スノーピークの小型電池式LEDランタン「たねほおずき」は、ソロキャンプに最適なLEDランタンとして大人気です。
手のひらサイズのコンパクトなランタンですが、機能性は抜群でさまざまな使い方ができます。
今回は、たねほおずきのソロキャンプでの使い方や人気の色をご紹介します。

スノーピーク(snow peak)たねほおずきとは?

「たねほおずき」とは、スノーピークの人気LEDランタン「ほおずき」の雰囲気をそのまま引き継ぎ、小型化された電池式LEDランタンです。

キャンプの必需品ともいわれるランタンには、ガス式やガソリン式などさまざまな種類があり、それぞれに良さがあります。最近では、手軽に使えて安全なLEDランタンも種類が豊富になり、利用されている方も多いでしょう。

スノーピークのたねほおずきは、ソロキャンプでは特にうれしい軽量コンパクトに加え、さまざまな使い方が可能な機能性も優れたLEDランタンです。名前のとおり、丸くてかわいらしいフォルムは女性や子どもにも人気があります。

スポンサーリンク

スノーピーク(snow peak)たねほおずきの特徴とスペック

スノーピーク(snow peak) たねほおずき ゆき 62×75(h)mm ES-041WH




たねほおずきの特徴とスペックをご紹介します。
明るさは60ルーメンですが、大きさの割に思ったよりも明るくて、不便な点はないという声が多いです。

また、防滴仕様になっており小雨程度であれば濡れても壊れる心配はありません。

明るさ 60ルーメン
サイズ 直径約6.2×7.5(高さ)cm
重さ 約57g
使用電源 単4アルカリ電池3本
連続点灯時間 Hiモード時60時間、Lowモード時100時間
点灯モード 3モード(Hi~Low、ストロボ点灯、疑似ゆらぎモード)
無段階調光

手のひらサイズで持ち運びやすい

たねほおずきの最大の特徴は、手のひらに収まるほど超小型ランタンというところです。

また、使用電源が単4電池3本で手軽に利用できるランタンです。
超軽量コンパクトなので、特にソロキャンプには最適と高評価を得ています。

フック部分がマグネット式

たねほおずきは、フック部分に強力なマグネットが付いています。
引っ掛ける場所がなくても、マグネットがつく場所であればどこでも取り付けて使うことができます。

また、たねほおずきの本体部分にマグネットキャッチが付いており、フックのマグネットとくっつけて輪にすることで、手軽に引っ掛けて使うことも出来てとても便利です。

本体のレンズ部分がスイッチ

たねほおずきの電源スイッチは本体のレンズ部分になっています。
電源スイッチが本体の外側に付いている場合、持ち運びの際や何かの拍子で点灯してしまうこともありますが、そうしたことを防ぐ機能になっています。

たねほおずきは、シリコンラバー素材のシェードで包まれていて、光が柔らかくなります。
また、本体への衝撃を緩和する役割も果たしています。小型ながら細かい部分もよく考えて作られている高品質なランタンです。

光量調整、点灯モードが充実

たねほおずきは、手のひらサイズの小型ランタンながら、明るさの調整や点灯モード機能がかなり充実しています。
2段階に固定された明るさ(スイッチを押すごとに変わる)の他に、スイッチの長押しで自分好みの明るさに調整することもできます。

また、疑似ゆらぎモードや緊急時に使える点滅(ストロボ)モードもあります。
ゆらぎモードもHiとLowの2段階あり、光の調節がかなり細かくできるようになっています。
ただ、慣れるまでは少し大変かもしれません。

アウトドア以外でも使いやすい

シンプルですが、おしゃれなデザインで丸くてかわいいたねほおずきは、室内インテリアとしてもおすすめです。
暖色系LEDで優しい明かりなので、階段や廊下のフットライトとしても使えます。

また、懐中電灯代わりにもなるため災害時にも役立つ万能ランタンといえます。

スノーピーク(snow peak)たねほおずきソロキャンプでの使い方

「ソロキャンプのランタンは、たねほおずき一つで十分」という声が多く、おすすめのたねほおずきですが、実際どのように使うのか使い方をご紹介します。

ソロテント内で使用

たねほおずきの明るさは60ルーメンですが、思った以上に明るいです。
ソロテントで使用するには十分な明るさがあります。

テント上部についている紐やフックにサッと引っ掛けて強力マグネットで固定するだけの手軽さ。
連続点灯時間がLowであれば100時間近くもちますから、常夜灯として使っても全く問題ありません。

スチール製のタープポールやテントポールにも、好きな場所に簡単にマグネット固定ができるので、非常に便利なランタンです。

トイレに行く際も簡単に取り外しができるので手間がかかりません。
マグネット式フックなので、ズボンのベルトに引っ掛けることも可能。
携帯用に別のライトを用意する必要がなく、たねほおずき一つあれば大丈夫という万能さがあります。

