アウトドアワゴン・キャリー

WAQアウトドアワゴンを徹底レビュー!特大タイヤ&大容量&高耐荷重!タフで段差や砂浜も楽々走行!

WAQのアウトドアワゴンをレビュー!特大タイヤ&大容量&高耐荷重!タフで段差や砂浜も楽々

キャンプ場での荷物の運搬に欠かせないのがアウトドアワゴン。ギアを運ぶ時キャンプ場で貸してくれる台車を使う方も多いですが、慣れていないと扱いづらいですし、大切なギアに汚れが付くのも気になりますよね。そんな方には便利なアウトドアワゴンがおすすめです。

今回は種類豊富なアウトドアワゴンの中でも、アマゾンなどの通販サイトで常にランキング上位であるWAQのアウトドアワゴンについて実際の使い心地をレビューしていきます!自分専用のワゴンがあればギアの運搬が楽に、そして楽しくなりますのでチェックしてくださいね。

WAQのアウトドアワゴンの特徴

WAQのアウトドアワゴンはキャンプシーズン真っ盛りの今年8月には楽天のアウトドアランキングで4冠を達成するなど、アウトドアワゴン業界ではトップレベルの高評価を獲得しています。まずはその特徴を紹介しますね。

ファミリーキャンプでも大活躍の容量

WAQ アウトドアワゴン 口コミレビュー

容量は約106Lと、数あるアウトドア用のワゴンの中でもトップクラスの容量です。家族分の荷物もラクラク入れることができますし、荷物が多くなりがちな冬キャンプでも大活躍してくれますね。高く積んだ時に荷崩れを起こしにくくするゴムバンドも付属しています。

安心の耐荷重

WAQ アウトドアワゴン 口コミレビュー

大容量なだけでは荷重にフレームが耐えられず、運搬している途中にワゴンが破損してしまう可能性が高いです。WAQのアウトドアは耐久性の高いスチールフレームが採用されているので150kgの荷重に耐えられます。大容量かつ、この耐荷重があればファミリーキャンプでも家族分の食材や大量のギアを一度に運ぶことができますね。

操作しやすいハンドル

WAQ アウトドアワゴン 評判

従来のハンドルは荷台底部から約62cmの高さで、長身の方にとっては少し短く、使用中に足に当たって動かしにくいという声がありました。そこで現在は、ハンドルの長さを約83cmまで伸ばせる新システムを採用し、小柄な方から身長の高い男性までより多くのキャンパーにとって操作しやすいアウトドアワゴンになっていますよ。

目的地までスムーズに進める特大タイヤ

WAQ アウトドアワゴン タイヤ

「予想以上に大きくて驚いた!」という声が続出するほど、WAQのアウトドアワゴンのタイヤは他社のワゴンと比較して圧倒的に大きいです。

タイヤが太くしっかりとした作りになっているので、整地されていない凸凹の道や砂地でも埋まることなく、段差もスムーズに進むことができますよ。この大きなタイヤの存在感も、一層男らしくアウトドアにぴったりな雰囲気を醸し出しています。

生地は丸洗い可能

WAQ アウトドアワゴン 洗える

従来品は生地がフレームに固定されていましたが、新仕様ではベルクロテープで生地が着脱できるようになったので取り外しができるようになりました。汚れや臭いが気になったら気軽に洗うことができるので、常に清潔な状態をキープできますよ。

大容量なのにコンパクト収納

WAQ アウトドアワゴン 口コミレビュー

参照元:waq

未使用時にはフレームにはひし形のフレームが伸縮するパンタグラフ機構を採用しているのでコンパクトに折り畳むことができます。使う時のスペックだけでなく、収納サイズも車への積載や自宅で保管しやすいよう考えられています。縦置き横置き、どちらにも対応しているのもポイントです。

