DDハンモック・タープ

DDタープの張り方を種類別に紹介!アレンジ次第でバリエーション豊かな万能タープ!

DDタープの張り方は種類が豊富で、キャンプ場の地形や気候に合わせ臨機応変に張り方を変化できる構造が人気の秘密です。ソロキャンプや複数人でのキャンプといった応用も可能で、アレンジ次第でバリエーションも豊富な万能タープだと、ソロキャンプユーザーに根強い人気を誇っているアイテムの一つ。当記事では、そんなDDタープの張り方を種類別に紹介していきます。

そもそもDDタープとは?

DDタープは「DD・Hammocks」社から販売されているアウトドアタープで、3000mmの防水性能を誇るテントも顔負けの高い耐水性が魅力の万能タープです。従来のタープと大きく異なる点は、形状を柔軟に変更可能な機能性。キャンプ系YouTubeヒロシさんを始めとしたベテランキャンパーも愛用しており、立体的に変化が可能なテント要らずの設営が可能です。

カラーバリエーションも豊富

カラーバリエーションも豊富で、人それぞれ好みの色彩を選ぶことができる高品質なアイテムも多くのキャンパーを魅了するポイントでしょう。

DDタープの張り方の種類は豊富

テントより小さなサイズにまとめて運べるため、コンパクトで設営自体も慣れてしまえばテントより手軽に設営できることから大人気のDDタープ。

DDタープは「ループ」と呼ばれる、ボールやロープでタープの設定を決めるパーツが19個存在するため、数多くの種類の張り方が存在します。

アレンジのバリエーションが無数に存在

人の多いキャンプ場ではプライベートを確保できる形状へ変化させたり、小雨や風の強いテントサイトでは雨風の侵入しにくい形状で設営したりなど。アレンジのバリエーションが無数に存在するため、現地の状況に応じて求めた形状に変化し適応できる強みがDDタープの魅力です。

DDタープの代表的な張り方の種類一覧

無数に張り方の種類が存在するDDタープですが、それぞれ張り方次第でメリット・デメリットが発生します。そこでDDタープ初心者でも、状況によって張り方の使い分けの適した判断を行いやすいように代表的な張り方の一覧や特徴について詳細を解説していきます。

初めてDDタープで設営を行う場合には、是非参考にしてみてください。

DDタープの張り方の種類①ステルス張り

  • 特徴:風に強く、出入りがしやすい
  • 適応環境:強風や雨など悪天候時、人の多いテントサイト、気候の変化が激しい季節、ソロキャンプ
  • 張り方難易度:優しい

戦闘機のステルス機のような形状している事から、名付けられた張り方である「ステルス張り」。ステルス張りに必要な道具は「ポール2本」「ペグ7本」でセッティングが可能です。戦闘機やシェルターを思い立たすような風への抵抗が見ただけでも少なそうな外観で、強風や雨などの悪天候時に強い特徴を持っています。

またテントのように外部環境に晒され難い形状をしているので、気温の変動が激しい季節でも適用できる形状なのもGOOD。見た目もクールで、プライバシーを確保できる利便性から人気の張り方の一つとしてDDタープユーザーに愛用されている張り方です。弱点は若干構造上複雑な理由から、状況によって形を変形できないといったデメリットを持っています。

また中央にポールが実施するワンポールテントと同じ設計になるため、内部環境で中央にボールがある状態が気に入らない方には不向きの張り方になります。ただし見た目に反して設計自体は非常に簡単なので、DDタープ初心者でも挑戦しやすく利用機会の多い鉄板の張り方です。

DDタープの張り方の種類②ダイヤモンド張り

  • 特徴:設営が簡単
  • 適応環境:風の少ない晴天時、人の少ないテントサイト、夏場、ソロキャンプ
  • 張り方難易度:優しい

初心者でも比較的簡単に貼りやすい、鉄板のDDタープの貼り方の一つが「ダイヤモンド張り」と呼ばれる設営方法です。ダイヤモンド張りで最低限必要な道具は「ボール1本」「ペグ5本」でセッティング可能。ダイヤモンド張り最大のメリットは設営が簡単にできる点で、DDタープを使い慣れた方であれば5分もかからずに設営を行ってしまうほど。

デメリットとしては、片側がおもいっきり内部まで露出してしまうためプライバシーの確保がテントサイトによっては難しい点が挙げられます。また急な雨風にも弱く、外部の気候環境をモロに内部まで影響を受けてしまう張り方なので、夜間でも気温が安定している夏場以外は寒さで寝る事ができなくなる可能性も秘めているので注意が必要です。

さらに風の強い日には、風の影響を強く受ける形状でもあるので強風が予想される日には避けた方が無難な張り方でもあるので風の強いテントサイトには不向き。ただし出入り口が最も開放的な形状なので、寝床のそばで焚き火を行うのにも理想的な張り方です。

DDタープ「ダイヤモンド張り」の張り方マニュアル【図解あり】ポールの最適な長さも紹介!DDタープは自由な張り方ができる事で人気のタープです。今回はDDタープの張り方の中でも簡単で広い居住空間を確保できる「ダイヤモンド張り」...

