DDハンモック

DDハンモックの設営方法!DDタープ3×3の張り方も合わせて解説!

DDハンモックの設営方法の手順を写真多めで紹介していきます。タープも一緒に設営しましたので、DDハンモックとタープの設営の参考になれば幸いです。

DDハンモックの設営に必要な物

  • DDハンモック
  • DDタープ3×3
  • パラコード
  • ペグ
  • ペグハンマー
  • ハンモックベルト
  • カラビナ
  • DDハンモックの設営に必要な物です。DDタープ3×3も一緒に設営しますが、ポールが要らないので軽量で楽ちんです。

    DDハンモック

    フロントライン、トラベルどちらも設営の違いはないので、どちらでもOKです。

    DDタープ3×3

    いつもは4×4のDDタープでAフレームで張りますが、ポールが必要で荷物が多くなるので、今回はポールなしで張れるDDタープ3×3を使用しました。

    パラコード

    ・10m×1
    ・1ヒロ×2
    ・20cm×2

    パラコード4mmの物が使いやすく、タープを張るリッジライン用に10mを1本と1ヒロを2本とプルージックノットというロープワークで使用するので、20cm程度の長さのパラコードを輪っかに結んだものを2本使用します。

    ペグ、ペグハンマー

    タープを張るのに2本のペグを使用します。

    ハンモックベルト、カラビナ

    DDハンモックの純正でついているロープだけでは、ハンモックの高さや長さの調整が困難です。ハンモックの設営には、木の太さや木と木の距離、地面の傾斜などの理由で状況に応じての高さや長さの調節が必須です。DDハンモックのロープだけでは、いちいち結び直さなけばならないので、別途ハンモックベルトを購入をした方が、簡単にDDハンモックの設営ができます。

    カラビナは、ご自身の体重を支えるものなので百均や安価なものではなく、ちゃんとしたカラビナを使用しましょう。

    DDハンモックの設営方法

    DDハンモックの設営方法を解説していきます。設営する前にカラビナはハンモックについている純正のロープでくくります。長さはだいたい手を広げた程度で結んでいます。

    木と木の間の距離は6m~7m程度(歩幅で8,9歩程度)がDDハンモックの設営に適しています。DDハンモックを純正のまま使用する場合は、5m程度が適しています。

    ハンモックベルトを木に固定

    一般的なハンモックベルトは二回ほど木に回してから固定します。何回も巻くと微調整ができなくなるし、一回だとカラビナをつける前にハンモックベルトがずり落ちてしまうので、2回程度巻ける木にハンモックベルトを固定します。

    ハンモックベルトの良い所は、ここで高さ調節ができるところで、ハンモックベルトにはカラビナを取り付ける輪っかが複数ついており、カラビナを取り付ける場所を変えることで高さの調節ができます。純正のDDハンモックのロープではここで何度か高さ調節でくくり直さないといけません。

    DDハンモックの高さを確認

    DDハンモックに座り高さの確認をします。全体重をかけるように座り、足が付く程度の高さにハンモックベルトに取り付けたカラビナで調節します。

    DDハンモックが平衡になっているかも確認します。平衡でないとハンモックに寝た時、低い方に体がずれて、寝心地が悪くなるので、平衡になるように調節します。

    DDハンモックの蚊帳にポールをいれる

    3本繋ぎのポールをDDハンモックの蚊帳へいれます。蚊帳の両端のナイロン生地の所に、ポールをいれる穴があるので、穴にポールを入れて蚊帳を設営します。

    タープを張った後で蚊帳を吊り下げるので、吊り下げ用のテンションコードは置いたままで構いません。

    DDハンモックの設営完了

    DDハンモックが平衡になるようすることと、ハンモックに座った時に両足が付くぐらいの高さでハンモックベルトを調整することがポイントです。

    DDタープ3×3の設営方法

    DDハンモックと合わせて使うDDタープの張り方を解説します。

    リッジラインを張る

    はじめにリッジラインを張ります。片方はもやい結びで固定し、もう片方は長さ調節できるように、自在結びをします。この時に輪っかを作り滑車のような感じでテンションをかけることで、リッジラインがピンと張ります。

    プルージックノットでddタープを張る

    プルジックノットは簡単なロープワークなので、DDタープを張る時は覚えておいた方がいいロープワークです。

    リッジラインに沿ってDDタープを木の枝を使って張る。

    このプルジックノットの木の枝にDDハンモックの蚊帳のテンションコードをかけて吊り下げることになります。

    DDタープをパラコードで張れば設営完了

    リッジラインに垂直なDDタープの角を、パラコードで引っ張りペグで固定すればDDハンモックとDDタープの設営完了です。

    DDハンモックとDDタープ3×3の設営動画はこちら

    DDハンモックとDDタープ3×3を設営してみて

    個人的な意見ですが、DDハンモックとDDタープ3×3を設営してみて思ったことは、DDハンモックを純正で設営すると、高さや長さの調節に大変時間がかかります。

    ハンモックベルトとカラビナを別途購入することで、設営は大幅な時間短縮ができます。しかしカラビナに結んだロープが体重でしまり、ほどけにくくなる事や、ハンモックベルトの微調整が思ったより時間がかかることを感じました。

    この設営の後に、DDハンモックのウーピーサスペンションシステムを購入しましたが、設営にかかる時間は5分~10分程度短縮でき、撤収時間も二分の一程度に短縮できます。簡単でスピーディーに設営できるDDハンモックだからこそ必要なものだと思います。詳しいことはこちらの記事で紹介します。

    DDハンモックはスリーブとウーピースリングで設営、収納が変わる!DDハンモックは、スリーブとウーピースリングがあれば、設営や収納の手間が劇的に変わるんです。 キャンプでゆれながら眠れるDDハンモ...
    DDハンモックのフロントラインとトラベルの違いを詳しく解説!今回は、DDハンモック社の代表製品でもある「フロントラインハンモック」と「トラベルハンモック」の違いについて詳しく解説して、大きな違いで...