水筒・ボトル・ジャグ・バケツ

2021年モデルのサーモス保冷缶ホルダー【2wayと安い方】のレビュー!

2021年モデルのサーモス保冷缶ホルダー【2wayと安い方】のレビュー!

これからの季節、カンカン照りの暑い夏キャンプでキンキンに冷えたビールを飲むのは至福の時間。今回はそんな至福のひと時を可能にする、最新の2021年モデルのサーモスの「保冷缶ホルダー」をご紹介します。

モデルによって保冷力、サイズ、重さなど具体的にどのようなポイントが違うのかをレビューしていきますので、「サーモスの保冷力はすごいと聞くけど、どうなの?」と疑問に感じている方はぜひ、参考にしてください。

「汗だくで『設営が終わった!』と思って手にしたビールがぬるかった」、「1口目は美味しさが続けばいいのに」夏キャンプでそのような思いをした方は特に必見ですよ!

THERMOS保冷缶ホルダーROD-002の特徴

THERMOS保冷缶ホルダーROD-002

2019年より始動した「サーモス アウトドアシリーズ」から展開されているこちらのモデルは、サーモスの優れた保冷力にアウトドアの機能性をプラスした缶ホルダーです。

特徴①無骨なデザイン

THERMOS保冷缶ホルダーROD-002

メタリックで無骨なデザインは男心をくすぐります。キャンプなどのアウトドアで使用すると傷などが気になってしまいますが、このデザインなら多少の傷も味と思えそうですね。くびれがあり持ちやすくなっています。

特徴②便利な2way仕様

THERMOS保冷缶ホルダーROD-002は2way仕様

飲み口が付いた2way仕様で、飲み口を付ければタンブラーに早変わり。温かい飲み物も長時間楽しむことができます。
飲み物ごとにコップやタンブラーなど、いろいろ持って行く必要がなくなるので、荷物の軽量化を重視したいソロキャンプやツーリングキャンプにもおすすめです。

特徴③安全性を考慮した内部構造

THERMOS保冷缶ホルダーROD-002

内側に3つ、ぽちっと丸い突起があり、缶を入れる時にぐっと押し込めば缶が圧迫される構造になっています。

THERMOS保冷缶ホルダーROD-002

圧迫されることで逆さにしても缶がホルダーから完全に飛び出すことがありません。
キャンプで気分が高揚してひっくり返しても、缶が飛んで行って周りの人や物に中身をかけてしまう心配も減りそうですね。

THERMOS保冷缶ホルダーJCB-352の特徴

THERMOS保冷缶ホルダーJCB-352

「サーモスの保冷缶ホルダーといえばこれ!」と言われるほど、根強い人気を誇るモデル。Amazonでもベストセラー1位を獲得しています。

特徴①丸みを帯びたポップなデザイン

THERMOS保冷缶ホルダーJCB-352

丸みを帯びた形と、オレンジやライムグリーンといった鮮やかなカラーリングとラバー部分とのツートーンカラー(ブラック以外)がおしゃれで年齢性別問わず愛されています。キャンプだけでなく家やオフィスで使えるデザインですね。

特徴②圧倒的なコストパフォーマンス

THERMOS保冷缶ホルダーJCB-352

アウトドアシリーズのROD-002モデルと比較して価格が1,000円以上安いですが、本体の材質や真空断熱構造は変わらないため、飲み物の温度を長時間キープすることができます。機能性の高さはそのままに、お求めやすい価格になっているので家族分揃えることもできますね。

特徴③スリムサイズでフィット感◎

THERMOS保冷缶ホルダーJCB-352

缶にぴったりフィットするスリムなサイズなのに、絶妙な隙間が空いていて缶の出し入れは非常にスムーズにできます。スリムサイズなので女性やお子さまでも持ちやすいですよ。

サーモスの350ml缶用保冷缶ホルダーの2wayと安い方を比較レビュー

サーモスの保冷缶ホルダーの2wayと安い方を比較レビュー

サーモスの350ml缶用保冷缶ホルダーの2wayタイプと安い方の違いを比較していきます。

サイズ

サーモスの保冷缶ホルダーの2wayと安い方を比較レビュー
2way 高さ13cm
安い方 高さ11.5cm

2wayの方がキャップがある分、1.5cm程高さがあります。

サーモスの保冷缶ホルダーの2wayと安い方を比較レビュー
2way 直径7.6cm(実測)
安い方 直径7cm(実測)

350ml缶の直径は6.6cmなので、2wayタイプは1cm程度厚みがあるので、保冷効果にも期待が持てそう。

重さ

サーモスの保冷缶ホルダーの2wayと安い方を比較レビュー
2way 194g 蓋無し164g(実測)
安い方 140g(実測)

蓋無しの状態でも厚みがある分、2wayタイプの方が重さがあります。

保冷力

サーモスの保冷缶ホルダーの2wayと安い方の保冷力の比較レビュー
そのまま 2way 安い方
スタート 5.1度 3.1度 2.5度
15分後 15.7度 6.4度 4.1度
30分後 22.2度 9.8度 7.2度
45分後 25.1度 12.3度 10.7度
60分後 26.4度 14.6度 13.3度
温度差 +21.3度 +11.5度 +10.8度

保冷力は温度差を差し引いても高い2wayタイプより安い方が勝る結果となってしまいましたが、保冷缶無しと比べると保冷力はどちらもすごいです。

500ml缶は入る?

