DDハンモック・タープ

DDハンモックはスリーブとウーピースリングで設営、収納が変わる!

DDハンモックは、スリーブとウーピースリングがあれば、設営や収納の手間が劇的に変わるんです。

キャンプでゆれながら眠れるDDハンモック。しかし、DDハンモックをいざ設営しようとすると自然木への取り付け、高さや長さの調整など難しく感じるかもしれません。撤収の時、DDハンモックを汚さず、濡らさないようロープが絡まずに収納するのが手間だと感じると思います。そんなDDハンモックの設営、収納を助けてくれるアイテム、スリーブとウーピースリングを紹介します。

ハンモックの定番!DDハンモック

ハンモックにゆられ自然の風を感じながらのんびりと本を読んだり昼寝をしたり、また、ハンモック泊のキャンプも楽しいですね。さまざまなハンモックがありますがDDハンモックは画期的なアイデアと快適な寝心地が評判です。

DDハンモックとは

DDハンモックは、世界各国を旅してきた創設者が軽くて快適で虫などの外敵から守ってくれるテントのようなハンモックを作ろうと創設されました。

ハンモック以外にもハンモックを中心としたアウトドアアイテムが充実。タープなど軽くて設営が簡単なアウトドアアイテムを数多く生み出しています。
フィールドを重視した開発、テストを重ねて生まれたアイテムは、世界中にユーザーを広げています。

蚊帳のようなDDハンモック

DDハンモックの代表的なハンモックがDDフロントラインハンモックです。大きな特徴としてハンモックでありながら虫などの外敵から身を守る蚊帳のようなメッシュが付いているところです。ハンモックを使用している間に虫に刺されることなく、ぐっすり眠ることができます。

DDハンモックの設営方法はフロントラインもトラベルも一緒

DDハンモックで人気のフロントライン、トラベル共に設営方法は一緒です。

DDハッモックの設営・収納の注意点

DDハンモックの設営、撤収の作業はいたって簡単です。支柱となる木などにハンモックの両端のロープをロックするだけ。しかし、この支柱にハンモックを取り付ける高さやテンションのかけ方で、ハンモックの寝心地は大きく変わってきます。

また、キャンプ地が変わると、設営する木の間の幅や地面の傾斜など、その時の状況に合わせて設営しなければなりません。ハンモックを最適な位置とテンションに設営することは意外に難しいのです。

DDハンモック設営には場所選びも肝心!

DDハンモックを設営する木の太さは強度を考えて直径20cm以上、両手で木をつかんではみ出るくらいが好ましいです。実際に木に触って腐ったりしていないかも確認しましょう。

木と木の間は目安として6メートルほどで、歩幅で8~9歩程度。ハンモックの大きさにもよりますが、離れすぎはよくありませんが、近すぎるのもハンモックがきれいな放物線を描けず、寝心地が悪くなってしまいます。

また、地面の状況も大切です。傾斜がきつかったり、水溜りがあるようなところはおすすめできません。ハンモックに乗る時や降りる時に安全に着地できる地面状況を選びましょう。

DDハンモックの設営には調整が必要

DDハンモックの両端のロープを木に設営します。目の高さにハンモックの端のロープを設置し、ハンモックに座った状態で両足が地面に付くぐらいにテンションを調整します。

テンションがゆるいと地面にハンモックがついてしまいますし、テンションが強いと寝心地が悪くなってしまいます。適切なテンションにするためには何度か結び直すことが必要です。

DDハンモックの収納はロープが絡まないように

コンパクトに収納できるところもDDハンモックのいいところですが、収納時にも注意が必要です。

ロープや布が長いので適当に収納すると、次に使うときに絡まってすぐに使えなくなります。ロープ部分はまとめて軽く結び、布部分はきちんと折りたたんで、スタッフバックに収納しておかないと、次に使う時にロープが絡まって設営が困難になります。

DDハンモックをマックスブーストのハンモックストラップで設営

DDハンモックをマックスブーストのハンモックストラップで設営が気になる方はこちらの記事を参考にしてください。

DDハンモックの設営手順とDDタープの張り方【aフレームとポールなし】DDハンモックの設営の手順を写真多めで紹介していきます。3×3のDDタープもポールなしとaフレームと2種類の張り方で一緒に設営しましたの...

DDハンモックの設営・収納に最適なスリーブとウーピースリング!

