ハンモック

【レビュー】アマゾンで売れ筋の最新型Lenzai蚊帳付きハンモックの張り方も解説!

設営時のLenzaiハンモック

アマゾンでハンモック売れ筋ランキング1位(2020年6月現在)のLenzai最新型蚊帳付きハンモックをキャンプで使用したレビューです。

Lenzaiハンモックのスペックや特徴

設営時のLenzaiハンモック

Lenzaiハンモックは、ハンモック本体に高強度210Tパラシュート生地を使用されており、丈夫で破れにくく、生地が薄い作りになっているので通気性や速乾性に優れており、暑い時期にも快適に過ごすことができます。

設営面では、蚊帳が一体式となっているので簡単に設営でき、重要な高さ調節もハンモックベルトのループが6つあることにより微調整も楽にすることができます。

最新型蚊帳付きLenzaiハンモックのスペックや特徴を見ていきましょう。

Lenzaiハンモックの基本スペック

  • 使用時サイズ:2900x1400cm
  • 収納時サイズ:12x13x21cm
  • 荷荷重:300kg
  • 付属品:ハンモックベルト、カラビナx2、固定ループx2、ペグx2

Lenzaiハンモックの特徴

Lenzai ハンモック収納時

Lenzaiハンモック収納時の大きさや重さから見ていきましょう。

ハンモックの重さ

Lenzaiハンモックの重さ

ハンモックの重さは856gなので、バックパックキャンプでも気にならない重さですね。

収納時の縦サイズ

Lenzai ハンモック収納時の縦幅

縦幅22cm

収納時の横サイズ

Lenzai ハンモック収納時の横幅

横幅25cm

収納時の高さ

Lenzai ハンモック収納時の高さ

高さ13cm

Lenzaiハンモックを手で押さえた

公式のサイズと多少異なりますが、押さえたらサイズは変わるので押さえたサイズでしょうか?

サイバトロンバックパックのサイドバックにLenzai ハンモックを入れた

サイバトロンバックパック3Pタクティカルのサイドバックにも十分入る大きさです。

サイバトロンのバックパックをレビュー!ソロキャンプのパッキング例も紹介!サイバトロン3Pタクティカルは頑丈で機能的、そして低価格なのが魅力のバックパック。Amazonでの星の数は4.5ほど、レビューの数は約2...
ハンモック本体についているカラビナ

ハンモック本体には頑丈なカラビナがついています。

Lenzaiハンモックの付属品

Lenzaiハンモックの付属品

付属品のハンモックベルトから見ていきましょう。

ハンモックベルト

ハンモックベルトがあることで、設営が簡単になり、樹木を傷つける心配も最小限に抑えることができます。

ハンモックベルトの長さ

ベルトの長さは2m。

ハンモックベルトのループ

長さや高さ調節ができるループが6か所あるので、設営場所にさほど困ることはなさそうです。

ペグ、ロープ、テンションコード

袋に入っていたのはペグ、ロープとテンションコードです。

Lenzaiハンモックに付属のペグ

ペグは細く曲がりやすいので、硬い地面には不向きです。別のペグを用意した方が良さそうなので、今回はスノーピークのソリッドステイクを使用してます。少し重いですがどんな地面にも対応できるので、1セット持っておけば安心です。

ソリッドステーク「スノーピークペグ」長さ選びや活用法もご紹介!ここではペグの常識を超えたとまで言われる「スノーピーク」の「ソリッドステーク」の長さ選びや魅力、そしてペグ以外でのキャンプの活用法まで徹...

ロープとペグは横揺れ防止で使用しますが、さほど気にならない方は必要ないと思います。

テンションコードは蚊帳を張るのに使用します。

Lenzaiハンモックの張り方

Lenzaiハンモックの張り方手順を解説します。

ハンモックベルトを木に取り付けます。ハンモックベルトの両端で形状が違い、輪っかになっている方とループになっている方があるので、輪っかにループを通して取り付けます。

ハンモックベルトの取り付け位置

ハンモックベルトの取り付け位置は、木の幹が両手でつかめるぐらいの太さで距離は4~5m程度、高さは180cm程度が目安です。

ハンモックをベルトに固定する

2本の木にハンモックベルトを取り付けたら、ハンモック本体のカラビナをループに取り付けます。

ハンモックの高さ

ここでハンモックの高さ確認。
ハンモックに座って体重をかけて両足が地面に着くのが理想の高さのなので、左右のベルトのループで調節しましょう。

テンションコードを付ける

ハンモック本体の両端に緑色のループがあるので、テンションコードの留め具を通します。

Lenzaiハンモックの蚊帳を張った状態

少し見づらいかも知れませんが、蚊帳を張った状態です。
周りの木々と一体化して無骨な感じでかっこいいです。

ハンモックの固定ループを止める ハンモックをロープとペグで固定

ハンモック本体についている黒ループにロープとペグで固定します。

固定したLenzaiハンモック

設営完了

Lenzaiハンモックにタープをかけた状態

DDタープも一緒に設営してみました。DDタープの張り方は一緒なので、張り方が気になる方はこちらの記事

DDハンモックの設営手順とDDタープの張り方【aフレームとポールなし】DDハンモックの設営の手順を写真多めで紹介していきます。3×3のDDタープもポールなしとaフレームと2種類の張り方で一緒に設営しましたの...

