アルミパーソナルクッカーが人気の理由として、鍋・フライパン・飯盒の代わりになってくれて、アウトドアでも様々な料理を作れることがあります。
ここではそんなアルミパーソナルクッカーの購入を検討している人たちの為に、魅力やレビューを伝えていきます。

キャンプや登山での楽しみの1つと言えば、大自然の中で食べる「山メシ」です。そんな山メシを楽しむ為に必要なアイテムとしてクッカーがあります。
中でもスノーピークのアルミパーソナルクッカーはその使い勝手の良さからアウトドア好きの人達から愛されています。

クッカーの選び方

クッカーは頻繁に買い替えるものではありません。
だからこそクッカー選びは慎重になると思います。
アルミパーソナルクッカーについて知る前に、クッカー選びのポイントを抑えておきましょう。

素材で選ぶ

クッカーの素材は「アルミ」・「ステンレス」・「チタン」の3種類あります。それぞれ長所、短所があるので覚えておくと製品選びに役立ちます。

アルミ
まずアルミですが、こちらは熱伝導率の良さがポイントです。
他の2つと比べると強度でやや劣りますが、幅広く色々な料理がしたい人にはおすすめです。

ステンレス
次にステンレスですが、家で使う鍋などと同じ素材なので、使いやすさとお手入れの簡単さが魅力的です。
重さがあるのが気にならない人であればおすすめします。

チタン
最後にチタンです。
軽くて丈夫であることがチタンの魅力です。
ただ熱伝導率が劣り、焦げ付きやすいので様々な料理を楽しみたいという人にはおすすめ出来ません。
携帯性・耐久性を重視する人向けのクッカーでしょう。

形で選ぶ

クッカーには「深型」と「浅型」があります。

深型
深型は炒めたり煮詰めたりするのには向いていませんが、カップラーメンやコーヒーなど簡単な調理は、出来上がったらそのまま食べられることからもおすすめです。

浅型
一方、浅型は自宅の鍋のように使いやすく、簡単な調理だけでなく様々な凝った調理に向いています。

収納性では深型の方がコンパクトに収まりやすいので、調理重視の人には浅型、収納性重視の人は深型と覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

スノーピーク(snow peak)アルミパーソナルクッカーの魅力

クッカーにも色々な種類がある事が分かったと思いますが、ここからはスノーピークのアルミパーソナルクッカーについて説明します。

スペック

スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット SCS-020




まずはスペックを説明します。
スノーピークのアルミパーソナルクッカーは、名前の通りアルミ製でLとSの2つの浅型クッカーを備えています。

サイズ:クッカーL
    直径148mm×高さ75mm内容量1000ml
    フタ/直径157mm×33mm内容量500ml

    クッカーS
    直径128mm×高さ69mm内容量780ml
    フタ/直径137mm×30mm内容量350ml

収納時のサイズ:直径155mm×高さ100mm
重量:485g
素材:本体/アルミアルマイト加工
   ハンドル/ステンレススチール

アルマイト加工で錆びにくい

アルミパーソナルクッカーの特徴と言えば、クッカー内壁に施されたアルマイト加工です。
コーティングとは違い、人工的に酸化皮膜を作るアルマイト加工はアルミとの密着が良いので、錆びにくく耐久性も高い加工方法です。

シーズニングが不要

アルミと言えば熱伝導率が良い反面、強度が低く耐久性に問題がありましたが、アルミパーソナルクッカーの場合、アルマイト加工を施すことでアルミの良さを残しつつ、弱点である耐久性を克服しています。
なので、アルミパーソナルクッカーにはシーズニングが必要ありません。

スタッキングしやすい

アルミパーソナルクッカーは、LSのクッカーでスタッキングできるのは、もちろんのこと浅型クッカーでありながら、250のOD缶がスタッキングできます。
開口が広く、折りたたみのシェラカップでもスタッキングできます。

目盛り付き

LS両方共のクッカーの内側に目盛りが付いており、炊飯時の水分量や調理の際には、他の軽量器具が必要ないです。

アルミパーソナルクッカーは炊飯や料理がしやすい

炊飯がしやすい

美味しい料理を作ると白いご飯も欲しくなりますよね。
アウトドアで白いご飯といえば飯盒が定番ですが、アルミパーソナルクッカーは熱伝導率が高いアルミ製なので炊飯にも最適です。
米は焦げ付くと片づけが大変ですが、焦げ付きにくいアルマイト加工済みなので、そんな心配をする必要はありません。

調理がしやすい

アルミパーソナルクッカーは、間口が広い浅型クッカーなので、食材を入れる時もかき混ぜるのもストレスなくでき、とても調理がしやすいです。
クッカーLなら内容量が1000mlなので、煮込み料理も十分に作れます。

スポンサーリンク

アルミパーソナルクッカーの焚き火での炊飯方法

炊飯や料理がしやすいアルミパーソナルクッカーを使って、焚き火での炊飯方法をご紹介します。

水分量を合わせる

目盛りがあるので、先に水を入れると正確な水分を量れます。

前日にお米を洗い、浸水したお米を使用すれば、アウトドアで炊飯する場合に便利です。

火にかけて炊飯

最初は強火で炊きます。

沸騰したら、一度混ぜて重しを置き、徐々に弱火へ

目安として、蓋の隙間から泡が出なくなったら、炊き上がりです。
慣れるまでは、蓋をあけて確認するのが、一番の失敗しないコツだと思います。

蒸らす

火から降ろし10分程蒸らします。

炊き上がり

焚き火での炊飯は、火力、外気温、風などの要素で、失敗しやすいものですが、慣れれば意外と簡単に炊飯できますので、失敗を恐れずにチャレンジしてください。

アルミパーソナルクッカーの口コミ

実用的な製品ほど、実際に使ってみた感想が知りたいと思うものです。
買ってから「思っていたものと違う。」なんて後悔をしないよう、しっかりとチェックしておきましょう。

・お米を炊く時は、内側にメモリがあって便利(クッカーSなら1合、Lなら2合炊ける。)

・フタはフライパンにも取り皿にも使えるので、実質クッカーが4つあるようなもの。

・フタの取手が長いので、フライパンとして使う時に火にかけても取手が熱くない。(本体の取手はやや短いので、調理中は取手が火口から近い。)

・6年使っているがサビもなく、食材がこびりつくこともない。

・アルミ製クッカーの特性を理解していればコスパはかなり高い。1~2人分の食事に丁度良い大きさ。



アウトドアを知り尽くしたスノーピークだからこその使いやすさがあるようです。
しかし、どんな製品でも同じことですが、その製品の素材や特性を理解して使う事が、製品の良さを引き出すために最も大切なポイントとなるようです。


まとめ

アウトドアでも美味しいものが食べたいという思いから、山メシも凝った料理を楽しむ人が増えています。
アルミパーソナルクッカーは、アルミ製の浅型クッカーなので色々な調理を楽しみたい人にはうってつけです。

また、アルマイト加工により焦げ付きにくく耐久性も向上しているので、片付けも簡単で作業のストレスを減らしてくれます。
アルミパーソナルクッカーを使って、山の中でも今までより少しだけ手間のかかる調理にチャレンジしてみると、アウトドアの楽しみが増えるでしょう。

スポンサーリンク