キャンプ、登山、フェス、スポーツ観戦etc・・・アウトドアシーンで必需品のアウトドアチェア。ポケットにすっぽり入るくらいコンパクトなものから、機能性を重視したタイプ、デザインがクールなものまで、各ブランドから様々なタイプのアウトドアチェアがリリースされています。

いざ選ぶとなると、あれ?どのタイプがいいんだろう?と悩みますよね。今回は、優先順位としてはずせない、座り心地を重視した、おすすめのアウトドアチェアをランキングでご紹介します。

アウトドアチェアとは



アウトドアチェアとは、キャンプやバーベキューのシーンに必需品のその名の通り”椅子”です。携帯がしやすいように軽くてコンパクトなタイプ、座り心地がよくゆったりとくつろぐできるハイバックタイプ、背もたれの角度を調節でき、より快適さに重点をおいたリクライニングタイプなど、アウトドアチェアのなかでも様々な仕様、デザイン、形態のチェアがあります。

スポンサーリンク

ハイバックチェアの特徴



ハイバックチェアとは、背もたれ部分の高さが座った時の頭の位置まであるチェアです。頭まですっぽりと包み込んでくれるような心地よさは、一度座るともう立てません笑。頭を背もたれに預けて、仮眠をとったりお昼寝したりもできる、リラックスチェアです。

リクライニングチェアの特徴



リクライニングチェアとは、段階的に背中を後ろに倒すことができ、足先まで伸ばすサポートのあるチェアです。とにかく、キャンプでゆっくりくつろぎたい、椅子に座ったまま本を読んだり、うとうとそのまま眠りたい!という、チェアにくつろぎを求める方にオススメです。
リクライニングチェアこそ、座り心地が大切。至福の時間を妥協しないためにも、慎重に選びましょう。

スポンサーリンク

コンパクトチェアの特徴



コンパクトチェアとは、その名の通りコンパクトに収納できるようにつくられた、軽量タイプのチェアです。
フレームに座面が取り付けられた、とてもシンプルなものなど、最低限の機能で「座る」を実現しています。小さくて軽く持ち運びに便利なので、スポーツ観戦やイベントで長い時間行列に並ぶとき、軽登山・ハイキングや近場でのピクニックなどにぴったりです。

腰痛持ちの人は高さと座り心地で選ぶ



腰痛持ちの人にとって、アウトドアチェアの座り心地と高さはとっても重要です。
最近のトレンド・ロースタイルに欠かせないローチェアは、腰痛持ちの人が長時間座ると、座っているうちに腰に負担がかかったり、立ち上がるときに痛みがでたりするので、腰痛持ちの人にはローチェアはオススメできません。
腰にやさしいアウトドアチェアは、高さがあること。
ローチェアは座面高30cm前後ですが、ハイチェアは座面高40cm前後あって、立ち座りがしやすいところが特徴です。

また、座り心地も、あまり深く沈んでしまうようりも、程よい張りのあるものがベター。低反発クッションを敷いて座るのも、腰痛対策になるのでオススメです。

アウトドアチェア座り心地ランキングTOP10



アウトドアチェアを座り心地で選んでランキング形式で発表します。

アウトドアチェア座り心地ランキング10位




お値段以上なリクライニング機能!
しっかりがっしりで耐久性も高し

とにかくこの値段で、リクライニング機能がついた快適さ、座り心地、耐久性に、コンパクトさでコスパ良すぎというレビューが多い、キャプテンスタッグのハイバックチェア。10年使用でまた同じタイプを購入した人も。開くときも畳むときもパパッとストレスなくできます。

アウトドアチェア座り心地ランキング9位




ハイスタイルでもロースタイルでも
高さが調整可能のバランス良しのチェア

アウトドアチェアのスタンダードといれば、これ。高さが調整できるので、ロータイプにしてバーベキュー、ハイタイプにして焚き火など、シーン別に使い分けができるのがうれしい。沈みすぎない座り心地で、座面がフラットで腰痛持ちにもオススメです。

アウトドアチェア座り心地ランキング8位




アルミ製で2.7kgの軽量チェア!
3段階リクライニングの角度が絶妙

実物を手にして、その軽さに驚いた!という声もある、アルミ製2.7kgの軽量チェア!リクライニングをしても、腕の角度が変わらないところ、座った時太ももの下にパイプがないので、足への負担もないなど、使ってわかるスペックがいっぱい。思った以上の座り心地と寝心地に、コスパ最高!と、好評価。

