シェラカップ・マグカップ

シェラカップのおすすめをサイズ別にご紹介!選び方や便利な使い方も解説!

シェラカップ

キャンプや登山で愛用している人の多いシェラカップはスープなどを飲む容器としてはもちろん、調理にも使用できる非常に便利なギアです。サイズや素材によって用途が変わるので、スタイルに合ったカップを選ぶことでアウトドアをより快適に過ごすことができます。

そこで、今回はおすすめのシェラカップをサイズ別にご紹介します。合わせて選び方や使い方も解説するので検討中の方は参考にしてみてください。

シェラカップとは

シェラカップはハンドルが付いた金属製のカップで、主に飲み物や料理を入れるカップとして使用します。1つあるとさまざまな場面で活躍する非常に便利なギアです。

いろんな調理もできる

その用途は幅広くフライパンのように食材を焼いたり煮たりなどできるだけでなく、炊飯や燻製まで可能な優れものです。

コンパクトにスタッキングできる

出典:instagram

複数のシェラカップを持ち運ぶ場合、メーカーや種類に限らず、大きさや形が似ているものが多いので、シェラカップ同士をスタッキングすれば荷物を圧迫することもありません。また、取っ手が付いており、どこにでも引っ掛けられる事も可能な所も持ち運びにも便利な点。スタッキングができ持ち運びに便利なのは、キャンプや登山アイテムのうれしい点の一つです。

錆びにくく長く使える

シェラカップはステンレスやチタンといった素材でできているので、錆びにくく強度も十分です。使用した後は、洗って乾かすだけで、長く使用することができます。

シェラカップの選び方

シェラカップは素材やサイズ、ハンドルの形状によって用途が異なります。ソロキャンプに使う場合は軽く小型のカップ、調理に使うのであれば大型でハンドルの長いカップといったように使い分けると便利です。ここではシェラカップの特徴をご紹介しつつ、選び方を解説します。

シェラカップの素材の選び方

シェラカップの素材は主に「ステンレス」と「チタン」の2種類です。重量や熱伝導率、価格など、それぞれ特徴があるので選ぶ際のポイントになります。

ステンレス製のシェラカップの特徴

シェラカップの素材として一般的なステンレスは強度と耐食性に優れ、サビにも強い点が特徴です。また、価格が安いので大きなサイズや複数購入したい際にステンレスを選ぶ人も少なくありません。一方、重量があるため、荷物を軽量化したい場合はチタン製が向いています。熱伝導率はチタンとあまり変わりません。

チタン製シェラカップの特徴

チタン製のシェラカップは強度があるだけでなく軽量なので、登山やキャンプで持ち運ぶ機会が多い場面で好まれます。熱伝導率が低いこともあって容器に使うと冷めにくく、口をつけてもあまり熱くなりません。ただし、ステンレスに比べると価格はかなり高めです。

シェラカップのサイズの選び方

シェラカップは300ml前後のサイズが一般的です。200ml~400mlサイズはカップとして使いやすいので、飲み物やスープを温めて飲む際に向いています。

調理に使いたい場合は400ml~600mlがおすすめで、人数や作りたい量に合わせて選びましょう。大きいサイズのほうがさまざまな調理に使えますが当然かさばるので、スタイルに適したサイズ選びが重要です。

シェラカップのハンドル形状の違いも選び方のポイント

ハンドルの形状や長さは用途に関係するため、選ぶ際には要チェックです。ハンドルが短く折れ曲がっているタイプは持ちやすいので、カップや料理の器として向いています。

一方、ストレートタイプで長さがあるものは手元まで熱が届かないため、調理メインで使いたい場合に最適な形状です。また、携行性を重視するのであれば、ハンドルを折りたためるタイプがおすすめです。

シェラカップの便利な使い方

シェラカップの使い方は多岐にわたります。飲み物を飲む容器としてはもちろん、料理の器や調理器具、炊飯までできてしまうため1つあると非常に便利です。

コップとして使う

シェラカップの一般的な使い方で、金属製という特徴を活かして直火で温めることができます。湯を沸かしてそのままコーヒーやカップスープを入れたりできるため、容器を別に用意する必要もありません。使った後はさっと洗って乾かせば良いのでメンテナンスも楽です。

