ポータブル電源

【レビュー】Eco Flowポータブル電源RIVERシリーズの違いは?新製品「RIVER mini」の情報も!

【レビュー】Eco Flowポータブル電源RIVERシリーズの違いは?新製品「RIVER mini」の情報も!

エコフロー(Eco Flow)とは、ポータブル電源において世界最先端の技術を持つスタートアップ企業。ドローンで有名なDJI出身の技術者を中心に、製品の開発・販売をおこなっています。

エコフロー製品はリーズナブルかつ高性能であり、日本の大手家電量販店でも販売されています。つまり信頼性についても折り紙つき。

今回はそんなエコフローの主力製品「RIVER(リバー)」シリーズのポータブル電源のうち、4機種を比較。さらに、2021年10月8日に発売されたばかりの新製品「RIVER mini(リバーミニ)」の情報も記載しています。

RIVER miniはシリーズ最軽量のモデルであり、なんとワイヤレス充電に対応!より詳しい情報を知りたい方は、ぜひご覧ください。

Eco Flow(エコフロー)RIVERシリーズの特徴

エコフローのポータブル電源リバー(RIVER)

エコフローのRIVERシリーズは、ポータブル電源に求められる「安心・安全・安定」の3つを追求した、次世代ポータブル電源。以下のような、素晴らしい特徴があります。

RIVERシリーズの特徴
  1. 購入したあとでも容量の変更が可能(※1)
  2. 液晶で使用時間や電力量が分かる
  3. ドライヤーを使用できるほど高出力電化製品に対応(※2)
  4. 大きなハンドルで持ち運びが容易(※1)
  5. スマートフォンで遠隔操作が可能
  6. 業界最速クラスの充電スピード
  7. たくさんの給電ポートを装備
  8. ソーラーチャージャーに対応
  9. 2年間の長期保証

(※1)RIVER miniを除く
(※2)一部の電化製品には非対応

RIVERシリーズの最大の特徴は、専用のバッテリーモジュール「エクストラバッテリー」を装着することで、容量を自由に変えられること。たとえば、ベーシックなRIVERの容量は288Whですが、同じく容量288Whのエクストラバッテリーを装着すると、容量は2倍の576Whになります。

デイキャンプで使用する場合は拡張せずにそのまま使い、1泊のキャンプへは容量を増やして持っていく。そのような使い分けができます。買ってしまってから「容量選びに失敗した!」となりにくいのは、購入する人にとって大きなメリットといえます。

ただしこれは、従来のRIVERシリーズにおける特徴です。新製品であるRIVER miniは、ほかのモデルとはまったく性質が異なっていて、コンパクトさを追求しており、エクストラバッテリーによる容量の変更には対応していません。出力も少し抑えています。

それでも600Wまでの電化製品を使用することが可能で、実用性は十分。そして最初にお伝えしたとおり、RIVER miniのみワイヤレス充電に対応しています。ドライヤーやIHクッキングヒーターなどの、消費電力がとくに大きい電化製品を使うつもりがなければ、RIVER miniでも十分に対応できます。

詳しくはEco Flow公式を参照してください。

Eco Flow(エコフロー)RIVERシリーズの種類や違い

Eco Flow(エコフロー)リバーシリーズの種類

Eco Flow RIVERシリーズは現在、以下の6機種がラインナップされています。

RIVERシリーズの種類
  • RIVER
  • RIVER Max(※)
  • RIVER Plus
  • RIVER Max Plus(※)
  • RIVER Pro
  • RIVER mini

このなかからRIVER・RIVER Plus・RIVER Pro・RIVER miniの4機種の特徴を解説します。

※RIVER Max・RIVER Max Plusは、RIVER・RIVER Plusにエクストラバッテリーを装着したモデルです。それぞれのベースとなる機種の解説を参照してください。

RIVERリバー

RIVERシリーズのベーシックな機種。「一般社団法人 防災安全協会」が安全性や性能を審査し、「防災製品等推奨品」として認められたポータブル電源です。

容量は288Whで、別売りのエクストラバッテリーを装着することで、576Whへと拡張することができます。

定格出力は600Wですが、「X-Boostモード」をオンにすることで、最大1200W出力家電製品を稼働させることが可能なので、便利な電化製品(※一部の電化製品には非対応)をたくさん用いた、贅沢なキャンプを楽しめます。

RIVER Plusリバープラス

RIVERの色違いモデル。ブラック一色のRIVERに対し、ブラックとホワイトのツートンカラーを用いています。より明るく、清潔感のあるデザインです。

容量も少しアップしています。RIVERが容量288Whであるのに対し、RIVER Plusの容量は360Wh。エクストラバッテリーを使用すると、容量は720Whになります。

