扇風機、ストーブファン

キャンプにおすすめの携帯扇風機10選!首掛け・手持ちで厳選して紹介!

キャンプにおすすめの携帯扇風機の首掛け・手持ち

携帯扇風機は近年爆発的に愛用者が増えているガジェット。2018年、若者に人気のインテリアショップ「フランフラン」が手持ちの扇風機を発売したことを皮切りに、国内でも様々な携帯扇風機が販売されるようになりました。

そしてこの携帯扇風機、キャンプで役に立つアイテムでもあるのです。小型で持ち運びに便利な携帯扇風機は、場所を問わずやさしい風で快適さをもたらしてくれます。

今回は数ある携帯扇風機のなかから、機能的で信頼性もあり、そしてデザイン性にも優れている製品を10個ご紹介します。そのほか、携帯扇風機の選び方も解説しているので、まだキャンプで使用する扇風機を持っていない方はぜひご覧ください。

キャンプで使う扇風機の選び方

キャンプにおすすめの携帯扇風機

出典:amazon

携帯扇風機を選ぶ際に着目してほしい5つのポイントを解説します。

近年はアマゾンや楽天などに数え切れないほどたくさんの携帯扇風機が販売されています。そのなかからとくに自分にあった製品を見つけるために、以下で解説する携帯扇風機の選び方を参考にしてください。

3つのタイプから選ぶ

携帯扇風機のおもなタイプは、「卓上」・「手持ち」・「首掛け」の3つに分けられます。それぞれに違った特徴・メリットがあり、使用するシーンを考えてどのタイプにするかを決めなくてはなりません。

今回は3つのタイプのなかでも「手持ち」・「首掛け」の2つのタイプについてご紹介しています。「卓上」タイプの扇風機は別の記事で紹介しているので、詳しく知りたい方はそちらもあわせてご覧ください。

風量調整機能で選ぶ

風量調整機能は3段階〜5段階のものが一般的です。数が多いほど気温や気分に合わせて、風量の微調整が可能となります。微調整ができると電気を無駄に消費せずにすむので、バッテリーを長持ちさせることができるというメリットもあります。

今では低価格な携帯扇風機であっても5段階に風量調整できる製品も多いので、より風量調整が細かくできるものを選ぶのがおすすめです。

使用可能時間が長いものを選ぶ

バッテリーを内蔵している携帯扇風機においては、1度の充電で長時間使用できるものを選びましょう。日が長い夏場のキャンプでは携帯扇風機を使用する時間が長くなるので、バッテリーの容量が少ないものはすぐに止まってしまいます。

使用可能時間は3時間ほどのものから、24時間以上使用できるものまで、製品によって様々。モバイルバッテリーを持っていれば充電しながら使用することも可能ですが、ストレスなく使用するためには、やはり使用可能時間に着目して選ぶべきといえます。

給電方法で選ぶ

携帯扇風機の給電方法は、おもに「充電式」・「乾電池式」の2つ。おすすめは充電式です。充電式は乾電池式よりも使用可能時間が長く、電池を買う必要がないのがメリット。一方の乾電池式は、交換用の電池を持っていれば、電池切れになってもまたすぐに使えるのがメリットです。

どちらも違った特徴を持っていますが、充電式の方がメリットが多く、そして販売されている製品が圧倒的に多いのが現状。そのため、とくにこだわりがなければ充電式の携帯扇風機を選ぶのがベターです。

その他の便利機能で選ぶ

ここまでご紹介した4つのポイントに加えて、それぞれの製品が持っている独自の機能にも注目しましょう。手持ちタイプの携帯扇風機のなかには、持ち手が折れて卓上扇風機に変身するものや、モバイルバッテリーとして使用できるものもあります。

首掛けタイプの携帯扇風機においても、アームを自由に動かせる製品や、羽がついていない製品まで多種多様。実際に携帯扇風機を使用する場面を思い浮かべて、どの機能が自分のスタイルに合っているかを考えてみましょう。

