アウトドアワゴン・キャリー

【DODアウトドアワゴン】フォールディングキャリーワゴンとアルミキャリーワゴンの違いを比較!

【DODアウトドアワゴン】フォールディングキャリーワゴンとアルミキャリーワゴンの違いを比較!
お得な注目情報をピックアップ
ナチュラムで 「夏のナチュラム祭」開催中!
期間7月2日(金)18:00〜8月6日(金)23:59まで
ナチュラム祭の攻略情報やピックアップしたおすすめのキャンプ用品はこちらの記事
2021年「夏のナチュラム祭り」の攻略情報とおすすめのキャンプギアをピックアップ!

キャンプの時に活躍するアウトドア用のキャリーワゴン。手間のかかるキャンプギアの運搬には欠かせませんよね。
今回は種類豊富なキャリーワゴンの中でも高品質だと評価の高いDODのアウトドアワゴン「フォールディングキャリーワゴン」と「アルミキャリーワゴン」について、特徴や違いを比較してまとめてみました。
少しコツが必要な組み立て方や収納方法も詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。

DODアウトドアワゴンがあれば荷物の運搬が楽ちん♪

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

アウトドアワゴンといったら荷物の運搬に便利なアイテムですよね。
オートキャンプ場でない場合は駐車場からキャンプサイトまで荷物を運ぶ必要があります。台車などを貸してくれるキャンプ場もありますが、使い慣れない台車で重いキャンプギアを運ぶのは結構難しいです。
フォールディングキャリーワゴンとアルミキャリーワゴンのような安定感のあるアウトドアワゴンを使えば、キャンプギアを快適に運ぶことができますよ。

キャンプ場での使用だけでなく、マンションやアパートから駐車場までの荷物の運搬にも活躍しますし、持ち運びしやすいDODのアウトドアワゴンであればピクニックなどちょっとしたお出かけにも使えますね。

DODフォールディングキャリーワゴンの口コミや特徴

DODフォールディングキャリーワゴン

参照元:dod公式

DODのフォールディングキャリーワゴンは2013年に発売されてから何度も仕様変更がされている、人気のキャリーワゴンです。カラー展開はベージュとブラックの2色。
スチール製の丈夫なボディなので、テントや焚き火台といった重いキャンプギアも楽に運ぶことができますよ。悪路ですり減ったタイヤは交換することができたり、トップシートが付属していて多少の雨であれば荷物が濡れるのを防いでくれたりと、キャンプで思い切り使えるタフな仕様が特徴のキャリーワゴンです。

みんなの評価や口コミ

他ブランドに比べて持ち手が長いのでキャリーを引く時足に引っかからず、とにかく運びやすい。登り下りがあるキャンプ場もガタガタ道もで行きたい方向に進んでくれるのは本当に助かる。
意外と重いけど、丈夫そうやし、カバー洗えたり、タイヤ交換できるのは助かる。

参照元:amazon

DODアルミキャリーワゴンの口コミや特徴

DODアルミキャリーワゴン

参照元:dod公式

DODのアルミキャリーワゴンはより気軽に荷物運びができるようにと考えられたキャリーワゴンで、カラー展開はカーキとタンの2色。
フォールディングキャリーワゴンよりワゴン容量が増えたにも関わらず、サイズはコンパクトに、重量は軽く作られ、女性やお子さまでも荷物が運びやすいよう設計されています。コンパクトになったことで積載もしやすく、ちょっとしたお出かけにも気軽に持っていけるアウトドアワゴンとなりますよ。

みんなの評価や口コミ

使用感としては、タイヤが細い分取り回し易く、移動距離が長い時にその恩恵を感じられました!
またハンドルから手を離した際、バネの力で元の位置に戻ってくれる仕様なので、いちいちクリップに止めなくて良い点もお勧めできます。
大きい公園に行くと帰りは子供も疲れたり、自転車を乗っていても次は走ったりするので、ポンと荷物をワゴンに乗せられるのは便利です!

参照元:amazon

DODアウトドアワゴン2種類を徹底比較!

