キャンプ

スノーピーク「チタンマグカップ」サイズの選び方!【シングルとダブルの違いも】

今回は大人気のアウトドアの総合メーカー、スノーピークから販売されているチタンマグカップのサイズ選びについて紹介します。

マグカップと言えば、鉄やステンレスが代表される素材ですが、近年はハイテク新素材とも呼ばれている「チタン」の人気が急上昇しています。軽い、強い、錆びないの三拍子が揃っているだけでなく耐熱性もあるので、キャンプでも日常生活でも使える場面が多いため、人気が高いアイテムとなっています。

スノーピーク「チタンマグカップ」とは

スノーピークは日本の新潟県に本社を置くアウトドアの総合メーカーです。キャンプや登山で使用できるアイテムを販売している日本を代表するメーカーとなっているので日ごろから愛用しているという方も多いのではないでしょうか?

「自然の中で豊かで贅沢な時間を過ごすアウトドアの楽しみ方」をコンセプトに、機能性が高くおしゃれなアイテムが多いという特徴があります。アイテムは完全国内生産という安心感も人気の理由となっています。

チタンマグカップはアウトドア用のコップとしてシェア率が高く初心者~上級者まで幅広い人々に愛用されています。チタンの特性である軽くて丈夫という点だけでなく、耐熱性にも優れているので様々なシーンで使える魅力的なアイテムです。

スノーピーク「チタンマグカップ」はシングルとダブルの2種類

出典:snowpeak公式

スノーピークのチタンマグカップは「シングル」と「ダブル」の2種類が販売されています。

シングルとダブルの特徴の違い

シングルは、チタンの伝導率が低く熱い飲み物を入れても、飲み口や取っ手が熱くなりすぎず、構造上では直火で加熱できるという特徴がありますが、変形や変色の恐れもあります。

ダブルは2重構造なので、シングルよりも保冷や保温機能が高いという特徴があります。ダブルは直火で加熱すると中の空気が膨張して破裂したり変形するので直火はNGです。

重さの違い

シングル ダブル
220ml 45g 75g
300ml 50g 92g
450ml 70g 118g

主な違いとしては重量。例えば300mlのチタンマグカップの場合、92gに対して50gとなっていますので、おおよそ2倍程度の重量の差があると考えておいて良いでしょう。

飲み口の違い

さらに大きな違いとしては飲み口の仕上がりです。

出典:snowpeak公式

シングルは丸みを帯びた形状になっており、飲むときに熱がダイレクトに伝わりにくく、優しい口当たりが特徴です。

出典:snowpeak公式

ダブルの飲み口に見た目の形状はありませんが、2枚のチタンウォールを溶接処理した飲み口なので、心地いいフィット感で、熱いものを飲むときに下唇が熱くなりません。

スノーピーク「チタンマグカップ」サイズの違いを比較

スノーピーク「チタンマグカップ」サイズの違いを比較してみました。

チタンマグカップとペットボトルでサイズを比較

450mlサイズのチタンマグカップ

300mlサイズのチタンマグカップ

220mlサイズのチタンマグカップ

手に持ったサイズ感の違い

450mlサイズのチタンマグカップ

300mlサイズのチタンマグカップ

220mlサイズのチタンマグカップ

サイズ違いであればスタッキングできる

スノーピークのチタンマグカップはサイズ違いだと綺麗にスタッキングできるので、持ち運びにも便利です。

同じサイズではスタッキングできない

同じサイズのチタンマグカップは残念ながら、スタッキングできないです。同じサイズをそろえるか、違うサイズでコンパクトにまとめるか、好みに分かれるポイントです。

スノーピーク「チタンマグカップ」サイズ別に紹介

用途に合わせてサイズを選べるように、スノーピークのチタンマグカップは主に4種類用意があります。
220ml、300ml、450ml、600mlの4種類。さらにシングルかダブルかを選択する必要がありますが、ここでは人気の高いシングルに絞って紹介していきます。容量と重さ、価格が変わってきますので用途と予算に合わせてサイズを選ぶようにしましょう。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 220ml

220mlは何といっても圧倒的な軽さが特徴となっています。飲み物を入れていないときの本体の重量が45gと重さのストレスが全くありません。手に持った時に少し小さめとなっていますが、お子さんにはちょうどいいサイズ。大人の方でも朝のコーヒーや夜の焼酎ロックに向いています。丈夫で長持ちするので、大切に使うことで一生ものとして使いたいという方も多いです。自分だけのチタンマグカップとしてキャンプに限らず、自宅でも使用できることも嬉しい要素。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300ml