DDタープの張り方の種類③Aフレーム

  • 特徴:広々とした内部環境が魅力
  • 適応環境:風の弱い日、気温の変化が激しい日、人の多いキャンプ場、多人数
  • 張り方難易度:難しい

若干設営に難易度が上がるものの、広々とした内部と確実なプライバシーの確保が可能な万能スタイルの貼り方が「Aフレーム」。この張り方は「ポール2〜4本」「ペグ8本」「ロープ4本」でセッティングが可能です。

Aフレーム最大の魅力は広々とした空間で、デッドスペースが少ないため無駄のない内部を実現することが可能。さらにプライバシーの確保も容易なので、テントのような使い心地で快適な住空間を実現できる張り方です。特に複数の人数で野営を行うには、最も理にかなった形状でしょう。

ただし構造上風の影響を強く受けるため、強風時には注意が必要。また設営も若干難易度が上がる貼り方なので、事前の練習が必要不可欠な張り方な点も注意が必要です。

DDタープの張り方の種類④ビークフライ

  • 特徴:最も焚火を行うのに理想的な形状、ブッシュクラフトにも最適
  • 適応環境:風の弱い晴天時、ソロキャンプ
  • 張り方難易度:優しい

寝床のそばで焚き火を味わい尽くしたい方におすすめのDDタープの形状が「ピークフライ」です。「ポール2本」「ペグ6本」「ガイドロープ2本以上」で設営が可能。開放度が抜群なオープンスタイル、プライバシーを守れるフルクローズに対応でき、見た目も非常にかっこ良いのが特徴。

住居性を保ちながらも、野外へ露出した形状なのであえて焚き火を楽しむブッシュクラフトなどにはもってこいの形状です。また入り口部分が広々としているので、一定のスペースが必要なアウトドアクッキングにも最適。

デメリットとしては他の貼り方に比べると綺麗になるために若干調節が必要なので、事前練習が必要になる点でしょう。また、居住空間が狭いことで冬キャンプなど荷物が多い時期や開口部が広いことで雨や風が強い日には不向きな張り方になります。

DDタープ「ビークフライ」張り方とポールの長さ【図解】3×3と4×4に対応!DDタープの張り方の一つ「ビークフライ」は、フルクローズすることもでき、簡易的なシェルターのように使用できるので、タープ泊向けの張り方で...

DDタープの張り方の種類⑤パスファインダー

  • 特徴:雨風や寒さに強い
  • 適応環境:人の多いテントサイト、気候の変化が激しい季節、ソロキャンプ
  • 張り方難易度:簡単

パスファインダーは完全に締め切った状態になるため気温の変化に最も強いとされている張り方。パスファインダーは最低限必要な道具は「ポール2本」「ペグ7本」「ロープ2本」でセッティングが可能で設営可能です。フルクローズと呼ばれる、完全に締め切ったにできるのでプライバシーの確保が可能。さらに外部の気候にも影響受け辛い形状なので、気温の差が激しい環境にも向いている設営方法。

また出入り口の開け閉めが容易なので、焚火にも向いているため暖を取りながら夜を過ごしたい場合に最も理想的な形状とされています。弱点としては形状からデットスペースが多くなるので、若干内部スペースの余裕がない事と、意外と風に対する耐久度が高くない点が挙げられます。

冬場や気温の変化の激しい季節の焚火キャンプで使用したい方には、最も理にかなった形状であるDDタープの張り方でしょう。

【図解あり】DDタープ「パスファインダー」の張り方(3×3と4×4に対応)「パスファインダー」はDDタープの張り方の中でも設営は簡単な部類に入り、完全に締め切った状態(フルクローズ)にすることができるので、プラ...

DDタープの張り方のまとめ

DDタープは、張り方の種類が豊富でアレンジもできるので、臨機応変に形状が変化可能で応用性抜群のタープ。通常のテントよりも更にコンパクトな形状で持ち運びが可能なので、最低限の積載量でキャンプを楽しむことができます。

ソロキャンプを好む方で現状の使用しているテントに満足いかない方々は、張り方を覚えて素早い設営が可能な「DDタープ」を検討してみては如何でしょうか。

ABOUT ME
HIROTSUGU
HIROTSUGU
ライター情報:アウトドア特化ライター、アウトドア歴10年。キャンプ・アウトドアに関する筆記多数経験。全国各地でのキャンプ経験を持ちキャンプツーリングで北海道一周の経験も有り。焚火台でサッと焼いた焼肉が大好物。。