ソロキャンプにおいて重要な条件である「軽量でコンパクト」なタープの中から、ソロキャンプ用タープのおすすめを厳選してご紹介します。

強い日差しや急な雨を防ぐ役割を果たすタープは、荷物を軽量コンパクトにしたいソロキャンプやキャンプツーリングでも、できれば使いたいアイテムの一つではないでしょうか。

ソロキャンプ用タープとは?

タープは、ソロキャンプに欠かせない、とまでは言いませんが、あると便利でよりキャンプっぽくなるアイテムです。
主に日陰や雨・風が当たらない場所を作るのが目的です。
特に夏場の強い日差しを回避するためには必需品となります。
逆に冬では、雪や風をしのぐのに使えます。

タープとテントの違い

テントを寝室とすると、タープはキッチン、リビング、ダイニングの空間を擬似的に作り出します。
特にテントのそばにタープを設置すると寝室と一体のキャンプ生活空間ができあがります。

スポンサーリンク

ソロキャンプ用タープの種類



タープには大きく分けて自立型と非自立型の2つの種類があり、自立型はペグによる固定を必要としない、サイドも布で覆われているスクリーンタープが代表的です。

非自立型は大きな一枚布とポールを使って立てるので、ペグによる固定を必要とします。
そのため、(V字)ペグやハンマーを別に持っていく必要があります。

【自立式タープ】
・スクリーンタープ

【非自立式タープ】
・レクタタープ
・スクエアタープ
・ヘキサタープ

スクリーンタープは、テントのような使い方ができ、虫除け効果やプライベートな空間を重視する人におすすめですが、軽量コンパクトではないのでソロキャンプ向きではありません。

ソロキャンプに向いているのは、一枚布のタープです。
一枚布タープは布の形状によってさらに種類が分かれます。
主なものに、六角形のヘキサタープ、長方形のレクタタープ、正方形のスクエアタープがあります。

六角形のヘキサタープの特徴

軽量コンパクトで設置もしやすいことから、初心者にもおすすめのタープです。
ソロキャンプらしい開放感も味わえ、張り方も好みや用途に合わせてアレンジしやすいのが特徴です。
スタイリッシュなデザインが多く人気があります。

長方形のレクタタープと正方形のスクエアタープの特徴

レクタタープもスクエアタープも、日陰になるスペースを確保しやすいのが特徴です。
四角で角がわかりやすいので、タープを畳む際にてこずることが少なく収納しやすいメリットがあります。
ポールの数を調節することでさまざまな形にアレンジできます。

ソロキャンプ用タープの選び方ポイント



これからソロキャンプに挑戦しようとしている人や、ソロキャンプでもタープを使ってみようと考えている人に、ソロキャンプ用タープの選び方のポイントをご紹介します。
タープ選びの参考にしてみてください。

軽量・コンパクトさで選ぶ

ソロキャンプの道具選びで重要なのが重さとサイズです。
ソロツーリングでは特に荷物の積載量が限られてきます。
できるだけ、軽量コンパクトなタープを選ぶことが重要です。

設置のし易さで選ぶ

キャンプ慣れした人ならともかく、ソロの場合は一人でやらなければいけないので、設置のし易さは重要になってきます。
最近は、女性のソロキャンパーも増えましたね。
女性でも簡単に設置や撤収ができるようなタイプのものも販売されています。

耐久性や遮光性といった機能で選ぶ



軽くてコンパクトであっても、タープ自体の機能性がしっかりしていないと、せっかく用意したのに役に立たなかったなんてことになりかねません。
重さや収納性を重視しつつ、耐久性や遮光性などの機能もきちんとチェックして選びましょう。

テント泊かタープ泊で選ぶ

テントとタープの両方を使ってのキャンプ泊なのか、テント無しでタープのみだけのタープ泊なのか、など用途によっても選ぶタープが変わってきます。
野宿のイメージに近く、雨や風に弱いなど天候の問題はありますが、ソロキャンプではタープ泊も人気があります。
用途に適したタイプを選ぶ事で、タープの機能を十分に楽しむことができます。

スポンサーリンク

キャンプツーリングにおすすめのソロキャンプ用タープ



荷物の積載量に限りがあるツーリングキャンプでは、軽量コンパクトという条件は外せません。
設営も簡単でツーリングキャンプにおすすめのソロキャンプ用タープを厳選しました。

モンベル(mont-bell)ミニタープHX




小型のタープの中でも人気が高いのがモンベルのミニタープHXです。
通常のタープよりも小型に設計されており軽量コンパクト。
荷物が限られるキャンプツーリングに最適でおすすめのタープです。

通常より小さめのサイズながら、広さは十分で快適に過ごせます。
ポールやペグ等併せても重さが1kgちょっとの軽さです。
耐久性にも優れており丈夫ですが、UV加工がされていないため遮光性が少し劣りますが、日よけ対策には十分です。

一人でも女性でも慣れてしまえば簡単に設営することができますので、ソロでの使用に丁度良いサイズなのも使いやすいと高評価のタープです。

サイズ:幅3.38m×2.8m×高さ1.65m
タイプ:ヘキサタープ
収納時サイズ:約13×13×23cm
重さ:総重量約1.14kg(本体約640g、別売りポール約270g、ペグ等その他230g)
素材:75デニールポリエステルタフタ(耐水圧1500mm)、ウレタンコーティング

