今回は、スノーピークのランタンスタンド「パイルドライバー」の魅力や使い方、おすすめのケースもご紹介します。
スノーピークのパイルドライバーは、高品質なのはもちろんのこと、シンプルで洗練されたデザインで、スノーピークファンではない方でも、パイルドライバーだけは持ってるほどの、人気の商品です。

スノーピーク(snow peak)パイルドライバーとは

キャンプの必需品でもあるランタン。パイルドライバーとは、このランタンを吊るすためのスノーピーク製ランタンスタンドです。一本の杭というこれ以上ないくらいのシンプルさですが、耐久性があり飽きの来ないデザインです。

テーブルの上に置いてあるランタンだけでは、全体を照らすことが出来ないため、どうしても暗い場所ができてしまいます。そこで、役に立つのがランタンスタンドです。アルミやステンレス製の金属スタンドです。高い位置から照らすことで、広範囲に渡って明かりを届けることができます。

ランタンスタンドは、ランタンハンガーやランタンポールといった名前で、各メーカーから多くの種類が販売されています。

その中でも、スノーピークのパイルドライバーは一本脚タイプで、地面に打ち込んで固定するランタンスタンドです。地面の固さによって力加減が必要ですが、設置が簡単で場所も取らないことで人気があります。

三脚タイプのランタンスタンドほどの安定性はないものの、ランタンスタンドに足を引っ掛けて倒してしまうといった事故が起こりにくいメリットがあります。キャンプ中、楽しくて走り回ってしまうお子さんがいても安心です。

スポンサーリンク

スノーピーク(snow peak)パイルドライバーのスペック

スノーピークのパイルドライバーは非常にシンプルなランタンスタンドですが、スペックはどうでしょうか?

パイルドライバーの荷荷重は?

スノーピークのパイルドライバー耐荷重は、おおよそ2kg~3kgです。ランタンスタンドは、ランタンを吊るす以外にも、洗濯物や食器類を入れたドライネットを吊るすのに利用している方が多いです。

小さめのケトルやクッカーも吊るせるようですが、ダッチオーブンなど重量のあるものは避けた方が無難です。耐荷重の目安として、ポールがしならない程度にしておきましょう。

パイルドライバーのサイズ(太さ・長さ・重さ)

続いて、パイルドライバーのサイズです。スノーピークのパイルドライバーは、一本脚タイプでスチール棒1本と中空パイプ2本で3本つなぎになっています。

収納時サイズ:約110cm
使用サイズ:約240cm(最長)
重さ:約1.7kg
太さ:1.6-2.0-2.5cm(3本つなぎ)

最長で約240cmまで伸ばせます。パイルドライバーを地面にしっかりと打ち込んだ後、ねじで長さが調節できます。

収納時のサイズが約110cmで1mを少し超えます。太さも2.5cmあり、重さも約1.7kgあり軽量コンパクトとまではいきません。ただ、ランタンを吊るすという用途を考えると、軽すぎても倒れる心配が出てきますから、2kg以内は適切な重さと言えそうです。

スノーピーク(snow peak)パイルドライバーの使い方

スノーピークのパイルドライバーは、一本脚タイプのランタンスタンドで地面に打ち付けて使用します。
パイプとスチール棒の3本つなぎ仕様になっており、一番上がスチール棒になっています。
スチール棒を上下にスライドさせスチール棒の重みで地面に打ち込んでいく仕組みです。

他製品と違って、地面に打ち込む際に打ち付けるための道具(ハンマー)が必要ありません。設置場所を決めたらあとは地面に打ち付けるだけです。

パイルドライバーの先端についている保護キャップを外す。

設置したい場所にパイルドライバーを垂直に立てたら、上下の蝶ネジを緩める。

一番上のスチール棒を下に落とすような感じでスライドさせると、重みで打ち込まれていきます。




30cmくらい打ち込まれたら、高さを調節して蝶ネジをしめます。

※厳密に30cm打ち込む必要はありませんが、浅いと途中で倒れる危険性もあるので、あらかじめパイルドライバーに目印をつけておくと良さそうです。

注意点
・設置場所に固い石や岩などが埋まっていないか確認するようにしましょう。
・打ち込む際にパイルドライバーが斜めになっていないか注意しましょう。
・簡単に地面に打ち込まれていくので夢中になりすぎて、打ち込みすぎないようにしましょう。抜く時が大変です。