取り皿などのお皿として使う

出典:instagram

ステンレスやチタンの熱伝導率の低さは取り皿として使用する際にメリットになります。料理を入れてもカップ自体は熱くなりにくいため、手や口をつけやすいです。ハンドルもあって持ちやすく取り皿としての機能はすべて兼ね備えています。

鍋やフライパンとして使う

出典:instagram

シェラカップは調理器具としても非常に優秀です。金属製なので直火でも問題なく鍋やフライパンとして使うことができます。食材を焼いたり煮たり鍋をしたりと、その汎用性の高さはさまざまな調理に役立てることが可能です。さらに、調理として使ってそのまま食べることができるので、料理を食器に移す手間も省けます。また、目盛りが付いているものであれば分量を量ることも可能です。

炊飯器として使う

出典:instagram

シェラカップの汎用性の高さがあれば炊飯までできてしまいます。カップにお米を入れ研いだ後、浸水して火にかけ炊飯。この工程すべてをシェラカップ一つでこなすことが可能です。また、カップのなかには通常の目盛りに加えて合数の入ったタイプがあり、計量の心配もありません。

シェラカップで炊飯するときはバーナーパットがあると便利

出典:instagram

ステンレスやチタンは熱伝導率が低いため、シェラカップで炊飯する場合は“バーナーパット”があると焼きムラができにくいのでおすすめです。

計量カップとして使う

シェラカップのサイズにはそれぞれ300mlなどの容量が決まってますのでそれを目安に水などを計量することが可能です。また、内側に計量目盛りが表示されているものもありますので、より細かな計量が可能です。

お玉として使う

グループで鍋を囲む時にはお玉としても使用できます。お玉を忘れた時など、シェラカップはハンドル部分が長く、熱い鍋物をすくい上げるのに便利です。

番外編:スコップとして使う

悪天候などでの緊急時にはハンドスコップとして、雨でできた水溜りの水をすくい出したり、雪かきや雪洞を作ったりできます。シェラカップは金属製なので緊急時にはハードに使うことができます。

シェラカップのおすすめ(200ml~)サイズ

出典:instagram

ちょっと小さめサイズの200ml台のシェラカップを紹介します。200ml台サイズのシェラカップは、マグカップの代わりとして飲み物を入れるのに最適な大きさですが、直接火にかけお湯を沸かしてインスタントスープを作っていただくのにも便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ステンレスミニシェラカップ210ml

<スペック>
サイズ:(約)外径96高さ45mm
容量:約210ml
重量:約80g
素材:ステンレス
目盛り:有り

小さめなシェラカップですが、アウトドアでコーヒーやホットミルクを飲むのにちょうどいいサイズです。
金物の街、燕三条で生産しているメイドインジャパンですので信頼もあります。
50mlごとに目盛りがついているので計量カップとしても便利です。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS)ステンレスシェラカップ深型250

<スペック>
サイズ:約直径95高さ48mm
容量:約250ml
重量:約81g
素材:ステンレス
目盛り:無し

人気のワンポールテントのサーカスTCをはじめアウトドアアイテムを幅広く出しているテンマクデザインのシェラカップです。容量250mlでマグカップの代わりにぴったりのサイズで、底にはサーカスTCをモチーフとしたデザインが施されています。

ベルモント(Belmont)チタンシェラカップ深型250

<スペック>
サイズ:約直径97高さ50mm
容量:250ml
重量:約55g
素材:チタニウム
目盛り:有り

容量250mlでチタン製のシェラカップです。チタン製で軽量で丈夫なので、登山やハイキングなどでバックパックにぶら下げておけば、飲み物を注いで飲んだり、湧き水を汲んだりといつでも使えて便利です。

シェラカップのおすすめ(300ml~)サイズ

出典:instagram

シェラカップ定番サイズの300ml台を紹介します。どのメーカーのものも直径や高さがほぼ同じで、メーカーが違っても重ねてスタッキングできるものが多いです。

スノーピーク(snow peak) マグ・シェラカップ310

<商品スペック>
サイズ:直径122高さ45mm
容量:約310ml
重量:-
素材:ステンレス、チタン
目盛り:有り

長年キャンパーや登山家から支持されてるスノーピークのシェラカップです。直接火にかけれて、食器としても手ごろで、目盛りが付いてるので、計量カップとしても活躍します。オールマイティに使うことができるので、何個持っていても重宝するシェラカップです。同じサイズでチタン製もあります。