同じDODから販売されてるアウトドアワゴンなので、パッと見た目では「フォールディングキャリーワゴン」も「アルミキャリーワゴン」もそこまで大きな違いはないように見えますね。もちろん共通点もありますが細かく見ていくと違いもたくさんあるんです。ここからはフォールディングキャリーワゴンとアルミキャリーワゴンの共通点と相違点を紹介します。

スペックやサイズ比較表

商品名 フォールディングキャリーワゴン アルミキャリーワゴン
サイズ 幅95×奥行53×高さ120cm (ワゴンまで60cm) 幅96×奥行58×高さ105cm (ワゴンまで61cm)
収納サイズ 幅30×奥行20×高さ80cm 幅30×奥行20×高さ69cm
重量 14kg 10.1kg
最大積載重量 100kg 100kg
ワゴン容量 125L 160L
素材 スチール、ポリエステル アルミ合金、ポリエステル
付属品 フロアマット、トップシート、収納カバー フロアマット、収納カバー

共通点

まずは2つのアウトドアワゴンの共通点から挙げていきます。

最大積載重量は100kgなので重たい荷物も持ち運びOK

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

どちらのキャリーワゴンも最大積載重量は100kgです。大型のテントや薪ストーブといった重いキャンプ道具をまとめて運ぶことができるよう設計されています。

タイヤロック付きなので安心

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

停車時にはタイヤをロックすることができます。傾斜など不安定な場所に一時的にキャリーワゴンを止める場合にもタイヤロックがあると安心ですね。レバーを少し回した状態にしておくとブレーキとしても使えるので、下り坂を気を付けておりたい時に便利ですよ。

本体生地は取り外せるので掃除しやすい

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

本体生地はフレームから取り外せるので手洗いや拭き取りで掃除することができます。これならキャンプで汚れても安心ですね。

違いを比較

続いては2つのアウトドアワゴンの相違点です。使い勝手などに大きく関わってくるところですので、違いを比較したので一緒にチェックしていきましょう。

収納サイズや携行性の違い

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

使用時の大きさはそこまで変わりませんが、収納するとアルミキャリーワゴンの方がフォールディングキャリーワゴンに比べ高さが10cmほど短くなります。ファミリーキャンプで荷物が多くなりがちな方や、軽自動車やコンパクトカーに乗っている方にとってこの差は大きいですね。

また、収納後もアルミキャリーワゴンは収納ケースの上からでもハンドルが握れる仕様になっているので、車まで転がすことができたり、横向きに持てるよう設計されていたりと携行性にも違いあります。

重量の違い

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

フレームの素材の違いより、重量はフォールディングキャリーワゴンが14kgあるのに比べ、アルミキャリーワゴンは10kgと4kgも軽くなっています。

フォールディングキャリーワゴンには横にもフレームが付いており、このフレームがあるため重量も重くなっていますが、フレームが多い分荷物の重さが分散されて、壊れにくいように計算されているんです。

アルミキャリーワゴンの本体重量は8.6kgなので女性でも楽にキャリーワゴンを引っ張れますし、片手で持てる重さなので車に積載するときもラクラクです。

容量の違い

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

「最大積載重量は100kgで同じでは?」と思ってしまいますが、最大積載重量は積める荷物の量の目安であって、その量を積んで動かしたときの保証値ではないのではありません。動かしたときにワゴン全体にかかる負担はフレームの多いフォールディングキャリーワゴンの方が少なく、耐久性が高い作りになっていると言えそうですね。

最大積載重量はどちらも100kgですが、容量はフォールディングキャリーワゴンが100L、アルミキャリーワゴンが160Lと60Lの差があります。160Lはアウトドア用キャリーワゴンの中でも最大級のサイズですよ。効率良く一度にたくさんのキャンプギアが運べるので、設営や撤収の時短にもなりますね。

タイヤの違い

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

タイヤの違いは快適な走行性能に直結します。
フォールディングキャリーワゴンのタイヤは大型のノーパンクタイヤが採用されていて、雨上がりの土サイトなど、悪路でも移動しやすいよう考えられていますよ。

一方、軽量さを重視した設計のアルミキャリーワゴンにはスマートなタイヤが採用されていて、ノーパンクタイヤではありませんが、ゴツゴツした地面での使用は少し心配になるかもしれません。アスファルトやコンクリートといったある程度整地された場所での使用であれば問題なく使用ができますよ。