撤収方法

➀蝶ネジを緩めてスチール棒を収納します。
➁パイルドライバーをぐるぐると数回、地面に円を描くように回して引き抜きます。
➂先端に保護キャップをつける。

注意点
・最上部のスチール棒は必ず収納してから抜いてください。長いまま抜こうとすると曲がる可能性があります。
・先端は尖っていて危険です。忘れずに保護キャップをつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

スノーピーク(snow peak)パイルドライバーの使い方(地面が固い場合)

パイルドライバーは場所を選ばず簡単に設置できると評価を得ていますが、地面が固い場合はどうなのでしょうか?打ち込む前に、事前にやっておくと良い作業があるのでご紹介します。

設置場所を決めたら、ペグ(テントやタープを固定する道具)を打ち込んで前もって穴を開けておきます。下穴を開けておくことで、固い地面でもパイルドライバーが打ち込みやすくなります。

ペグはスノーピークのソリッドステーク30を使用している方が多いです。ソリッドステークはスチールペグでは最強といわれています。パイルドライバーと一緒に準備しておくと便利です。

スノーピーク(snow peak)パイルドライバーが曲がった時などの修理方法

高品質で耐久性も申し分ないスノーピークのパイルドライバーですが、扱い方を間違えてしまったり予期せぬトラブルで曲がってしまったりすることもあります。

固い地面にも関わらず無理に打ち込んだり、抜く際にスチール棒の収納を忘れて長いまま無理矢理引き抜いたりすると曲がってしまいます。

また、パイルドライバーはランタンを吊るす以外にも、さまざまな使い方ができて便利なのですが、許容範囲を超える重量のモノに使用すると、しなるように曲がってしまうことがあります。

スノーピーク社では、公式サイトで「オンライン修理受付」を行っています。できる限り長く使ってほしいという思いから、商品には保証書をつけず、修理依頼がきた商品は責任を持って修理してくれるそうです。状況によっては無償で修理も行ってくれるため「さすがスノーピーク」といった声が多く聞かれます。

ただし、劣化や製品の寿命、破損が大きすぎるといった場合、修理できないこともあります。その際は、買い替える必要があります。

修理申し込みの流れ

スノーピーク公式サイトのアフターサービスを選択→オンライン修理受付→会員ログイン(※会員登録が必要です)→必要事項を記入

近所にスノーピークストアやスノーピーク製品を扱っている店舗がある場合、直接持ち込みも可能です。(念のため事前に問い合わせしてください)
店舗で破損状況を確認し、店舗で修理できる場合は当日修理可能な場合も。店舗で対応が無理な場合、本社(新潟)へ郵送して修理を行うため日数がかかります。

スノーピーク公式アフターサービス

キャップの紛失に注意!

スノーピークのパイルドライバーは、地面に打ち込まれやすいよう先端部分がかなり鋭利になっています。そのため、付属品でゴム製の先端保護キャップがついています。キャップをしないで持ち運ぶのは大変危険です。収納袋も気がついたら穴が開いていた、ということになりかねません。

紛失しないようにするのが一番いいですが、キャップっていつの間にか失くしていたりするんですよね。失くしてしまった場合、アフターサービスは利用できません。キャップのみ販売されていますので、新しく購入するようにしましょう。


スノーピーク(snow peak)パイルドライバーのおすすめケース

シンプルで使いやすいランタンスタンドのパイルドライバーですが、購入時には収納ケースが付属しておらず、透明のビニール袋です。
そのままでも使用できますが、長年使用してると底面に重さで穴が開きます。
穴が開いている状態で、不用意に持つと袋から滑り落ちてきます。
1.7kgの鉄の棒が足の上などに落ち、思わぬ事故にも繋がりかねませんので、収納ケースの購入をおすすめします。

スノーピーク(snow peak)パイルドライバーケース




スノーピークのパイルドライバー専用の収納ケースです。

まとめ

スノーピークのランタンスタンド、パイルドライバーをご紹介しました。
一番上のスチール棒がハンマーの代わりに打ち付けてくれることで、他の道具も力も必要ありません。
女性でも簡単に設置することができます。

1本脚で場所を取らず、足を引っ掛ける心配がない点でも高評価のパイルドライバー。キャンプの必需品としてかなりおすすめのランタンスタンドです。

スポンサーリンク