ウッドストーブ・焚き火台

テンマクデザイン「男前ファイアグリル」のレビュー!ピコグリルと比較やデメリットも解説!

テンマクデザイン「男前ファイアグリル」のレビュー!ピコグリルと比較やデメリットも解説!

「男前ファイアグリル」はtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)から出ているソロキャンプ向けの焚き火台です。
ソロキャンプ向けの焚き火台を選ぶ時重視するポイントは人それぞれですが、男前ファイアグリルは「コンパクトさ」「軽さ」「使いやすさ」「値段」、どの点においても妥協がなく、ソロキャンパーから大注目されています。

今回はそんな話題沸騰中の男前ファイアグリルについて、実際の使い心地をレビューします。種類豊富なソロキャンプ向けの焚き火台を選ぶ決め手になるような魅力的なポイントがたくさんありますよ。

男前ファイアグリルのスペック

男前ファイアグリルのスペックはこちらになります。

ブランド tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)
商品名 男前ファイアグリル
使用サイズ 幅25 ×奥行き20 ×高さ15cm
収納サイズ 幅31 ×奥行き16.5 ×厚さ1.5cm
総重量 約493g
耐荷重 約4kg(静荷重/サポートバー使用時)
素材 <本体>純チタン
<収納袋>ナイロン

「焚き火台=鉄の塊、持ち運びが大変」という従来の概念を覆すような軽量さ、持ち運びのしやすさがあり、誰でも組み立てや片付けが簡単にできる構造となっています。見た目はシンプルで、無駄のないフォルムとチタン製の無骨さがまさに「男前」と呼ぶにふさわしい焚き火台です。

男前ファイアグリルの外観や付属品

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビュー
付属品と重量
  • 本体:426g(実測)
  • ゴトク:52g(実測)
  • サポートバー2本:8g(実測)
  • 収納ケース:20g(実測)

本体

テンマクデザイン男前ファイアグリルのサイズ

本体の収納サイズは幅25 ×奥行き20 ×高さ15cm。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのサイズ

組み立てサイズは幅31 ×奥行き16.5 ×厚さ1.5cm。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビュー

男前ファイアグリルはBASE campプロデュースのコラボ商品で、薪ストーブで有名なWINNERWELLで制作されてるソロサイズの焚き火台。
本体の表面と裏面にはtent-MarkとBASE campのロゴが主張しすぎずかっこいい感じで刻印されています。

ゴトク

テンマクデザイン男前ファイアグリルのゴトク

ゴトクのサイズは12×8.5×高さ1cm。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのゴトク

矢印の方向に力を入れると弾力がありますが、熱が加わっても変形や歪みの少ない丈夫なゴトクです。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのゴトク

しっかりと溶接されてるので、重量がある調理器具を使用しても破損や損傷の心配もなさそうです。

サポートバー

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

長さ16cmのサポートバーが2本付属しており、焚き火台の強度を増したい時に使用します。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

サポートバー使用時の耐荷重は4kgなので、スキレット料理も楽しむことができますよ。

収納ケース

男前ファイアグリルの収納ケース

表面にはテンマクとBASE campのロゴがプリントされてます。

焚き火台使用後には煤で汚れやすいケースですが、男前ファイアグリル付属の収納ケースはツルツルとした肌さわりのポリエステル素材なので、汚れたら丸洗いできるのもうれしいポイントですね。

男前ファイアグリルの収納ケース

ケースは本体を収納しても収納スペースに余裕があるので、男前グリルプレートも一緒に収納できます。

男前ファイアグリルの収納ケース

男前グリルプレートを一緒に収納すると容量ギリギリになりますが、収納ケースの開閉がファスナーではなくマジックテープ式なので、難なく収納することができますよ。

男前ファイアグリルの特徴

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

まずはどのような特徴があるのか見てみましょう。

オールチタン製

チタン製のテンマクデザイン男前ファイアグリル

男前ファイアグリルは本体だけでなく、不足するゴトクやサポートバーまで全てチタンでできています。チタンの強度はキャンプギアに使われる金属素材の中でも最大クラスで、海水に100年浸してもサビないと言われるほどです。

