ブッシュクラフト

巻き結び・クローブ ヒッチの結び方【図解】キャンプの洗濯物干しにも便利

巻き結び 結び方 図解

巻き結びは2本のロープが互いに押さえあっているので強固な結び目でありながらも解きやすい結びです。
キャンプでタープを設営したりする時に使えるロープワークにです。
結ぶのもほどくのも簡単で、船の係留などでも古くから使われており、定番ロープワークの一つです。
そこでこちらの記事では、アウトドアシーンでも幅広く使える「巻き結び」をご紹介します。

巻き結びの特徴


巻き結び(別名でクローブヒッチとも呼ばれています)は、立ち木や杭、ポールなどの対象物に、ロープを素早く頑丈に固定することができます。

またほどくことも簡単にできるので、実用性が高く、さまざまなアウトドアシーンで活用することができます。
主に巻き結びは2通りの結び方があり、一つは立ち木などに直接ロープを巻きつける方法。
立木に巻き結び

もう一つはポールや杭に、ロープで作った二つの輪っかを上から通して固定する方法です。

また通常の「巻き結び」とは別に、「二重巻き結び」「多重巻き結び」という結び方もあります。
この結び方を使うと、ロープ同士の摩擦力もさらに強くなるので、通常の「巻き結び」に比べて強力になり、より重いものなども結ぶことがでできます。

キャンプでの巻き結びの使用シーン

巻き結び キャンプ
キャンプの時にも、巻き結びはあらゆる場面で活用ができます。
立ち木を支点にしてロープでタープを張ったり、ハンモックを吊るしたり、テントの支柱を縛るなどの定番の使い方。

立ち木同士をロープでつなげば、簡易的な物干しロープを作ることもできます。
ちょっとしたキャンプ道具、ランタンなどを吊るしたり、濡れタオルや洗濯物を乾かすことができて便利です。


またキャンプ道具を運ぶ時に、キャリーカートへロープで固定したり、薪をまとめて運ぶ時にも巻き結びを使えば、一つにまとめることができます。
アウトドアシーンの中でも使用頻度が高いロープワークなので、ぜひ結び方をマスターしてアウトドアライフを充実させましょう!

巻き結びの結び方

巻き結びの結び方(手順)を解説します。

巻き結びの結び方図解

巻き結び結び方図解 巻き結び 結び方 図解

巻き結びの結び方や使用シーン動画

こんな時に使える巻き結び

巻き結びで洗濯物干し

キャンプ 洗濯物干し ロープワーク
ポール2本・ペグ4本・ロープ3本があれば簡易的な洗濯物干しが作れます。

都合よく立木があればロープのみで作れますがポール・ペグ・ロープがあれば木がなくてもタオルや洋服は勿論、シュラフやマットなども干せます。

使用しているロープワーク

  • 巻き結び
  • バタフライノット
  • 自在結び

巻き結びでステルス張りの居住空間を広く

巻き結び ステルス張り
タープ内を広くしたいときにも巻き結びが活躍します。
ステルス張りやパスファインダーなど背面を上に引っ張り上げたいときにポールや木の枝に巻き結びを結んで設営すれば居住空間が広くなります。

使用しているロープワーク

  • 巻き結び
  • ふた結び
  • 自在結び
DDタープのステルス張り
【図解】DDタープ「ステルス張り」の張り方とポールの長さを解説!今回紹介するステルス張りは、DDタープの張り方の中で一番メジャーで代表的な張り方です。クローズすることでテントのように雨や風も防ぐことが...

巻き結びをさらに強化!二重巻き結び

巻き結びは簡単で早い結び方ですが通常の巻き結びだけでは強度が不安な場面もあります。
そんな場合は応用として二重巻き結びや巻き結びにひと結びを加えて強化することができます。

巻き結び強化
上記は巻き結びにひと結びを加えて強化しています。

二重巻き結び
こちらは二重巻き結びとなっております。
通常の巻き結びよりも対象物を巻く回数が1回多くなり結びが強くなります。

まとめ

巻き結びはキャンプでは多くのシーンで活躍しますので是非、覚えておくことをお勧めします。
最初は慣れないので難しく感じるかもしれませんが何度か繰り返して練習してみください。
キャンプで使えた時には達成感とロープワークの魅力を感じることができると思います!

ABOUT ME
yamaico編集部
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当。
こんな記事もおすすめ