アウトドアで欠かすことのできないランタン。オイルランタンやガスランタンも風合いがあってよいのですが、手軽に使えるのがLEDランタンです。最近は電池を使わない充電式のものがたくさんあります。充電式LEDランタンの【明るい】ランキングを紹介します。

充電式LEDランタンとは?

充電式LEDランタンとは、光源にLEDを使ったランタンで、乾電池を使わず充電式で電気を供給するものです。LEDライトも明るいものが出てきて、明るさや色合いなども選べます。また、メリットも多く、用途に合わせた使いかたができ、セカンドランタン、予備のランタンとしてもおすすめです。

スポンサーリンク

充電式LEDランタンのメリット

View this post on Instagram

@kickers1318がシェアした投稿

オイルランタンやガスランタンとちがって電気で発光するLEDランタン。冷たいイメージや雰囲気のないイメージもありますが、それらを覆すメリットもたくさんあります。LEDランタンのメリット、また、充電式のメリットも紹介します。

充電式LEDランタンは軽量でコンパクト

LEDランタンは大きなものもありますが、手のひらに乗るくらいの小さなものもあります。小さくても、テーブルランプとして、手元ライトとして十分使えますし、さらに大きな光を放つものもあります。

自由なデザイン

LEDと充電池はコンパクトで自由な配置が可能ですので、充電式LEDランタンのデザインは無限にあります。置いて使ったり、吊るして使ったり、用途に合わせてのデザインから、昔のランプのようなデザインから、斬新で個性的なデザインまでさまざまなデザインが楽しめます。

充電式LEDランタンはメンテナンスが簡単

オイルランタンやガスランタンよりもメンテナンスが簡単です。使う前に充電する他、LEDのレンズや外側の汚れをふき取る程度です。急に使用することになっても、充電さえしていればすぐに活躍します。

長時間使用できる

オイルランタンやガスランタンは数時間ごとに燃料を補充しないと使い続けることはできません。充電式LEDランタンは明るい光や容量の少ない充電池ですと、使用時間も短くなりますが、逆に少しの光で大容量の充電池ですと24時間以上使用し続けることができるものもあります。

火を使わないので安全

LEDランタンは電気を通すと光る発光ダイオードを使用していますので、炎など火気を使うことなく明るくします。倒れて火事になる心配もなく、テント内で使用しても一酸化炭素中毒になりません。お子様でも安全に使うことができます。

USB充電ができる

充電式LEDランタンのほとんどがUSB充電です。USBケーブルで接続して充電します。コンセントだけでなく、パソコンやモバイルバッテリー、車のシガーソケット、乾電池で充電できる充電器など、今やUSB充電を可能にするさまざまなオプションが販売されています。

モバイルバッテリーとしても使える

大容量のバッテリーを搭載している充電式LEDランタンの中には、USBケーブルがあればモバイルバッテリーとしてスマホなどを充電することはできるものがあります。アウトドアで複数の電気機器の電源が共有できれば、乾電池やバッテリーなどいろいろな種類を用意するよりも便利でスマートです。

充電式LEDランタンのデメリット

メリットの多い充電式LEDランタンですが、デメリットもあります。ガスランタンやオイルランタンと比べて、充電式LEDランタンのデメリットを見てみましょう。

電源がなくなると使えない

充電式LEDランタンの充電池の電気がなくなり、外部から電気を供給できなくなると、充電式LEDランタンは使えなくなります。そのたため、充電池の容量以上の電源を使う場合はモバイルバッテリーなどを用意する必要があります。

光にあたたかみがない

View this post on Instagram

@koooojiiiiiiがシェアした投稿

炎のような暖色系の色味の充電式LEDランタンもあります。しかしガスやオイルで燃焼する炎のゆれや揺らぎを見ることで心癒されることもありますが、充電式LEDランタンにはこの揺らぎがありません。ですからあたたかみを感じることがないと思う方も多いのです。

スポンサーリンク

充電式LEDランタンの選ぶポイント

明るさと重さと連続点灯時間は深い係わりがあります。明るいと大きく重い充電池を必要として連続点灯時間は短くなります。テントやテーブルの周辺を照らすのであれば明るく重たい充電池のものが必要ですし、テント内に吊るすのであれば少しの光で軽いほうがよいのです。用途に合わせて明るさの切り替えができるものがおすすめです。

