シュラフ

ナンガ「オーロラライト450DX」レビュー!良かった点と残念な点のまとめ。

ナンガオーロラライト450dx

登山やキャンプで多くの人が支持するナンガのシュラフ。オーロラライト450DXを登山やキャンプで使用してみて感じた良い点と残念な点をまとめましたので、シュラフ選びの参考にして下さい。

ナンガのシュラフ「オーロラライト450DX」とは

オーロラライト450dx

「オーロラライト450DX」は、ナンガ(NANGA)が発売している3シーズン(春〜秋)対応モデルの寝袋です。

ナンガとは

まずはナンガについて簡単にご紹介します。
ナンガは高品質のジャケットから寝袋などダウン製品全般を取り扱っている国産アウトドアメーカーです。1941年に全身の横田縫製が創業し、寝具から衣料品へと事業を展開していきました。

ナンガは永久保証

またナンガの独自サービスである「永久保証」はとても魅力のあるサービスの一つで、購入後も一生お付き合いできる国産老舗メーカーだと思います。

ナンガ「オーロラライト450DX」のスペックを徹底解説!

ここではオーロラライト450DXの特徴を、シュラフ選びを重要なポイント順で紹介していきます。

快適温度と限界温度

温度適性はシュラフを選ぶ際に一番重要なポイントです。
使用時期はいつか、使用場所はどこかなどそれぞれのシチュエーションで決まってくると思いますので、ここは慎重になってください。こちらがオーロラライト450DXの適正温度で、春から秋までの3シーズンまで対応できるスペックとなります。

  • 快適使用温度:0℃
  • 下限温度:-5℃

この温度だけでは具体的に分かりにくいと思いますので、ヨーロピアン・ノームという検査方法でナンガは基準を設けています。

・快適使用温度 → 一般的な成人女性が寒さを感じることなく眠ることができる温度域。
・下限温度 → 一般的な成人男性が寝袋の中で丸くなり、8時間寝られる温度域。

オーロラライト450DXの温度適性ですと、夏の日本アルプスや秋のキャンプ場まで幅広く使用することができますよ。

収納サイズと総重量

30lのバックパックに入るナンガ450dx

次に重要になってくるのは収納サイズと総重量です。
こちらも上記と同様に、夏の登山でのテント泊、車でサイトインするキャンプ場など、どのような場面で使用するかで選ぶと良いでしょう。

  • 収納サイズ:φ14×30cm
  • 総重量:約865g (内ダウン量:450g)
  • フィルパワー:760FP

ちなみに私はソロキャンプの時は、30ℓのバックパックと一緒に使用しています。

オーロラライト450DXはシングルキルト構造で軽量かつ小型化。
表地と裏地を直で縫い合わせる非常にシンプルな縫製方法のため、重量を抑えられているそうです。
(シングルキルト構造はサマータイプのシュラフに採用されている構造)
またフィルパワーの数値が大きいほど保温性に優れており、少ない量でダウンを作ることができるため軽量化につながってきます。一般的に700FP以上は高品質ダウンと言われています。

オーロラライト450DXは非常に軽量かつコンパクトに作られていると思いますので、夏の登山泊やバックパックでのソロキャンプなど、パッキングにおいてのパフォーマンスは非常に優れていると感じます。

耐水性と浸透性

オーロラライト450dx

耐水性と浸透性もとても重要なポイントです。
テントの床から水が染みてきたり、朝方は結露が起こります。万が一、雨に濡れてしまう可能性もあります。
水分から快眠を守るためにも、十分に考慮したい数値だと思います。

高レベルな防水浸透性能

  • 耐水圧20000m
  • 透湿性6000g/m2/24hrs

その中でも特徴は、表生地の素材には、多孔質ポリウレタン防水コーティング素材が使用され、防水性を高めると浸透性が低下する問題を解決した素材です。

ナンガ「オーロラライト450DX」の使い方をレビュー!

オーロラライト450DXの使い方を順番に紹介して行きます。

オーロラライト450dxが収納された状態

①まずはシュラフを収納袋から取り出します。

オーロラライト450dxを広げた状態

②シュラフを全体的に伸ばす。

オーロラライト450dxが膨らんだ状態

③10分くらい膨らむのを待つ。

はい、以上となります。
とても簡単に設置することができます。

オーロラライト450dxのファスナー

またこのYKKとコラボしているファスナーは噛み込みを軽減してくれていますので、シュラフの開閉時のストレスが減りますね。

ナンガ「オーロラライト450DX」を買って良かった点

私個人が買って良かった点は、睡眠時の暖かさと携帯性です。
春先や晩秋に山の中でキャンプを行いますが、寒さで起きたことはありませんでした。また夏はバックパックでソロキャンプに出掛けて行きますが、パッキングに苦労したことはありません。快適性と携帯性では文句のない商品になると思います。

ナンガ「オーロラライト450DX」の残念な点

オーロラライド450DXは、総合的にとても満足いくシュラフですが、残念な点を一つだけあげたいと思います。
それは、収納袋に梱包する際、少し手間がかかることです。収納サイズはコンパクトで、ダウンのフィルパワーはとても高い数値になっているのが原因ではないかと考えています。最初は、収納するのに時間がかかりましたが、何回か使用するにつれて慣れてくるはずです。

デメリットもありますが、その分のメリットは大きなものですので、全体的には大満足のシュラフになることは間違いありませんよ。

オーロラライト450DXのレビューまとめ

引用:ナンガ公式HP

ここまでオーロラライト450DXについて紹介してきましたが、総合的に魅力あるシュラフではないでしょうか。
金額的には安いものではありませんが、保温や耐水などの快適性、軽量やコンパクトなどの携帯性はとても満足いくシュラフです。またナンガの永久保証もあり一生物のシュラフになるはずです。そう考えると、決して高い買い物ではないと思います。
ぜひナンガのオーロラライト450DXで快適なテント泊登山やキャンプを楽しんでくださいね。

ABOUT ME
kanayasu
kanayasu
大学卒業後5年間東京で働きましたが、自然を愛しすぎたため、北海道に移住しました。夏は登山やキャンプ、冬はスキー場からバックカントリーまでスノーボードを楽しんでいます。