RIVER Proリバープロ

ベーシックモデルである、RIVERの容量をアップさせたモデル。もともとの容量は720Whで、専用のエクストラバッテリーを装着すると、1440Whの超大容量になります。

大容量であるにもかかわらず、フル充電までかかる時間はわずか1.6時間。キャンプへ行く日の朝に充電を開始しても、十分に間に合います。

そして、災害時の備えとしてもおすすめです。停電が数日間続いても、十分に生活できる電力を供給できます。別売りのソーラーパネルもあると、さらに安心です。

RIVER miniリバーミニ

2021年10月8日に発売されたばかりの新製品。それまでシリーズ中もっともコンパクトかつ軽量だったRIVERとくらべ、サイズは半分以下、重量も半分近い数値を達成しています。

出力・容量はほかのモデルよりひかえめですが、その代わりに最大15Wのワイヤレス充電機能を搭載。これはRIVER miniだけの機能であり、スマートフォンの充電の簡単さはナンバーワン。

専用のアプリを利用した遠隔操作、1.5時間でフル充電になる急速充電、ソーラーパネルによる充電にも対応しています。

Eco Flow(エコフロー)RIVERの実機レビュー

Eco Flow(エコフロー)RIVERの実機レビュー

Eco Flow(エコフロー)RIVERの容量は288Whで、AC出力が定格600Wの最大1200Wですが、アウトドアでも使える家電を使用してみて、どれぐらいの容量を消費するのか?何時間ぐらい使用できるかなどの検証をしていきます。

外観や付属品

Eco Flowポータブル電源RIVERの前面パネル

操作パネルや入出力ポートはシリーズ全て一緒の構成になっており、USB出力ポートは前面に配置されています。

Eco Flow(エコフロー)riverのレビュー

右側面はAC出力ポートが配置されています。

Eco Flow(エコフロー)riverのレビュー

左側面は各入力ポートが配置されています。

Eco Flowポータブル電源RIVER 充電ケーブル

各入力に対応したケーブルも付属してます。

エコフローのポータブル電源リバー(RIVER)

液晶は、使用中の電力量や残りのバッテリー量も表示する機能があり、あと何時間使用できるなどの目安になるので、使用状況によって電力の節約もでき、「使いすぎて夜までもたない」なんて事もありません。

エコフローのポータブル電源リバー(RIVER)

別売りのエクストラバッテリーの取り付けは簡単で、288Wh→576Whへと拡張可能です。単体で購入するよりセットで購入するほうがお得なので、冬場もキャンプされる方はセット購入がおすすめです。

RIVER ¥39,600
エクストラバッテリー ¥24,970
RIVER Max ¥63,800

RIVER Maxの方が770円安く購入できます。

電気ケトルで湯沸かし

Eco Flow(エコフロー)RIVERのレビュー

定格1250Wのティファールの電気ケトルを使用して、500mlのお湯を沸かしてみました。X-Boost機能により電圧を下げ600Wの力で最大出力を超える電気ケトルを問題なく稼働させ、お湯を沸かすことができました。

家庭用コンセント 2分48秒
RIVER 5分46秒

湯沸かしの時間は、フルパワーが使えないため家庭用コンセントと比べると時間がかかり、容量も20%程度の消費があるので、アウトドアでは限られた回数の使用になります。

ドライヤーを使用

Eco Flow(エコフロー)RIVERのレビュー

1200Wのドライヤーも600Wに制限することで、風量が落ちてしまいますが、髪を乾かすのには十分な温風がでます。注意点として、5分程度の使用で容量を20%程度消費するので、使用人数が多い場合や髪の長い方は、専用のエクストラバッテリーで容量をアップさせる方が安心です。

電気毛布を使用

Eco Flow(エコフロー)RIVERのレビュー

定格55Wの電気毛布を屋内で使用した場合、1時間で約27%の消費があるので朝まで電力が持ちません。専用のエクストラバッテリーで容量を増やすことで、7時間使用で約24%電力が余ったので、寒い時期に電気毛布を使用する場合は、容量アップは必要です。

電気毛布の消費電力は、外気やシュラフの性能によって大きく変わりますので、注意しましょう。

扇風機を使ってみた

Eco Flow(エコフロー)RIVERのレビュー

マキタの扇風機を強で使用した場合は、約13Wの電力消費量で1時間で約10%の消費でした。1泊2日のキャンプでは、コンセント式では、使い方に工夫が必要ですが、充電式の扇風機を使用することで、暑い時期でも十分使用できる容量です。

ACコンセントで充電

Eco Flow(エコフロー)RIVERのレビュー

家庭用コンセントでRIVERを充電してみたところ、1時間21分で満充電となりました。容量が大きい他のRIVERシリーズでも1時間以内でゼロから80%へ充電できる機能があるので、充電し忘れても即座に充電できるのはうれしいポイントです。