手持ち扇風機をキャンプで使うメリットと注意点

手持ち携帯扇風機

出典:amazon

手持ち扇風機のメリットは以下の2つ。

  • 顔でも背中でも好きな場所に風を当てられる
  • スタンドがついているものはテーブルに置いて使用できる

手持ち扇風機の注意点は、目に直接風を当てないこと。これはドライアイの原因になるので避けましょう。また、気温が35度を超える猛暑のなかで携帯扇風機のみを使用すると、脱水症状のリスクが発生すると報告されています。体温が下がらないまま、汗だけがどんどん蒸発するのが原因です。

脱水症状や熱中症のリスクを回避する方法として提唱されているのが、濡らしたタオルを首にかけ、そのうえから携帯扇風機の風を当てるというもの。この方法であれば危険を避けつつ、より涼しく快適に過ごすことができます。ぜひお試しください。

首掛け扇風機をキャンプで使うメリットと注意点

首掛け携帯扇風機

出典:amazon

首掛け扇風機のメリットは、使用中も両手があくことです。テントの設営や料理など、作業をしているときにも使えるというのは手持ち扇風機にはない魅力。また、手持ち扇風機と違って落下させる心配がないのも良いところです。

首掛け扇風機の注意点は、髪が巻き込まれてしまう可能性があるということです。髪が長い方はとくに注意が必要になります。髪の巻き込まれを防止するために、羽がないタイプの製品を選ぶか、髪をゴムで束ねるなどの対策をすると良いでしょう。

キャンプにおすすめの手持ち扇風機

それではここから、携帯扇風機のおすすめをご紹介していきます。まずは手軽に使用できて持ち運びに便利な、手持ち扇風機のおすすめからご覧ください。

フランフラン(Francfranc)フレハンディファン

<商品スペック>

  • サイズ:幅10.3×奥行き3.7×高さ21.8cm
  • 重量:178g
  • 風量調整:5段階+リズム風
  • 使用可能時間:2〜9時間

手持ち扇風機ブームの火付け役、フランフランの製品。若者向けのオシャレな雑貨を取りそろえるフランフランらしく、シンプルでありながらセンスの良さを感じさせる逸品。税込みで2000円を切る価格も魅力です。

大人気だった2019年モデルから大きな進化をとげ、風量が1.4倍にパワーアップ。さらに50%以上の静音化に成功しています。風量は5段階に細かく設定することができ、リズム風機能でより自然な風を発生。低価格ながら、総じて弱点が見当たらない非常に優秀な手持ち扇風機です。

ブルーフィール(BLUEFEEL) Bluefeel PRO+

<商品スペック>

  • サイズ:幅6×奥行き5.1×高さ15.9cm
  • 重量:99g
  • 風量調整:4段階
  • 使用可能時間:4.5~24時間

ファンの直径がわずか6cmとコンパクトで、重量が100gを切る超軽量な手持ち扇風機。あまり荷物を増やしたくない方におすすめの製品です。ドローン用のハイパワーなモーターを使用しているため、コンパクトであっても風量は十分。

使用可能時間が最長で24時間ときわめて長く、バッテリー切れを気にせず使うことができます。温度センサーが過熱による損傷を防いでくれるほか、過充電やショートなどのトラブルを防ぐ9つの安全保護設計がほどこされているので、安心して使用できます。

ルーメナー(LUMENA)FAN PRO2

<商品スペック>

  • サイズ:幅10.6×奥行き3.6×高さ20.7cm
  • 重量:165g
  • 風量調整:4段階
  • 使用可能時間:3~14時間

ハイスペックなLED照明や携帯扇風機を販売している、ルーメナーの手持ち扇風機。とても優しい風から4.5mまでとどく強風まで、4段階の風量調整が可能です。ワイヤレス充電ができる点もこの製品の大きな特徴で、専用の充電台に置くだけで充電を開始します。