ハンドルの違い

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

フォールディングキャリーワゴンのハンドル部分はフレームに連結させる必要がありますが、アルミキャリーワゴンは伸縮式で引き出すだけで簡単に使えるので組み立てと収納時の手間が少ないです。
手で握る部分はどちらもリング型でとても握りやすいですよ。左右にも旋回しやすく、指が痛くなることが少ないです。

付属品やテーブルなどのオプションの違い

DODアウトドアワゴン

参照元:dod公式

それぞれのアウトドアワゴンには専用のポケット付き収納ケースと、より安定して荷物が運べるように設計されたフロアマットが付いています。

フォールディングキャリーワゴンにはさらに、ワゴンの上部に被せて使うトップシートが付属していますよ。このトップシートがあれば、ほこりや直射日光から荷物を守れますし、多少の雨も安心です。

またトップシートを荷物の上から被せることで、ワゴンから少し飛び出してしまっている荷物も崩れることなく安定して運ぶことができますよ。

フォールディングキャリーワゴンには木製のロール天板やスペアホイールなど専用のオプション品がありますが、アルミキャリーワゴンは残念ながらありません。

専用のロール天板で、アウトドアワゴンをテーブルとして有効活用できますね。
※ロール天板はアルミキャリーワゴンには採寸が違うので適合しません。

また、ホイールが消耗した状態で使用を続けると走行性能やクッション性が低下してしまいますし、安全面でも不安が出てきます。スペアタイヤがあるとその点も安心できますね。

DODフォールディングキャリーワゴンがおすすめな方は?

さまざまな違いがあるフォールディングキャリーワゴンとアルミキャリーワゴンですが、耐久性を重視したい方はフォールディングキャリーワゴンがおすすめです。

記載した通り、フォールディングキャリーワゴンはフレームの数が多くワゴンにかかる負荷が分散されるように計算されているため、繰り返し重い荷物の運搬を行っても長持ちしやすいです。

また、付いているタイヤも大型で悪路に対応できるよう設計されているので、足場の良くないキャンプサイトでも問題なく荷物を運ぶことができます。万が一ホイールが消耗してしまっても、スペアタイヤが販売されているのでキャリーワゴンごと買い替える必要もありませんね。

頑丈なスチールが素材で重さはありますが、キャンプでガンガン使える耐久性の高いアウトドアワゴンをお探しの方にぴったりなのはフォールディングキャリーワゴンです。

DODアルミキャリーワゴンがおすすめな方は?

もっと気軽に持ち運びができる、軽くてコンパクトなキャリーワゴンをお探しの方はアルミキャリーワゴンがおすすめです。本体にアルミ素材を採用したことにより160Lという大容量にも関わらず、女性でもらくらくと運べる軽量さを実現しています。また、収納時も非常にコンパクトになるので積載問題に悩む心配もありませんよ。

コンパクトなのは収納時だけでなく、アルミキャリーワゴンは取っ手部分の長さも短く設計されているので、狭い道や人通りの多い場所で牽引しても周囲の迷惑となりづらいです。

フォールディングキャリーワゴンは牽引するとワゴンの後ろから取っ手の先まで全長約190cmにもなりますが、取っ手の短いキャリーワゴンであれば牽引時も後ろを気にする必要が少なく済みそうですね。タイヤもスマートな作りなので小回りが利きます。

「重い荷物を乗せる分キャリーワゴン自体は軽くしたい」、「荷物を運ぶためのキャリーワゴンが荷物となってしまうのは嫌だ」、「ピクニックや子どもの運動会など、人が多い場所でも気軽に持ち運んで使えるものがいい」といった方にぴったりなのがアルミキャリーワゴンになりますよ。

DODアウトドアワゴンの組み立て方と収納手順

DODアウトドアワゴンの組み立てと収納の手順は基本的には同じになります。「コツがいる」といったレビューも多く見かけますが慣れるととても簡単ですよ。写真付きで紹介しますね。

