キャンプ

LEDランタンのおすすめを充電式と乾電池式に分けてご紹介!

LEDランタンはメンテナンスが簡単で燃料切れの心配がないことから、とても扱いやすいランタンです。光量やデザインによってさまざまなタイプがあるため、初心者からベテランまで愛用している姿をよく見かけます。

LEDランタンには充電式と乾電池式があり、それぞれメリット・デメリットがあります。選ぶ際の大きなポイントになるので、最適なものを選ぶためにも特徴を把握しておくことが大切です。

そこで今回は、LEDランタンのメリット・デメリット、そしておすすめを充電式と乾電池式に分けてご紹介します。

LEDランタンとは

LEDランタンは電気で稼働するタイプのランタンで、ガス式よりも扱いやすいのが特徴です。燃料切れの心配がなく、火傷や一酸化炭素中毒の危険もないことから安全面を考慮して選ぶ人も少なくありません。

比較的長時間点灯できることに加えて、メンテナンスも簡単なので初心者からベテランまで幅広い層が使用しています。

また、種類によっては多彩な機能を備えており、予備バッテリーとして他の電子機器を充電できるものまで存在します。安全性・メンテナンス性・機能、どれを取っても優秀なので、1個あると非常に便利なギアです。

充電式LEDランタンのメリット、デメリット

充電式LEDランタンのメリットとデメリットをご紹介します。電池式と比較して、選ぶ際の参考にしてみてください。

充電式LEDランタンのメリット

充電式LEDは電源さえあれば電池を買う必要がないので、長い目で見ると経済的です。乾電池式の場合、長期間のキャンプでは多くの電池も持ち運ぶ必要があり、交換の手間もあります。その点、日中の間に充電しておけば何度でも使用できるのは大きな利点です。

また、種類によっては予備バッテリーとして他の電子機器を充電できるタイプもあるため、1個あると非常に心強い存在になります。なかには手動やソーラーで充電できるタイプもあり、電源や電池がない状況でも使用できることから、キャンプや登山はもちろん、防災グッズとしても重宝します。

充電式LEDランタンのデメリット

充電式LEDランタンはバッテリーが切れてしまうと使うことができません。充電するにしてもかなり時間がかかってしまうため、常にバッテリーの残量を気にかける必要があります。

また、長期間使用すると次第にバッテリーが劣化して点灯時間が短くなることも珍しくありません。そうなると、買い替えを余儀なくされるといったデメリットがあります。

乾電池式LEDランタンのメリット、デメリット

乾電池式LEDランタンのメリットとデメリットをご紹介します。充電式にはない魅力があるので、乾電池式を支持する人も少なくありません。

乾電池式LEDランタンのメリット

乾電池式LEDは電池さえあれば高いパフォーマンスを維持することができます。充電式の場合はバッテリーの残量が少なくなって光量が下がると充電を終えるまで時間がかかってしまいますが、乾電池式の場合は電池を交換するだけで済みます。電池の予備さえあれば常に光量を保てるので、いざというときも安心です。

乾電池式LEDランタンのデメリット

乾電池式LEDの場合は電池を交換する必要があるので、コストがかかってしまいます。ランタン1個であれば大きな出費にはなりませんが、複数の乾電池式ランタンを扱うと電池代だけで相当なものです。特に長期のキャンプでは充電式と比べるとどうしても電池代が気になってしまいます。また、替えの電池を持ち運ぶ必要があるので、重く荷物を圧迫する点もデメリットといえます。

充電式LEDランタンのおすすめ3選

充電式のLEDランタンを3つご紹介します。光量や機能が異なるので、スタイルに合わせて選んでみてください。

ブライシー(BRISIE) LEDランタン

非常にコンパクトで持ち運び便利なランタンです。最大196lmの光量と2800mAhの容量があり、約50時間の点灯時間に加えて3段階の光量調節ができます。吊り下げるためのフックとマグネットが内蔵されているので、さまざまな場所に設置できるのも嬉しい点です。防水・防塵性能に優れ衝撃にも強いため、場面を選ばず使用することができます。また、USB充電式でモバイルバッテリーとして使うことも可能です。

