キャプテンスタッグランタンは金属加工で有名な新潟県三条市のアウトドア用品専門の企業、キャプテンスタッグが製造するランタンです。
今現在たくさんのファンがキャプテンスタッグのアイテムをフィールドに持ち寄っています。

今回は誰もが認める日本のものづくり企業、キャプテンスタッグのランタンのおすすめを紹介します。

キャプテンスタッグランタンはココが違う!

キャプテンスタッグランタンはお洒落なデザインと高い品質、そしてお手頃な価格が特徴です。
数多くラインナップされているランタンはどれも非常にコストパフォーマンスに優れているので、キャンプ初心者から上級者まで愛用している方がとても多いです。

高いお金を出せば良いものが買えるのは当たり前のことですが、低価格でありながらも必要十分な品質を担保してくれるキャプテンスタッグランタンは、キャンプをする人にとっての心強い味方となっています。

スポンサーリンク

キャプテンスタッグランタンのみんなの評価は?

キャプテンスタッグのどのランタンの評価においても共通しているのが、デザインや性能もさることながら、やはり価格に対しての満足感が非常に高いと言うことです。

安いから試しに買ってみたら期待していた以上に良くて、もうずっとその商品を使い続けているという方も多いようです。
ただ安いだけではなく、気に入ったら長く使える懐の深さもまた魅力の一つなのですね。

キャプテンスタッグランタンのおすすめ【ガス】

ガスバーナーなどに使用するガスの缶を装着して点火するタイプのランタンです。
同じガスを他の道具と共用できる事と高火力を出せるのが特徴です。
火の暖かく柔らかな明かりを楽しみつつも強い明るさが欲しい方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)フィールドガスランタンM




フィールドガスランタンMのスペック
使用時サイズ:幅105 × 奥行100 × 高さ155(mm)
収納時:幅100 × 奥行100 × 高さ165(mm)
重さ:610g(ガスランタンのみ510g)
ガス消費量:45g/h
照度:350ルクス
材質:ステンレス、鉄、真鍮、ガラス

キャプテンスタッグランタンの中でも高い人気を誇る商品です。
十分な明るさがあるので、メインの証明として使うのにも適しています。
サイズ的にもあまり大きくないので荷物を圧迫せず、どのようなキャンプであっても気軽に持っていく事ができます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)テラパワーガスランタンL




テラパワーガスランタンLのスペック
使用時サイズ:外径200 × 高さ230(mm)
収納時:幅215 × 奥行175 × 高さ280(mm)
重さ:1500g(ガスランタンのみ1100g)
ガス消費量:100g/h
照度:1400ルクス
材質:ー

1400ルクスの圧倒的な照度で広い範囲を物凄く明るく照らしてくれます。
ただその分サイズが大きくなっているほか、ランタンのみでも1100gとそれなりの重さになっているので、できるだけ荷物を軽くしたい方には少々向きません。

少々大きくても重くても良いからとにかく明るいランタンが欲しいという方におすすめします。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)キャンドルガスランタン




キャンドルガスランタンのスペック
使用時サイズ:外径46 × 高さ156(mm)
収納時:外径62 × 高さ168(mm)
重さ:155g(ガスランタンのみ110g)
ガス消費量:7g/h
照度:ー
材質:アルミ、真鍮、ガラス

このランタンは名前の通りロウソクのような小さな炎を作る商品です。
ですのでこれ一つをメインとして使用すると、夜間にテントの設営や料理をする場合には不便を感じるかもしれません。
他のランタンを比べて決して明るい方ではありませんが、何とも良い雰囲気を演出してくれるアイテムです。

ガスの消費量が少ないため、燃焼時間が32時間と非常に長いのも特徴です。
小さく軽いランタンなので、とりあえずで一個持っておくのも良いですね。

スポンサーリンク

キャプテンスタッグランタンのおすすめ【灯油】

ガスを使用するランタンと違い明るさを求めるのではなく、ゆらゆらと揺らめく炎を楽しむのに適しているランタンです。
あえてあまり明るくないランタンを選択して風情に癒されるというのもキャンプだからこそできる楽しみ方です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ブロンズランタン中




ブロンズランタン中のスペック
使用時サイズ:幅145 × 奥行115 × 高さ245(mm)
重さ:400g
燃焼時間:14時間
容量:200ml
材質:鉄

綺麗なブロンズ仕上げのボディがアンティークな見た目を演出しているとてもお洒落なランタンです。
マントルを使用せず、灯油が染み込んだ芯に火を付ける昔ながらのランタンといった感じのものになります。
それほど明るくはなりませんが、やさしい炎を楽しみたい方におすすめです。

