フェアーハンドランタン276はアンティークな佇まいと、ドイツ製ならではの無骨でそぎ落とされたシンプルなデザイン。
キャンプサイトにあるだけで、本格的でオシャレにみえてしまう、フェアーハンドランタン276。

お値段がリーズナブルなのに、使い勝手もよく、絵になる!と、オシャレキャンパーに絶大なる人気を誇ります。
そんなフェアハンドランタン276を徹底解剖し、その魅力に迫ります。
また、使い方からメンテナンスまで一挙公開!

フュアーハンドランタン276とは?

1902年創業のドイツのフェアーハンド社が120年以上も前から製造している、フェアーハンドランタン276。
戦時中には、ドイツ軍やスェーデン軍にも使用された歴史のあるランタンで、ヒマラヤ遠征などの過酷な環境状況の中、風速80Mの強風でも嵐でも消えないランタンということで、別名、ハリケーンランタンとも呼ばれています。
そればかりか、燃費もよくて単純構造だから手入れも楽と、いいことづくめ。
また、他のメーカーにはない、豊富なカラーバリエーションをリリースしていて、自分好みのカラーを選ぶことも。

シンプルで無骨な風合いが、とにかくおしゃれ!と、インテリアとして飾ったり、ベランダで炎を灯して癒しの時間を楽しんだりと、使い方もいろいろです。
タフでオシャレでリーズナブル!と三拍子そろった人気のランタンなのです。

【フュアーハンドランタン276のスペック】
・商品名:FEUERHAND(フュアーハンド) フュアーハンドランタン276
・メーカー:FEUERHAND(フュアーハンド)
・燃料:灯油またはランプ用オイル
・サイズ:15cm×26cm
・重量:480g
・タンク容量::340ml
・燃焼時間:20時間以上
・明るさ:5W

スポンサーリンク

フュアーハンドランタン276の仕組みと燃料

風速80Mの強風が吹いても火が消えないランタン。
その理由は構造にあります。

フュアーハンドランタン276の仕組み

フェアーハンドランタン276は、一番下がオイルタンクがある母体となるフレーム、その上に、明かりの風防としてのガラス(ホヤ)、そしてホヤの中にある発熱をするマントル、の3つのパーツで成り立ちます。
母体であるフレームは、空洞になっていて、安定した炎の明かりを持続させるための空気の循環を生み出す構造に。
燃料がこぼれにくくするため、燃料タンクは二重構造になっています。

また、風防であるホヤは、雨風に強いSUPRAX製の耐熱ガラスを使用。取り外しが簡単なので、ガラスの手入れも簡単です。

フュアーハンドランタン276の燃料

フェアーハンドランタン276の燃料は、灯油またはランプようオイルを使用します。
オイルタンクには、満タンで340ccまで入れることができ、これで、約20時間も燃焼し続けることが可能というから、うれしいですね。

フュアーハンドランタン276の気になる明るさは?

気になるフュアーハンドランタン276の明るさですが、オイルランタンには共通として言えることですが、メインランタンとして使うには、明るさが少し足りないかもしれません。
フュアーハンドランタン276は4分芯(12mm)で明るさ7カンデラ。
ろうそくの4、5倍くらいの明るさなので、ムードを作るサブランタン、ウェルカムランタンとしてオススメします。

スポンサーリンク

フュアーハンドランタン276の使い方

フュアーハンドランタン276の着火手順

フュアーハンドランタン276を使う前に、まず必要な一手間が、芯の先端をカットすることです。
芯の先端の両端をカットし、台形状にすることで、炎の形が安定して綺麗になるためです。

1.トップのリングを持ち上げたまま、トップフードを上へ引き上げます。
引き上げていくと、ホヤ(ガラス)部分のロックが外れるので、ロックが外れたらホヤを給油口(燃料キャップ)と逆の方向、反対の方向に、横に倒します。

2.芯のついた中心部、バナー部分を本体から外します。
横にある丸型の火力調整レバーをちょっとスライドさせると、保持部分がひっかかっているところがとれて、本体から外すことができます。