ユニフレーム(UNIFLAME)UFシェラカップ300

<スペック>
サイズ:直径119高さ41mm
容量:約300ml
重量:約80g
素材:ステンレス、チタン
目盛り:有り

アウトドアメーカー、ユニフレームのシェラカップです。ハンドル部分の先端がS字に曲がっているので指がフィットして、中身が入っていても安定して持つことができます。同じシリーズでチタン製のものもあります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ステンレスシェラカップ320ml

<スペック>
サイズ:(約)外径120高さ45mm
容量:約320ml
重量:約100g
素材:ステンレス
目盛り:有り

キャプテンスタッグのシェラカップは種類や使用も豊富ですが、一番シンプルでベーシックなシェラカップです。別売りの「ステンレスシェラスタッキングザル」と一緒に使用すると、麺類の水切りなどにとても便利です。

ベルモント(Belmont)ステンシェラカップREST420(メモリ付)

<スペック>
サイズ:(約)直径129高さ49mm
容量:420ml
重量:約76g
素材:ステンレス
目盛り:有り

ベルモントのシェラカップの「REST」シリーズはハンドル部分に工夫がされています。ハンドル部分の左右にくぼみを作って、箸などのカトラリーを固定できるようになっています。取り皿として使用する場合に便利です。

EPI(イーピーアイ)フォールディングチタンシェラカップ

<スペック>
サイズ:直径125×高さ45mm
容量:300ml
重量:49g
素材:チタニウム
目盛り:無し

名前にフォールディングとあるように、ハンドル部分が折りたたむことができるシェラカップです。また、本体だけではなくハンドル部分もチタンでできており、とてもコンパクトで軽量なので登山にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ブルーブラックコートシェラカップ320ml

<スペック>
サイズ:(約)外径120高さ45mm
容量:約320ml
重量:約90g
素材:鉄(ふっ素樹脂塗膜加工)、ハンドル部分/ステンレス
目盛り:無し

お手入れが楽なシェラカップです。表面がフッ素加工されていますので、汚れが落ちやすく、洗剤や水の節約にもなります。食器としては使い勝手の良いシェラカップですが、直火にかけることができないので調理器具としては使用できません。

シェラカップおすすめ(600ml~)サイズ

出典:instagram

大き目のシェラカップの紹介です。大皿として使用できるほか、大きいので調理器具としても幅広く使うことができます。

エバニュー チタンシェラカップ680ml

<スペック>
サイズ:直径142高さ55mm
容量:680ml
重量:70g
素材:チタニウム
目盛り:無し

ボールのように底が丸いシェラカップです。680mlという容量は、インスタントラーメンを作って、そのまま器として食べるのにちょうどいいサイズです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ステンレスビッグシェラカップ1.0L

<スペック>
サイズ:(約)外径164高さ74mm
容量:約1.0L
素材:ステンレス
目盛り:有り

シェラカップとしては最大級の容量、1リットルです。グループでお湯を沸かしてコーヒーを入れたり、レトルト食品の湯煎をしたりと調理器具として幅広く活躍します。

オピネルは初ナイフにおすすめ!サイズの選び方やサイズ感を比較してご紹介!今回は、初心者の方がオピネルナイフのサイズ選びに失敗しないように選び方やサイズ感を比較してご紹介するとともに、オピネルナイフの正しい使い...
フュアーハンドランタン276をレビュー!使い方からメンテナンスまで一挙公開!FEUERHAND(フュアーハンド)ベイビースペシャル276はアンティークな佇まいと、ドイツ製ならではの無骨でそぎ落とされたシンプルなデ...

お気に入りを見つけて楽しいシェラカップライフを!

出典:instagram

シェラカップは期間限定のもの、アニバーサリーやイベント限定のもの、キャラクターものなど、さまざまなものがありコレクターもいるくらいです。探して、選んで、使って、シェラカップライフを楽しんでみましょう。

折りたたみシェラカップ
折りたたみシェラカップのおすすめ6選!素材別に選び方もご紹介!シェラカップは、コップや計量カップなどさまざまな使い方ができる万能アイテムで、キャンプの際にとても役立つアイテムで人気があります。中でも...
チャムスのシェラカップ
チャムスのシェラカップが可愛くてアウトドアで人気!賢い使い方も解説!チャムスのシェラカップはアウトドア好きな人々のあいだで、とにかく可愛い!と人気のシェラカップ。チャムスのキャラクター・アカシアカツオドリ...
こんな記事もおすすめ