明るさはルーメンで選ぶ

明るさの単位もいろいろありますが、充電式LEDランタンの明るさは「ルーメン(lm)」で表示されることが多いです。ルーメンは数字が大きいほど明るくなります。テーブルの上だけや手元、足元だけを照らすのには100ルーメンから300ルーメンもあれば十分です。

おすすめ充電式LEDランタン【明るい】ランキング11位~4位

11位100ルーメン/スノーピーク(snow peak) ほおずき

丸くて可愛いLEDランタンです。単3型アルカリ乾電池で使用しますが、別売りのほおずき充電池パックを使えば充電式となります。音に反応して揺れるように光ったり暗くなったりする「ゆらぎモード」と「おやすみモード」があり、夜を明かりで演出してくれます。

明るさ 100ルーメン
重さ 165g(電池含まず)
連続点灯時間 10時間
電源 別売りほおずき充電池パック
/ニッケル水素充電池
(2,000mAh/3.6V)
サイズ 本体:直径107×87mm

11位100ルーメン/キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)フローティングLEDランタンtypeII

ホヤ部分の素材がシリコンでできているので、使わない時はコンパクトに収納できるLEDランプです。テント内やテーブルに置いておくのにおすすめです。充電はUSB充電の他、ソーラー充電もできます。

明るさ Highモード約100ルーメン
Lowモード約50ルーメン
重さ 約200g
連続点灯時間 Highモード:連続 約5時間
Lowモード:連続 約12時間
電源 リチウムポリマー電池1000mAh/3.7V
サイズ 外径95×高さ167mm
収納サイズ 約130×100×高さ90mm

10位150ルーメン/UCO(ユーコ)ピカ

小さくてても十分テーブルを明るく照らしてくれる充電式LEDランタンです。ホヤ部分がスライドして収納時はさらに小さくなります。USBのアウトプットがあるので、内臓の充電池でスマホなどを充電することもできます。

明るさ 150ルーメン
重さ 118g
連続点灯時間 ハイビーム:4時間
ロービーム:80時間
ストロボ:120時間
電源 リチウムイオン電池1.8AH/3.7V
サイズ 直径5×16cm
収納サイズ 直径5×11.5cm

8位200ルーメン/DOD(ディーオーディー)LEDソーラーポップアップランタン

点灯部分がシリコンで長く伸ばすことができ、広い範囲を照らすことができます。充電池はニッケル水素充電池を使用しますが、その他の単三乾電池を使用することができます。充電はUSB充電の他、ソーラー充電もできます。

明るさ ハイパワーモード:200ルーメン
ノーマルモード:100ルーメン
常夜灯:20ルーメン
重さ 約161g(乾電池含まず)
連続点灯時間 ハイパワーモード:10時間(4時間)
ノーマルモード:25時間(10時間)
常夜灯モード:80時間(32時間)
ゆらぎモード:40時間(16時間)
(内はニッケル水素充電池の数値です)
電源 単三ニッケル水素充電池(別売り)
(その他の単3型乾電池でも使用可能)
サイズ 直径約8.5×高さ11cm
収納サイズ 直径約8.5×高さ6cm

8位200ルーメン/Barebones(ベアーボーンズリビング)フォレストランタンLED2.0

炭鉱用カンテラ風のアンティークなデザインの充電式LEDランタンです。LEDの色合いもやさしい電球色で雰囲気のある空間を作ります。吊るしても、テーブルや棚に置いても使用でき、夜のくつろぎタイムにおすすめのアイテムです。

明るさ 200ルーメン
重さ 1.27k
連続点灯時間 Hi:3時間
Low:80時間
電源 リチウムイオン電池8Wh
サイズ 15.2×高さ24.13cm

7位220ルーメン/Barebones Living(ベアボーンズリビング)ビーコンライトLED

船のマリンランプのようで、吊り下げて使うおしゃれなデザインの充電式LEDランタンです。自立させることもできますが、カラビナが付いているので、タープポールに吊るしたり、バックパックに吊るして移動したりするのに便利です。

明るさ 220ルーメン
重さ 530g
連続点灯時間 Hiパワー:3時間
Midパワー:5~6時間
Lowパワー:200時間
電源 リチウムイオン電池2200mAh
サイズ 15.2×高さ7.6cm