Lenzaiハンモックをキャンプで使用して良かった点

Lenzaiハンモックに寝た状態

Lenzaiハンモックを実際に使用してみて良かった点をいくつか紹介します。

思った以上に涼しい

Lenzaiハンモックの生地

値段の割にハンモックに使われている生地が良いのでしょうか?風通しがよく、夏場でも日陰なら蒸れる心配もなく安眠できそうです。また、しっかりとした生地なので安定感もあり、落ちるかも?と感じることもありませんでした。

ただし、暑い時期は涼しく過ごせる分、寒い時期はそれなりの防寒対策が必要です。

メッシュポケットが便利

内側のメッシュポケット

ハンモックで寝てみないとわからないことですが、ポケットの中身が出てしまうことが多々あります。寝袋を使用すると特にスマホがどこに行ったか分からなくなることがあります。

メッシュポケットにスマホが入る

メッシュポケットに入れておくと無くなる心配もなさそうです。

蚊帳があっても開放的

蚊帳の中から撮った写真

蚊帳をかけた状態でも外が十分見えるので、圧迫感もなく開放的でリラックスした状態で眠ることができます。

蚊帳の中から撮った写真

気持ちがいいぐらい外が見えます。

蚊帳をまとめた状態

蚊帳が必要ないときはまとめることができるので、邪魔になりません。

設営時にハンモックベルトがずれない

木からずり落ちない

ハンモックベルトの生地がいいのか、ずり落ちにくいのはハンモック設営時にありがたいポイントです。

収納袋が一体化

Lenzaiハンモックの収納袋が一体化

よく収納袋がなくなることがありませんか?
Lenzaiハンモックは収納袋が一体化なので、なくなる心配もありません。

収納袋が小物入れにもなる

ハンモックに寝た状態でも手が届くので、ちょっとした小物入れにもなりそうです。

Lenzaiハンモックをキャンプで使用して残念な点

Lenzaiハンモックに寝た状態

Lenzaiハンモックをキャンプで使用してみて残念な点をいくつか紹介します。

チャックが片方にしかない

Lenzaiハンモックのチャック

チャックが片方にしかなく、設営時に向きを気を付ける必要があります。

固定ロープを使用しないと不安定

ロープで固定したLenzaiハンモック

最初、固定ロープは必要ないかな?と思ってましたが、揺れ防止だけでなくハンモック本体の幅を広げて安定させる目的もあります。気を付けて座れば問題ないですが、慣れないうちは固定ロープを使用した方が良さそうです。

設営場所が限られる

木の幹の太さにもよりますが、木の距離が6mになれば2mのハンモックベルトでは届きません。木と木の距離が4~5mの場所を探さないといけません。

DDハンモックはフロントラインがおすすめ!設営が楽になるアイテムも紹介!ハンモック泊におすすめのDDハンモック社のフロントラインハンモックについての概要や設営方法、一緒に持つと便利なおすすめアイテムなどを紹介...
DDタープでたき火はできる?対処法と難燃性のタープもご紹介!
DDタープの下でたき火はできる?対処法と難燃性のタープもご紹介!人気のDDタープが焚き火に適しているのかを検証。対処法と焚き火に適した難燃性タープも紹介します。 雨の日でも焚き火をすることがで...

Lenzaiハンモックのまとめ

Lenzaiハンモック

アマゾンでハンモック売れ筋ランキング1位(2020年6月現在)のLenzaiのハンモックのレビューをまとめると

  • 軽量コンパクトなのでバックパックキャンプに向いてる
  • 値段もお手頃価格なのでハンモック泊デビューしやすい
  • 生地の通気性や速乾性がいいので暑い時期でも快適
  • 安定性に少し不安がある
  • 設営場所が限られる

Lenzaiハンモックは軽量コンパクトで価格もお手頃なので、ハンモックを気軽に楽しみたい方には、凄くおすすめの商品ですよ。

DDタープの張り方を種類別に紹介!アレンジ次第でバリエーション豊かな万能タープ!DDタープの張り方は種類が豊富で、キャンプ場の地形や気候に合わせ臨機応変に張り方を変化できる構造が人気の秘密です。ソロキャンプや複数人で...
DDタープにおすすめのポール6選!太さや長さの選び方も解説!
DDタープにおすすめのポール6選!太さや長さの選び方も解説!今回は、DDタープの性能を最大限発揮できるおすすめのポールを3m×3m、4m×4mの2つに分けてご紹介します。さらにDDタープに最適なポ...
こんな記事もおすすめ