DDハンモック

DDタープ3×3と4×4ソロにおすすめはどっち?広さも比較して解説!

DDタープ を選ぶときにに必ず行き当たる悩みが、DDタープ3×3と4×4ソロにおすすめはどっち?というサイズ感の問題。今回は、DDタープ3×3と4×4を徹底的にご紹介します。タープ泊やハンモック泊での広さも比較して解説!

今、芸人のひろしさんも愛用しているDDタープの人気が急上昇。偏見自在のDDタープ はいろんな張り方や活用の仕方があり、軽くて耐水性が高いといいとこいっぱい。ブッシュクラフトスタイルのソロキャンプやソロ登山の人気が高まる中、テントを卒業して軽量化を目指してDDタープに変えたという人も続々登場しています。

DDタープとは

数あるタープの中でずば抜けた人気のDDタープ。「世界中をリュックひとつで快適に旅をする」をテーマとし、本拠地を英国・エジンバラにおくDDHammocks(DDハンモックス)社が販売しています。

ハンモックキャンプを提唱し、野遊びや自然遊びをより快適に、より軽量に、よりコンパクトに楽しむためのハンモックやタープ泊のギアを中心に開発しています。現在は、DDHammocksJapanもあるので、修理なども無料・有料で対応してくれるようです。

DDタープは野営スタイル向き

DDHammocks社の代名詞といわれるDDタープは、ブッシュクラフトに近い野営を楽しむアウトドアユーザーから大人気。正方形のタープには、ロープを通す部分である、ループが他のタープよりも数多く設置されているので、自分の知恵や知識を駆使して、さまざまなスタイルに設営が可能できます。

DDタープの人気のひみつ

DDタープはシンプルなつくりであるため、どう活用するか!?という想像力を掻き立ててくれる、エンタメ性も楽しめる注目のタープなんです。自分の秘密基地をつくるワクワク感は、たまりません。
そんなDDタープの人気の秘密をご紹介します。

ちなみに、DDタープ3×3とは3m×3mのサイズを意味し、同じくDDタープ4×4とは4m×4mのサイズを意味します。

DDタープは軽量コンパクトなのでソロ向き

ソロキャンプや登山では、まずはテント&タープというセットで快適に楽しむ人が多いですが、ソロのバックパックスタイルになってくると、極力荷物を軽くしたい欲求が強くなってきます。

そこで、テントをやめてタープ一つ、またはタープ&ハンモックの軽量スタイルに行き着きます。軽量なテントでも1〜1.5kgもあるなか、DDタープ3×3は、なんと、1kg以下!!1kg以下のUL(ウルトラライト)のテントもありますが、結構なお値段に。

DDタープは構造もシンプルなので、軽くてコンパクトなのにお値段もお手頃価格で手に入る、バランスのとれたギアなんです。

DDタープは雨の日でも安心できる

一般的なタープの耐水圧は1000mmというものが多く、耐水圧が2000mもあれば大抵の雨は問題ないといわれています。

ですがDDタープの耐水性はなんと、それを圧倒的に上回る、3000mm!!これだけの耐水性があれば、テントがなくタープひとつでも、多少の雨は凌げ、気候変化が生じやすい山岳地帯でのソロキャンプ、秋冬キャンプでも抜群のパフォーマンスを発揮してくれます。

DDタープはアレンジしだいで張り方は自由自在!

DDタープは、一枚の布でできたシンプルな構造。なので、ポールの位置や本数、またはペグダウンをする位置を変えることで張り方は自由自在。

そう、折り紙のようにいろんな形に変えて、そのシーンにあった張り方ができる凡庸性が人気のひみつです。

とくに、DDタープはループが多くあり、センターループを活用することで、ポールなしでも広々空間を作れたりと、アレンジ張りに最適な作りなのです。

DDタープ3×3と4×4のスペックの違い

DDタープ4×4 DDタープ3×3
重量 1290g
※ペグ等を含まない
790g
※ペグ等を含まない
サイズ 4m×4m 3m×3m
ループ数 ループ19ヶ所
素材 190Tポリエステル
耐水性 3000mm
付属品 ガイドライン×4
ペグ×4
スタッフサック

DDタープ3×3と4×4のスペックの違いから見ていきましょう。

表の通り、DDタープ3×3と4×4の違いはタープの面積と重さ。タープの面積が広いDDタープ4×4が必然的に重さも重くなっています。

DDタープ3×3はソロには小さい?

DDタープ3×3は、最もベーシックで人気のサイズです。
小型で軽量ですが、タープ泊やハンモックとの併用で、驚くほどのパフォーマンスをみてせくれます。

軽量でソロで使いやすいサイズのところが、1番人気の理由です。しかし場合によっては、少し小ささを感じることがあります。

DDタープ4×4はソロには大きい?

