テント・タープ・ハンモック

【レビュー】Coleman(コールマン)エクスカーションティピ325のサイズ感やⅡとの違いは?

【レビュー】Coleman(コールマン)エクスカーションティピ325のサイズ感やⅡとの違いは?

今回はColeman(コールマン)から私が愛用しているティピー型テント「エクスカーションティピ/325」のご紹介をします。

エクスカーションティピーはとんがり屋根でかわいい見た目をしていて、他の人があまり持っていなさそうな個性的な形をしたテントです。ソロキャンプからファミリーキャンプでも使える大きさなのに設営がとっても簡単なので、ティピー型テントに抵抗感がある方にも自信を持っておすすめしたいテントになっています。テント選びの参考になれば幸いです。

Coleman(コールマン)エクスカーションティピ325のスペックや特徴

使用時サイズ 325×230×200(h)cm
収納時サイズ 直径16×60cm
重量 6kg
定員 3~4人
耐水圧 フライ/1500mm、フロア/1500mm
付属品 ペグ、ロープ、収納ケース

エクスカーションティピⅡとの違いは?

コールマンのエクスカーションティピーには通常版のほかにⅡもあります。
エクスカーションティピーの通常版はフライシートの素材にポリエステルを採用していますが、エクスカーションティピーⅡでは、フライシートの素材にテックスファイバー(TexFiber)を採用しています。

これにより、通常版よりもエクスカーションティピーⅡではコットンのような風合いと肌触りを感じることに加え、ポリエステルよりも結露しにくくなりました。
また通常版と比べると、Ⅱは重量が200gほど増え、値段も少々高くなります。

スタートパッケージもある

さらにエクスカーションティピーには、「エクスカーションティピー/325+スタートパッケージ」というのもあります。スタートパッケージでは、テントカラーに合わせたインナーマットとグランドシートがついてきます。その分通常版よりも料金は高くなっています。

エクスカーションティピ325のサイズ感は?

エクスカーションティピ325のサイズ感

エクスカーションティピーの広さを一言で表すなら、「大人2人なら広々と余裕で、家族4人で寝るだけなら少し狭い」といった広さです。

ソロのサイズ感

ソロで使用する場合はゆったりと使用することができ、むしろ広すぎるほどです。真ん中にあるメインポールが少し邪魔かもしれませんが、テント内に荷物を置いたとしても大の字になってくつろぐことができます。

デュオのサイズ感

大人2人で使用する場合ですが、ソロで使用する際と同様に広々と使うことができます。テント内にコットを2つ入れて寝たとしても、2人がそんなに近づきすぎることもなく広々と寝ることができます。

3人のサイズ感

大人3人で使用する場合は、テント内で過ごすには少し狭いという感じですが、「寝るだけなら十分」といった感じでしょう。しかし、3人分のコットをテント内に入れて使用するには難しいと思います。

4人のサイズ感

大人4人の場合は、全員大人だとかなり狭いと思います。小さい子ども2人と夫婦2人ならば「寝るだけ」という目的であれば、家族4人でキャンプへ行くときにおすすめのサイズ感です。

エクスカーションティピ325のレビュー

Coleman(コールマン)エクスカーションティピ325のレビュー

設営・撤収は簡単?

ティピー型テントというのはとにかく「設営が簡単」で「持ち運びが楽」というのが特徴的です。その中でもエクスカーションティピーはワンポールで設営できるテントなので、タープよりも設営が速いぐらい簡単となっています。
設営手順としては、

  1. インナーテントを広げてペグで固定。
  2. メインポールを設置しインナーテントを立てる。
  3. フロントポールを立てフライシートをかける。
  4. フライシートをロープやペグで固定して設営完了。

となっています。慣れてくれば15分~20分ほどで設営することができて、一人で設営することもできてしまいます。設営の仕方がわからない場合には、コールマン公式の設営手順動画もあるので、すぐに確認することができます。

設営が簡単なことから、撤収作業もポールをはずしてテントをたたむだけなので初心者の方でも安心して設営することができます。

高さがあるのでテント内でも過ごしやすい

テントの高さについてですが、テント内部は最大約2mと大人が立てるくらいの高さがあるため、立ち上がってもそんなに圧迫感を感じません。テント内は寝るとき以外でも過ごしやすい空間となっています。

前室があるからタープはいらない?