また、チタンは熱しやすく冷めやすい特徴があるので、焚き火が終わってから冷えるのが早く、撤収が素早くできますよ。

チタン製のテンマクデザイン男前ファイアグリル

チタン製なので熱を加えるごとに青紫っぽく変色していきますが、こうした色味の変化を楽しみつつ道具を自分らしく育てていけるのも魅力です。

チタン製のキャンプギアは高額のものが多いですが、男前ファイアグリルはオールチタン製ながら1万円以下で購入できるのでコストパフォーマンスが非常に高い焚き火台となっています。

超軽量500gでコンパクト

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

オールチタン製、シンプル設計により総重量約500gの軽量さと独自の折りたたみ構造によるコンパクトさを実現しています。バックパックや荷台の隙間に収納できる薄さなのでソロキャンプだけでなく、同じく荷物の軽量化が最優先となるツーリングキャンプやバックパックキャンプにもおすすめです。

収納時はコンパクトですが、使用時のサイズは大きめの薪でも十分に入るサイズなので、同じくコンパクトに収納できる焚き火台と比較しても火床を広く使うことができ、使い勝手も良くなるよう考えられています。

設営・片付けが簡単

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

軽量でコンパクトなソロキャンプ向けの焚き火台は近年増えていますが、コンパクトになる分、組み立てパーツが多い焚き火台も少なくありません。ですが、男前ファイアグリルは脚を広げるだけのシンプル構造なので手間をかけずに設営と撤収ができます。

細かなギミックを楽しみたい方には少々物足りなさはあるものの、ソロキャンプに持って行くキャンプギアで大切なポイントでもある「圧倒的な手軽さ」により、ついつい使用頻度も高くなりますね。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

焚き火が終わったら本体ごと持って炭を捨てることができ、バンバンと軽く叩くと細かな灰も綺麗に落とすことができますよ。

熱いうちに水をかけて消化すると、男前ファイアグリルの変形や歪みの原因になるので絶対にやめましょう。

チタンのゴトクが標準装備

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

男前ファイアグリルには同じくチタンでできたゴトクが初めから付属しています。他のメーカーではありますがチタン製のゴトクは5,000円前後で販売されていることを考えると非常にお得ですね。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのゴトク

板上部のハンドル部分には6つの溝が等間隔で入れられていて、そこに付属のゴトクをセットするとお湯を沸かしたり、調理する際に活躍しますよ。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのゴトク

ゴトクは3本のフレームで構成されているので、6つのスリットに対して全部で4パターンの位置取りが可能となります。スリット部分にはまるようセットすることができるので、衝撃でズレて落下する危険も減りますね。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのゴトク

テンマクから発売されている「男前グリルプレート」もゴトクと同時に使用できるので、さらに調理のしやすさが向上しますよ。

男前グリルプレートはデコボコの波状タイプの鉄板で、食材に綺麗な焼き目をつけることができ、余分な脂も落とすことができるのでヘルシーに焼き上げることができる優秀なソロ用鉄板です。気になる方はこちらの記事

男前グリルプレートとヨコザワテッパンを比較レビュー!【B6君・ピコグリル・ST-310バーナー】
男前グリルプレートとヨコザワテッパンを比較レビュー!【B6君・ピコグリル・ST-310バーナー】男心をくすぐるテンマクデザインの「男前グリルプレート」。お肉が美味しく焼けるとキャンパーから人気がありますね。 今回は男前グリルプレー...

