シェラカップはアウトドアで料理を楽しみたい時にとても活躍してくれます。
計量から調理まで出来て。しかもそのまま食器にもなるシェラカップはまさにアウトドア向けの便利グッズと言えます。

シェラカップは使われている材質によって特徴がありますが、中でもおすすめしたいのはチタンを使ったシェラカップです。
ここではチタンとアルミ・ステンレスの違いを説明しつつ、おすすめのチタンシェラカップを紹介します。

シェラカップとは

シェラカップとは、アウトドアで使われる小型のカップのことです。
調理の際に、器具や食器として使われる他、計量カップとしても使えます。

直接火にかけられ、食器や軽量カッブにもなる

シェラカップは直接火にかけられるので、時には鍋として、時にはフライパンとして使うことが出来ます。
これ1つで「焼く」・「煮る」・「沸かす」の全てが出来るのです。

そして、内側にはメモリも付いているので、計量してそのまま火にかけられます。
また、シェラカップは食器としても使いやすく、計量から調理、そしてそのまま食器として使えます。

丈夫で手入れも簡単

ここではチタン製のシェラカップを紹介しますが、その他のものもアルミやステンレスなど金属で作られているので、落としても割れることなく丈夫で手入れも簡単です。

軽量&コンパクト

アウトドア用品で大切なことは収納性と携帯性です。
シェラカップは同じ形をしているので、重ねて収納すれば荷物もかさばらず、しかも軽量な素材を使っているので、携帯性もバッチリです。

スポンサーリンク

シェラカップの選び方

シェラカップは各メーカーから販売されているので、どれを選べば良いか分からない人もいるでしょう。
シェラカップは選びにおける4つのポイントを説明します。

持ち手の形状で選ぶ

シェラカップにはどれも持ち手が付いていますが、形状や長さがそれぞれ違い、持ち手によっても使いやすさが分かれます。

調理に使う事が多い人なら、持ち手はフライパンのような形状で長めのものを選ぶと使いやすいでしょう。

指をひっかけやすい形状のものならコップとして使う事が多い人におすすめします。

収納のコンパクトさを重視したい人は持ち手が折りたためるタイプを選びましょう。

メモリの表示で選ぶ

シェラカップには内側にメモリが付いているものと付いていないものがあります。
メモリが付いていると米を炊く時など計量しそのまま火にかけることが出来るので、調理の手間が省けてとても便利です。

初めてシェラカップを使う人や、アウトドアでの調理に慣れていない人はメモリが付いているシェラカップを購入すると良いでしょう。

サイズで選ぶ

サイズと容量もシェラカップ選びでは重要です。
作る料理が何人分なのかでも変わりますが、例えばスープを作りたい時はこぼれない様に深めのカップを選んだ方が便利ですし、コップとして使うのであれば浅いものでも問題ありません。
何を作りたいかと何人分作りたいかで、シェラカップのサイズが決まります。

材質で選ぶ

シェラカップの素材は基本的にステンレス・アルミ・チタンです。
どれもアウトドアで使いやすいですが、素材によって特徴や金額が違ってくるので、それぞれの特徴を理解し自分に合ったものを選びましょう。

チタン・アルミ・ステンレスの特徴

ここからは、シェラカップで使われている各素材の特徴を比べてみましょう。

チタンの特徴

チタンの魅力と言ったら軽くて丈夫な事でしょう。
でも実は、チタンの比重はアルミよりも重いのです。
しかし強度が強いので、アルミなどの製品より薄く作る事ができ、結果として軽量の製品を作る事が出来ます。

チタンの熱伝導率はステンレスなどとあまり変わりませんが、比重が小さい為、他の鉄と比べ約6割の熱で同じだけ温めることが出来ます。
強度が高いからこそ軽量で、食材を早く温めてくれる。

さらに海水でもサビず、酸化にも強いチタンは、様々な使い方が出来るシェラカップにはピッタシの材質と言えるでしょう。

アルミの特徴

アルミは、比重が低いですが強度を出すためには厚く作らないといけないので結果として軽量なものではありません。
しかし熱伝導率はとても高く、素早くムラなく温めるには最適です。
その為、炊飯にはアルミが良いでしょう。

ステンレスの特徴

耐食性、耐熱性に優れているステンレスは加工がしやすく、強度にも優れています。
熱伝導率ではアルミよりも低いですが、その分、中のものを1度温めたら冷えにくいという特性があります。
ケトルなどではとても重宝する材質です。

スポンサーリンク

チタンシェラカップのおすすめ5選!

