今回はソロキャンプ用タープ(タープ・ミニタープ)のおすすめ製品をご紹介します。ソロ向けに軽量なものや携帯性の高いコンパクトなタープから良いアイテムだけを厳選。

そもそもタープとは何か分からない方、キャンプで初めて使う予定の方にもわかるよう設置方法や注意点などについても解説します。

タープとは?

タープは、キャンプに欠かせない、とまでは言いませんが、あると便利でよりキャンプっぽくなるアイテムです。

主に日陰や雨・風が当たらない場所を作るのが目的です。特に夏場の強い日差しを回避するためには必需品となります。逆に冬では、雪や風をしのぐのに使えます。

タープとテントの違い

テントを寝室とすると、タープはキッチン、リビング、ダイニングの空間を擬似的に作り出します。特にテントのそばにタープを設置すると寝室と一体のキャンプ生活空間ができあがります。

スポンサーリンク

タープの種類

タープには自立型と非自立型があります。自立型は、ペグによる固定を必要としません。種類としては、スクリーンタープが代表的です。

逆に、非自立型はペグによる固定を必要とします。そのため、(V字)ペグやハンマーを別に持っていく必要があります。

自立式タープ

・スクリーンタープ

非自立式タープ

・レクタ(スクエア)タープ
・ウィングタープ
・ヘキサタープ

軽量でコンパクトなタープの選び方

スクリーンタープは機能性が高く、居住性を備えていますが、持ち運びやコンパクトさに欠けます。
特に、フルクローズタイプは、ソロキャンプで運ぶには少々不自由です。

軽量でコンパクトなものとしては、ヘキサタープ(コンパクト型)やウィングタープがおすすめです。ヘキサタープは、簡易設置ができて、コンパクトにたたむことができる点でソロキャンプに向いています。

タープの効果的な使い方

太陽の位置を確認して、風向きを考えたベストな位置を探るのがタープの効果的な使用法です。

太陽に対して、タープ内部に影ができるように上部のラインから太陽の方角を垂直に位置取りします。時間帯によって太陽の位置が変わるので、その点も踏まえた設営をしましょう。

タープの設置方法

ヘキサタープ(HDタープ“シールド”・ヘキサ(M/L)スノーピーク)の設置例

スノーピーク(snow peak) タープ/R HDタープ

ヘキサタイプの代表的名タープの組み立て方です。

  1. ポールを組み立てる
  2. ポールの先端にロープを引っ掛ける
  3. ポールを起こした状態でペグダウンする
  4. もう一つのポールもペグダウンする
  5. 4ヶ所にガイロープを取り付け側面をペグダウンする
  6. ロープの張り具合を調整して完了

ちなみに、少しポールを内側に寄せると安定感が増します。
あくまで一例なので、タープの種類や製品によって組み立て方の細かい部分が違います。
例示したタープ設営の流れを見ると分かるように、ポールを立て、ロープを張り、ペグダウンするのが大まかなタープの設置手順です。

また、一人でキャンプする場合、タープを一人で設置できるか確認しましょう。キャンプ場で実際に組み立ててみたら、かなり時間がかかってしまうこともありますからね。家の庭や広い場所で一人で設営できるか試しましょう。

サーマレストZライトソル評価レビュー!リッジレストソーライトと比較!

設置時の注意点

設置する場合、キャンプ場や河川など、固定する地面ができる限り平らで水はけの良い場所にします。

そうしないと固定強度が保てないからです。キャンプ場に着いたら、タープのパーツを並べて、欠品がないかを確認しましょう。組み立てている最中にパーツが足りないことに気づくと、結局は解体することになって労力が無駄になるからです。

スポンサーリンク

ソロキャンプ用タープの選び方

ソロキャンプにはソロの楽しみがあります。しかし、キャンプ道具の選択次第では、一人だと持ち運びや設置が厳しいものもあります。そこで、タープを選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえて自分が納得できるタープ手に入れましょう。

選ぶときのポイント

サイズ

重量

収納性(コンパクトさ)

耐久性

耐水

組み立てやすさ(ソロの場合、一人で組み立てられるか)

他にも、繰り返しキャンプで利用したい方は、メンテナンスのしやすさなども比べると良いでしょう。ファスナーが破損しやすいかどうか、破れの補修がきくか、コーティング素材はどのくらいもつかなどです。情報が開示されていないものは、使用者の口コミ・評判などで判断しましょう。

おすすめのミニタープ①モンベルミニタープhx

六角形をした小さめサイズのタープです。
ソロ用ですが、二人での使用もできるミニタープです。

サイズ
横幅338cm×縦幅280cm×高さ165cm

重量
640g(870g)

収納性(コンパクトさ)
モンベルミニタープhxは、ポールが別でかなり小さくたためるので、収納性のかなり高いタープといえます。

耐久性
難燃加工とウレタンコーティングが特徴です。直接火が当たってもタープが燃え広がらない加工が施されています。焚き火もこれで心配ありません。縫い方にもこだわりがあって、位置を少しずらした二重縫製。加えて生地を二重で強化しています。

耐水
耐水圧1500mmの75デニール ポリエステルタフタで雨を防ぎます。

組み立てやすさ
タープ本体、ポール用スタッフバッグ、張り綱6本(径2mm反射材入り)
アルミペグ8本(19cm)、(アルミタープポール165)をセットとして組み立てます。

おすすめのミニタープ②Eureka(ヨーレイカ)

サンドカラーでキャンプ時の外観にもぴったりのEureka(ヨーレイカ) Parawing 450×450 タープです。

サイズ
450×450(cm)

重量
1.4kg

収納性(コンパクトさ)
たたんでバッグにすぐしまうことができます。

耐久性/耐水
75Dポリエステルリップストップの耐水素材

組み立てやすさ
面積はそれほど大きくないので、一人でも十分に組み立てられます。

おすすめのミニタープ③スノーピーク snow peak ペンタ シールド

一人でも簡単に設営できるポール1本だけを使った簡易組み立てできるのが特徴です。テントと組み合わせての使い方など自由自在です。

サイズ
400×320×150(cm)

重量
900g

収納性(コンパクトさ)
35×21(cm)ソロ専用でコンパクトに収納できる

耐久性/耐水
遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1800mmミニマム
テフロン撥水加工

組み立てやすさ
ロープとペグで簡易的に組み立てられるタープ

おすすめのミニタープ④スノーピーク snow peak ポンタ シールド

ポールを二本立て、ペグを打つだけの簡易タープです。
一人用としては広いシートなので、テントの入り口に設置して雨よけや広めのリビング空間構築などに利用できます。

サイズ
250×200

重量
900g

収納性(コンパクトさ)
35×18(cm)収納できて小さくまとまる

耐久性/耐水
75Dポリエステルタフタ
遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1、800mmミニマム
テフロン撥水加工

組み立てやすさ
ポールが二つになる分組み立てやすさは落ちますが、一人で組み立てできる

スポンサーリンク