WAQアウトドアワゴンの使用感をレビュー

WAQアウトドアワゴン レビュー

実際にWAQアウトドアワゴンをいろんな地面で引いてみた使用感をレビューします。

操作性

WAQアウトドアワゴン レビュー

WAQアウトドアワゴンは、ハンドルの長さを体格に合わせて調節できるので、脚に当たる心配もなくスムーズに引くことができます。

WAQアウトドアワゴン レビュー

ハンドル形状がO型なので、力がいる坂道でもしっかりと握り込めます。

WAQアウトドアワゴン レビュー

小回りが利くので、方向転換もしやすいです。

荷室のサイズ感

WAQアウトドアワゴン レビュー

WAQアウトドアワゴンの荷室に、無印の頑丈収納ボックス(特大)を入れた時のサイズ感です。

キャンプスタイルにもよりますが、デュオキャンプぐらいの荷物なら1回で持ち運べるぐらいの容量があります。

WAQアウトドアワゴン レビュー

付属のゴムバンドは4か所フックを止めるだけで固定でき、荷室よりも高く荷物を積載することができます。

WAQアウトドアワゴン レビュー

平地を歩く時はそこまで気になりませんが、積み方によっては坂道を歩く時は荷物がズレてしまう事があるので、荷物を高く積載する場合は、支えてくれる人がいれば安心して持ち運べます。

いろんな地面を歩いてみた

WAQアウトドアワゴン レビュー

WAQアウトドアワゴンは、林間サイトでよく見かける、地表に出た木の根も乗り越えることができ、ラフな地面でも問題なく走行できます。

WAQアウトドアワゴン レビュー

路肩にあるような段差も後輪を持ち上げるのに少し力がいりますが、タイヤが大きいので、難なく乗り越えることができます。

WAQアウトドアワゴン レビュー

細めのタイヤならハマりそうな溝でも、タイヤが太いので気にせずに走行できます。また、写真はないですが、タイヤが転がりにくい砂浜や砂利道でも硬い地面に比べて力はいりますが、走行できました。

組み立てや収納が簡単

WAQアウトドアワゴン 組み立て 収納

WAQアウトドアワゴンの収納手順を見ていきましょう。

WAQアウトドアワゴン 組み立て 収納

本体内側の天板を外します。

WAQアウトドアワゴン 組み立て 収納

底面にあるループを引き上げます。

WAQアウトドアワゴン 組み立て 収納

ループを引き上げると一気に折りたたむことができます。

WAQアウトドアワゴン 組み立て 収納

広がらないように本体をベルトで固定します。

WAQアウトドアワゴン 組み立て 収納

この時タイヤの向きを合わせないと、上手く固定できないので注意しましょう。

WAQアウトドアワゴン 組み立て 収納

ハンドルと反対に取っ手がくるようにカバーを被せ、ベルトで固定します。

WAQアウトドアワゴン 組み立て 収納

カバー側面に底板を収納したら完成です。

WAQアウトドアワゴン レビュー

WAQアウトドアワゴンは、カバーを装着した状態でも取っ手がついているので、移動することが可能です。ただし、安定感がなく操作しにくいので、車から荷物置き場など、短距離での移動のみにしましょう。

WAQアウトドアワゴンのオプションテーブル

WAQアウトドアワゴン テーブル

別売りの専用テーブルを使うと、アウトドアワゴンがアウトドアテーブルに早変わりします。

WAQアウトドアワゴン テーブル

荷物を運搬し終わったらサイトでは使うことがなく場所だけ取っていたワゴンも、ギアを出した収納袋や不要なアイテムも隠せたりと活躍の場が広がりますよ。

ウッドテーブル

ナチュラルな雰囲気重視の方は、より自然にキャンプサイトに溶け込んでくれるウッドテーブルがおすすめです。はめ込み式のアルミテーブルと違い、取り付け方がワンタッチ式なのでより簡単にワゴンの中に入った荷物にアクセスできるようになっています。

アルミテーブル

アルミテーブルは汚れも拭き取りやすく、錆にも強いです。お手入れも簡単にできますよ。軽量で丈夫なので持ち運びもしやすいですし、お値段もお手頃で同時購入しやすいです。

公式オンラインショップ上ではオプションテーブルは、ワゴンと同時購入で安く購入できるので、気になる方は同時購入がおすすめです!