手軽に使えるDDハンモックですが設営のときの長さ調節や収納時の絡まりを気をつけなければなりません。この注意点を軽減してより簡単に快適な設営、撤収ができるようになるアイテムがスリーブとウーピースリングです。

DDハンモックを簡単に設営、収納できるスリーブ

スリーブはハンモック筒状に収納するカバーのような物です。長い筒状のスリーブはあらかじめハンモックのロープに通しておいて、ハンモックの布の部分に滑らせるように覆っていきます。こうすることでロープと布部分が一本の棒状になり、折りたたみやすく収納した時に絡みにくくなります。

取り出すときはスリーブをつけたまま設営して滑らすようにスライドさせることにより、DDハンモックを汚れや濡れから防ぐことができます。

DDハンモック設営時の長さ調整にウーピースリング

ウーピースリングは木とDDハンモックをつなげるロープです。長さが無段階で変えられるので木と木の間の長さの調整やハンモックの引っ張り具合、テンションのかけ具合を調整するのに便利です。

ローブの長さを変えるのも簡単で、ウーピースリングを引っ張るだけ。持つところがポイントで、指定の場所を持つとロープが動き、離すとロックされる仕組みになっており、またロープに特別な金具や器具が付いていないので軽量である点もメリットです。

DDハンモックの設営、収納時のスリーブの使い方

スリーブの簡単な使い方を紹介します。スリーブはDDハンモックを収納するときにはもちろん、設営して使用している時にも常に取り付けておくと、撤収の時に便利です。スリーブの左右の径が違うので、大きい方からDDハンモックをスライドさせます。

スリーブの取り付け方

スリーブは長い筒状のカバーになっていて、両端は巾着のように絞って閉じれるようになっています。

巾着部分にロープを出して、スリーブ本体にDDハンモックの布部分がすっぽり入るようにスライドさせて入れていきましょう。入れた状態は両端にロープが出た長い棒状になります。

DDハンモックの設営時のスリーブの使い方

DDハンモックの設営はスリーブをつけたまま行います。

スリーブをつけた状態のDDハンモックの両端のロープ部分を2本の木に取り付けます。スリーブをつけていると取り付けるときにロープとハンモック本体が絡むことなくスムーズに設営できますし、設営中に地面の汚れからハンモック本体を守る役目もします。

木にハンモックを張ったら最後にスリーブをスライドさせ外します。スリーブはDDハンモックの端のロープのところへ溜めておきます。

DDハンモック収納時のスリーブの使い方

撤収の時は、まず蚊帳とロープをDDハンモックの基層部分の布で覆います。木にハンモックを張った状態で、スリーブをハンモックの布部分にスライドさせてカバーします。その後、木からハンモックを外して収納。

外す時の地面の汚れが付くことを防いで、収納時も折りたたみやすく専用ケースやスタッフバッグに入れやすくなっています。また、取り出すときに絡みにくいメリットもあります。

DDハンモックのウーピースリングの取り付け方と使い方

ウーピースリングを使用する場合はあらかじめDDハンモックの両端にウーピースリングを取り付けておく必要があります。もともと付いているロープを外して代わりにウーピースリングを取り付けます。

ウーピースリングの取り付け方

DDハンモックにもともと付いているロープを抜きます。蚊帳に差し込む棒を使用して、ウーピースリングを穴に通します。

穴に通すとき、ウーピースリングにテンションをかけながら通すと、ウーピースリングが棒から外れにくいです。

ビーズが付いている方を、ビーズがついていないロープの輪に通します。ここを間違えると、ウーピースリングの調整ができないです。

ビーズが付いている方のロープを引っ張っていき、二股に分かれているところまで、通せば完成です。

DDハンモックのウーピースリングの取り付け方の参考動画

DDハンモックにウーピースリングを取り付け方の動画はこちら

ウーピースリングを使ったDDハンモックの設営方法

DDハンモックを設置する2本の木にハンモック専用のベルトを取り付けます。
体を支えるものですので、専用のものをおすすめします。

ベルトとハンモックに取り付けたウーピースリングをカラビナで接続します。

あとは適切なテンションまでウーピースリングを引っ張って長さを調整します。ウーピースリングはロープの重なった部分を持ってロープを引っ張ると長さ調節ができ、離すと固定できます。

ウーピースリングは長さ調節が簡単!

ウーピースリングは簡単に無段階で長さ調節ができるので用途に合わせてその都度調節することが簡単です。

たとえば、イスの代わりに座って作業をするときにはウーピースリングを伸ばしてハンモックを低めにして、寝るときは心地よく寝れる体勢にするためウーピースリングを引っ張ってテンションを強くすることが簡単にできます。

ウーピースリングの使い方!高さ調節の参考動画

DDハンモック ウーピースリング

DDハンモック コンプリートウーピーサスペンションシステム

・DDツリーハガー
・DDハンモックスリーブ
・DDハンモックウーピースリング

DDハンモックの設営が簡単になるセットがおすすめです。

DDタープ3×3と4×4ソロにおすすめサイズはどっち?広さも比較して解説!DDタープを選ぶときにに必ず行き当たる悩みが、DDタープ3×3と4×4ソロにおすすめはどっち?というサイズ感の問題。今回は、DDタープ3...

スリーブとウーピースリングでDDハンモックの設営や収納が簡単に!

DDハンモックの設営、撤収は意外に手間がかかります。また、快適な座り心地、寝心地に調整することも必要です。

スリーブとウーピースリングがあれば、思い通りのハンモック設営と手間のかからない収納や撤収が可能です。スリーブとウーピースリングでアウトドアでのDDハンモックをもっと楽しみましょう!

こんな記事もおすすめ