扇風機、ストーブファン

【2021】キャンプ扇風機のおすすめ12選!強力なのは?音や風力を比較検証!

キャンプ扇風機のおすすめ比較

キャンプ扇風機は、真夏のキャンプに涼しさをもたらしてくれる優秀なツール。最近はキャンプ扇風機も高性能化が進んでおり、一晩中稼働できる大容量バッテリーを搭載したものや、リズム風機能を使用できるものまで様々なものがあります。

選択肢が多いのは良いことでもある一方、「あまりに種類が多すぎて、どの扇風機が良いのか見分けられない」と機能で悩んでしまっている方や「風力や音の大きさはどうなんだろう?」と使い勝手の部分で悩んでる方も多いと思います。

そこで今回は、数あるキャンプ扇風機の中でも、とくに機能や使い勝手に優れているおすすめのアイテムの風力や音の比較検証もしてますので、キャンプの快適性を向上させたいと考えている方は、ぜひご覧ください。

キャンプ用扇風機の特徴

キャンプ用扇風機の特徴

キャンプ用扇風機は、内蔵バッテリーや乾電池、あるいはモバイルバッテリーなどで稼働する小型の扇風機。コードレスで持ち運びに便利なうえに、コンパクトで置き場所を選ばないので、テーブルの上に置いて使用したり、寝るときにテントの中で使用したりと、いろんなシーンで活躍します。

製品によっては置いて使用するだけでなく、クリップで挟んで設置できるものもあります。クリップ式のキャンプ用扇風機は普通のタイプのものよりさらに仕様の幅が広がり、車中泊にもハンモック泊にも使用できます。

扇風機とサーキュレーターの違いは?

扇風機とサーキュレーターはモーターで羽根を回して風を送る仕組みで、機能的には似たような電化製品ですが、それぞれに使う用途が違います。

扇風機は広範囲に幅広く届く風を起こし、人に直接風を当てて涼がとれる特徴があり、サーキュレータは狭く直線的な風を起こし、遠くまで風を送ることで空気の循環をさせることで、室内温度を均一にし体感温度を下げてくれる特徴があります。

キャンプで使う扇風機の選び方

キャンプで使う扇風機の選び方

キャンプで使う扇風機の選ぶ上でチェックしたい7つのポイントを紹介します。

  • 充電式か電池式
  • 連続使用時間
  • 風量調節
  • 携帯性やコンパクトさ
  • 首振り機能
  • 設置の自由度

この7つのポイントを詳しく解説していきます。

充電式か電池式

充電式か電池式

キャンプで使う扇風機にも充電式と電池式の2種類があります。
電池式は新しい電池を予備で持ち運ぶ必要があるのと、電池切れのたびに買い換える必要があるので、頻繁に使用される方は経済的にも充電式がおすすめです。

充電式はUSB接続で充電できるタイプがほとんどなので、モバイルバッテリーをお持ちの方はフィールドでも充電できますし、予備のバッテリーとしても使用できる扇風機もあるので、スマホの充電が気になる方にもおすすめです。

連続使用時間

キャンプ扇風機のルーメナー

電池残量や充電が無くなれば、扇風機がフィールドで使用できなくなるので、フル充電で使える連続使用時間は把握しておきましょう。
睡眠時に途中で切れてしまって、寝苦しい夜を過ごさないためにも、充電しながら使える扇風機を選びと快適に過ごすことができます。

風量調節

キャンプ扇風機マキタ

風量調節ができない扇風機もあります。
強風のみだと食事中は食材が乾燥してしまうし、弱風だけだとアウトドアでは風が弱く、扇風機の意味がありません。状況に応じて風力調節ができる方がキャンプでの使い方の幅が広がります。

携帯性やコンパクトさ

キャンプ扇風機マキタとクレイモア

キャンプサイトまで持ち運ぶので、携帯性やコンパクトさも重要です。
キャンプ道具はサイズが大きいアイテムや重たいアイテムもあるので、コンパクトなギアはなるべく軽量なもの選びたいので、1kg以内を目安として選ぶのが良いです。

設置の自由度

キャンプ扇風機クレイモア

扇風機をテーブルの上に置いて使用するだけじゃなく、ランタンハンガーにかけて使用できる扇風機やタープポールや椅子に挟んで使用できるクリップタイプの扇風機もあるので、使用環境に合わせて選ぶと良いです。

首振り機能

キャンプ扇風機首振り

ソロやデュオで使用する場合は、気にする必要はないですが、ファミリーキャンプやグループキャンプで扇風機を使用する場合、とくに注目してほしい機能が「自動首振り機能」です。この機能があるのとないのとでは、快適性において大きな差が生まれます。

自動首振り機能があれば広い範囲に風を送ることができるので、体の一点が冷やされるのではなく、全身が涼しく快適になります。さらに空間全体に空気の流れを作り、テントやタープ内に熱がこもるのを防いでくれるというメリットもります。

