ポータブル電源

【レビュー】BLUETTI EB55ポータブル電源で電気毛布やIHクッキングヒーターを使用してみた!

BLUETTI EB55ポータブル電源 レビュー

BLUETTI(ブルーティ)が出している「BLUETTIEB55」はポータブル電源デビューにぴったり!
車にも積載しやすく、軽量で持ち運びもしやすい。さらには安全性や利便性にも優れているので多くのキャンパーから高評価を獲得しているアイテムになりますよ。

今回はそんな「BLUETTI EB55」の使い勝手を徹底レビューします。他のポータブル電源と比べてどんなところに特化しているか、ポイントを押さえて解説していくので、効率よくポータブル電源を探したい方におすすめの記事となっています。

BLUETTI EB55ポータブル電源のスペックや外観

BLUETTI公式サイトで調べる

仕様

型番 BLUETTI EB55
容量 537Wh
定格出力電力 700W
バッテリータイプ リン酸鉄リチウムイオン電池
重量 7.5Kg
外形寸法 278×200×198mm
充電温度 0-40℃

入力

AC充電 12V-28V,200W Max
PV充電 12V-28V,200W Max
カー充電 12V/24V

出力

AC出力 100-120V
Max 700W(サージ1400W)
×4
5521出力 12V/10A ×2
シガーソケット12V/10A ×1
USB-A出力 5V/3A ×4
USB-C Max 100W ×1
ワイヤレス充電 Max15W ×1

付属品

ACアダプター充電器(90W) ×1
カーチャージャケーブル
(車からXT60)
×1
MC4ソーラー充電ケーブル (MC4からXT60) ×1
取扱説明書 ×1
保証カード ×1

外観

BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー

ボタンや差込口など操作パネルが背面や側面にあると移動させる手間がいりますが、BLUETTI EB55の操作パネルは入力も出力も全て前面に備わっているので、使いやすいです。

BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー

左右の側面には吸気口と排気口があります。

BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー

背面にはライトがあるので、災害時などにも役に立ちそうです。

BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー

キャンプ時はランタンがあるので出番は少なくなりそうですが、横向きに明るいのでしっかりとテント内を照らしたい時にはあると便利な機能です。

BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー

ハンドル収納時には本体上部がフラットになるため、ポータブル扇風機やランタンの置き場所としてミニテーブルのような使い方もでき、棚にも収納しやすいのでレイアウトもしやすくなりますよ。

BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー

本体上部には15w出力に対応するワイヤレス充電機能も搭載されています。

重量やサイズ感

BLUETTI EB55 ポータブル電源 レビュー

BLUETTI EB55の重量は7.5Kgと軽くはないですが、片手で持ち運びできる重量です。コンパクトなサイズなので女性でも簡単に持ち運びができますよ。

液晶

BLUETTI EB55 ポータブル電源 レビュー

BLUETTI EB55には大きめな液晶が搭載されているので、バッテリー残量や入力値・出力値が見やすく、1分間点灯してくれるので、夜間でも確認しやすいです。

BLUETTI EB55ポータブル電源の5つの特徴

BLUETTI EB55ポータブル電源 レビュー

レビューにいく前に、BLUETTI EB55の特徴を5つ紹介します。ポータブル電源探しの際に重視する

BLUETTI EB55の特徴
  • 容量と定格出力
  • 充電速度
  • 安全性
  • 耐久性

にポイントを絞って紹介するので、他社メーカーのポータブル電源とも比較しやすくなっていますよ。

537Wh大容量と700W定格出力

BLUETTI EB55の容量は537Wh。これは50W出力の家電が10時間程度使える計算となるので、BLUETTI EB55で使いたい家電の使用時間の目安としてみてくださいね。

また、定格出力は700Wあります。ホットカーペットやドライヤーといった出力数の大きい家電は使えませんが、それでも700Wあれば使える家電の幅は広いです。

高速充電とデュアル充電

BLUETTI EB55は付属のACアダプタを用いて6~7時間、別売りのAC電源アダプタを使っての高速充電で約3時間、両方のアダプタを併用して充電する「デュアル充電」だと約2時間で充電が完了します。とっさに使いたくなった時でもデュアル充電なら朝出発準備をしている間で充電が終わりますね。
高速充電による寿命への影響がないのもポイントです。

純正弦波

ポータブル電源について調べていると必ずと言っていいほど選ぶポイントとして出てくるのが「純正弦波」という言葉です。

簡単に説明すると、この純正弦波は電流の波形が家庭用電気で使われているなめらかで規則正しい波形をしているものと同じで、家電をトラブルなく稼働させるのに欠かせないものとなっています。

BLUETTI EB55は純正弦波となっているので、家電に負担をかけず安全に稼働させることができますよ。

安全なリン酸鉄リチウム電池

ポータブル電源に使用されているリチウム電池の中で一番安全性が高いと言われているのが、BLUETTI EB55にも搭載されている「リン酸鉄リチウム電池」になります。

これは車のバッテリーにも採用されている電池で安全性が高いというだけでなく、バッテリーの寿命が長く環境にも優しいというメリットがあります。

寿命が長い

ポータブル電源の寿命を知りたい時、チェックするのが「サイクル寿命」というものです。一般的なポータブル電源のサイクル寿命は500~2,000回とされていますが、BLUETTI EB55のサイクル寿命はそれを上回る2,500回です。
サイクル寿命はあくまで目安にはなりますが、寿命が長い方が確実に安心感はありますね。

BLUETTI EB55ポータブル電源のレビュー

BLUETTI EB55ポータブル電源 レビュー
レビュー項目
  • 使用できる容量
  • 電気毛布
  • IHクッキングヒーター
  • 充電時間
  • ワイヤレス充電