【送料無料】WAQ アウトドアワゴン【1年保証】

WAQアウトドアワゴンはタイヤ交換できる

WAQアウトドアワゴン タイヤ交換

キャリーワゴンのタイヤはプラスチックでできているので、使い方や地面の状態によって寿命は変わってきますが使い続けていると何かしらの不具合が出てくる可能性があります。ですが、WAQのアウトドアワゴンには専用のスペアタイヤがあるので万が一の時でも安心です。

特にタイヤの真ん中に巻かれているゴムベルトが切れてしまうことが多いようなので、使用前に一度確認するのがおすすめです。こういったスペアパーツの有無で長く使えるか否かも決まってくるので、購入の決め手にもなりますね。

WAQアウトドアワゴンの注意点

ストッパーがついていないのが残念

WAQアウトドアワゴン ストッパー

WAQアウトドアワゴンとして優秀なスペックをもっていますが、ストッパーが付いていないのが少し残念な点です。傾斜のある場所では手を離すと勝手に動いてしまう危険もあるので、使用時にはしっかりハンドルを握るようにしてくださいね。

立ち止まるときにはそれぞれのタイヤを足で90度になるよう回しておくと、多少ではありますが動きにくくはなりますよ。

子供を乗せると危険

WAQアウトドアワゴン デメリット

WAQアウトドアワゴンに子供を乗せると底板に荷重が一点に集中して割れてしまい、思わぬ事故に繋がりますので、注意が必要です。

WAQアウトドアワゴンに限らず、他のメーカーのキャリーワゴンでも同じことが言え、荷室内にまんべんなく積載するようにしましょう。

WAQとコールマンのキャリーワゴンの比較表

ブランド WAQ Coleman
商品
使用時サイズ 95D x 49W x 80H cm 106D x 53W x 100H cm
収納サイズ 幅34cm×奥行23cm×高さ82cm 幅40×奥行18×高さ77cm
重量 11.2kg 11kg
耐荷重 150kg 100kg
参考価格 amazon amazon
WAQ(ワック)おすすめのキャンプ用品!セール時期はいつ?みんなの評判は?
WAQ(ワック)おすすめのキャンプ用品!セール時期はいつ?みんなの評判は?「WAQ(ワック)」はキャンプ用品を選ぶ上でコスパを重視したい方におすすめのブランドです。トレンドを取り入れたデザインながら実用性も兼ね...

まとめ

タフに使えるWAQのアウトドアワゴンはハンドルや生地の取り外しなどキャンパーの声を反映して改良された部分も多いので、使い勝手の良さは多くのキャンパーのお墨付きです。今まで両手いっぱいに荷物を抱えていた方は、アウトドアワゴンを使えば一気にキャンプ場での荷物の運搬が快適になりますよ。

タフだからといって過剰な荷物の積載は禁物です!適度に載せて安全に使ってくださいね。

コスパ最強!安いアウトドアワゴンのおすすめ7選!
コスパ最強!安いアウトドアワゴンのおすすめ7選!【1万円以下】重視するのは5つのポイント!何かと増えていくキャンプ用品ですが、アウトドアワゴン1台あれば何でもまとめて移動できます。 アウトドアワゴンは便利アイテムと考えら...
評判の高いwaqのインフレータブル式マット8cmの使い方レビュー!寝心地や膨らまない時の対処法も。多くのキャンパーが使っているインフレーターマットはクッション性が高く寝心地が良いと人気です。中でもWAQのインフレーターマットは楽天のア...
WAQコットはコスパ最強の2WAYコット!気になるサイズや使用感は?きしみはある?
WAQコットはコスパ最強の2WAYコット!気になるサイズや使用感は?きしみはある?コットはキャンプでの寝心地を格段にアップさせてくれますが、使い勝手の良いものはどれも値段が高く、購入を迷っている方も多いはず。そんな方に...
ABOUT ME
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当。
こんな記事もおすすめ