6位250ルーメン/LOGOS(ロゴス)パワーストックラウンドランタン440

上部には吊り下げフックが収納されていて、吊り下げることもできます。リフレクターが調節でき光の向きを全面と片面に切り替え可能。USBのアウトプットがあるので、内臓の充電池でスマホなどを充電することが可能で、iPhoneを理論上1.5回充電することができます。

明るさ 約250ルーメン
重さ 約350g
連続点灯時間 強:約7.5時間
弱:約200時間
電源 リチウムイオン蓄電池4420mAh
サイズ 約9×9×14cm

5位270ルーメン/LOGOS(ロゴス)Bambooランタン

名前の通りボディに竹を使用したナチュラルテイストで、手触りも見た目も優しい風合いです。LEDライトは温もりのある暖色で、無段階調光スイッチにより、好みの明るさで過ごすことができます。USBのアウトプットがあるので、スマホなどを充電することが可能です。

明るさ 約270ルーメン
重さ 約1.1kg
連続点灯時間 強:約8時間
弱:約21時間
電源 リチウムイオン蓄電池7800mAh
サイズ 約16.8×12×32cm

4位300ルーメン/UCO(ユーシーオー)マドロナ+

モダンでシンプルなデザインの充電式LEDランタンです。300ルーメンと明るく、卓上とその周辺まで照らしてくれます。メインの白色ライトの他、淡いブルーの光もあり、就寝時などに便利です。USBのアウトプットがあるので、スマホなどを充電することが可能です。

明るさ 300ルーメン
重さ 442g
連続点灯時間 ハイビーム:6時間
ロービーム:50時間
ブルー:250時間
電源 リチウムイオン電池6400mAh
サイズ 直径9.3×22.5cm

おすすめ充電式LEDランタン【明るい】ランキングベスト3

いよいよベスト3です。400ルーメン以上のランタンですので、キャンプでリビングスペース全体を照らしたり、夜の設営、撤収の時にも便利です。

2位400ルーメン/Coleman(コールマン)サウンドアンドライトランタン

400ルーメンで周囲を照らせる他、スピーカーとBluetoothを搭載しているので、外部の音楽プレーヤーと接続すれば、音楽も楽しむことができます。夕食時に明かりと音楽でキャンプの夜を演出します。
注意:音楽プレーヤーなど音を出すものが禁止のキャンプ場もあります。使用する場所のルールを守りましょう。

明るさ 400ルーメン
重さ 1.0kg
連続点灯時間 High:約7時間
Medium:約16時間
Low:約40時間
電源 リチウムイオン電池
サイズ 直径13.0×高さ25.1cm

2位400ルーメン/GENTOS(ジェントス)EX-964DL

USBで充電ができますが、本体に付いているハンドルを手で回して充電することも可能です。また、USBのアウトプットがあるので、スマホなどを充電することが可能、アウトドアだけでなく、災害などの緊急時にも役立ちます。

明るさ 約400ルーメン
重さ 515g
連続点灯時間 Highモード:約5時間
Midモード:約11時間
Ecoモード:約40時間
キャンドルモード:約27時間
電源 リチウムポリマー充電池3000mAh/3.7V
サイズ 直径87.3×高さ217mm

1位1200ルーメン/LOGOS(ロゴス)パワーストックランタン2000

とにかく明るい充電式LEDランタンです。テント周辺を照らすことができ、テント内では外向きに配置して間接照明として使うのもおすすめです。光の色が白色、暖色、中間色と切り替えられるので、用途に合わせて使い分けできます。またUSBのアウトプットが2個あり、大容量バッテリーとしても十分な活躍ができます。

明るさ 約1200ルーメン
重さ 約700g
連続点灯時間 強:約8時間
弱:約140時間
電源 リチウムイオン蓄電池20800mAh
サイズ 約12.5×12×5.7cm

充電式LEDランタンでキャンプの夜を楽しく!

火と使い捨ての乾電池を使わない充電式LEDランタンは、安全で環境にもやさしいアイテムです。デザインも光の種類もいろいろあるので、用途や好みで選んでアウトドアの夜間活動を安全で楽しく快適にしましょう。

スポンサーリンク