芯をカットします。
バナー部分に芯をつけたままでも、芯をはずしてからカットしても、どちらでもかまいません。
芯の先端の両端をやや丸くカットし、角をとります。

カットが終了したら、バナーに再度セットして、本体にもどし、ホヤを起こして、天井部分をホヤに連結させてもとの形にもどします。

3.燃料を補給します。
燃料キャップを外し、ランタンオイルまたは灯油を注入します。
およそ50ml〜60mlの燃料が入っていれば、5〜6時間は燃焼可能ですので、使い切るくらいの量をいれましょう。
たっぷりいれてしまうと、移動時にオイルが漏れてしまうこともありますので要注意です。

4.オイルをいれたらしばらく時間をおきます。
だいたい30分くらいを目処に芯に燃料がたっぷり燃料を浸透するのを待ってから、火をつけていきます。

5.着火します。
ホヤの上下レバーを使ってホヤをせり上がるようにします。
そうすると、バナー部分むき出しになるので、隙間部分からライターやマッチなどで着火します。
着火が終わったら、ホヤの上下レバーを上げてからホヤをもとの位置に戻します。
芯は出し過ぎてしまうと、煤がでやすくなってホヤが汚れてしまうので、芯はほどよく出しておきましょう。

フュアーハンドランタンの消し方

火を堪能した後の、消し方は簡単です。
着火するときと同じ手順でホヤをせり上がるようにし、隙間から息をふきかけ消火します。
燃料が残っている場合は、漏れないように、持ち運びの際に傾かないように注意しましょう。

フュアーハンドランタン276はオイル漏れがするのでパッキンが必要!

フュアーハンドランタン276の弱点は、斜めに傾けると、オイル漏れが発生すること。
また、傾けなくても、オイルキャップを外したりつけたりする時に、手にオイルがいちいちついて困るという声もあります。

その原因は、給油口のキャップの裏にある、心もとない紙パッキン。
ここで、きちんとしたパッキンをつけて漏れを防止する必要があります。
20mm前後の補修用Oリングパッキンを用意し、蓋の裏側にある紙パッキンを剥がして、ゴムパッキンを取り付けます。
それだけで、気になるオイル漏れがなくなるので、ぜひ、ためしてみてください。

フュアーハンドランタン276の給油口にぴったりのゴムパッキン

ホームセンターでも販売してる、水道用のゴムパッキンです。

SANEI 【補修用ユニオンパッキン】
直径28㎜×内径23㎜×厚さ2㎜

フュアーハンドランタン276におすすめのランタンケースは?

フェアーハンドランタン276には専用のランタンケースがありません。
ですが、他のメーカーから、サイズがぴったりのケースがあるんです。
そのなかから、オススメの3選をご紹介します。

Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー) セミハードギアバッグM

迷彩柄の見た目もオシャレなオレゴニアンキャンパーのギアバッグ。
中には取り外し式の仕切りが2枚入っているので、バッグの背面、ちょうどホヤが当たる位置に一枚入れて、その後フュアーハンドランタン276を収納。
その後、ホヤの正面からもう一枚の仕切り板を入れれば、ホヤを守るクッションになります。
サイズもちょうどおさまるサイズなので、オススメです。

CHUMS(チャムス)ブービーマルチケースM

アウトドア業界ではおなじみのブランド、チャムスのマルチケースが、フェアハンドランタン276がジャストサイズで入る!とのレビューがあがっていて、こちらを愛用している人も多いようです。
隙間に、小分けにした燃料や、小物を入れたりもできるのもいいですね。
素材も弾力があり、ホヤもしっかりとガードしてくれそうです。

フジ矢(Fujiya)ヒッポケースL(布製工具ケース)

もとは工具ケースとして販売されている、フジ矢のヒッポケース。
このLサイズがフェアハンドランタン276にピッタリ。

布製とありますが、素材は化学繊維のようなしっかりとした丈夫なつくりなので、オイルランプを収納しても安心です。
キャンプサイトでの細々した調理グッズを入れたり、ガスバーナーなどを収納したりと、使い勝手もいろいろで重宝しそうなケースです。

フュアーハンドランタン276におすすめの燃料

フェアーハンドランタン276の燃料は、灯油またはランプ用のオイルを使用します。
灯油が手っ取り早くてよさそうにも見えますが、灯油は煤がでたり匂いがでるのでちょっと扱いにくい燃料です。
そんな時は、やはりランプ用のオイルが一番。
灯油に比べて少しお値段は高いとの声もありますが、煤や匂いが気にならない専用オイルがオススメです。