ソーラーパネルで充電

Eco Flow(エコフロー)riverをソーラーパネルで充電

晴れ時々曇りの天候で10月中旬に、RIVERを160Wのソーラーパネルで充電してみました。モニター画面は晴れの時は135kw、曇り時は24kwを表示され、30%~100%まで約1時間55分で満充電できました。ソーラーパネルは夕方になると充電できる電力量が減るので、早い時間帯から設置することをおすすめします。

気になる点

Eco Flow(エコフロー)riverのレビュー

リバーに専用のエクストラバッテリーを接続するのには、ボタンをカチッとするような簡単な仕組みではなく、ネジで留める仕組みになっており、専用のエクストラバッテリー接続時と通常時ではネジの長さが違うので、手軽に取り外しができない印象です。

専用のエクストラバッテリーの取り外し自体は楽なので、季節ごとに夏用・冬用ぐらいのスパンで変更するぐらいの頻度で、使い分けるのがおすすめです。

Eco Flow(エコフロー)リバーシリーズの4機種の比較表

RIVER RIVER Max RIVER Plus RIVER Max
Plus
RIVER Pro RIVER mini
サイズ(cm) 28.8×18.5×19.4 28.8×18.5×25.3 28.8×18.5×19.4 28.9×18.4×23.5 28.9×18.0×23.5 24.9×14.0×13.3
重量(kg) 5.0 7.7 5.4 8.0 7.2 2.8
定格出力(W) 600 300
容量(Wh) 288 576 360 720 720 210
充電時間 1.6時間 1.5時間
ポートの数 AC出力 × 3
DC出力 × 2
USB-A出力 × 3
USB-C出力 × 1
シガー出力 × 1
AC出力 × 2
USB-A出力 × 3
USB-C出力 × 1
シガー出力 × 1
ワイヤレス × 1
充電方法 ACコンセント
12Vシガーソケット
ソーラーチャージャー
保証期間 2年間

定格出力・ポート数

リバーミニ以外はすべて定格出力が600Wで、充電時間(ACコンセントからの充電時)や、ポートの数も同じ。いずれも、同時に10台までの電化製品へ給電できます。

リバーミニは定格出力・容量が小さめで、ポートの数は合計8個。ワイヤレス充電は最大15Wに対応し、スマートフォンのスピーディーな充電が可能です。

サイズ・重量・容量

違いがあるのはサイズ・重量・容量の3つです。容量が大きいモデルほど、サイズが大きく重量も重くなるので、レビュー内容をみて、容量を検討してみて下さい。

充電方法

充電方法はすべてのモデルにおいて、家庭用のコンセントからの充電、車のシガーソケットからの充電、ソーラーチャージャーからの充電の3つに対応。

保証

2年間の保証が付与されている点も、すべてのモデルで共通です。 

RIVER RIVER
専用バッテリー
RIVER Plus RIVER Plus
専用バッテリー
RIVER Pro RIVER Pro
専用バッテリー
RIVER mini
amazon amazon 楽天 楽天 amazon amazon amazon

まとめ

エコフローのポータブル電源リバーシリーズ

コンパクトなのに大容量。同時にたくさんの電化製品への給電が可能。近未来的でスタイリッシュなデザイン。そして新たに加わったコンパクトモデル、リバーミニ。

最先端技術を用いて作られたエコフロー リバーシリーズは、キャンプの可能性を広げてくれる優秀なポータブル電源です。災害時の備えとしても役立つため、たとえキャンプで使用する機会が想定より少なかったとしても、無駄な買い物になりません。ポータブル電源の購入を検討している方は、ぜひ選択肢のひとつとして考えてみてください。

エコフローの製品は「防災製品等推奨品」に認定されているだけあり、性能や信頼性において間違いのないアイテムばかりです。

EcoFlow DELTA miniのレビュー!高出力家電が使える小型ポータブル電源!
EcoFlow DELTA miniのレビュー!高出力家電が使える小型ポータブル電源!キャンプに便利なポータブル電源の最先端をいく「EcoFlow Technology(エコフローテクノロジー)」から、2021年8月10日...
【コスパ最強】キャンプにおすすめの安いポータブル電源
【コスパ最強】キャンプにおすすめの安いポータブル電源8選!安くても信頼できるメーカーで厳選!ポータブル電源があれば、家庭用の電化製品をキャンプで使用できるようになります。電気毛布などの暖房器具も使用可能で、冬キャンプや車中泊では...
【安心の日本メーカー製】ポータブル電源のおすすめ10選!冬キャンプ・車中泊にも。ポータブル電源があれば、家庭用の電化製品をアウトドアでも使用できるようになります。屋外で暖房器具や扇風機なども使えるようになるので、冬キ...
ABOUT ME
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当。
こんな記事もおすすめ