ルーメナー2 (LUMENA2) LED ランタン

コンパクトながら1500lmの光量と10,000mAhの容量が特徴です。光量調節と点灯モードも変更可能で、点灯時間は約100時間。モバイルバッテリーとしてiPhoneなどを充電できるうえに、本体もUSBで充電することができます。5時間程でフル充電できる点も使い便利の良さにつながっています。
また、防水・防塵性能も備えているため、アウトドアにはうってつけのLEDランタンです。

ルーメナーをキャンプのお供に!最強LEDランタンを種類別に徹底解説!キャンプの必須アイテムと言っても良いLEDランタン。 様々なメーカーから様々なアイテムが販売されていることから、どれを選べば良いのか迷...

ロゴス(LOGOS) パワーストックランタン

1200lmの強力な光量と10,400mAhの容量を誇るランタンです。明るさ調整や光の色合いの変更といったランタンとしての機能はもちろん、2A(アンペア)のUSBポートが2口あるので、iPadやiPhoneを2台同時に充電できます。点灯時間は強で約8時間、弱であれば約140時間点灯できるので、一晩の使用も問題ありません。コンセント、もしくは車のシガーソケットから充電可能です。

乾電池式LEDランタンのおすすめ3選

乾電池式LEDランタンを3つご紹介します。充電式と合わせて検討してみてください。

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン

最大の特徴は4つの発光パネルが独立しており、本体から取り外すことによってそれぞれ違う場所を照らすことができます。発光パネル単体では100lm、約14時間、本体と合わせた状態であれば800lm、約20時間の点灯が可能です。USBポートがあるので、iPhoneなどの電子機器を充電することもできます。電池には単1アルカリ乾電池×4本または8本を使用する必要があり、最大光量(800lm)と点灯時間(約20時間)は8本使用時の値です。

スノーピーク (snow peak) たねほおずき

手のひらサイズの非常にコンパクトなLEDランタンです。60lmと広範囲を照らすには向いていませんが、テント内であれば十分な明るさです。無段階の調光機能を備えており、強では約60時間、弱であれば100時間もの点灯時間を誇ります。上部に付いているループマグネットによってあらゆる場所に設置可能。見た目もかわいらしく、テント内の常夜灯としておすすめしたいLEDランタンです。電池は単4アルカリ乾電池を3本使用します。

スノピのランタン『たねほおずき』レビュー!の使い方や人気の色もご紹介!スノーピークの小型電池式LEDランタン「たねほおずき」は、キャンプに最適なLEDランタンとして大人気です。手のひらサイズのコンパクトなラ...

ジェントス(GENTOS) エクスプローラーSOL-016B

懐中電灯メーカーとして有名なジェントスが世に生み出すLEDランタンで、600lmの光量と37時間の連続点灯が可能です。3段階の調光機能があり、一番弱いモードであれば600時間もの間照らし続けることもできます。バッテリーインジケーターがあり電池の残量を確認しやすく、付属のフックとカラビナによってさまざまな場所に吊るすことができるため、とても扱いやすいランタンです。使用するには単1アルカリ乾電池×6本が必要です。

LEDランタンは充電式と乾電池式を用途に合わせて使い分けよう

充電式と乾電池式はどちらもメリット・デメリットがあるので、用途に合わせて使い分けることをおすすめします。充電式であればこまめに充電することで電池代を節約できますし、モバイルバッテリーとしての役割も果たします。また、乾電池式は電源に頼らないため、電池さえあればさまざまな場面で使用することが可能です。どちらもメリットとデメリットがあるので、贅沢をいえば合わせて持っておくとお互いのデメリットをカバーすることができます。自分のスタイルに合ったランタンを選んで、アウトドアを快適なものにしましょう。

USB給電できるLEDランタンのおすすめ10選!充電式・電池式・ソーラー式に分けてご紹介!USB給電可能なLEDランタンは、従来の電池式やガス式のランタンと違い使い勝手抜群のキャンプギアです。 当記事ではUSB給電できるLE...
キャンプの夜を優しく灯す!キャンドルランタンのおすすめ11選!キャンドルランタンは、キャンプの夜にやすらぎをもたらしてくれるアイテムです。ガスランタンほど明るくはありませんし、LEDランタンのように...