ランタン

キャンプの夜を優しく灯す!キャンドルランタンのおすすめ11選!

キャンドルランタンは、キャンプの夜にやすらぎをもたらしてくれるアイテムです。ガスランタンほど明るくはありませんし、LEDランタンのように光量を調節したりもできません。それでも静かな夜にはついつい使いたくなってしまう魅力があります。

今回はキャンドルランタンの魅力やキャンドルランタンが持つメリットなどをお伝えするとともに、おすすめのキャンドルランタン11個ご紹介します。キャンプに新たな明かりを取り入れたいと思っている方は、キャンドルランタンも選択肢に入れてみてください。

キャンドルランタンの魅力

キャンドルランタンの魅力は、なんといってもその心が落ち着く雰囲気にあります。ユラユラとゆれる炎をじっと見つめていると、まるで瞑想(めいそう)をしている時のように、リラックスしているのに感覚が研ぎ澄まされていく気さえします。

キャンドルランタンでリラックスができるのは、キャンドルの炎が「1/fゆらぎ」というリズムでゆれているからでもあります。1/fゆらぎとは人間が心地よさを感じるリズムであり、1/fゆらぎのリズムで代表的なものは人間の心拍です。

そして日常生活の中にもそれは存在し、小川のせせらぎや電車のゆれなど、なぜか心地よさを感じるものも1/fゆらぎのリズムを刻んでいることがあります。これは決してオカルトではなく、世界中の学者が研究をおこなっていることです。

キャンドルの炎を見ていると心が安らぐのには、実はちゃんとした科学的根拠があったのです。

キャンドルランタンのメリット

ゆらめく炎がもたらす「癒し」が魅力のキャンドルランタン。良いムードを演出するのに最適なアイテムですが、そのほかにもキャンプ用の道具としてのメリットがあります。

ランニングコストが安い

中には専用のキャンドルを使用するキャンドルランタンもありますが、多くのキャンドルランタンは100円ショップでも売っているティーライトキャンドルが使用できるようになっています。

ダイソーのティーライトキャンドルは1箱につき15個入りで、1個あたりの値段が約7円の計算です。1個で3〜4時間燃焼するので、2個も持っていけば1泊のキャンプには十分でしょう。キャンプ1回分のコストとしては20円もかかりません。

持ち運びも取り扱いも非常に簡単

キャンドルランタンはほかの燃料を使用するランタン、たとえば灯油ランタンやガソリンランタンと比べても、かなりコンパクトなものも多いです。中には80gと超軽量なものまであります。そのため、ミニマルなキャンプを好む方にもおすすめです。

さらに、バッグの中で漏れてしまうこともある灯油や使い方によっては爆発の危険があるガスとちがい、キャンドルはとても安全な燃料です。

使い方もいたってシンプル。ライターやマッチで点火をし、消火する時は息を吹きかけるだけです。必要になったらすぐに使え、いらなくなったらすぐにしまえる手軽さがキャンドルランタンのいいところです。

キャンドルランタンの活用術

キャンドルランタンをより便利に使えるようになる活用術をご紹介します。

サブの照明として使う

キャンドルランタンはほかのどのランタンよりも落ち着いた雰囲気を演出してくれますが、どうしても明るさは劣ってしまいます。

ちょっとした不便もキャンプにおいては楽しみの1つですが、「キャンドルランタンの雰囲気は好きだけど、不便なのはイヤ!」という方はもいることでしょう。そんな方には、キャンドルランタンをサブの照明として使用することをおすすめします。

その場合には、メインの照明は機能性に優れるLEDランタンがいいでしょう。LEDランタンはちょっと離れた場所にランタンポールを使用して設置し、テーブルの上にキャンドルランタンを置くという方法があります。

そうすることで、不便さを一切感じることなくキャンドルの炎を楽しむことができます。

アロマや虫除けとして使う

キャンドルには同じサイズでも香り付けがされているものや、虫除けに効果のある「シトロネラ」というハーブを配合しているものがあります。

それらを使用することで、単に明かりとして使用するだけでなく快適性をアップさせるツールにもなってくれます。虫が多い夏場のキャンプでとくに役立つ活用術です。

キャンドルランタンはキャンプだけじゃない室内も癒し空間に

部屋の中でもキャンドルランタンの癒し効果を楽しむことができます。。キャンドルの明かりひとつで楽しむお酒は、普段とはまた違った美味しさがあります。

また、ティーライトキャンドルには花の形を模したキャンドルや、本物の多肉植物のような見た目のキャンドルなど、様々な商品が販売されています。

火をつけるのがもったいなく感じるくらいオシャレで可愛らしいこれらのキャンドルは、インテリアをかざるのにも役に立ってくれます。

キャンプの夜におすすめのキャンドルランタン11選!