DDタープ4×4は、中型タイプのサイズです。ソロで広々スペースが使えるので人気。テントをすっぽり覆うので、カンガルースタイルで楽しむ人も多く、またソロでもフルクローズスタイルで、まるでテントの様な張り方で居住空間を楽しむ人も。

DDタープ3×3よりも大きく重くはなりますが、重さの分、大きさのおかげで天候不慮の時の安心感とアレンジの幅は広がります。

DDタープ4×4購入当初は設営や撤収の際に、大きすぎて張りにくいし、たたみにくいですが、なれればリッジラインを使いすばやく設営や撤収を行うことができます。

ソロにおすすめのDDタープは3×3、4×4?

ソロの場合は、重さが最重要となるポイントなのでDDタープ3×3、重くはなるけれど大きさがあると悪天候の場合も安心感がある、またはゆとりのある居住空間が好き、といった人はDDタープ4×4、自分の最優先ポイントを明確にすると、必然的にどちらのサイズが自分に最適なのかがわかってきますね。

タープ泊におすすめのDDタープは3×3、4×4?

タープといえば、テントの日よけ風除けや作業場作りといったイメージがありますが、タープ泊とはその名の通りタープだけで寝泊まりすることです。

ブッシュクラフトでは、フロアレスシェルターの原型で野営道具の立派な道具といわれ、沢登りや釣りなどには必須のアイテム。360度自然に囲まれてすごすタープ泊は、非日常を味わえる言葉にならないほどの体験となります。

そんなタープ泊には、DDタープ3×3がオススメです。ベーシックなダイヤモンド張りであれば、荷物の中で一番大きくなるコットも十分入ります。

ソロキャンプや登山となると、リュックひとつにまとまるくらいに荷物は少ないため、DDタープ3×3でもストレスなく楽しめるサイズです。ポールの高さを150cmほどにすれば、フルクローズもできるので、小雨ぐらいなら対応可能です。

ハンモック泊におすすめのDDタープは3×3、4×4?

芸人のひろしさんのハンモック泊をみて、DDタープを買った!と言う人もいるくらい、今注目されているハンモック泊。地面を選ばずに設営ができ、自分がみたい風景の中でキャンプが楽しめるという醍醐味があります。

3シーズンはDDタープ3×3

ハンモック泊にオススメなのは、ズバリ、DDタープ3×3です。ハンモック泊は、山などの設営場所が限られたところでも、コンパクトなDDタープ3×3なら、コンパクトに設営できます。ハンモックもギリギリ覆うことができて、かつ軽量なので、天気のいいソロキャンソロ登山の場合は、DDタープ3×3が重宝します。

冬や雨の日はDDタイプ4×4

冬山や雨の日など天候がよくない時期は、DDタイプ4×4が安心です。多少大きく重くはなりますが、積雪の時はフルクローズテントとして、雨の日も面積が広い分、十分な雨よけになります。

また、寒い時期に気になるのが結露。DDタープ3×3でフルクローズするとスペースが狭くなる分、暖かくなりやすいですが、結露がタープにつき居住スペースがギリギリのDDタープ3×3では、ハンモックからの乗り降りの際に、冷たい思いをしますので、スペースにゆとりのあるDDタイプ4×4の方が、荷物や薪などもしまえて扱いやすいです。

なので、3シーズン使用が目的ならDDタープ3×3、冬や雨の日も使用するならDDタープ4×4がおすすめ。

ハンモック泊でDDタープ3×3と4×4を広さを比較

DDタープ3×3とDDタープ4×4を同じ荷物で比較してみました。

少しタープに張りがありませんが、簡易的なAフレームでDDタープ3×3とDDタープ4×4を比べてみました。

DDハンモックはフロントラインがおすすめ!設営が楽になるアイテムもご紹介!ハンモック泊におすすめのDDハンモック社のフロントラインハンモックについての概要や設営方法、一緒に持つと便利なおすすめアイテムなどを紹介...
DDタープにおすすめのポール6選!太さや長さの選び方も解説!今回は、DDタープの性能を最大限発揮できるおすすめのポールを3m×3m、4m×4mの2つに分けてご紹介します。 さらにDDタープに...

DDタープでタープ泊やハンモック泊!

季節の移ろいや、時間とともに移り変わる自然の様々な表情を、ダイレクトに感じながら過ごす、タープ泊やハンモック泊。テント泊では味わえないその開放感を体感すると、もう、テント泊には戻れない!という人もいるとかいないとか。

シンプルな作りだからこそ、自分の想像力と知恵と知識が試される、DDタープ。
DDタープ3×3とDDタープ4×4のどちらも持っていて、暖かい時期にソロキャンプに行くときはDDタープ3×3、真冬にハンモック泊に行くときはDDタープ4×4、など使い分ける方も多くいます。まずは、自分のスタイルにあったサイズを選んで、タープの世界を楽しんでみてください!

DDタープでたき火はできる?対処法と難燃性のタープもご紹介!人気のDDタープが焚き火に適しているのかを検証。その他焚き火に適したタープも紹介します。 雨の日でも焚き火をすることができるアイ...