サーモスの保冷缶ホルダーの2wayと安い方を比較レビュー

2wayと安い方の保冷缶ホルダーに500mlの缶を挿入してみました。

350ml用の保冷缶ホルダーに500ml缶を使用するのは、正しい使い方ではありません。

サーモスの保冷缶ホルダーの2wayと安い方に500ml缶は入る?

それぞれの保冷缶ホルダーに500ml缶でも挿入することは可能で、350mlでの検証に近い保冷力もありますが、保冷缶ホルダーに覆われていない上部の温度は上昇してしまうので、日ごろから500mlのビールを飲まれる方は500ml缶用の購入をおすすめします。

ペットボトルは入る?

サーモスの保冷缶ホルダーにペットボトルは入る?

サーモスの保冷缶ホルダーにペットボトルを挿入してみました。
※2つの保冷缶ホルダーの内径は一緒です。

サーモスの保冷缶ホルダーにペットボトルを使用するのは、正しい使い方ではありません。

サーモスの保冷缶ホルダーにペットボトルは入る?

いろはす(もも)は挿入可能。

サーモスの保冷缶ホルダーにペットボトルは入る?

おーいお茶(ほうじ茶)は挿入可能。

サーモスの保冷缶ホルダーにペットボトルは入る?

アクエリアス、ファンタグレープは挿入不可。

ペットボトルは形状により挿入できる、できないがあるみたいです。
また、隙間があるので、保冷力の期待はしない方が良さそうです。

サーモスの保冷缶ホルダーにペットボトルは入る?

番外編でセブンイレブンのアイスコーヒーのカップを挿入しましたが、入りませんでした。

サーモスの保冷缶ホルダーは2wayと安い方どっちがおすすめ?

サーモスの保冷缶ホルダーは2wayと安い方どっちがおすすめ?

2つの保冷缶ホルダーを使用してみて、2wayは缶ホルダーとタンブラーとして使用できる利点がありますが、単純に缶ホルダーとして保冷力だけ求めて、使用するなら安い方で十分だという結果となりました。

THERMOS保冷缶ホルダーJCB-352

安い方は保冷力は十分で軽量でコンパクト、なによりうれしいのは1000円ちょっとで買えるので、2wayと比べると約半分の値段で購入できるので、缶ホルダーを初めて購入する方にもおすすめです。

THERMOS保冷缶ホルダーROD-002

2wayの蓋は360度どこからでも飲める設計になっているので飲みやすいですし、シリコン製のパッキンが付いているので飲み口以外から飲み物がこぼれる心配もありません。

サーモスの保冷缶ホルダーの2wayと安い方を比較レビュー

また、キャンプで使うなら虫や砂埃などの混入も防げる蓋付きだと便利な利点もあります。
安い方にも2wayタイプの蓋が綺麗にハマりますが、残念ながら安いJCBのタイプには専用の蓋が販売してないので、蓋付きが欲しい場合には2wayタイプがおすすめです。

2021年の人気缶ホルダーの比較記事はこちらの記事

2021年人気の缶クーラー(保冷缶ホルダー)350mlを徹底比較!【おすすめ5種】
2021年人気の缶クーラー(保冷缶ホルダー)350mlを徹底比較!【おすすめ5種】缶クーラー(保冷缶ホルダー)は、キンキンに冷えたビールやジュースなどの缶飲料を冷たいまま楽しむことができるアイテムで、夏のアウトドアやバ...

