キャンプ

デイツのハリケーンランタンを種類別に紹介!使い方も合わせて解説!

デイツのハリケーンランタンは種類が豊富なので、初心者には違いが分かり辛い部分が多く選択に迷ってしまいがち。そこで当記事では、デイツ製ハリケーンランタンの種類や、使い方について詳細を解説していきます。

デイツのハリケーンランタンとは

デイツ(DIETZ)はアメリカ合衆国のニューヨークにて1840年に創業された、照明製品を専門とした製造会社。石油が燃料として使用される前には、鯨油が主流だった頃に設立された古来のノウハウを搭載した製品が魅力。

発売当初では画期的な技術だった平芯を用いたランタンの製造をいち早く取り入れ、暴風の中でも使用できるランタン「ハリケーンランタン」に技術を応用させせており当初の技術がそのままデイツのハリケーンランタンにも搭載。現在では香港を拠点とした国外工場にてランタンの製造を行っており、インテリアやアウトドアランタンとしても人気な照明器具が人気のブランドです。

デイツのハリケーンランタンの魅力

デイツ(DIETZ)のハリケーンランタンは「どんな悪天候でも使用可能な、炎が消えることのないランタン」という売り文句が自慢です。天候が変わりやすいアウトドア中の過酷な環境でも、安心して使用できる構造が採用されています。

故障が少ない

燃焼による温度差により、内部に発生する気流を利用した設計が搭載。内部に発生する気流を利用する事により、寒冷地での燃料の凍結や内部の森の凍結といったトラブルを防ぐ事が実現可能となりました。更にランタンの外部から燃焼に最適な空気を内部に送り込むことにより、燃料を使用するランタン特有の有害物質の発生を抑える事ができます。

種類ごとにカラーバリエーションが豊富

出典:楽天市場

デイツ(DIETZ)のハリケーンランタンは種類ごとにカラーバリエーションも豊富で、好みのカラーを選択できるのも魅力の一つ。自分のお気に入りのアイテムを選択できるユーザーへの配慮も嬉しいポイントです。

安価な燃料が使えるので経済的

デイツ(DIETZ)のハリケーンランタンで使用する燃料は、ホワイトガソリンやガスを使用する燃料ランタンに比べたら非常に安価で、ほんのりと照らしてくれる優しい光がプロキャンパー感を演出してくれます。燃焼を起こして点灯するランタンなので、肌寒い季節には周囲をほんのり温めてくれる暖房としての優しい温もりもGOOD。

防虫オイルも使用可能なので夏場でも安心

デイツ(DIETZ)のハリケーンランタンは別売の防虫オイルを使用することにより、虫除けとしても利用が可能です。不快な害虫から身を守るだけではなく、ランタンに直接寄り付いた虫による汚れも防いでくれる優れものとなっています。

デイツのハリケーンランタンのデメリット

デメリットとしてはLEDランタンのようにワンタッチで点灯することが出来ない点が挙げられます。ですがディズニー作品に出てきそうな高級感あふれるアンティークなデザインから逆に燃焼タイプのランタンならではの不便さを楽しむ事も可能です。勿論アウトドアランタンとして使用する以外にも、お部屋のインテリアとしても優秀なアイテムとなっています。

デイツのハリケーンランタンの使い方

種類が豊富なデイツのハリケーンランタンですが、使い方はほぼ一緒なので、デイツ78の使い方を簡単に説明します。

着火の手順

最初に芯をカットします。芯をカットすることにより、ランタンの炎が綺麗になります。
この作業は好みにもよりますので、どちらでも構いません。

芯をカットした炎

芯をカットしてない炎

オイルタンクのキャップを外し、オイルを入れます。

オイルを入れたら15分程度待ちます。オイルが芯に浸透してない状態で着火すると、芯が燃えて真っ黒になるので、芯にオイルが浸透するまで待ちましょう。

赤丸の部分を下に降ろすことにより、ホヤが上がり本体との隙間から芯に着火することができます。

金色の金具を回すことにより芯の長さ(明るさ)の調節ができます。

デイツのハリケーンランタンに使える燃料

デイツ(R.E.DIETZ)のハリケーンランタンに使用できる燃料は、以下の2種類が利用可能とされています。

  • 灯油
  • パラフィンオイル(レインボーオイル)