DCモーターを採用しているため電力消費が小さいうえに、音がとても静か。前面のカバーをワンタッチで取り外せるので、お手入れも簡単です。一切の無駄がない洗練されたデザインと、高級感のあるたたずまいが、高い満足感と所有する喜びをもたらしてくれます。

ブルーノ(BRUNO)ポータブルミニファン

<商品スペック>

  • 使用時サイズ:幅10.5×奥行き4×高さ22.5cm
  • 折りたたみ時:幅10.5×奥行き7×高さ12cm
  • 重量:190g
  • 風量調整:3段階
  • 使用可能時間:2.5~8時間

ブルーノはアウトドア用品からインテリア用品、キッチン用品まで幅広く取りそろえるブランド。ブルーノの製品はどれも空間をオシャレに彩るような、ハイセンスなものばかりです。この手持ち扇風機も、ほかのメーカーの製品にはない特徴的なデザインとカラーが採用されています。

デザイン以外の特徴としては、持ち手を折りたたんで卓上扇風機として使用できることと、モバイルバッテリーとして使用できることです。万が一キャンプ場でスマートフォンのバッテリーが切れてしまっても、この手持ち扇風機があれば安心できます。

ハンドファン(HandFan) USB扇風機

<商品スペック>

  • サイズ:幅10.4×奥行き3.8×高さ22.8cm
  • 重量:222g
  • 風量調整:5段階
  • 使用可能時間:5〜17時間

アマゾンで1000件を超える評価が寄せられている超人気商品。5200mAhの大容量バッテリーを備えているのが特徴です。持ち手を取り外してモバイルバッテリーとしても使用可能なので、もしもの時の備えとして役に立ちます。

ファンは180度回転することができ、真っ直ぐの状態で手持ち扇風機、90度回転させて卓上扇風機、180度回転させてテント内の空気を循環させるサーキュレーターとしても使用することができます。付属のクリップを活用すれば、より多彩な使い方も可能です。

リズム時計工業(Rhythm)シルキーウィンドモバイル2

<商品スペック>

  • サイズ:幅8.5×奥行き3.5×高さ17.7cm
  • 重量:120g
  • 風量調整:4段階+リズム風
  • 使用可能時間:0.5〜11時間

「2重反転ファン」という2枚の羽が組み込まれている、珍しいタイプの手持ち扇風機。背面のファンが空気を集め、前面のファンがその空気をまとめて放出するという仕組みです。これによりコンパクトながらパワフルな送風を可能としています。

カラビナがついているため持ち運びに便利で、ズボンのベルトやリュックのストラップにぶら下げておけば、使いたいときにすぐに使用できます。そのほか、リズム風機能や、バッグのなかで勝手にオンにならないようにする「誤操作防止機能」などの便利機能も充実。

フレ ハンディファン
フランフランの携帯扇風機「フレ ハンディファン」の詳細レビュー!夏キャンプの暑さ対策に必須の扇風機。中でも、小型で持ち運びに便利なFrancfranc(フランフラン)の携帯扇風機「フレ ハンディファン...

キャンプにおすすめの首掛け扇風機

続いて、作業をしながらでも使用することができる、首掛け扇風機のおすすめをご紹介します。

スパイス(SPICE OF LIFE)WFanver.2.0

<商品スペック>

  • サイズ:幅19×奥行き4×高さ29cm
  • 重量:225g
  • 風量調整:3段階
  • 使用可能時間:2.5〜7時間

毎日の暮らしが楽しくなるような、オシャレで革新的な製品を販売している雑貨メーカー「スパイス」の首掛け扇風機。2020年に発売された新製品で、20種類を超えるカラーラインナップのなかから選ぶことができます。

旧モデルより風量をアップし、首に当たる部分の形状を改良することで高いフィット感を実現。さらにUSBはType-cを採用しているほか、髪の巻き込みを防止するためにカバーのデザインを変更するなど、全体的に大きくブラッシュアップされています。