男前ファイアグリルの組み立てと片付け方

男前ファイアグリルの組み立てと撤収方法

男前ファイアグリルの組み立てや撤収の手順です。

組み立ての手順

男前ファイアグリルの組み立てと撤収方法

まずは炉を広げます。

男前ファイアグリルの組み立てと撤収方法

脚の短い方を先に開きます。

男前ファイアグリルの組み立てと撤収方法

脚のくぼみが中心の軸にしっかりとハマり、完全に広がったことを確認します。

男前ファイアグリルの組み立てと撤収方法

長い方の脚も同様に開きます。

順番が逆だと脚が引っ掛かり開かないので注意しましょう。

男前ファイアグリルの組み立てと撤収方法

次は耐荷重を上げる為のサポートバーを取り付けます。

男前ファイアグリルの組み立てと撤収方法

長さが足りないので本体を軽く閉じて、サポートバーを内側から引っ掛けます。

男前ファイアグリルの組み立てと撤収方法

両方にサポートバーを引っ掛けたら本体を開いて完成です。

片づけ方

男前ファイアグリルの組み立てと片付け手順

サポートバーを外します。

男前ファイアグリルの組み立てと片付け手順

脚の長い方から閉じます。

男前ファイアグリルの組み立てと片付け手順

短い方の脚も閉じます。

順番が逆だと脚が引っ掛かり閉じないので注意しましょう。

男前ファイアグリルの組み立てと片付け手順

ゴトクは炉の中に入れます。

男前ファイアグリルの組み立てと片付け手順

本体はそのまま収納袋にいれ、サポートバーは付属の収納ポケットに入れたら完成です。

男前ファイアグリルの組み立てと片付け手順

サポートバーを収納袋から取り出すとき、サポートバーのフックが縫い目に引っ掛かり場合があるので、フックと逆方向に傾けながら引っ張ると、スムーズに取り出すことができますよ。

男前ファイアグリルのレビュー

男前ファイアグリルの使用感をレビューしていきます。

鉄板やクッカーのサイズ感

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

男前ファイアグリルに合う鉄板やゴトク使用時のクッカーやケトルのサイズ感です。

テンマクデザイン男前ファイアグリルに合う鉄板

男前グリルプレートとヨコザワテッパンを焚き火台に置いてみました。

テンマクデザイン男前ファイアグリルに合う鉄板

男前グリルプレートは男前ファイアグリルにピッタリなサイズ感で、裏面に滑り止め加工の凹凸が施されてるので、本体から滑り落ちる心配もなく、使用することができます。

テンマクデザイン男前ファイアグリルに合う鉄板

ヨコザワテッパンはサイズ感はピッタリですが、本体から簡単に滑り落ちてしまうため、鉄板料理を楽しみたい方は男前グリルプレートのような裏面に滑り止め加工が施されてる鉄板がおすすめです。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

シェラカップをゴトクに乗せる時、置き場所によっては傾いてしまうので、3本の真ん中ではなくサイドの2本を使用すると安定します。

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

メスティンで炊飯やトランギアケトル0.6Lでお湯を沸かしながら、同時に鉄板で調理をすることも可能です。

テンマクデザイン男前ファイアグリルとホットサンドメーカー

ゴトクに8.5cmの幅があるので、ホットサンドメーカーも安定して使用できそうです。

テンマクデザイン男前ファイアグリルとスキレット

サポートバーを付けると耐荷重も4kgまで可能なので、LODGE(ロッジ)スキレット6 1/2インチのような重たいスキレットでも安定して使用することができますよ。

焚き火台の高さは?

テンマクデザイン男前ファイアグリルのレビューブログ

男前ファイアグリルは高さが低いので、地べたスタイルで使用するのがおすすめですが、少し前かがみで使用することになりますが、ローチェアスタイルで使用することもできますよ。

リフレクターは必要?

男前ファイアグリルのリフレクターの高さ

男前ファイアグリルは風には強い構造ですが、高さ24cmのリフレクターを置いたところ、地べたスタイルでは胸くらいの高さまで輻射熱を感じることができたので、冬はあると重宝しそうです。

本体は小さい?大きい薪は入る?

男前ファイアグリルは小さい?大きい薪は入る?

折り畳みタイプの焚き火台は、多くがサイドにも板があって薪を追加する際には上から入れる必要があり、上に何か乗せている場合には一度移動させてから薪を入れなくてはいけない手間があります。男前ファイアグリルの場合はどうなのか?薪の大きさや入れ方についてを見ていきましょう。

男前ファイアグリルは小さい?大きい薪は入る?