ハリケーンランタンに利用できる、それぞれの燃料の特徴についた解説していきましょう。

灯油を使用するメリット・デメリット

一般家庭でも使用する、石油ストーブの燃料としてお馴染みの「灯油」。メリットとしては、「1リットル辺りの燃料コストが100円以下」と非常に経済的な点が挙げられる最もポピュラーな燃料となります。燃料としてのパワーも優秀で、比較的明るい光量を保つことができるのも灯油を燃料として使用するメリットです。

デメリットとしてはガソリンスタンドのような、石油系特有の強い匂いが挙げられます。特に燃料を車の中やテント内で溢してしまった場合は最悪で、匂いを除去するには非常に苦労が伴う作業になる事も。

また燃焼時に発生する煤の量も最も多く、頻繁に掃除が必要となるのも灯油を燃料として使用するデメリットです。

パラフィンオイル(レインボーオイル)を使用するメリット・デメリット

灯油と別にデイツ(R.E.DIETZ)のハリケーンランタンに使用できる燃料が「パラフィンオイル(レインボーオイル)」。パラフィンオイルとはろうそくのロウが原料で、常温で液体状となったものでレインボーオイルと呼ばれる製品名で専用オイルとして販売されています。

「パラフィンオイル(レインボーオイル)」を使用するメリットは、灯油のような石油系の特有の匂いがしない点が挙げられます。また製品によってはアロマ成分が含まれたオイルも存在するので、ランタンの揺れる炎と合わさりリラックス効果を生むことが可能。

更に灯油を燃料として使用した場合に発生する煤もごく僅かとなるため、清掃する時間が惜しい方にピッタリのオイルとなっています。また灯油とパラフィンオイルは、混合しても大丈夫な成分なので安心して使用することが可能です。

ただし混ぜてしまうとお互いのメリットを打ち消してしまうので、あえて混合液を燃料として使用する方法はオススメできません。

そしてパラフィンオイル(レインボーオイル)を使用する最大のデメリットが、「1リットル当たり1000円以上」というコストの高さ。更に煤が出ないパラフィンオイル(レインボーオイル)のメリットを最大限活かすためには芯の交換まで必要となります。

照明の明るさも灯油に比べると劣ってしまうので、光量を求めている方には相性の悪い燃料である事も頭の隅に置いておきましょう。

デイツのハリケーンランタンを種類別に紹介

デイツ(R.E.DIETZ)のハリケーンランタンの使い方や、使用できる燃料について解説した所でハリケーンランタンの種類について詳細を解説。種類豊富なデイツのランタン選びの参考として活用してみて下さい。

デイツ50ハリケーンランタンは廃盤

・タンク容量:930ml
・燃焼時間:約27時間
・7分芯
・対応人数:1人

アウトドアで使用するランタンとしては照明の明るさは力不足なものの、インテリアとしても最適な可愛らしい小型のサイズ感と燃費が魅力のハリケーンランタンが「デイツ50」です。

