使うほどに愛着が湧いてくる、トランギアのアルコールバーナー。

今回は、1951年より生産されているトランギアのアルコールバーナーのメリットデメリット

様々な条件下での使い方をご紹介します。

登山用の火器には用途や目的に応じて幾つかのカテゴリーに分けられます。

調理用の物もあれば、着火や緊急用に適した物もあり、汎用性を捨てて燃料時間を考慮した物など、数多くのモデルが使われています。

トランギアのアルコールバーナーとは

その名の通り、アルコールを燃料とした火器で、国内では燃料用アルコールを使用し、静音性が高く、単独登山で使われることの多いバーナーになります。

火力は他の燃料を使用した火器に劣りますが、故障の可能性が低く、燃料調達の容易さなどから根強い人気を持っています。

トランギアは半世紀以上前から販売されている、アルコールバーナーの元祖ともいえるアイテムです。

燃料が手に入りやすい

薬局などで販売されている燃料用アルコールが主ですが、度数の高いお酒でも使用が可能です。

国内のみならず世界各国で入手できるため、現地でメーカー指定の適合品を探す手間がなくなります。

長期山行の際もアウトドア用品の取り扱いが期待できない地域において燃料の入手ができます。

 

故障リスクが少ない

トランギアのアルコールバーナーは燃料を入れてライター、マッチなどで着火するだけのシンプルな構造のため、故障のリスクはほとんどありません。

メンテナンスは簡単な錆びとり程度で長く使い続けられます。

高い静音性

点火すると力強い音を立てるガソリンストーブ、小振りなヘッドから存在感ある音を出すガスストーブ、各社のストーブは耳を澄ますと独特の燃焼音を出しています。

アルコールバーナーも音がありますが、他の火器に比べれば、無音に等しい静音性を発揮します。

ジリジリという燃焼音が僅かに聴こえる程度で、休憩、野営時は静かに過ごしたい、周囲に迷惑をかけたくない人にはとても頼りになるアイテムです。

価格がお手頃

現在は数多くのブランドがオリジナルのアルコールバーナーを製作しており、その価格や生産数も幅があります。

概ね3,000~8,000円で展開されており、トランギアのアルコールバーナーは3,000円以下で販売されて、低価格で上述のように故障リスクが低いため、多少粗っぽい使い方をしたり、万が一紛失、破損しても経済的損失は低く、安心して使うことが可能です。

 

スポンサーリンク

トランギアのアルコールバーナーのメリットとデメリット

メリット

上述の通り、アルコールを使用するメリットと特徴を備えたアルコールバーナーですが、この火器であるからこそのメリットを持っています。

トランギアのアルコールバーナーは重量が110g、ここに燃料を追加しても他の火器と比べて重量は軽く、サイズもコンパクトの為、荷物の容量を減らすことも出来ます。

燃焼時間、想定される環境などを考慮すれば最低限の燃料を持ち込むだけで良く、燃料ボトルから随時補充もできるので、廃棄の手間も大分楽になります。

燃焼時間は、本体のアルコールタンクの2/3の注入量で約25分燃焼します。

デメリット

デメリットとして、火力調整が難しい点が挙げられます。

トランギアのアルコールバーナーには火力調整用の蓋が付いており、この開閉で調整を行うことができます。

とはいっても簡易的なものなので、ガスバーナーのような強火から弱火までを細かく調整できるわけではなく手間がかかるだけなので、私は結局火力調整をすることはなくなりました。

燃料を考慮する場合は、やはり火力調整を行うか、投入する燃料を抑えておきましょう。

また燃料、本体だけでは使用が難しく、別途五徳が必要となります。

 

五徳のおすすめ

個人的にはトランギアから出ている五徳は少々扱いづらく、他社のウッドストーブを五徳代わりにしています。

五徳は本体に直接取り付けるものから、ウッドストーブと併用できるタイプと幾つか展開されています。

軽量を重視して収納性を取るか、多少重量を増やしても耐風性と汎用性を取るかで、現地での扱い方も変わってきます。

アルコールバーナーが経験者向きといえる所以のひとつはこの五徳によるもので、自身の山行に合わせて選択していくので、ひとつの五徳だけでなく幾つか持っておくと、よりアルコールバーナーの性能を発揮できるでしょう。

個人的におすすめの五徳代わりのウッドストーブは、TOAKSソロ BP ウッドバーニングストーブSTV-11です。

トランギアのアルコールバーナーの使い方

火力は固形燃料タイプの火器以上は出せますが、ガスバーナーを始め、ガソリン、ケロシンなどのマルチフューエルタイプには大きく劣ります。

燃焼時間も気象条件に大きく左右され、その構造と性質上、低温下、厳冬期での使用は困難です。

耐風性を向上させるオプションも販売されており、工夫や外付けでその汎用性が高まるため、火器の中ではユーザーのスキルが求められるアイテムとも言えるでしょう。

トランギアのアルコールバーナー低温下での使い方は?

どうしても低温下、冬でも使用したい場合、工夫すればなんとか使用することができます。

アルコールバーナーは、着火当初は火力がなく、本体の温度が上がると本来の火力を出すことができます。

低温下ではこの余熱を加えるプレヒートが重要で、熱を以下に逃がさず行えるかで、冬期で使用ができるか決まってきます。

効率的にプレヒートを行うには、接地面の状態が重要です。

雪面での使用は難しく、まな板や遮熱できる素材の上で行いましょう。

地面から熱を奪われるため、また風が遮れる場所を選びましょう。

トランギアからプレヒート用のプレートが販売されており、そちらを使用することで少ない燃料でプレヒートを行えます。

以上の条件、行程を経る事で冬での使用は可能になります。

が、やはりおススメは出来ないので、冬でも雪のない低山やキャンプ程度にしておきましょう。

バーナーはテント内で使用できるか?

ガスバーナーの場合、メーカー推奨ではありませんが、テント内で使用する場合があります。

悪天候や厳冬期登山ではテント内での使用を迫られる場面が珍しくなく、生死に関わる時があります。

ガスバーナーは酸素を大量に消費するので、換気を十分に行い、バーナーを転倒させてしまうとテントを延焼させてしまうので、細心の注意を払って行うことが必要となります。

 

アルコールバーナーでもテント内での使用は極論可能ですが、燃料が漏れて延焼の可能性はガスバーナーより高く、消火のリスクも高いため、原則は使用不可能と考えておきましょう。

調理は1人分まで

アルコールバーナーは、1人分の調理を行うのであれば、湯沸かしから煮炊き、焼き、炒めものまで、基本的に調理法を限定することなく使用できます。

2人以上分の調理では火力が足りず、また時間をかけると燃料を消費してしまうので、注意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

小型軽量で場所を取らないアルコールバーナーは、メインで使うことも出来ますが、他の火力の強い火器のサブとして使われることもあります。

通常の調理はガスで行い、同時調理、または食後の湯沸かし、朝のあまり音を立てたくない時間帯に使うといったことができ、装備に余裕がある時は2つの火器を持つのも良いでしょう。

いかがでしたか。より山に溶け込み、自分の力で楽しめるアルコールバーナーを、是非使ってみてください。

 

スポンサーリンク