2021年モデルのサーモス350ml缶用保冷缶ホルダー

350ml缶にぴったりな2021年モデルの保冷缶ホルダーはこちらです。

保冷缶ホルダー350ml缶用 2wayタイプROD-002

サイズ φ7.5×高さ13cm
重量 約0.2kg
材質 <本体>ステンレス鋼 (アクリル樹脂塗装)
 <飲み口>飽和ポリエステル樹脂
 <パッキン>シリコン

2021年3月1日よりクランベリーとパイングリーンが仲間入りし全4色展開になりました。色展開が増えると家族同士、仲間同士で間違えることも減りますね。1つ持って行けば冷たい飲み物も温かい飲み物も楽しめるのでバックに忍ばせておくと便利です。

保冷缶ホルダー350ml缶用JCB-352

サイズ φ7.5×高さ11.5cm
重量 約0.1kg
材質 <本体>ステンレス鋼 (アクリル樹脂塗装)
 <ラバーリング>シリコン

2021年3月1日よりコーラルピンクとホワイトが追加となり全6色展開。値段、見た目、そして保冷力の面で高い評価を得ているので、根強い人気があるのがこちらのタイプ。キャンプで使う以外にも、オフィスや家でも使いやすいのでプレゼントにもおすすめです。

2021年モデルのサーモス500ml缶用保冷缶ホルダー

もっとたっぷり飲みたい!という方は500ml缶用の保冷ホルダーがおすすめです。

保冷缶ホルダー500ml缶用2wayタイプROD-005

サイズ φ7.5×高さ18cm
重量 約0.2kg
材質 <本体>ステンレス鋼 (アクリル樹脂塗装)
 <飲み口>飽和ポリエステル樹脂
 <パッキン>シリコン

2021年3月1日より500ml缶専用の保冷缶ホルダーが登場しました。色は全2色。2wayで使える便利な仕様はそのままなので、ビールはもちろん、温かい飲み物もたっぷりと飲みたい方におすすめです。

保冷缶ホルダー500ml缶用JCB-500

サイズ φ7.5×高さ15.5cm
重量 約0.2kg
材質 <本体>ステンレス鋼 (アクリル樹脂塗装)
 <ラバーリング>シリコン

2021年3月1日よりコーラルピンクとホワイトが仲間入りし全4色展開になりました。500mlとたっぷりな量が時間を気にせず長時間楽しめます。容量はたっぷりですが、手に馴染みやすいスリムなサイズなのでずっと持っていてもストレスが少ないですよ。

名入れができるサーモスの保冷缶ホルダー

サーモスの保冷缶ホルダーに名前やイニシャルを入れて販売してるお店もあります。名前だけでなくメッセージも入れれるので、父の日や友人へのプレゼントのも良いですね。

名入れができるサーモスの保冷缶ホルダー

サーモス保冷缶ホルダーレビューまとめ

最後にサーモス保冷缶ホルダーについて、まとめていきましょう

  • ROD-002は便利な2way仕様
  • JCB-352はコスパに優れたベストセラー商品
  • それぞれのシリーズに350ml缶用と500ml缶用がある
  • 保冷力なら安い方
  • アウトドアで使用するなら蓋つきの2way

サーモスの真空断熱構造の技術は過酷な環境の下でこそ実感できる確かな技術とされています。この夏はサーモスの保冷缶ホルダーを使って、キンキンに冷えたビールをキャンプで堪能してはいかがですか。日頃の疲れも忘れる至福のひと時を過ごしましょう!

キャンプに氷が持ち運べるグロウラーとは?おすすめ比較【スタンレーとドリンクタンクス】グロウラー(グラウラー)は、ビールを持ち運ぶための容器のこと。比較的マイナーな存在ですが、炭酸が抜けないほど密閉できる容器なので夏場のキ...
YETI(イエティ)の保冷缶ホルダー「ランブラーコルスター」の保冷力を検証してみた!
【レビュー】YETI(イエティ)ランブラーコルスターの保冷力を検証してみた!暑い季節、外で飲むキンキンに冷えたビールって最高ですよね。ただ、ちょっと残念なのは置いておくだけであっという間にぬるくなってしまい、美味...
STANLEY(スタンレー) ウォータジャグ3.8Lと7.5Lの保冷力と水漏れ検証
【レビュー】STANLEY(スタンレー) ウォータジャグ3.8Lと7.5Lのサイズ選び!【保冷力・水漏れ検証】スタンレーは真空断熱のボトルで有名な、アメリカの名門。100年以上の歴史を持つスタンレーの製品は、数あるキャンプ用品のなかでも、とくに強...
【2021】キャンプにおすすめのソフトクーラーボックス10選!
【2021】キャンプにおすすめのソフトクーラーボックス10選!ソフトクーラーボックスと聞くと「保冷力がイマイチ」とイメージする方も多いはず。しかしその認識は少し古いかもしれません。最近のソフトクーラ...
ロゴス「ハイパー氷点下クーラーL」のレビュー!サイズや種類の選び方も解説!
ロゴス「ハイパー氷点下クーラーL」のレビュー!サイズや種類の選び方も解説!今回は『驚異の保冷力!氷点下パック使用でアイスクリームが約11時間保存可能!』という謳い文句で知られている、ロゴスのハイパー氷点下クーラ...
ABOUT ME
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当。
こんな記事もおすすめ