STAR(スター) スターパラフィンオイル 1L

煤が出にくく匂いもなし。
気化しにくく、着火性もよいと、フェアーハンドランタン276で利用者も多い、スターパラフィンオイル。
良質なオイルで、扱いが簡単と高評価なのですが、値段がちょっとお高めなので、パラフィンオイルと灯油を7:3や1:1でブレンドして使う人も。

アズワン(As One)レインボーオイル

こちらも、オイルランプにオススメのレイボーオイル。
オイルに色がついた、カラフルなオイルで、見た目もgood。
色の違いで、香りも違って選べるオイルも面白いですね。
燃焼時の匂いはなく、煤もでないので、ストレスなく安心して使用できます。

ムラエ防虫オイル1L

さわやかなスカイブルーのアロマ防虫オイル。
ユーカリ、ミント等の防虫効果の高い天然ハーブを用いています。
煤がでにくく、香りもいい、防虫効果も十分と、リピーターも多いオイルです。

フュアーハンドランタン276の芯(ウィック)の交換方法

まず、上部の天井部分を引っ張り上げます。
この時、本体上部にリングがあるので、とっぷリングを指でひっかけて排気筒を上は持ち上げていきます。

上部をひっぱりm排気筒を上へ持ち上げたまま、真ん中のガラス部分(ホヤ)を燃料キャップの逆の向きへ倒します。

ホヤを倒すと、真ん中に芯を挟む中心部、バナー部分が現れます。
横にある丸型の火力調整レバーをちょっとスライドさせると、保持部分がひっかかっているところがとれて、本体から外すことができます。

古い芯を保持部分から取り除き、保持部分の裏の楕円形の穴に新しい芯を差し込みます。ある程度手で差し込んでから、横にある丸型の取っ手を回していくと、芯がスライドしていって、表部分から芯がでてきます。

ある程度、真の頭がでてきたら、保持部分を本体の中心部に設置し、ホヤを元の位置に戻して、天井部分をホヤに連結させたら完了です。

フュアーハンドランタン276の替芯のおすすめ

FEUERHAND(フュアハンド)の交換用ウィックです。
純正品なので、安心して使用できます。

フュアーハンドランタン276と一緒に持ちたいアイテム

キャンプサイトの雰囲気作りを強みとする、フェアーハンドランタン276。
これだけで充分!という方もいますが、実用的にみて、光量があるランタンがもう一つ、ほしいなぁと感じる方にオススメなのが、スノーピーク(snow peak) のたねほおずきです。

スノーピークの大人気の小型LEDランタン。
コロンとした丸いフォルムがかわいらしく、手のひらサイズでコンパクト。

トップには強力なマグネットのループがあるので、テントやタープのフック部分に引っ掛けてマグネットでしっかり固定したり、車にひっかけたり、また、移動の際には,Tシャツの首元にひっかけて、ネックライトにしたりと、使い方は無限大!最大光量は60ルーメンで、メインランタンとまではいきませんが、実用的な光としては充分な明るさで、移動も持ち運びも簡単なので、とても重宝します。

フェアーハンドランタン276で、ランタン独自の魅力を満喫しながら炎のゆらめきを堪能。
たねほおずきで、テント内を照らしたり、調理をしたり、移動時のペンライトにしたり。この二つのランタンがあれば、光にこまることなく、快適で豊かなキャンプのひと時が過ごせますよ!

【たねほおずきのスペック】
・最大光量:60lm
・サイズ:φ62mm × H75mm
・重量:57g(電池除く)
・電池:単四電池 × 3本
・連続点灯時間:Hi-40時間、Low-70時間
・点灯モード:Hi-Low、Strobe、疑似ゆらぎ(各モードで無段階調光可)
・光源色:電球色相当

フェアーハンドランタン276は長く愛用できる!

ハリケーンランタンの元祖ともいえる、フェアーハンドランタン276は、魅力がいっぱいすぎて!?多くのキャンパーを虜にしています。
オイル漏れや、光量の足りなさ?も、ご愛嬌!気になるウィークポイントも、対策をしていけば、フェアーハンドランタン276をながーく愛していけます。

オイル漏れがあれば、ハンダゴテや接着剤で漏れた部分を補強したり、ぴったり入るケースをDIYで作ったり。
かわいい子供のように、愛情を注いでいく人も多数。
そんな、魅力いっぱいのフェアーハンドランタン276で、ぜひランタンデビューしてみてください。きっとみなさんも、はまってしまいます笑!!

スポンサーリンク