Coleman(コールマン)エクスカーションティピ325のレビュー

エクスカーションティピーはフライシートの屋根とインナーテントの構造から、普通のワンポールテントと違って、前室を広くとることができます。

前室が玄関の役割をはたして雨の日でも風雨をガードしてくれたり、荷物を前室に置くことでテント内を広く使えたりと、その時々によって活躍してくれます。
また、靴置き場としても使えるので、前室のあるドーム型テントや2ルームテントのような使い勝手を得られます。

ただ、あくまでも前室は前室なので、複数人でキャンプを行う際、日差しや雨を防ぐためにはタープも必要だと思います。

夏でも快適に過ごせるテント内

Coleman(コールマン)エクスカーションティピ325のレビュー

エクスカーションティピーはテントの前後を開けることができます。そしてチャックが全開になることに加え、ベンチレーションが多くメッシュ付きなので、虫の侵入を防ぎつつ暑い夏でもかなり快適に過ごすことができます。

テント下部にもベンチレーション用のメッシュ窓が付いているため、テント内の熱い空気を外へ逃がし、湿気からくる蒸れや結露も防ぎつつ、風通しのいい空間を維持してくれます。

また、フライシートの耐水圧は1500mmとなっているため、急な雨が降ってきた場合でも安心してキャンプを楽しむことができます。

冬は寒い?

チャックを全部閉めることにより外からの冷気をある程度防ぐことができますが、冬の場合には少し寒いと思います。最低気温0℃ぐらいの日に使用した場合は、正直かなり寒いです。

インナーテントの入り口付近に外にコードを出すためのチャックがあるため、外部のコンセントに差してテント内で暖房器具等を使用することもできるので、気温の低い冬に使用する際は防寒対策をしっかりするようにしてください。

エクスカーションティピの残念な点

Coleman(コールマン)エクスカーションティピ325のレビュー

フライシートをかぶせせるのが大変

エクスカーションティピーの高さは2mとなっていて、テント内は広くて快適なのですが、設営時にフライシートをかぶせせるのが大変になります。

また、ティピー型という構造上仕方がないのですが、テント内部の真ん中にポールがあるので邪魔だと感じることがあります。

3人で使うと正直狭い

使用人数は3~4人ですが大人3人で使うと正直狭いので、タープと連結して使用する方が実用的です。

【レビュー】DODいつかのタープのアレンジ張りや小川張りの張り方も!
【レビュー】DODいつかのタープのアレンジ張りや小川張りの張り方も!快適なキャンプには欠かせないタープ。 リビングスペースとして居住空間を拡張してくれる他、日差しや雨からも守ってくれたりと便利なのは分か...

高さのあるコットは相性が悪い?

寝る際に高さのあるコットを隅に設置した場合には、どうしてもテントの端の部分と接近することになるため、多少の圧迫感を感じます。気になる方はローコットを選ぶか少し内側に設置するなどの工夫が必要です。

3.5kg以下のコンパクトで軽量なキャンプコットのおすすめ10選!
3.5kg以下のコンパクトで軽量なキャンプコットのおすすめ10選!キャンプコットはキャンプでの快適な睡眠をサポートしてくれるベッド。今までクローズドセルタイプのマットやエアマット、インフレーターマットし...

エクスカーションティピのまとめ

エクスカーションティピーはゆったりソロキャンプでの使用から、大人2人に子供2人といったファミリーキャンプにも十分対応できるテントです。夏は風通しをよくするためにチャックを全開することで快適に過ごすことができます。冬は防寒対策が必要ですが、チャックを閉めれば冷たい風を防ぐことができるので、季節に応じての使用も可能です。

コストパフォーマンスにも優れていて、前室付きのティピー型テントをお手頃な金額で買えるのも魅力の一つです。
設営簡単で、おしゃれなティピー型テントが欲しい方にぜひおすすめします。

おすすめファミリーテント
ファミリーテントおすすめ17選【2021】コスパに優れた3人~6人家族用の人気テントキャンプでは様々な道具が必要になりますが、その中でも、重要なベース基地となるのがテントです。 アウトドアブランドからたくさんの種類が発...
ABOUT ME
junjun
埼玉県出身のライター、アウトドア歴8年の元中学校教師。趣味でキャンプやロードバイクを続けるほか、自転車日本一周経験もあり。主に教育関係やアウトドアの記事を執筆中。
こんな記事もおすすめ