ホームセンターなどで販売されてる市販の薪の長さは約38cm程度です。

男前ファイアグリルは小さい?大きい薪は入る?

男前ファイアグリルでは炉が少し小さく、炉に斜めに薪を入れるか、のこぎりで半分に切って入れる必要があります。

男前ファイアグリルは小さい?大きい薪は入る?

また、調理中ではサポートバーが邪魔で、横から薪を入れることができないので、火力調節が難しいです。

男前ファイアグリルは小さい?大きい薪は入る?

サポートバーを外すことで、太くて長い市販の薪を燃やすこともでき、調理中の薪の追加投入をスムーズに行うことができますよ。後ろのサポートバーだけ残せばストッパー代わりにもなってくれるので、1本だけ使うのが強度面や使い勝手の面でもおすすめですよ。

男前ファイアグリルは小さい?大きい薪は入る?

長い薪をそのまま使う場合は、横からはみ出してしまうので、燃焼すると薪が落ちてしまい地面が焼けてしまいます。炉の高さも低いので、草地が焦げる可能性もあるので、焚き火台の下に焚き火シートを敷くようにしましょう。

焚き火シートのおすすめ8選!カーボンフェルトとスパッタシートに分けて紹介!
焚き火シートのおすすめ8選!カーボンフェルトとスパッタシートに分けて紹介!キャンプと切り離せない焚き火。特にこれからの季節は寒い身体に炎の暖かさが沁みますよね。そんな焚き火に必要なアイテムといえば焚き火台ですが...

灰が溜まる?ロストルは必要?

灰が溜まる?ロストルは必要?

大きな焚き火を継続すると灰が溜まる可能性もありますが、調理に使うような焚き火の大きさでは、2時間程度燃焼しても炉に灰が溜まることなく使用することができます。火吹き棒使用時に灰が散った可能性もありますが、大きな焚き火をしないのであればロストルは必要なさそうです。

炭火で使用する時にピッタリサイズの網

炭火で使用する時にピッタリサイズの網

男前ファイアグリルは、炉の高さが低いですが、汚れ防止のアルミホイルを使用すれば、テーブルへの熱も遮断され、卓上で一人BBQという使い方もできますよ。

炭火で使用する時にピッタリサイズの網

100均の20×20cmの網がピッタリなサイズで、焼き鳥や焼き肉も楽しむことができます。

【エコココロゴス】ミニラウンドストーブをB6君で使ってみた!火力は弱い?使い方から捨て方まで紹介!
【エコココロゴス】ミニラウンドストーブをB6君で使ってみた!火力は弱い?使い方から捨て方まで紹介!エコココロゴス(Eco Coco Logos)は、ロゴスが販売しているエコなヤシガラ成形炭。「1分でバーベキュー開始」がキャッチコピーの...

男前ファイアグリルとピコグリルの比較

男前ファイアグリルとピコグリルの比較

ピコグリルは、値段の割に見た目の安っぽさがありますが、男前ファイアグリルは、オールチタンで高級感があり所有欲を満たしてくれます。

男前ファイアグリルとピコグリルの比較

ピコグリルは炉からゴトクまでの距離があるので、調理をするには工夫が必要ですが、男前ファイアグリルは炉からゴトクまでの距離がちょうど良く、ゴトクの安定感もいいので調理がしやすいです。

男前ファイアグリルとピコグリルの比較

ピコグリルは市販の薪をそのままの長さで使用できますが、男前ファイアグリルは炉が小さくノコギリで切るか、燃焼させながら奥に移動させる工夫が必要です。

どちらかというと、男前ファイアグリルは市販の薪を使用するより、現地で調達した薪を使用する無骨でワイルドなキャンプが似合います。

男前ファイアグリルとピコグリルの比較

ピコグリルに比べ、男前ファイアグリルは燃焼効率が悪く、途中で炎が弱まることがありますが、その分熾火ができやすく安定した火力で調理もしやすい焚き火台です。

男前ファイアグリルとピコグリルの比較

軽量キャンプで人気の焚き火台「ピコグリル」と比較しました。お互いにメリット・デメリットはありますが、調理のしやすさでは「男前ファイアグリル」に軍配が上がります。ソロキャンプで料理も焚き火も楽しみたいという方には、選択肢の一つに入れてもいい焚き火台だと思いますよ。

