キャンプ

スタンレーのクーラーボックスをサイズ別に評価や口コミもご紹介!

スタンレーのクーラーボックスはキャンプ用品に強いこだわりを持つ多くの方々が愛用している優秀なアイテムです。アウトドアシーンに映えるタフで無骨なデザインと優れた保冷力・機能性において、数あるクーラーボックスの中で特に際立っています。

今回は誰にとっても使いやすく頼れるギア、スタンレーのクーラーボックスの魅力、そして実際に使用している方の評価や口コミをサイズ別にご紹介します。ホームセンターで安く売っているクーラーボックスより明らかにキャンプ用品として優れているポイントを解説していますので、どうぞお楽しみください。

スタンレーのクーラーボックスとは?

スタンレーは「ゴーシリーズ」「クラシックシリーズ」「マスターシリーズ」「マウンテンシリーズ」「アドベンチャーシリーズ」の5種類に分けて商品を展開しています。クーラーボックスはその中のアドベンチャーシリーズに属するアイテムとなっています。

サイズは6.6L・15.1L・28.3Lの3種類あり、そのすべてに共通しているのが優れた保冷性能、イスやテーブルとしても使用できる頑丈なフタ、大きく持ちやすいハンドル、そしてメーカーによる永久保証が付く点です。キャンプに限らず様々なレジャーで役に立つ汎用性の高さと使い勝手の良さ、さらに耐久性が備わったまさに一生物のクーラーボックスです。

スタンレーのクーラーボックスは赤、白も人気!

スタンレーの商品はアーミーテイストあふれるグリーンが定番のカラーとなっていますが、クーラーボックスに関しては清潔感があり爽やかな印象の白、個性的かつ情熱的な赤の2色を加えた3色展開となっています。

無骨なシルエットと本体・フタのツートンカラーが相まって、どの色も本当にカッコよくて迷ってしまうことでしょう。性能的・機能的に優れているだけでなく見た目が良いからこそ、長く使い続けたくなる魅力的なクーラーボックスです。

スタンレーのクーラーボックスの保冷力が凄い!

スタンレーといえば、アウトドア用品店にはたいてい置いている淡いグリーンの真空断熱のボトルが特に有名です。創業100年を超えて今もなお根強い人気を誇るスタンレーは、持ち前の真空断熱技術を武器に他に類を見ない堅牢さを持つ商品を多数製作してきました。

そしてその技術力の高さを遺憾なく発揮し、スタンレーらしく保冷性能に優れた高耐久性のクーラーボックスが作られました。3種類のサイズのうち大きいものほど保冷力に優れていますが、一番小さいものでも3℃以下を24時間保てるほどの保冷力を有しています。

このことから、スタンレーのクーラーボックスは実用として十分過ぎるほどの性能を持っていることがわかります。男心をくすぐる無骨なデザイン、高いところから落としてもびくともしない丈夫さ、使い勝手の良い天板も特徴的ですが、やはりこの保冷力の高さがスタンレーの真髄なのです。

スタンレーのクーラーボックスのパッキン

スタンレーのクーラーボックスがこれほど高い保冷力を実現できている理由の一つとして、フタに取り付けられているパッキンが優秀であることが挙げられます。このパッキンはシリコンでできており、その柔軟さと弾力を活かして隙間が全くない、完全な密閉状態を作り出します。

シリコン素材のメリットはそれだけではありません。熱伝導率が低いためパッキンそのものを介して熱が入ってくるということがなく、その上耐熱性・耐寒性に優れているので−100℃から150℃まで性質が変化しません。さらに撥水性があること、毒性が低いことなど挙げるとキリがないほどたくさんの良いところがあります。

このような特性を持つシリコンをパッキンに用いているスタンレーのクーラーボックスは、いつまでも高い保冷性能を維持し、清潔に使い続けられるクーラーボックスであると言えるでしょう。

スタンレーのクーラーボックスの保冷力と保冷剤の目安は?

