木や紙、枝葉などを燃料とし火を起こすことができる便利なアイテムがウッドストーブです。
ウッドストーブはしっかりと仕組みを理解し、選ぶポイントを踏まえて自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ここでは、キャンプのお供に最適のウッドストーブの仕組みの解説や選び方、おすすめ商品などを紹介していくので、ウッドストーブをお探しの方や、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

ウッドストーブとは

ウッドストーブとはマキや小枝、枯葉などを燃料にした、アウトドアやキャンプ向けの簡易的なストーブのことを言い、ストーブ本来の目的である暖をとること以外にも、料理に必要やグリル、コーヒーやスープを沸かしたりなど、多機能に渡って使うことができる魅力的なキャンプグッズです。

ウッドストーブは本格的な大きなものから、ソロキャンプや初心者におすすめのコンパクトなものまで、幅広くラインナップされているので、自身のアウトドアやキャンプに対する知識や経験に応じた商品を選ぶことができます。

スポンサーリンク

ウッドストーブの仕組みは二次燃焼

現代のウッドストーブでは二次燃焼と呼ばれる燃焼方式が最もピュラーであり、この二次燃焼と呼ばれる燃焼の仕組みがウッドストーブの肝とも言えます。
一次と二次の燃焼方式では、枯葉や小枝など火の燃料となる素材自体は同じですが、一次と二次でストーブの構造や燃焼の特徴が異なります。

一次燃焼ウッドストーブとは

火の燃料となるマキや枯葉、小枝などをそのまま燃焼させた状態で、簡単に言えば木に火が着いた状態のことを言います。
バーベキューコンロや石で組み上げた自家製の釜戸などの燃焼に使うポピュラーな燃焼です。

二次燃焼ウッドストーブとは

二次燃焼とは「一次燃焼では燃焼しきらなかったガスを再度燃やすこと」を言い、ストーブ内部にある枯葉や小枝を燃焼(一次燃焼)し、最初の燃焼で燃えきれなかったガス(白煙)を再度燃焼(二次燃焼)し、より火力を高めるといった効果があります。
現代のウッドストーブの主流となっている燃焼方式でもあります。

ウッドストーブは二次燃焼がおすすめ

ウッドストーブは二次燃焼を採用することによって、「火力が高まる」「エコで燃費が良い」これらの特徴があります。
二次燃焼を採用しているウッドストーブは、それを可能にするために二重構造になっており、そうすることで本体下部の空気穴から入った空気が上昇してストーブ上部から出ていきます。
この空気が一次燃焼で残ったガス(白煙)と混ざり合って、勢いのある炎が上がり、火力が高まることになります。

火力が高まれば料理を行う際や、寒いシーズンでも暖を取りやすいので、キャンプを行うに当たりこれは大きなメリットになると言えます。

また、二次燃焼は燃焼効率を高め、それにより発生する廃棄物量を減らすことができるので、一次燃焼のみと比べても環境にも優しく、燃料も節約できます。

スポンサーリンク

ウッドストーブの選び方

ウッドストーブを選ぶ際は、「サイズ」「形状」「素材」この3つが大きなポイントとなります。
それぞれのポイントをしっかりと把握して、キャンプを行う頻度や規模、使用人数など、目的や用途に応じて、自身にとって使いやすくてバランスの良いウッドストーブを選んでいきましょう。

ポイント①サイズ

アウトドアグッズにおいてサイズの大きさは、持ち運びのしやすさや収納のしやすさに直結します。
もちろん小さい方が持ち運びのしやすさや収納のしやすさに優れています。

形状や素材によって大きさや重さなどウッドストーブのサイズは異なりますが、300g~500gのものが標準タイプとされています。

キャンプの規模や人数にもよりますが、複数人でキャンプを行う場合は標準タイプの300g~500gで30cm四方ほどのものを、ソロでキャンプを楽しむ場合は100g前後で15cm四方ほどを目安にして、規模や状況に応じてウッドストーブのサイズを選びましょう。

ポイント②形状

ウッドストーブの形状は「円柱型」と「箱型」の2種類に大きく分類されます。
形状によってそれぞれの特徴は異なるので、購入の際には自分が使いやすいと思える形状のウッドストーブを選んでいきましょう。