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)ムササビウイング




サイズはソロ向きとしては大きめサイズですが、重さが約530gと超軽量なのが特徴のムササビウイング。
名前の通り、設営後のタープの形が、空を飛んでいるムササビのようなタープです。

設営も簡単でコンパクト収納も可能、ソロキャンプに最適ですが、遮光性が若干弱いというデメリットがあります。
身軽が一番!というソロキャンパーに特におすすめのタープです。

サイズ:約3.9m×3.8m×2.4m
タイプ:ヘキサタープ
収納時サイズ:直径約9cm×23cm
重さ:本体約430g、総重量約530g(ポール、ペグは別売り)
素材:ポリエステルリップストップ20D 両面シリコン加工 (耐水圧3000mm)

パーゴワークス(PaaGoWORKS)ニンジャタープ




ペグやポールの重さは入っていないにしても、重さが約550gと超軽量コンパクトなパーゴワークスのニンジャタープです。
ニンジャタープの特徴は30以上といわれる豊富な設営バリエーションです。
手裏剣型という独特な形状により、一人でも簡単設営が可能になったそうです。

とにかく軽くてコンパクトなためソロでの持ち運びにも最適です。
一人用にはなっていますが、雨除け程度であれば二人でも問題なく使える広さがあります。
設営バリエーションが豊富なので、人数や用途に合わせて色々な楽しみ方ができます。

ハドメがたくさんついているので、ランタンや虫除けグッズなどを吊るしたいという人にもおすすめのタープです。

サイズ:2.8m×2.8m
タイプ:手裏剣型
収納時サイズ:27cm×9cm×9cm
重さ:総重量約550g(ペグやポールは別売り)
素材:ナイロン30Dシリコンコーティング

ソロキャンプにおすすめのタープ11選!選び方から貼り方まで解説!

タープ泊におすすめのソロキャンプ用タープ

テントを持参する必要がなく、荷物も軽くて済むためソロキャンプでタープ泊をする人も多いですね。
天候に左右されたり、防犯上の問題があったりなどデメリットも多いですが、大自然をより満喫できるタープ泊におすすめのタープを軽量・コンパクトで厳選しました。

スノーピーク(snow peak)ペンタシールド




変形五角形のスノーピークヘキサタープは、スノーピークらしいデザイン性の高さで人気がある軽量コンパクトなタープです。
ポール1本での簡単設営も高評価です。
タープ初心者でも悩むことなく設営・撤収ができます。

スノーピークのインナーテントと併用すれば、初めてのタープ泊も挑戦しやすくおすすめです。
遮光ピグメント加工やUVカット加工で強い日差しや紫外線も軽減してくれ、機能性にも優れたタープです。

ポール数の変更で自分好みにアレンジも可能で、その時々で色々な楽しみ方ができますね。
ツーリングキャンプにはまっている人にもおすすめのタープです。

サイズ:4m×3.2m×高さ1.5m
タイプ:ヘキサタープ
収納時サイズ:32cm×9cm×20cm
重さ:本体約790g
素材:75デニールポリエステルタフタ(耐水圧1800mm)、遮光ピグメントPUコーティング

DD Hammocks(DDハンモック社)DD Tarp3x3






DDハンモック社から発売されている、正方形のレクタタープで、設営バリエーションが豊富なことから人気が高まっているタープです。
ロープを通す部分が多く設置されているため折り紙のように自由自在なアレンジが可能なうえ、耐水性に優れておりタープ泊におすすめです。
芸人のヒロシさんも愛用してるタープで、ハンモックとの相性も抜群です。

サイズ:約3m×3m
タイプ:レクタタープ
重さ:本体約790g
素材:190Tポリエステル製(耐水性3000mm)

タープの設置方法

太陽の位置を確認して、風向きを考えたベストな位置を探るのがタープの効果的な使用法です。

太陽に対して、タープ内部に影ができるように上部のラインから太陽の方角を垂直に位置取りします。
時間帯によって太陽の位置が変わるので、その点も踏まえた設営をしましょう。

ヘキサタイプの代表的名タープの組み立て方

①タープを広げる。

②4ヶ所にガイロープを取り付け側面をペグダウンする

③ポールの先端にタープを引っ掛ける

④ポールを起こしロープの張り具合を調整して完了

ちなみに、少しポールを内側に寄せると安定感が増します。

あくまで一例なので、タープの種類や製品によって組み立て方の細かい部分が違います。

また、一人でキャンプする場合、タープを一人で設置できるか確認しましょう。
キャンプ場で実際に組み立ててみたら、かなり時間がかかってしまうこともありますからね。
家の庭や広い場所で一人で設営できるか試しましょう。

設置時の注意点

設置する場合、キャンプ場や河川など、固定する地面ができる限り平らで水はけの良い場所にします。
そうしないと固定強度が保てないからです。

キャンプ場に着いたら、タープのパーツを並べて、欠品がないかを確認しましょう。
組み立てている最中にパーツが足りないことに気づくと、結局は解体することになって労力が無駄になるからです。

まとめ

軽量コンパクトなソロキャンプ用タープのおすすめをご紹介しました。
タープがなくてもソロキャンプはできますが、あった方がより楽しめる感じがしませんか?タープ泊に挑戦するのも楽しそうです。
ソロキャンプをより快適に楽しむためにも、ぜひタープを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク