アルコールストーブ

アルコールストーブ用おすすめの燃料と持ち運びに便利なボトルもご紹介!

今回はアルコールストーブにおすすめの燃料と、燃料の持ち運びに便利なボトルをご紹介します!

アルコールストーブはアルコールバーナーとも呼ばれ、燃料にエタノールなどのアルコールを使用するコンパクトな加熱道具です。液体燃料なので使う分だけボトルに入れ替えて持ち運びする事ができ、荷物を軽量化することもできます。

アルコールストーブの使い方を簡単に説明

アルコールストーブは構造が非常にシンプルにできているため、滅多に故障やトラブルがおきないというメリットがあります。

使い方を簡単に説明すると、アルコール燃料を必要量入れて火をつけるだけです。アルコールの量によって燃焼時間を調整します。簡単に火はつけられるので、アウトドア慣れしていなくても誰でも使うことができます。

ただ、火力調整は基本することができないので、調理をする場合などは慣れていないと難しいです。

アルコールストーブの燃料の継ぎ足しは危険

アルコールストーブを使用中、燃料が少なくなり燃料を継ぎ足す行為は非常に危険です。アルコール燃料は引火しやすいので、注いでるアルコールに引火して容器ごと爆発します。

非常に危険なので継ぎ足し場合は、必ず火を消してからにしましょう。

人気のアルコールストーブの燃料の燃焼時間を比較

アルコール燃料の量で燃焼時間を調節しますが、アルコールストーブの燃焼時間は各メーカーによって違います。アルコールストーブの購入時や使用前に、燃焼時間を確認しておくと、実際に使う時に必要な燃料量の目安がわかりやすいです。

主なメーカーのアルコールストーブの燃料の燃焼時間をまとめてみました。(気温や高度によりアルコールストーブの燃料消費量は異なりますので、あくまでも公式発表の数値は参考程度がいいです。)

トランギアのアルコールバーナー

trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】TRB25-QJ

燃料タンク容量は100ml。
そのおよそ2/3の約70mlのアルコール燃料で約25分間燃焼します。
燃焼時間が長いので、お湯を沸かす以外の調理にも使えるのが便利です。

エバニューチタンアルコールストーブ

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254

燃料タンク容量は70ml。
内側に30mlと60mlの目盛りが付いていて便利です。
30mlのアルコール燃料で約5分間燃焼します。

VARGO トライアドマルチフューエルストーブ

(バーゴ)VARGO トライアドマルチフューエルストーブ T-305

燃料タンク容量は約59mlで燃焼時間は約20分です。
燃焼時間が長めなので、ちょっとした調理も可能です。
中火程度の火力を保つことができ、400mlの水が約7分で沸騰します。

アルコールストーブの燃料はどこで買う?

アルコールストーブの燃料を買うのにネット以外でどこで買えばいいか?答えは近くの薬局でも売っています。

薬局で売ってるアルコールストーブの燃料

主に燃料用という記載があるアルコールであれば問題なく使えます。燃料用アルコールの成分はメタノール、エタノールを配合したものです。簡単に手に入る燃料ですが、毒性が強いため、取り扱いには注意が必要です。

消毒用アルコールはアルコールストーブの燃料で使える?

アルコールには、薬局などで売ってる消毒用アルコールというものもあります。消毒用アルコールは、エタノール成分が多いためアルコールストーブの燃料や非常時の消毒にも使うことはできますが、燃料用アルコールに比べると燃焼効率が悪く多少値段が高くなります。

無水アルコールはアルコールストーブの燃料で使える?

無水アルコールをアルコールストーブで使用すると、すすが出て真っ黒になるのでやめた方がいいです。

アルコールストーブにおすすめの燃料

アルコールストーブにおすすめの燃料アルコールをご紹介します。

ケンエー 燃料用アルコール

一般的によく使用されているのがケンエー燃料用アルコールです。薬局などでも安価で手に入りやすく、ススも出ることなく安定した火力でおすすめです。

<成分>
メタノール76.6%
エタノール21.4%
イソプロパノール0.3%

大洋製薬 燃料用アルコール

ケンエーの燃料用アルコールより若干火力は劣るようですが、ほとんど大差ありません。キャップがワンタッチで開けるようになっていますが、液漏れ等は不安な部分もあるので、燃料用ボトルに入れ替えて携帯することをおすすめします。

<成分>
メタノール95%
エタノール5%

トーヤク アルコK2

コーヒー沸しやアルコールランプ用の燃料ですが、アルコールストーブでももちろん使用できます。無臭性の燃料で安価で手に入りお得です。キャップ部分には注ぎ口がついていて便利です。

また、液体漏れ防止に中栓もついているので安心して持ち運びできるため、このまま持参しても大丈夫です。ただ、中栓の取り外しが面倒な場合は、燃料用ボトルに入れ替えると良いと思います。

<成分>
メタノール95%
エタノール5%

アルコールストーブ燃料の持ち運びに便利なおすすめの燃料ボトル

市販のアルコール燃料をそのまま持っていくことも出来ますが、注ぎにくく使い勝手が悪いです。持ち運びに便利で注ぎやすいおすすめの燃料ボトルをご紹介します。

trangia(トランギア)マルチフューエルボトル

トランギアのアルコール燃料用ボトルです。種類は3種類あります。

<0.3L>
直径6.5cm×高さ11.9cm
燃料容量300ml
重さ約95g

<0.5L>
直径6.5cm×高さ23.5cm
燃料・容量460ml
重さ約115g

<1.0L>
直径8.0cm×高さ29.0cm
燃料容量930ml
重さ約160g

ヘッド部分は、ペットボトルのフタのようなものにボタンがついています。ヘッドを緩めるとボタンを押せるようになり、傾けると燃料が注げるしくみになっています。使い終わった後は、ヘッドを閉めなおしておけば燃料がこぼれる心配もありません。