円柱型
・入れた燃料を無駄なく燃やすことができる
・円柱型なので調理がしやすい
・コンパクトタイプが多くソロでの使用におすすめ

箱型
・折り畳みが可能なので持ち運びがしやすい
・2人以上の使用におすすめ
・サイズが大きくスクウェア型なので大きめのマキも入れやすい

このように形状によって特徴が異なり、ウッドストーブの主流となっているのは円柱型ですが、人数や状況によって箱型の方が使いやすい場合もあります。
それぞれの特徴を十分に把握し、状況や規模に応じたタイプの形状を選び、また複数所持をして適切に使い分けるなどをしましょう。

ポイント③素材

ウッドストーブで使われている素材の主流は「ステンレス製」と「チタン製」の2つになります。
こちらもサイズや形状と同様に、素材によって特徴が異なるので、素材それぞれの特徴をしっかりと把握して、自分のスタイルに合った素材のウッドストーブを選びましょう。

ステンレス製
・錆びに強くて頑丈
・お手入れが簡単
・価格帯が低く耐久が高いのでコスパが良い
・幅広い場所に対応できる

チタン製
・錆びに強くて頑丈
・熱伝導が高いので燃焼の効率が良い
・価格は若干高めだがチタン独特の味わい深さがおしゃれ
・幅広い場所に対応できる

素材それぞれにはこれらの特徴があり、ステンレス・チタン共に錆びに強く耐久性が強いです。
またどちらの素材も、アウトドアを想定して使われているため、水辺や砂地、山中など広いフィールドでの対応も可能で、素材自体の長所にはさほど差はありません。

あえて違いを言うのであれば、価格帯の安いステンレスは初心者向け、使えば使うほど味が出るチタンは経験者向けと言えます。

チタンはステンレスに比べ価格帯は高いですが、使うほどに焼き色が付いたり、使用感が出るなど、チタンならではのこの味わい深さが、おしゃれにキャンプを楽しみたい方にピッタリと言えます。

二次燃焼ウッドストーブのおすすめ5選!

ここからは、上記で紹介したウッドストーブの選び方を踏まえて、おすすめしたいウッドストーブのおすすめ商品をいくつか紹介していきます。サイズや使いやすさ、素材などを参考に、自分に合ったウッドストーブの選びの参考にしてみてください。

Motomoウッドストーブ




円柱型のウッドストーブで、組み立て式で専用の収納袋も付属されているので、コンパクトに収まり持ち運びと収納も行いやすいです。
小枝や枯葉などの燃料を残さず燃やすことができるので、後片付けも楽チンです。

Solo Stove ソロストーブ




キャンプ初心者からベテランのバックパッカーまで、幅広いユーザーにおすすめで使いやすいコンパクトサイズのウッドストーブです。
燃焼効率に優れ安定感のある保温力など、本場アメリカのみならず、日本でも多くの愛好家がいるおすすめのストーブです。

TOAKS(トークス) BPウッドバーニングストーブ STV-11




円柱型のチタン製ウッドストーブです。
チタンならではの軽量仕様と耐久性が魅力的な商品です。
マキや枯葉などの天然燃料だけではなく、固形燃料にも対応しているので、さまざまな状況や環境下でも対応できます。

リクシダ(Lixada) 円柱型ウッドストーブ

強化ステンレススチールを採用したことで、軽くて丈夫なストーブとして長く使え、また安定感も高く、燃焼効率にも優れているので、初心者の方でも使いやすいモデルと言えます。
専用の収納ポーチも付属されているので持ち運びもしやすいです。

予備におすすめのEsbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー




固形燃料を燃やすタイプのウッドストーブで、折りたたむことでポケットサイズまでコンパクトになるので、ソロキャンプや予備のたき火台としても使えます。
箱型タイプなので安定感が高く、コンパクトサイズながらも少し大きめの鍋にも対応できます。

まとめ

ウッドストーブはキャンプのお供に欠かせないキャンプグッズのひとつですが、小さいものであればソロキャンプにおすすめのコンパクトなもの、大きいものであれば大人数や家族で使えるかまど機能が付いた大型なものまで、機能やサイズ、種類など幅広くあります。

ここで紹介したウッドストーブの選び方やおすすめ商品を参考にし、自分のアウトドア・キャンプスタイルに応じたウッドストーブをしっかりと選んで、快適なアウトドアライフを送りましょう。

スポンサーリンク