それではここから、キャンプの夜をムーディーに演出してくれるキャンドルランタンのおすすめをご紹介します。

イケア(IKEA) ROTERA ロテーラ

<商品スペック>
サイズ:幅12×高さ21cm
重量:ー

スウェーデン発祥の家具店として有名なイケアの商品で、全体に星をちりばめたデザインがかわいらしいキャンドルランタンです。ガラスにアスタリスクの形が刻まれており、炎の明かりが屈折してきれいに光ります。

存在感がありながらも大きすぎないサイズで、キャンプにも十分持っていけます。全体的にどっしりとした形状のため、安定感があるのもGOOD!

イケア(IKEA) GLIMRANDE グリムランデ

<商品スペック>
サイズ:幅12×高さ20cm
重量:ー

スリムなシルエットと、波打ったガラスが印象的なキャンドルランタン。特徴的な形状のガラスには、キャンドルの炎がまるで上に伸びていっているように映ります。

角度によって炎の見え方が変わるのが、このキャンドルランタンの面白いところです。そのぶんガラスの割合が大きくなっているので、持ち運びにはちょっと気を使うかもしれません。

カメヤマキャンドルハウス ミニパティオランタン

<商品スペック>
サイズ:幅7.4×高さ16.5cm
重量:200g

カメヤマキャンドルハウスはキャンドルランタンのほか、アロマキャンドルやブライダル用のキャンドルなど多種多様なキャンドルを製作しているメーカーです。

ミニパティオランタンは、大正ロマンを感じさせるようなクラシカルなデザインが魅力的。ランタンスタンドにつるすと、さながら昔の街灯のようになります。オトナな感性を持っている方におすすめです。

カメヤマキャンドルハウス ラティスランタン

<商品スペック>
サイズ:幅13×高さ22.5cm(ハンドル含む)
重量:500g

モダンなスクエアデザインがオシャレなキャンドルランタンです。スチール製なのでちょっと重いのが気になるところですが、ハンドルを折りたたむとなかなかコンパクトです。

ガラスに着色がされており、キャンドルの炎がゴールドに光り輝きます。そして格子状のフレームからのぞく明かりがとてもきらびやか。これひとつあれば、一気にオシャレな雰囲気になること間違いなしです。

モロッコスタイル キャンドルランタン

<商品スペック>
本体サイズ:幅10×高さ21㎝
スタンドサイズ:幅15×高さ32.5cm
重量:ー

複雑な模様に切り抜かれたボディと、つり鐘のようなシルエットが美しいキャンドルランタンです。本体に組み込まれた合計8枚のガラスは場所によって色がことなっており、キャンドルに火を灯すと幻想的な雰囲気を放ちます。

こちらは本体とスタンドがセットになっている商品で、スタンドからつり下げて使用してもテーブルに置いて使用しても、本当にきれいな光り方をしてくれます。ちょっと変わったキャンドルランタンが欲しい方におすすめします。

北欧キャンドルスタンド

<商品スペック>
本体サイズ:幅6×高さ8cm
スタンドサイズ:幅10×高さ22cm
重量:160g

こちらもキャンドルランタンとスタンドがセットになっている商品です。何色ものガラスを使用したステンドグラスになっていて、キャンドルに火を付けなくても非常にオシャレで見栄えがします。完全なインテリア用として買うのもいいでしょう。

色付きガラスなのでそれほど明るくはなりませんが、雰囲気を盛り上げるアイテムとして持っていきたくなるキャンドルランタンです。サイズが小さめなので、邪魔にもなりません。

ロゴス(LOGOS) キャンドルランタン

<商品スペック>
サイズ:幅5.5×高さ9.5cm
重量:80g

手のひらに隠れてしまいそうなほど小さく、重さがたったの80gと超軽量なロゴスの製品です。使用するキャンドルは、一般的なティーライトキャンドル。小さいからといって、ほかのキャンドルランタンより暗いということはありません。