ヘッド部分を取り外すわけではないので、普通のペットボトルのようにキャップをなくしたとか、キャップが汚れて燃料に不純物が混じってしまったなどのようなトラブルもおきないという点でも、おすすめできる持ち運び用の燃料ボトルです。

また、注ぐときも、市販のアルコール燃料の容器だと一気に飛び出してくることもあり不便ですが、フューエルボトルは注ぎ口が細くなっているため、周囲にこぼれる心配もなく、使いやすいです。

ボトルの色は赤とオリーブの2色あります。アルコール燃料用のボトルにしては少々お値段高いのでは?という意見も多いようですが、頻繁に使う方や持ち運びのしやすさを優先させたい方にとっては良い燃料ボトルだと思います。

OPTIMUS(オプティマス)フューエルボトルグリーン

スウェーデンのストーブメーカー、オプティマスのフューエルボトルです。種類はS~XLまで全部で4種類あります。

<Sサイズ>
直径6.5cm×高さ17cm
燃料容量300ml
重さ約120g

<Mサイズ>
直径7.4cm×高さ21.5cm
燃料容量530ml
重さ約155g

<Lサイズ>
直径8.0cm×高さ27.0cm
燃料容量890ml
重さ約235g

<XLサイズ>直径8.8cm×高さ31.0cm
燃料容量1300ml
重さ約300g

アルミ製の燃料ボトルです。特徴としては子どもにも安心なチャイルドセーフキャップが使用されている点です。押して回さないとフタが開かない仕組みになっています。

オプティマスのフューエルボトルはアルコール燃料だけではなく、あらゆる燃料にも使用できます。きれいなグリーンのボトルがカッコいいと評判の持ち運びに便利な燃料ボトルです。

LINDEN(リンデン)パウチ容器

<サイズ>
キャップ口径1.6cm
横10cm×高さ14.5cm
容量100ml

燃料用ボトルではありませんが、燃料用容器として軽くてかさばらないという利点があります。厚みもあり丈夫で破れる心配はなさそうです。3つセットになっているので、オイルランタンの燃料の持ち運びにも使いやすいです。

LINDEN(リンデン)パウチは、アルコール燃料以外にもサラダ油やドレッシングなどの液体用にも使えるので、ファミリーキャンプでもあると便利な容器です。

nalgene(ナルゲン)広口丸形ボトル

飲み口が広いボトルで燃料が入れやすいです。4サイズあります。

<30ml> 
直径3.5cm×高さ6.5cm

<60ml>
直径4cm×高さ8.5cm

<125ml>
直径5cm×高さ10cm

<250ml>
直径6.2cm×高さ13.5cm

完全液漏れ防止キャップシステムでしっかりと密封されており、液漏れの心配がありません。高密度ポリエチレン素材のプラスチックボトルで、耐水性・耐薬品性に優れている高品質なボトルです。液漏れなし、軽くて丈夫という利点から幅広い分野で愛用されている持ち運びに便利な燃料ボトルです。

60mlのボトルはトランギアのメスティン本体にぴったり収まるサイズで、アルコールストーブとメスティンをお持ちの方は、一合の炊飯で使用する燃料は約60cc(気温によって異なります。)なのでこのサイズが使いやすくおすすめです。

アルコールストーブの燃料の代用で灯油は使える?

「アルコール燃料の代わりに灯油ってどうなの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。灯油ならいつでも家にあるという方も多いでしょう。ですが、アルコールストーブの燃料として使用することはやめましょう。

アルコール燃料の代用に灯油はNG!

理由は、燃焼するための酸素量が違うため、灯油だとバーナーなどを使用しないとまず火がつきません。

バーナーを使用し火がついたとしても、不完全燃焼で、アルコールストーブがススだらけになってしまいますので、きちんとアルコール燃料を使用するようにしましょう。

アルコールストーブに残った燃料の処理方法

基本的には燃料を残さないよう、必要量を把握し使用する分だけ入れて使う事をおすすめします。
燃料が残ってしまった場合は、完全に冷ましてから燃料ボトルに入れて持って帰ってくるようにしましょう。

VARGOヘキサゴンウッドストーブはアルストの五徳にもなる優れもの!バーゴ(VARGO)といえば、ヘキサゴンウッドストーブ!ソロキャンパーや登山者が認めるミニ焚き火台で、ネイチャーストーブの完成形、真打と...

アルコールストーブ用おすすめの五徳と風防!100均の簡単自作もご紹介!

アルコールストーブの燃料はボトルで持ち運ぼう!

アルコールストーブ用におすすめの燃料と、持ち運びに便利で使い勝手もよい燃料ボトルをご紹介しました。

アルコール燃料は成分的にどれもほとんど変わりないです。燃料用ボトルに詰め替えるのであれば、使い勝手を気にせずコスト面から選ぶ事ができますし、そのまま使いたいという方は注ぎやすいかどうかという使い勝手の面から選ぶと良いかと思います。

最近では100均グッズでもアルコール液対応と記載されたボトルが販売されているので、そういったものを活用するのも良いかもしれませんね。