組み立て方

DODアウトドアワゴンの組み立て方

参照元:dod公式

➀収納カバーからワゴンを取り出す
収納カバーの底面と横面にあるバックルと、横面にある面ファスナーを開けて収納カバーからワゴンを取り出します。

DODアウトドアワゴンの組み立て方

参照元:dod公式

②ワゴンを広げる
ワゴンの中央部分をゆっくり押し、ワゴンを少しずつ広げます。

DODアウトドアワゴンの組み立て方

参照元:dod公式

③フレームとワゴンの生地を固定する
サイド4ケ所にある面ファスナーでフレームとワゴンの生地を固定します。

DODアウトドアワゴンの組み立て方

参照元:dod公式

④フロアマットを広げる
底面にフロアマットを敷きます。

DODアウトドアワゴンの組み立て方

参照元:dod公式

⑤ハンドルを固定する
ここの手順は種類によって異なるので気を付けてください。
アルミキャリーワゴンの場合はハンドルを引き上げます。※ボタンを押す必要はありません。
フォールディングキャリーワゴンの場合はハンドル上部を下部のフレームに連結させて固定します。

DODアウトドアワゴンの組み立て方

参照元:dod公式

⑥完成
完成後はフレームがガタついていないか、ハンドル操作がしやすいかを確認して使用してください。

収納手順

DODアウトドアワゴンのたたみ方・撤収

参照元:dod公式

➀ハンドルを収納する
ここの手順は種類によって異なります。
アルミキャリーワゴンの場合はハンドルの中心にある赤いボタンを押しながらハンドルを収納します。
フォールディングキャリーワゴンの場合はハンドル部分の連結を外し、ハンドルを折りたたみます。

DODアウトドアワゴンのたたみ方・撤収

参照元:dod公式

②フロアマットを取り外す
底に敷いていたフロアマットを取り出します。

DODアウトドアワゴンのたたみ方・撤収

参照元:dod公式

③サイドの面ファスナーを外す
フレームと生地を固定していたサイド4ケ所にある面ファスナーを外し、フレームと生地を外します。

DODアウトドアワゴンのたたみ方・撤収

参照元:dod公式

④中心部の持ち手を引き上げる
ワゴン底面、中心部に付いている持ち手を引き上げ、それぞれの角を引き寄せます。

DODアウトドアワゴンのたたみ方・撤収

参照元:dod公式

⑤収納カバーを被せる
収納カバーを被せて横面にある面ファスナー、横面と底面にあるバックルを閉めます。

DODアウトドアワゴンのたたみ方・撤収

参照元:dod公式

⑥完成
ファスナーやバックルの閉め忘れがないか確認して、積み込みをしましょう。

特にワゴン本体を広げる時と中心部の持ち手引き上げてワゴンの角を寄せる時に、少し大変と感じる方もいますが、焦らず少しずつ力をかけてあげるとスムーズに組み立て、収納ができますよ。
使用前に練習してみてくださいね。

DODアウトドアワゴン比較のまとめ

同じDODが手掛けているアウトドアワゴンでも、耐久性を重視するか、コンパクトさを重視するかで選ぶキャリーワゴンが変わってきます。購入前にどのように使いたいかを考えてみるといいですね。
フォールディングキャリーワゴンもアルミキャリーワゴンもどちらも人気のあるアウトドアワゴンなので、本格的なキャンプシーズンを迎える前にぜひゲットしてくださいね。

コスパ最強!安いアウトドアワゴンのおすすめ7選!
コスパ最強!安いアウトドアワゴンのおすすめ7選!【1万円以下】重視するのは5つのポイント!何かと増えていくキャンプ用品ですが、アウトドアワゴン1台あれば何でもまとめて移動できます。 アウトドアワゴンは便利アイテムと考えら...
コールマン「アウトドアワゴン」の魅力や使い方!コラボや限定色も紹介!
コールマン「アウトドアワゴン」の魅力や使い方!コラボや限定色も紹介!絶大な人気を誇るコールマンのアウトドアワゴン。その理由は何でしょう? スペックやコスパだけではないはずです。それなら他にチョイスは...
夏のナチュラム祭

・夏の大セール!ナチュラム祭<7/2~8/6>

ナチュラム祭会場へ