静音性

キャンプ扇風機マキタ

日中は気にならない音も、静まり返った夜のキャンプサイトでは気になります。自然が奏でる音や虫の音をかき消すような大きなモーター音では、雰囲気が台無しになるので、注意しましょう。

キャンプ用扇風機は冬でも使える

夏に使用するというイメージが強い扇風機ですが、サーキュレーターとしてストーブと一緒に使用することで、冬のキャンプでも強力な武器になるのです。

ストーブの熱は上にあがっていくので、ストーブのみを使用すると「テントの天井付近は暖かいけれど、自分がいる場所は寒い」といったことが起こります。

一方でストーブを使用しながらキャンプ用扇風機を稼働させておけば、テント内に気流が生まれ、空間全体がまんべんなく温められます。ストーブ専用の「ストーブファン」という道具もありますが、キャンプ用扇風機であれば1年を通して使用できます。

ストーブファンは冬キャンプにもおすすめ!原理や効果を知って暖房効率アップ!
ストーブファンは冬キャンプにもおすすめ!原理や効果を知って暖房効率アップ!ストーブファンは、ストーブと合わせて使用することで、冬のキャンプをより快適にしてくれる優れものです。「ストーブを買ってみたけど、期待して...

キャンプで人気のコードレス扇風機を比較

人気のコードレス扇風機7種をキャンプで実際に使ってみて

  • 静音性
  • コンパクトさ
  • 連続運転
  • 風力
  • デザイン
  • 多様性

の使い勝手の面で重要な6項目で比較してみました。

LUMENA FAN PRIME

キャンプで人気のコードレス扇風機を比較

大きさ、重量があるので、持ち運びやコンパクトさが気になる点がありますが、風力や操作性、デザイン全てにおいて高評価です。

LUMENA FAN STAND2

キャンプで人気のコードレス扇風機を比較

デザインやコンパクトさは優秀ですが、自動首振り機能がない点が気になるポイントです。ソロやデュオで使用するなら十分なスペックです。

CLAYMORE fan V600

キャンプで人気のコードレス扇風機を比較

連続運転時間が気になるポイントで、アウトドアではモバイルバッテリーなど充電できるアイテムと一緒に持ち運ぶのが良いです。
こちらも自動首振り機能がないので、ソロやデュオ向きの扇風機です。

KEYNICE クリップ扇風機

キャンプで人気のコードレス扇風機を比較

タープポールに挟んで固定できたり、椅子のひじ掛けに挟んで固定したりと多様性に優れているので、接地面での心配はないですが、デザイン面で見た目が安価な所がマイナスポイント。

KEYNICE 卓上扇風機

キャンプで人気のコードレス扇風機を比較

自動首振り機能がついてますが、首振りの角度が狭いのがマイナスポイント。見た目も気になりますが、連続運転時間や風量を考えると少人数のキャンプでは十分なスペックです。

makita(snow peak)充電式ファン

キャンプで人気のコードレス扇風機を比較

snow peakの扇風機はmakitaのOEM商品なので、一緒に評価します。
風量が強く真夏のキャンプでも十分な風を送り込んでくれますが、モーター音がうるさいのがマイナスポイント。バッテリーは別売りなので、コスト面も気になります。ポータブル電源をお持ちの方は、コンセントにつないで使用でき、ファミリーやグループで使用するのに十分な風量なので、おすすめです。

ニトリ ハンディファン

キャンプで人気のコードレス扇風機を比較

ニトリの携帯扇風機ですが、連続運転時間が気になるポイントで、モバイルバッテリーがある前提でソロ用での使用と割り切り、人数分の携帯が無難です。

7種の音や風量の比較動画はこちら

キャンプ用扇風機のおすすめ

ここからはおすすめのキャンプ用扇風機をご紹介します。
自動首振り機能や高性能で使いやすい製品のみをピックアップしているので、きっとお気に入りのアイテムが見つかるはずです。

ルーメナー(LUMENA)扇風機FAN PRIME

サイズ 幅20.3×奥行き16.2×高さ35cm
重量 950g
連続使用時間 最長30時間
電源 充電式
風力調節 3段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

クラウドファンディングサービス「Makuake」で、目標金額の26倍もの支援が集まった大注目のキャンプ用扇風機です。ファンの高さを調節可能、4段階のタイマー機能、リモコン付きと、ほかのキャンプ用扇風機ではマネできないレベルの多機能を誇ります。

8000mAhの大容量バッテリーは最長30時間の連続使用を可能とし、風量も十分で10m離れた場所まで力強く送風。デザインも上質感にあふれるカラーリングを採用しており、空間をオシャレに飾ります。見た目においても性能においても、完璧という言葉がふさわしい最先端の製品です。

ルーメナー(LUMENA)扇風機FAN STAND2

サイズ 幅16.5×奥行13.1×高さ26.8cm
重量 460g
連続使用時間 4~20時間
電源 充電式
風力調節 3段階
給電機能 なし
首振り機能 なし

FAN STAND2の人気の秘密はコンパクトさとデザイン性の高さです。大人が片手で掴めてしまうほどコンパクトなファン部分と積載や収納の邪魔にならない背丈。デザインは光沢感のある安っぽいプラスチックではなく艶消しのようなマットなカラーリングとなっていて、キャンプサイトで使っていると小さいながらもそのおしゃれな存在感が目にとまります。