テーブルライトとして使用

大人数のキャンプでは、少々心もとないたねほおずきですが、ソロでは丁度良い明るさと評判です。
全体を照らすだけの光量はありませんが、一人分のテーブルを照らすには十分な明るさです。
暖色系の優しい明かりがなんともいえない雰囲気を作り出してくれます。
一人でのんびりと食事が楽しめそうですね。

くつろぎの時間も手軽に満喫

ランタンスタンドは便利ですが、ソロキャンプではなるべく荷物は減らしたいですよね。
超コンパクトでマグネット式フックのたねほおずきは、ランタンスタンドがなくても、木の枝のようにちょっとしたものに簡単に引っ掛けることができます。
ソロキャンプの醍醐味でもある「一人の静かなくつろぎの時間」を手軽に満喫できるんです。

ゆらぎモードにすれば、よりリラックス感が増してゆっくりとくつろぐことができます。
日々の疲れが溜まっている方はぜひ試してみてください。

紐を通せば作業灯に

マグネットループに紐を通して、手首に引っ掛けたり首からぶら下げたりも可能。
ピンポイントで手元を照らすには十分な明るさがあるため、作業灯としても使いやすいです。
常に両手が使える状態はソロキャンプでは助かります。

スポンサーリンク

スノーピーク(snow peak)たねほおずぎの注意点

いいとこだらけのたねほおずきですが、注意点がいくつかあります。
まず、電源スイッチが固めで押しにくいことです。
スイッチで明るさの調整やモード切り替えも行うため、固さに慣れるまで少し使いにくいと感じるかもしれません。
慣れてしまえば、それほど気にならないという方が多いです。

充電式ではないため、続けて使用する場合や数日間キャンプ予定という場合は、予備の電池を用意していくと安心です。
単4電池はコンビニでも購入出来ますが、大した荷物にもなりませんし念のため持っていくとよさそうです。

消耗品である電池は、繰り返し使える充電式電池がおすすめです。

たねほおずきとほおずきどっちがキャンプにおすすめ?違いを比較!

スノーピーク(snow peak)たねほおずきの人気の色順にご紹介



たねほおずきには、3種類のカラーがあります。ホワイト(ゆき)、ブラウン(つち)、グリーン(もり)の3色展開です。どの色も馴染みやすいナチュラルカラーで人気がありますが、どの色にしようか悩む方も多いのではないでしょうか。

たねほおずきの色を人気順にご紹介しますので、参考にしてみてください。

たねほおず人気色1位はホワイト(ゆき)



ホワイト(ゆき)は、本体部分も白なので雪のようなイメージのデザインになっていて、見た感じが一番かわいいと人気があります。
シンプルなので場所を選ばずどんな場面にも似合うので、一つ目のたねほおずきとして、またプレゼントとしてもおすすめです。

ホワイトはナチュラルにもモダンにも合う色なので、室内の間接照明を探している方にもおすすめです。
紐を通して窓辺にぶら下げたり、複数揃えて帽子スタンドにぶら下げたりしてもオシャレです。


たねほおずき人気色2位はブラウン(つち)



人気色2位はチョコレートの様な濃いブラウン(つち)です。少し濃い目のブラウンが、暖色系の優しい明かりにピッタリです。
たねほおずきはどの色も優しい明かりですが、より落ち着いた雰囲気を楽しみたい方にはブラウン(つち)がおすすめです。
ソロキャンプで食後のまったりとしたコーヒータイムにもおすすめの色です。

室内では寝室の照明に良さそうです。
ゆらぎモードにすればかなりリラックスしてお休みできるのではないでしょうか。


たねほおずき人気色3位はグリーン(もり)



グリーンというよりは黄土色っぽいですが森のイメージにピッタリな色です。
ブラウン同様に落ち着いた色ですが、3色の中では1番目目立つ色になっています。
たねほおずきをアクセントとしても使いたい方におすすめです。

グリーン(もり)は、木の枝に引っ掛けるだけでもオシャレな雰囲気が楽しめます。
キャンプ以外でも、ガーデニングライトとして花壇や庭で使ってもかわいいです。
ラティスやベランダなどにいくつか引っ掛けて使っても良い感じです


オリジナルシェードを自作して楽しむことも

たねほおずきにはシリコンシェードが付いていますが、オリジナルシェードを作って楽しんでいる方も増えています。
プラスチックのお皿をつけてみたり、カッティンググラスに入れて光の模様を演出してみたりなど、自由自在に楽しめるのもたねほおずきの魅力ではないでしょうか。

まとめ

今回は、スノーピークの超小型電池式LEDランタン「たねほおずき」をご紹介しました。
荷物にならないくらい軽量コンパクトなたねほおずぎは、ソロキャンパーにとっては必需品ともいわれるくらいの人気です。
見た目のかわいらしさからは想像できないほどハイスペックで、手軽にさまざまな使い方ができるランタンです。

ひとつあれば十分と思いながら、あまりに使いやすく結局全色揃えてしまったという人も多いようですよ。
超小型かつ高性能なLEDランタンをお探しの方にイチオシのLEDランタンです。

スポンサーリンク