ここまで読んで、シェラカップの魅力を理解して頂けたでしょう。
そしてシェラカップにはチタンが最も適しており、シェラカップの魅力を最大限に引き出してくれる材質と言えます。
ここからはチタンシェラカップのおすすめをご紹介します。

スノーピーク(snow peak)チタンシェラカップE-104




持ち手はスノーピーク独自の形状です。
人差し指をひっかけ親指と中指で支える形状はとても持ちやすく、大自然の中で飲むコーヒーやスープが一段と美味しく感じます。
メモリも付いており調理の時に役に立つこちらのシェラカップは、スノーピークらしいシンプルでありながらオシャレなデザインに仕上がっています。

サイズ:直径120mm×高さ45mm
容量:310ml
重量:39.5g
材質:チタン

ユニフレーム(UNIFLAME)シェラカップ420




アウトドアクッカーの人気メーカーであるユニフレームからも丈夫なチタンで出来たシェラカップが販売されています。
こちらのシェラカップは、メモリが細かく付いているので、炊飯もしやすいです。
容量も420gと比較的大きいので、ソロキャンプだけでなく作った料理を仲間と一緒に楽しむことが出来ます。
たっぷり作れる容量で、でも荷物としてかさばらないギリギリの大きさなので、多くの人にとって使い勝手の良いシェラカップでしょう。

サイズ:直径129(底面)・190(上面)×高さ50mm
容量:420ml
重量:55g
材質:チタン

Belmont(ベルモント)BM327チタンシェラカップ深型480FH




480mlの大容量なシェラカップです。
深型なのでスープなどを作るのに最適で、家族みんなで食べる分を作れます。
持ち手は折りたためるので、収納時もバッグの中でかさばりません。
もちろんメモリも付いているので軽量もバッチリです。
家族や仲間とアウトドアを楽しみたい人、そしてスープなどの汁物を作りたい人にピッタリのシェラカップです。

サイズ:直径18mm×高さ58mm
容量:480mm
重量:68g
材質:チタン

シェラカップのおすすめを大きさ別にご紹介!選び方や便利な使い方も解説!

【エバニュー】チタンシェラカップ680mm EBY140




チタンクッカーを世界で初めて作ったとされるアウトドアの総合ブランド「エバニュー」からは680mlという大容量シェラカップが販売されています。
ただ大きいだけでなく、丸みのあるフォルムは何とも愛らしく、女性が持っていても違和感のないデザインとなっています。
大人数でワイワイとアウトドア料理を楽しみたい人におすすめです。

サイズ:直径142mm×高さ55mm
容量:680ml
重量:70g
材質:チタン

EPI(イーピーアイ)フォールディングチタンシェラカップT-8105




持ち手が下に折りたためる珍しい構造のシェラカップです。
折りたたむことでスタッキングすることが出来るので、1つ1つの内容量は多くありませんが、複数のシェラカップを持っていけば、グループで調理を楽しむことが出来ます。
持ち手を広げればフライパンのような形になるので、コーヒーやスープだけでなく、焼きものも調理しやすいシェラカップとなっています。

サイズ:直径125cm×高さ45cm
容量:300ml
重量:49g
材質:チタン


チャムスのシェラカップが可愛くてアウトドアで人気!賢い使い方も解説!

折りたたみシェラカップのおすすめ6選!素材別に選び方もご紹介!

まとめ

シェラカップはアウトドアで使うからこそ、ハードな用途に耐えられる丈夫な物を選ぶべきです。
チタンシェラカップはそんなアウトドアシーンに適した強度、そして軽量でサビにくい材質なので、キャンプや登山で一息つきたい時や自然の中で料理を楽しみたい人には最適なアイテムと言えます。
チタンシェラカップがあれば、アウトドアライフをより充実したものにしてくれることでしょう。

スポンサーリンク