BLUETTI EB55を実際に使用してみて気づいた点を上記の5項目に分けてレビューします。

ポータブル電源が実際に使える容量

BLUETTI EB55に限らずポータブル電源の容量は、DOD(放電深度)やAC電力を使用することによる変換ロスにより100%使用できるわけではなく、BLUETTI EB55の場合は容量537Whの80~85%の430~456whが目安になります。

また、10℃を下回る低温下での使用はパフォーマンスが落ちてしまうので、覚えておきましょう。どれぐらいパフォーマンスが落ちてしまうかは、実際に低温下で電気毛布を使用したのでそちらを参考にして下さい。

電気毛布を使用

BLUETTI EB55 ポータブル電源 電気毛布

BLUETTI EB55で電気毛布を使用するとどれぐらいの電力が必要なのか?実際に使用してみました。

BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー

<検証条件>
テント内の平均温度:6.6℃
使用時間     :8時間

BLUETTI EB55ポータブル電源 電気毛布

環境によって誤差はありますが、電気毛布を8時間使用した時の消費電力は280w。外気温が2℃まで下がった日に検証したので、冬キャンプでも電気毛布を使用できそうです。

この日使用できた容量を計測したところ、410Whと10℃を下回る低温下での使用はパフォーマンスが落ちてしまい、537Whの76%程度しか使用できなかったので、電気毛布を使用する場合はスマホやLEDランタンの充電なら問題ないですが、大きい電力が必要な家電の使用は難しそうです。

IHクッキングヒーターを使用

BLUETTI EB55 ポータブル電源 レビュー

BLUETTI EB55でドリテックIHクッキングヒーターを500W/700W/800Wとそれぞれの電力を使用して300ccのお湯を沸かしてみました。

BLUETTI EB55 ポータブル電源 レビュー

500Wの電力では5分で300ccのお湯を沸かすことができます。

BLUETTI EB55 ポータブル電源 レビュー

700Wの電力では約3分で300ccのお湯を沸かすことができます。

BLUETTI EB55ポータブル電源 レビュー

定格出力を超えた800Wの家電も使用することができますが、出力が780Wに抑えられ即座にファンが回り始めました。BLUETTI EB55は過度に定格出力を超えた電力を使用すると出力ポートを一時的にOFFになる仕様なので、定格出力を超える電化製品は使用しない方が良さそうです。

充電時間は?

BLUETTI EB55ポータブル電源 レビュー

BLUETTI EB55に付属のACアダプタは90wまで対応できますが、残りの残量がほぼない状態で家庭用AC電源を使用して充電したら、入力が約71Wで満充電には7時間程度かかるようになります。車での充電も同じぐらいの時間がかかるので、移動しながらの充電は実用的ではないかもしれません。

もう少し早く充電したいという方は、別売りのAC電源アダプタソーラーパネルを併用すると短時間で満充電になるのでおすすめです。

ワイヤレス充電

BLUETTI EB55 ポータブル電源 レビュー

BLUETTI EB55はワイヤレス充電に対応したスマートフォンやワイヤレスイヤホンなどを、EB55本体の上に置くだけで充電することができるので持っていくケーブルが少なくてすみます。

試しにiPhone12をバッテリー残量20%で充電したところ1時間40分で満充電になりました。

BLUETTI EB55ポータブル電源レビュー

iPhone12はワイヤレス充電できましたが、アップルウォッチSEを充電することができなかったので、あらかじめ事前にチェックしておいた方が良さそうです。

BLUETTI公式サイトで調べる

BLUETTI EB55ポータブル電源の注意点

パススルー充電は電池の寿命を減らす

BLUETTI EB55ポータブル電源 レビュー

BLUETTI EB55は入力も出力も同時に行えるパススルー充電にも対応できますが、BLUETTIに確認したところ、「バッテリーを劣化させる原因にもなるので、緊急時以外は極力利用を控える方が良い」とのことです。また、満充電になった時も早めにコンセントを抜いたほうがバッテリーの劣化を防ぐ事ができますよ。

正確なバッテリー残量が分かりにくい

BLUETTI EB55ポータブル電源 レビュー

BLUETTI EB55のバッテリー残量の表示は、正確な数値ではなく20/40/60/80/100と20%ごとなので、残りが20%表示でも39%なのか21%なのかわからないので、少し余裕を見た使い方をする必要があります。

まとめ

BLUETTI公式サイトで調べる

BLUETTI EB55はコンパクトなサイズ感で持ち運びしやすい重量でありながら、定格出力が700Wもあるという貴重な存在になります。この大きさでこのパワー力はなかなか見つかりません!出力口の数も十分で、ファミリーキャンプにもぴったりです。

お値段も手頃なので初めてポータブル電源を使う方だけでなく、サブ用のポータブル電源を探している方にもおすすめです。形がフラットで積載しやすいというのも、荷物が多くなりがちなこれからの季節には地味に嬉しいポイントになりますよ。

BLUETTIはタイムセールやお得なクーポンの配布もあるので気になる方はBLUETTI公式サイトをチェックしてみて下さい。

ABOUT ME
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当のマッキーです。               ●編集者の資格                               ①NCAJ公認キャンプインストラクター                   (公益社団法人 日本キャンプ協会https://camping.or.jp/leader)                   ②JAC公認キャンプインストラクター                    (一般社団法人 日本オートキャンプ協会 https://www.autocamp.or.jp/)                    ③JBS認定ブッシュクラフトアドバイザー                  (Japan Bushcraft School https://bushcraft.jp/)
こんな記事もおすすめ