6.6L・15.1L・28.3Lの3つのサイズそれぞれの保冷力と、中に入れるのにちょうど良いサイズの保冷剤をご紹介します。

6.6Lサイズの保冷力と最適な保冷剤

6.6Lサイズの保冷力は3℃以下で24時間、10℃以下で27時間の保冷が可能です。
このサイズには細長い保冷剤がセットになっている、トウリトの「ICE PACK」がおすすめ。

クーラーボックス内寸:幅249×高さ150×奥行182mm
保冷剤サイズ(1個):縦225×横40×厚さ40mm

容量がそれほど大きくないクーラーボックスでは、無駄なスペースができないように収納することが重要です。この保冷剤であれば、飲み物や食材を入れた後で開いたスペースに挿し込むことができます。

15.1Lサイズの保冷力と最適な保冷剤

15.1Lサイズの保冷力は2℃以下で24時間、10℃以下で36時間の保冷が可能です。
こちらにはロゴスの「倍速凍結・氷点下パック L」を使用するのが良いでしょう。

クーラーボックス内寸:幅324×高さ208×奥行224mm
保冷剤サイズ:縦255×横164×厚さ25mm

この製品は従来のロゴスの人気商品「氷点下パック」の半分の時間で凍らせることができる上、持続力も高くなっている非常に優秀な保冷剤です。他の製品と比べて少々高価ですが、繰り返し使うことを考えると費用対効果ではむしろ優れていると言えます。

28.3Lサイズの保冷力と最適な保冷剤

28.3Lサイズの保冷力は1℃以下で24時間、10℃以下で96時間の保冷が可能です。
このサイズにはロゴスの「倍速凍結・氷点下パック XL」が良いでしょう。

クーラーボックス内寸:幅335×高さ320×奥行275mm
保冷剤サイズ:縦255×横195×厚さ35mm

15.1Lサイズでおすすめしたロゴス製品のサイズ違いになります。28.3Lもの大容量を長時間冷やしておくためには保冷剤は良いものを選び、サイズも大きくなくてはなりません。この保冷剤であれば、2個ほど入れておくと十分でしょう。停電時に冷蔵庫の中を冷やしておくための備えにもなります。

スタンレーのクーラーボックスが開かない時の対処法!

スタンレーのクーラーボックスはパッキンがピッタリと密着することで完全な密閉状態となることはすでにご紹介しましたが、時にはそれが仇となり、なかなか開けられなくなってしまうことがあります。クーラーボックス内部が冷やされて空気圧が下がることにより、このような状態になるのです。

開かなくなってしまった場合の対処法として、以下のようなものがあります。

・ものさしのような薄くて固いもので優しくこじる
・水抜きの栓がついている場合は栓を緩める
・開くようになるまで待つ

どうしても開けなければならない場合以外は、無理に開けようとするのはやめましょう。大事なクーラーボックスを傷つけたり破損させてしまう原因になります。開かなくなってしまう前に、たまにフタを開けることで予防できます。

スタンレーのクーラーボックスをサイズ別に口コミや評価も紹介!

それではここから、スタンレーが100年以上のノウハウを注いで作り上げたクーラーボックスをサイズ別に分けて、口コミや評価もご紹介します。デザイン・性能・機能性いずれも一級品のクーラーボックスをご覧ください。

STANLEY(スタンレー) クーラーボックス 6.6L

<商品スペック>
サイズ外寸:幅338×高さ218×奥行282mm
   内寸:幅249×高さ150×奥行182mm
容量:6.6L
保冷力目安:3℃以下24時間/10℃以下27時間
重量:1.9kg
素材:本体外部・フタ:高密度ポリエチレン
   本体内部・ハンドル:ポリプロピレン
   ヒンジ・ラッチ:ナイロン
   パッキン:シリコン

ソロキャンプで使用するのに最適なサイズのクーラーボックスです。350ml缶が9本入り、500mlのペットボトルも横向きで6本入れることができます。コンパクトサイズの商品でありながら他のサイズと同様の高い品質を誇っています。

クーラーボックスとしてだけでなくイスやテーブルとしても使用できるので、荷物をできるだけ小さくまとめたい方にもおすすめのアイテムです。優れた性能や機能性を持っていながらもリーズナブルな価格となっているので、気軽に買えるのが良いところです。

スタンレーのクーラーボックス6.6Lの評価や口コミは?

