本では一般発売前ですので大きなデメリットなどはまだレビューされていませんが、気になる点も少し紹介します。

少しかさばる

オービット・ヘッドライト(HURKINS)

1,000ルーメンの明るさを考えたらコンパクトですが、ヘッドライトとしては大きいサイズなので、コンパクトさや軽量さを求める方には不向きかもしれません。

充電アダプターは付属していない

付属品の中に充電ケーブルはありますが、充電アダプターは含まれていません。そのため、アダプターに関してはすでにお持ちのスマホ用のアダプターなどを使うようにしましょう。

製品保証が受けられるのは日本正規代理店で購入した商品のみ

オービット・ヘッドライトは本体に購入から1年間の製品保証が付いています。この保証対象は今回正規代理店として日本で一般販売を行う株式会社KMコーポレーションから購入した正規販売品のみとなります。

人気のあまり手に入らないからと海外サイトや個人輸入で購入した商品は、日本国内での保証対象外となってしまうので注意してくださいね。

オービット・ヘッドライト(HURKINS)のまとめ

ヘッドライトは夜間でも両手を使った作業がしやすくなるので、キャンプでは必要不可欠ですよね。夜でもクリアな視界が確保できるオービット・ヘッドライトは、今後ますます注目を浴びるヘッドライトとなりそうです。

オービット・ヘッドライトを使って、夜のアウトドアをさらに楽しんでみてはいかがですか?

ledキャップライトのおすすめ8選!釣り・キャンプ・ランニング・登山に最適!
ledキャップライトのおすすめ8選!釣り・キャンプ・ランニング・登山に最適!LEDキャップライトは、キャンプ以外にもさまざまなシーンで活用できる便利なライト。ハンディライトとちがい、両手が空くことが1番のメリット...
こんな記事もおすすめ