スノーピークのチタンマグカップのサイズの中でも多くのキャンパーからの指示も高い300ml です。基本的に使い勝手は220mlと違いはありませんが、容量が若干多くなっているのでゆっくり飲み物を楽しみたい方は300mlがオススメです。

折り畳みハンドルが付いているので持ちやすく、キャンプでの使用用途としてはコーヒーだけじゃなく味噌汁やスープを飲むときにも使えます。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 450ml

スノーピークのチタンマグカップのサイズの中でも人気が高いのが450mlです。一般的な缶ジュース350mlを全て注いでも余裕があるので、使える場面が増えてきます。70gの重量は長い時間手に持っていても疲れない仕様になっており、サイズ感も大きすぎず小さすぎずといったところです。温かい飲み物が冷めたときには直火で再加熱できるので、ゆっくりとコーヒーを飲んだりティータイムでの利用にも最適です。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 600ml

スノーピークのチタンマグカップのサイズの中で最も大容量なのが600mlです。現在は公式サイトでの販売は終了し廃盤となっていますが、一部Amazonで販売されています。最もサイズが大きいと言っても80gと通常のマグカップよりもはるかに軽いです。他のサイズと比較すると見た目も大きいですが、他のサイズのマグカップを中にすっぽりと収めることができる点はメリットです。大人数でのキャンプ時の利用にも向いています。

スノーピーク「チタンマグカップ」のサイズ選びに悩んだら

どのサイズを購入すればいいか迷っているという方は450mlがオススメです。見た目の大きさ、使用用途の多さ、使い勝手の面からも「最もちょうどいいサイズ」と言えるでしょう。

大は小を兼ねるというということわざがあるように、1つのアイテムで複数のことができるもののほうが価値が高いためです。

チタンマグカップの特徴でもある、保温・保冷に加えシングルは加熱ができるので、スープや汁物にも使えるというのは大きなメリットとなっています。もちろん好みに合わせて他のサイズを選ぶことが一番ですが、迷っている方はまずは450mlを選ぶのが一番無難です。

スノーピーク「チタンマグカップ」はシングルかダブルか?

1枚のチタンプレートから職人が一つ一つこだわって生産されている質の高いチタンマグカップなので、どちらもオススメできますが、「シングル」のほうが人気は高いです。

ダブルよりも価格が安く、重量が軽く、加熱もできるとメリットが大きいためです。デメリットとしてはダブルよりも保温、保冷の面で劣る点がありますが、基本的にダブルであっても温かいものは冷めますし、冷たいものはぬるくなります。使える場面がシングルのほうが多くなってきますので、迷っている方はシングルを選ぶことをオススメします。

スノーピーク「チタンマグ」は基本的に直火はNG

スノーピーク「チタンマグ」はシングルもダブルも基本的には、直火はNGです。

公式で取扱上の注意点で変色、変形の原因になりますので、直火にかけたり空焚きしないでください。と書いてあります。

シングルの場合は直火にかけても構造上では問題ないので、自己責任で行いましょう。
ただし、直火にかけても熱を通しにくいチタンを使っているとはいえ、直火で加熱した直後は取っ手、飲み口は熱々になっていますので、火傷には注意が必要です。

スノーピーク「チタンマグカップ」サイズの選び方のまとめ

人気のスノーピークのチタンマグカップについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
220ml、300ml、450ml、600mlの4種類の容量に加え、「シングル」と「ダブル」の2種類が販売されています。
はじめてチタンマグカップを購入するという方は使い勝手が良い450mlが最適、価格が安く、重量が軽く、自己責任ですが直火加熱ができるシングルを選ぶことをオススメします。

便利で簡単に使えるチタンマグカップですが、直火で加熱時には本体に見た目にはわからない熱が通っていますので、火傷には細心の注意を払いましょう。キャンプでも自宅でも様々な場面で使える便利なものなので、自分だけのチタンマグカップを一つ持っておくと、毎日が楽しくなりますね。

スノーピーク「ステンレス真空マグ450」をレビュー!今回はスノーピークから私が愛用している「ステンレス真空マグ450」をご紹介します。 キャンプや登山の定番アイテムの1つ、メタル系の...
こんな記事もおすすめ