キャプテンスタッグランタンのおすすめ【LED】

LEDタイプのランタンの良いところは安全で点灯時間が長い事です。
ガス、灯油、LEDの3つの中でテントの中でも使用できるのはLEDタイプのみとなるので、ガスや灯油のランタンをメインで使用するにしても、LEDタイプのランタンも1つは持っておきましょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)アンティーク暖色LEDランタン




アンティーク暖色LEDランタンのスペック
使用時サイズ:外径120 × 高さ220(mm)
重さ:230g
連続使用時間:8〜24時間
明るさ:ー
材質:鉄、ABS樹脂、ポリスチレン、ガラス

同社の灯油を使用するランタンと似たデザインのLEDランタンです。
灯油ランタンの方は色がブロンズ一色のみでしたが、こちらの商品はブロンズの他にも水色やピンクなどポップな色のとても可愛らしい物も選択する事ができます。
アンティークなデザインのお洒落さとLEDのメリットの両方を得る事ができる良いとこ取りのおすすめ商品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ツインライトLEDランタン




ツインライトLEDランタンのスペック
使用時サイズ:外径165 × 高さ330(mm)
重さ:770g
連続使用時間:本体:100~500時間
カサ:72〜300時間
本体明るさ:11〜172ルーメン
カサ:15、30、73ルーメンの三段階
材質:ABS樹脂、ポリカーボネート、鉄

ステンドグラス風のシートを中に入れる事で他のランタンには無い光を楽しむ事ができます。
シートを取り外して普通の灯として使用することもできます。

ですがこのランタンの凄いところはそれだけではなく、本体の部分と傘の部分の両方にLEDが搭載されているため、傘は吊り下げて使用して本体の方は置いて使用するなど、多彩な使い方に対応している点です。
傘を上から吊るして全体の証明に、本体はステンドグラス風にして手元に置いて楽しむのがおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)雷神COBランタン




雷神COBランタンのスペック
使用時サイズ:外径130 × 高さ210(mm)
重さ:630g
連続使用時間:8〜200時間
明るさ:1000、700、380、6ルーメンの四段階
材質:ABS樹脂(ラバーコーティング)、ポリスチレン、鉄

最大で1000ルーメンと十分過ぎるほどの光で周囲を照らしてくれるランタンです。
明るさも幅広く調整できるので、このランタンひとつあれば外でもテントの中でもどんな場所でも活躍してくれます。
単一電池を4本使用するため、光量を最弱にしたら200時間の点灯が可能です。

連続使用時間の長さから、キャンプだけではなく災害への備えとして用意しておくのにも適しています。

キャプテンスタッグランタンと一緒に持ちたいアイテム

ランタンだけでも周囲を照らすのに十分に活躍してくれますが、それと合わせて持っておく事でさらに使い方の幅が広がります。
これらのアイテムも要チェックです。

ランタンスタンド

ランタンを使用する時、ちょうどいい場所に置き場があれば良いですが、テーブルの上に置くとスペースが取られたり自分に近すぎて眩しいといった事が起こります。
またランタンの光にたくさんの虫が集まってくるので、それはなかなか我慢ができるものではありません。

そこでランタンスタンドがあると、それらの困りごとが一切なくなるのです。
テーブルから少し離した場所に設置し、ちょうど良い高さに調整する事で広い範囲を照らす事ができるほか、虫をランタンの方に誘導して自分から遠ざけるといった使い方もできます。

このようにランタンを快適かつ有効に使用するのに非常に役に立つアイテムなので、ランタンを購入する際には一緒にランタンスタンドも購入することをおすすめします。




スノーピークのパイルドライバーの使い方やおすすめケースもご紹介!

予備のマントル

ランタンに使用するマントルは消耗品で、使用するたびに段々と劣化していき、いずれ穴があいたり破れたりして使えなくなります。
キャンプに行ってからマントルがダメになっていることに気付くも換えのマントルが無いなどということになったら悲惨ですので、予備のマントルは必ず持っていくようにしましょう。


キャプテンスタッグのランタンでもっとキャンプが楽しくなる!

キャプテンスタッグランタンはコストパフォーマンスに優れた良い商品が本当に多い事がわかりますね。
アンティークな物から今風な物までたくさんの人のニーズに応えてくれています。

自分のキャンプには明るさを求めるか、雰囲気を求めるか、あるいは両方とも欲しいか。
それぞれ違った価値観を持っている事と思いますので、このランタンがあったらより楽しくなりそうだというフィーリングで選んでみてください。

スポンサーリンク