また、本体にはたくさんの穴が開けられているので、アロマキャンドルや虫除け効果のあるキャンドルの香りが効果的に発散されます。もしもの時の備えとして、キャンプ用品の中に忍び込ませておいてはいかがでしょうか。

ロゴス(LOGOS) ブロンズキャンドルランプ

<商品スペック>
サイズ:幅10×高さ18cm
重量:155g

丸みをおびた形が特徴的で、クラシカルな見た目が雰囲気たっぷり。サイズがコンパクトなので可愛らしくもあります。

ボディはブロンズカラーに塗装されており、キャンドルの炎に照らされて鈍く光る様子はとても上品。家のダイニングテーブルに置いておくと、普段のディナーにちょっとだけ優雅さを取り入れることができます。

ユーコ(UCO) ミニランタン

<商品スペック>
サイズ:幅5.5×高さ10cm
重量:100g

キャンドルランタンを作っているメーカーでも、とくに人気なのがこちらのユーコ。1973年にアメリカのワシントン州で誕生した企業のブランドです。ユーコの製品は独創性にあふれ、使うのが楽しくなるアイテムばかり。

こちらのミニランタンも質実剛健な雰囲気を持ちながら、どこか愛らしいデザインが特徴です。ユーコのキャンドルランタンは専用キャンドルを使用するものが多い中、これに関しては普通のティーライトキャンドルが使用可能。キャンドルの選択肢が多いところも魅力です。

ユーコ(UCO) キャンドルランタン

<商品スペック>
使用時サイズ:幅5×高さ16.5cm
収納時サイズ:幅5×高さ10.6cm
重量:180g

ユーコの定番商品であり、伸縮する構造となっているのが特徴のキャンドルランタンです。キャンドルは1本で9時間も燃焼する専用品を使用し、内蔵されているバネが溶けて短くなったキャンドルを上に押し上げるという仕組みになっています。

キャンドルランタンの中では少々高価ですが、それに見合った満足感を得ることができます。別売りのリフレクターを装着するとかなり明るくなるので、そちらもおすすめです。

ユーコ(UCO) キャンドルランタンキット

<商品スペック>
使用時サイズ:幅5×高さ16.5cm
収納時サイズ:幅5×高さ10.6cm
重量:190g

ユーコ定番のキャンドルランタンに、リフレクターとネオプレーン素材の柔らかいケースが付属するお得な3点セットです。リフレクターは横方向に光を飛ばすようになっていて、その効果はなかなかのもの。実用性がぐんとアップします。

燃焼時間、収納性、デザイン、明るさなど、完成度が高く不満点が見当たらない優れものです。ものにこだわるタイプの方にぴったりのアイテムといえるでしょう。

取り扱いが簡単なLEDキャンドルランタンもある

オレンジ色のやさしい明かりが癒しを与えてくれるキャンドルランタンですが、スイッチひとつで明かりがともるLEDキャンドルランタンという便利なものもあります。

LEDキャンドルランタンについては別の記事で詳しく紹介しているので、ぜひそちらもご覧ください。

キャンドルランタンでキャンプの夜がロマンチックに!

今回はキャンドルランタンの魅力などをお伝えするとともに、おすすめのキャンドルランタンを11個ご紹介しました。キャンドルランタンは、明るさにおいてはLEDランタンやガスランタンにはかないませんが、その2つ以上に素敵なムードを演出してくれます。

サブの照明が欲しい方や、キャンドルの明かりひとつでキャンプを楽しみたい方は、ぜひこの魅力に触れてみてください。

UCO(ユーコ)キャンドルランタン(ブラス・アルミ)をレビュー!【オイル化の方法も】UCO(ユーコ)キャンドルランタンは、アウトドアで明かりを灯すためのアイテムに限らず、インテリアとしても楽しむことができるキャンドルラン...
ランタンスタンドは必要か?キャンプであると便利な使い方やおすすめをご紹介!ランタンスタンドはキャンプ用品の中でも地味な存在です。長さがあるぶん荷物になりますし、そもそも本当に必要と疑問に思っている方も多いことで...
LEDランタンのおすすめを充電式と乾電池式に分けてご紹介!LEDランタンはメンテナンスが簡単で燃料切れの心配がないことから、とても扱いやすいランタンです。光量やデザインによってさまざまなタイプが...
こんな記事もおすすめ