ドウシシャ(DOSHISHA) ハンズフリーファン hooop

<商品スペック>

  • サイズ:幅17.5×奥行き19.7×高さ6.4cm
  • 重量:200g
  • 風量調整:3段階
  • 使用可能時間:2〜6.5時間

ひと目見ただけでは扇風機とわからないような、近未来的なデザインの首掛け扇風機。前面のファンから空気を吸い込んで、首をとり囲むたくさんの穴から風を出します。使用するときは後ろ側のマグネットでパチンと固定するだけの親切な設計です。

ファンがむき出しになっていないので髪が巻き込まれる心配がなく、首の周りにピタッと沿う形状のため、視界を邪魔することもありません。使用可能時間が少々短いのが気になりますが、人とは違う、特徴的なガジェットを使用したい方におすすめです。

トラス(TORRAS) 首掛け扇風機

<商品スペック>

  • サイズ:ー
  • 重量:220g
  • 風量調整:3段階
  • 使用可能時間:2〜6時間

こちらも一風変わった首掛け扇風機。ヘッドホンを首にかけるように使用するので、見た目においてもスタイリッシュです。60枚のブレードを持つファンが2つ搭載され、強力に空気を取り込み、首の周囲にムラなく放出。髪が巻き込まれる心配も無用です。

首にあたる部分にはシリコンが使用されているため、装着感に優れているのもこの製品の良いところ。アームを自在に変形させることができるので、首の太さに左右されずに使用可能です。静音設計となっていることにより、涼みながら自然の音を楽しめます。

ブルーノ(BRUNO) ウェアラブルファン

<商品スペック>

  • サイズ:直径8.5×奥行き5.9cm
  • 重量:155g
  • 風量調整:3段階
  • 使用可能時間:3~6時間

手持ち扇風機のおすすめで一度登場したブルーノから、特徴的な扇風機をもうひとつご紹介します。ストラップで首からぶら下げて使用するタイプで、顔の下から優しく送風。扇風機らしくない独特な形状と、本体の前面に刻印されたブランドロゴがかなりイケてます。

ストラップの長さを簡単に変えることができ、顔から扇風機までの距離を自由に調整可能。背面に備わっているクリップで服に固定しておけば、ブラブラと動いて邪魔になることもありません。さらにモバイルバッテリーとしても使用でき、機能性においても十分といえます。

キャンプにおすすめの携帯扇風機のまとめ

キャンプにおすすめの携帯扇風機

携帯できる扇風機があれば真夏のキャンプの快適性が向上するうえ、熱中症の対策としても効果的です。また、手持ち扇風機は火起こしをする際にも役に立つので、実は1年を通してアウトドアで活躍するという面もあります。

そしてもちろんキャンプだけでなく普段の生活で使用できるガジェットなので、ひとつ持っておいて損はないアイテムです。

今回ご紹介した携帯扇風機の選び方を参考に、機能性に優れ、デザインにもこだわった優秀な製品を見つけ出してください。きっとその携帯扇風機が、日常をより楽しいものにしてくれます。

キャンプにおすすめの扇風機を充電式と電池式に分けて紹介!キャンプにオススメの扇風機は充電式と電池式の2種類が存在します。 アウトドアシーズン真っ盛りの真夏に活躍する、キャンプで是非導入し...
キャンプ用扇風機のおすすめ10選!首振り機能付きを厳選して紹介!キャンプ用扇風機は、真夏のキャンプに涼しさをもたらしてくれる優秀なツール。最近はキャンプ用扇風機も高性能化が進んでおり、一晩中稼働できる...
ABOUT ME
m.saitou
m.saitou
暇を見つけてはソロキャンプに出かけている、キャンプ・バイク・スキューバダイビングが趣味のアウトドアライター。キャンプ用品の紹介などを中心に、記事を読んでくださる方にとって本当に役立つ情報の発信を心がけています。
こんな記事もおすすめ