ピコグリルの偽物?と本家の違いを比較!類似品のおすすめや正規の定価はいくら?
ピコグリルの偽物?と本家の違いを比較!類似品のおすすめや正規の定価はいくら?キャンプの醍醐味といってもいい焚き火。焚き火をしたいがために、キャンプに行かれる方も多いのではないでしょうか。あの不規則な炎の揺らぎは幻...

男前ファイアグリルのデメリット

コンパクトで調理もしやすい男前ファイアグリルですが、個人的に少し気になる点もあるので、デメリットも紹介します。

サポートバーを装着しにくい

男前ファイアグリルのデメリット

男前ファイアグリル本体の強度を増せるサポートバーですが、取り付けの際にフックが上手くハマらないことがあり、固定する時にはサポートバーがズレないように調整しながら本体を開く必要があります。

薄いので歪みや変形をしやすい

男前ファイアグリルのデメリット

説明書にも明記されてますが、熱により歪みや変形をしてしまいます。男前ファイアグリル2回目の使用で火床の鉄板部分が少し変形してしまい、フレーム部分の歪みはありませんでしたが、1年ぐらい使用するとどうなるか?少し不安な点があります。軽量・コンパクトなので仕方がないことですが、これから使用してみて状況を追記していこうと思います。

洗いにくい

男前ファイアグリルのデメリット

折り畳みタイプの焚き火台ではよくあるデメリットですが、折りたたみ部分の汚れを落としにくいです。結合部分のネジを外せば綺麗に洗うこともできますが、汚れが残るものとしてあきらめる方が無難です。

使用感や焚き火の様子は動画もありますのでチェックしてみてください!

まとめ

男前ファイアグリルは軽くてコンパクト、耐久性の高いオールチタン製で1万円以下と非常にコストパフォーマンスに優れた焚き火台です。そろそろやってくる炎が恋しくなる肌寒い季節。男前グリルで癒しの時間を堪能してはいかがでしょうか。

【焚き火台レビュー】ベルモントTABIのデメリットやピコグリルと比較してみた!
【焚き火台レビュー】ベルモントTABIのデメリットやピコグリルと比較してみた!昨今のソロキャンプへの人気から、注目度の高いソロキャンプ向けの焚き火台。「焚き火台=かさばる、重い」という概念を覆し、軽量でコンパクトな...
【1kg以下】ソロキャンプにおすすめの軽量コンパクト焚き火台を徹底比較!
【1kg以下】ソロキャンプにおすすめの軽量コンパクト焚き火台を徹底比較!キャンプの醍醐味ともいえる焚き火。直火禁止のキャンプ場が増えている中、焚き火台は焚き火を楽しむための必須アイテムです。オートキャンプであ...
チタン焚き火台のおすすめをソロサイズで厳選して紹介!手入れや洗い方の注意点についても解説
チタン焚き火台のおすすめをソロサイズで厳選して紹介!手入れや洗い方の注意点についても解説。焚き火台に“軽さ”を求めると、やはりチタン製の焚き火台に行きつきます。 焚き火台の素材は、スチール(鉄)・ステンレス・チタンの3つ...
【比較レビュー】solo stove(ソロストーブ)のサイズの選び方!ペレットの使い方も解説。
【比較レビュー】solo stove(ソロストーブ)のサイズの選び方!ペレットの使い方も解説。ソロストーブは高い燃焼効率とコンパクトなサイズで多くのソロキャンパーから高い支持を得ている小型ストーブです。 「ライト」「タイタン」「...
ABOUT ME
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当。
こんな記事もおすすめ