現在は廃盤となっており、中古で出回っているアイテムのみ取り扱いとなっています。

デイツ78ハリケーンランタン

<商品スペック>
・タンク容量:340ml
・燃焼時間:約20時間
・明るさ:7カンデラ
・芯の太さ:4分芯
・対応人数:1人

デイツのハリケーンランタンの中でも、最もメジャーなモデルとなるのが「デイツ78」。大きさや価格帯、性能とすべてのバランスが取れたハリケーンランタンです。

コンパクトな設計と4分芯のほど良い光の強さから、ソロキャンプに使用するアイテムとして最も優れているモデルでしょう。

デイツ30ハリケーンランタン

<商品スペック>
・タンク容量:ー
・燃焼時間:23時間
・芯の太さ:5分芯
・明るさ:9カンデラ
・対応人数:1〜2人

中型サイズのハリケーンランタンです。芯のサイズも5分芯とデイツ78では少し灯りが不安だと感じる方にはおすすめです。

デイツ80ハリケーンランタン

・タンク容量:ー
・燃焼時間:約26時間
・明るさ:12カンデラ
・芯の太さ:7分芯
・対応人数:2人

2リットルペットボトルを上回る大きさとなる、存在感抜群の大型のハリケーンランタンが「デイツ80」。数あるデイツのハリケーンランタンの中でも、最も明るい7分芯が採用されているので数人以上のアウトドアでも活躍します。

光を共さない状態でも存在感抜群なので、インパクトと雰囲気を求める方にはうってつけのモデルでしょう。

デイツ90ハリケーンランタン

<商品スペック>
・タンク容量:930ml
・燃焼時間:25時間
・芯の太さ:7分芯
・明るさ:12カンデラ
・対応人数:2人

80に比べて、3センチほどサイズが小型となる明るさと大きさのバランスが取れたハリケーンランタンが「デイツ90」。

デイツのハリケーンランタンの芯の交換方法とホヤの掃除の仕方

デイツ(R.E.DIETZ)のハリケーンランタンは使い続けているとガラス部分である「ホヤ」が煤で汚れがち。そんな時は柔らかいスポンジを使用して基本は水洗いを行い、どうしても落ちない場合は中性洗剤やマイペットをつけたティッシュペーパーで拭き掃除を行うと簡単に綺麗になります。

ホヤの取り外し方

ランタン上部にあるリングを引っ張り上げる。

本体とホヤに隙間ができるので、ホヤ部分を倒すことができ、ホヤを取り外すことができます。

ホヤは簡単に取り外しが可能なものの、割れるリスクが高い繊細なガラス製品なので取り扱いには最新の注意を払いましょう。

また光を発するアイテムであるハリケーンランタンは、虫が群がってしまうので何かと汚れがち。そこで防虫対策オイルと併用して使用すると、水に汚れの原因となる虫の数を激減させることができるのでメンテナンスも簡単に。大量の虫が発生する6月〜8月でのキャンプは防虫オイルの使用がオススメです。

芯の交換方法

芯の交換はホヤ部分を倒した状態で行います。

金色の金具を左に回すと芯の留め具が外れます。

芯が付いている留め具を外して芯の交換をします。

ハリケーンランタンのおすすめ10選!ランプの使い方から燃料の選び方まで解説!ハリケーンランタンはキャンプで使用する照明として大人気のアイテム。LEDランタンほど便利でも機能的でもありませんが、雰囲気の良さにおいて...
UCO(ユーコ)キャンドルランタン(ブラス・アルミ)をレビュー!【オイル化の方法も】UCO(ユーコ)キャンドルランタンは、アウトドアで明かりを灯すためのアイテムに限らず、インテリアとしても楽しむことができるキャンドルラン...

デイツのハリケーンランタンのまとめ

揺れる炎がたまらない使用しているだけでキャンプ感を演出する雰囲気と、インパクトが抜群のデイツ(R.E.DIETZ)のハリケーンランタン。キャンプに使用するだけではなく、アンティーク感抜群のお洒落なデザインからお部屋のインテリアとしてもうってつけな製品となっております。

利便性に特化し、無駄な要素を排除したLEDランタンには無い魅力が持ち味のハリケーンランタン。コストパフォーマンスに優れる、お気に入りのランタン選びの候補としてデイツ(DIETZ)のハリケーンランタンを検討してみては如何でしょうか。

ABOUT ME
HIROTSUGU
HIROTSUGU
ライター情報:アウトドア特化ライター、アウトドア歴10年。キャンプ・アウトドアに関する筆記多数経験。全国各地でのキャンプ経験を持ちキャンプツーリングで北海道一周の経験も有り。焚火台でサッと焼いた焼肉が大好物。。