アウトドアチェア座り心地ランキング7位




値段と実用性のバランスがgood!
リピーターも多数

3段階のリクライニング式、ハイバックタイプのチェア。リクライニングは手すりを動かして操作できるので簡単、かつ長時間座っていても腰が痛くならず、ノーストレスで居眠りができると、購入者の満足度は高いチェアです。収納も力いらずで簡単でこのお値段!このバランスは見逃せません。木製の手すりは、温かみがあっていいですね。

アウトドアチェア座り心地ランキング6位




長時間座っていても疲れない!
モカブラウンの色合いもオシャレ

野外でもぐらつかない安定感と重厚感、座り心地の良さ、頭を任せられる高さの背もたれ、長時間座っても疲れない、ハンドリングも良し、などなど、まったりと寛ぐには最高のチェアと名高いogawaのハイバックチェア。自然に溶け込むモカブラウンの色合いもオシャレ。その存在感は、インテリアとして室内使用もオススメです。

アウトドアチェア座り心地ランキング5位




ハイチェアだけど軽量!
スタイリッシュなデザインに惚れ惚れ

ロースタイルを流行させた先駆的ブランド「エーライト」のハイチェア。「地上高38㎝」の絶妙な高さが、立ったり座ったりの動作を楽にしてくれて、座り心地は抜群です。高さはあるのに、コンパクトで、なにより、デザインが秀悦で、みていて惚れ惚れしてしまうほど。家でも使える、チェアです。

アウトドアチェア座り心地ランキング4位




座りながらの作業も快適
流石のスノーピーククオリティー!

座り心地はもとより、ローテーブルの作業で、前かがみになるときも楽な姿勢になるように計算されているローチェア30。ハイバックで頭を任せられて、一晩焚き火をみながら過ごしても疲れないという好評なレビューも多く、さすがのスノーピーククオリティー。ロースタイルの収納チェアとしては秀悦との声もあり。

アウトドアチェア座り心地ランキング3位




人をダメにする椅子、現る!
エグゼクティブシートのような心地よさ

コールマンのインフィニティチェアは、雲のうえに寝ているような浮遊感ある寝心地が、一度経験すると病みつきになると大人気。リクライニングは無段階で調整可能、枕の位置は上下に調節可能、座り心地は抜群に良い、折りたたみ式など、どこをとっても欠点がないという声も。アウトドアチェアですが、少し重いという声もあり、室内でくつろぎ用チェアとして使用している人が多いようです。

アウトドアチェア座り心地ランキング2位




腰痛持ちの人に人気の座り心地!
見た目のカッコよさも好評価

アウトドアブランドA&Fカントリーのプレイベートブランドの、アディロンダック。A&Fだからこその、シンプルなフォルム、落ち着いたカラーバリエが人気のチェア。あまりのかっこよさに、自宅で使用している人も多いとか。見た目はもちろん、質の高さも秀悦です。頭まで包み込まれるような感じ、腰痛持ちに頼れるチェア、高さも低すぎず立ち上がりが楽など、とにかくその座り心地は高評価。

アウトドアチェア座り心地ランキング1位




ハイレベルなデザインと座り心地
チェアワンの次はハイバックのこれ!

チェアワンが絶大なる人気を誇るなか、密かに話題をあつめるハイバックタイプのサンセットチェア。高強度と耐久性、圧倒的な携帯性は、もちろん、とにかく立ち座りが楽で、座り心地はチェアワン以上とも。試しに家で座ってみて、そのまま寝落ちしてしまった人もいるくらいの、究極の座り心地は、ヘリノックスだからこそ!

まとめ



アウトドアチェアは、ご紹介した以外にも様々な種類があります。携帯性か、機能性か、座り心地か、デザイン性か、など、どれを優先すべきか、自分のアウトドアスタイルにあうタイプを選んでください。また、アウトドアショップで、座り比べをしながら選ぶと、より自分の好みが明確になりますよ。ギアを選ぶ時間も、アウトドアの楽しみ。ぜひ、悩んで、楽しんで、自分にぴったりのアウトドアチェアを選んでみてください。

スポンサーリンク