サイズ感は想像通りのコンパクトさ。食料専用だし、年齢的にも大食いしないしで適量を詰め込むには最高です。
ロゴスの冷却材Mサイズがぴったり収まる大きさです。私は2個セット買ってサンドイッチ利用しています。

STANLEY(スタンレー) クーラーボックス 15.1L

<商品スペック>
サイズ 外寸:幅420×高さ285×奥行310mm
    内寸:幅324×高さ208×奥行224mm
容量:15.1L
保冷力目安:2℃以下24時間/10℃以下36時間
重量:3kg
素材:本体外部・フタ:高密度ポリエチレン
   本体内部・ハンドル:ポリプロピレン
   ヒンジ・ラッチ:ナイロン
   パッキン:シリコン

スタンレーのクーラーボックスの中では中間のサイズになります。小さ過ぎず大き過ぎることもない、多くの方にとって丁度良いサイズと言えます。6.6Lサイズだと容量的に不安が残るという方は、この15.1Lサイズにしておくのが無難でしょう。

容量の目安としては350ml缶が21本入り、2Lのペットボトルを横向きで収納することができます。これほどの容量があれば、少人数のキャンプなら飲み物と食材をこのクーラーボックスひとつにまとめることも可能です。スタンレーのクーラーボックス独自の機能であるゴムのコードを上手く活用しましょう。

スタンレーのクーラーボックス15.1Lの評価や口コミは?

クーラボックスに限ったことじゃあないが、アウトドア用品はピンからキリまでの振り幅がデカすぎる。
YETYは高すぎるし、ノーブランドのはダサすぎる。
そこで値段もちょうどよく、STANLEY(ロゴが好きだ)のこいつを買ってみた。
概ね満足だが1つ辛いところがある。
密閉性が高すぎなのか、新品だからなのかはまだわからないが一度ぴったりくっつくと信じられないぐらい開かない。

STANLEY(スタンレー) クーラーボックス 28.3L

<商品スペック>
サイズ 外寸:幅540×高さ470×奥行400mm
    内寸:幅335×高さ320×奥行275mm
容量:28.3L
保冷力目安:1℃以下24時間/10℃以下96時間
重量:6kg
素材:本体外部・フタ:高密度ポリエチレン
   本体内部・ハンドル:ポリプロピレン
   ヒンジ・ラッチ:ナイロン
   パッキン:シリコン

スタンレーの中で最大のクーラーボックスです。350ml缶が40本も入り、2Lペットボトルを縦向きにも横向きにも収納できます。大人数のキャンプやレジャーにも対応可能で、このクーラーボックスを持ってきてくれる人は本当に頼れる存在となります。

価格の割には保冷能力も凄まじく、10℃以下をなんと4日間も維持できます。氷が溶けて出た水の排出や洗浄する時に役立つ水抜き用のドレンホールが付いているほか、同じサイズのクーラーボックスをピッタリと重ねられるフタの形状となっています。

また、クーラーボックス自体の高さがイスとして使用するのに丁度よく、自然な体勢で疲れることなく長時間座っていられます。座面も広いので、クッションを使用することで非常に快適なイスとなります。

スタンレーのクーラーボックス28.3Lの評価や口コミは?

YETIなどの高性能クーラーほどではないかもしれませんが、キャンプ用としては十分な性能だと思います。
海外製品は2Lのペットボトルが縦に入らないものが多いですが、これは大体の2Lペットボトルが縦に入ります。
30L弱なのであともう少し容量があればとも思いますが、当日使う物は別途小さな保冷バッグを併用しています。
ハンドルがしっかりしていて幅が広すぎないので女性でも独りで持ち運べると思います。

スタンレーのクーラーボックス15.1L、6.6Lを徹底比較!ソロキャンプ向けは?ソロキャンプとして選択肢にうってつけの、スタンレークーラーボックス「15.1ℓ」と「6.6ℓ」。クーラーボックスは炎天下や真夏のアウトド...

スタンレーのクーラーボックスで一つ上のキャンプを!

キャンプといえば、キャンプ場に到着してから飲む最初の一杯、こだわりの食材を使用した料理といった楽しみがあります。それらを最大限楽しむためにはお酒やジュースがよく冷えていること、食材の鮮度が保たれていることが重要であることは言うまでもありません。

スタンレーのクーラーボックスはその「冷やす」ということだけにとどまらず、タフで多機能なキャンプ用品として役に立ってくれること間違いありません。現在使用しているクーラーボックスに不満がある方、なんとなくホームセンターで買ったクーラーボックスを使用している方は、100年以上の歴史が詰まった「ホンモノ」に触れてみてはいかがでしょうか?