扇風機としての性能も十分なもので、風量は4段階で調整でき最大風量にすると8m先まで風が届きます。上下45度の角度調整が出来るので空気の循環にも問題なく使えそうですね。

CLAYMORE(クレイモア)fan V600

サイズ 幅24.3×奥行22.6×高さ35cm
重量 506g
連続使用時間 最長15時間
電源 充電式
風力調節 4段階
給電機能 あり
首振り機能 なし

デザイン性が高く、アウトドア以外でも室内インテリアとしても使用できるおしゃれな扇風機。風量調節は4段階で、1時間ごとに4時間までのオフタイマー機能付きでモバイルバッテリーとしても使えるので、電源がないアウトドアでもスマホの充電ができます。

キーナイス(KEYNICE) 卓上扇風機

サイズ 幅15.9×高さ26.2cm
重量 450g
連続使用時間 最長25時間
電源 充電式
風力調節 3段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

低価格ながら「リズム風機能」を搭載している、コストパフォーマンスに優れたキャンプ用扇風機。リズム風機能は一定の間隔でオン・オフを繰り返し、自然な風を再現する機能です。キャンプで使用するのはもちろん、子供を寝かしつけるのにも役立ちます。

台座の直径が13cmと小さいので、ソロキャンプ用の小さいテーブルの上にも十分に乗せることが可能。本体が小型で軽量なため、持ち運びもまったく負担になりません。普通の扇風機をそのまま小さくしたようなシンプルなデザインが可愛らしく魅力的です。

キーナイス(Keynice) クリップ式扇風機

サイズ 幅16cm×奥行き13cm×高さ24cm
重量 650g
連続使用時間 最長28時間
電源 充電式
風力調節 3段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

卓上・クリップ・壁掛けの3通りの方法で設置することができるキャンプ用扇風機。テーブルの上にスペースがなくても、テーブルの端やタープポールなどに挟んで使用できます。バッテリー容量は5000mAhもあり、最長28時間の連続運転が可能。連泊するキャンプでも問題ありません。

自動首振り機能に加えて、リズム風機能を備えているのがこの製品の良いところ。長時間使用しても体に負担がかからない、自然で心地良い風を送り届けてくれます。車のハンドルやアシストグリップに設置できるので、車中泊をする方はこちらのようなクリップ式のものがおすすめです。

マキタ (makita) 充電式ファン羽根径18cm

サイズ 幅16.8x奥行26x高さ25.2cm
重量 1.3kg
連続使用時間 最長21時間
電源 AC、充電式(別売り)
風力調節 3段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

マキタの工具にも採用されている、緑がかった青色が特徴のキャンプ用扇風機。この色はマキタのイメージカラーであり、マキタ好きの方にとってはたまらない一品です。背面に装備している可動式のフックは車のアシストグリップに引っかけることができるので、車中泊でも役立ちます。

こちらの製品はバッテリーが別売りとなっていますが、すでにマキタの直流18V/14.4Vのバッテリーを持っていれば、そのまま使用可能。強烈な存在感を持つキャンプ用品が欲しい方にイチオシの製品です。

スノーピーク(snow peak) フィールドファン

サイズ 幅16.8x奥行26x高さ25.2cm
重量 1.3kg
連続使用時間 最長21時間
電源 AC、充電式(別売り)
風力調節 3段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

スノーピークとマキタのコラボ商品。すでにご紹介したマキタの扇風機に、スノーピークらしい上質感のあるカラーリングがほどこされています。ファンの中央にあしらわれた「snow peak」のロゴが良いアクセントとなっており、全体の雰囲気は非常にスタイリッシュ。

機能的にはマキタのものとまった同じですが、価格は少々アップしています。そのため、「少しくらい高くても良いから、本当に気に入ったものが欲しい!」というスノーピークファン向きのアイテムであると言えるでしょう。

ルーメナー扇風機の比較レビュー!ファンプライムとファンスタンド2
ルーメナー扇風機の比較レビュー!ファンプライムとファンスタンド2の6つの相違点!ルーメナーの扇風機はコンパクトなサイズ感とシンプルなデザインで多くのキャンパーの愛用品となっています。キャンプに扇風機が1つあると夏は涼...

安いキャンプにおすすめの首振り機能付き扇風機

安くてもコスパが良いおすすめの扇風機を紹介します。

COOLEAN コードレス 卓上扇風機

サイズ 幅20×奥行き19×高さ26cm
重量 700g
連続使用時間 最長10.5時間
電源 充電式
風力調節 4段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

蜂の巣状のカバーが印象的なキャンプ用扇風機。5枚の羽で生み出された風がこの細かい穴を通ることで、優しい風となって遠くまで届けられます。すべての操作をボタンひとつでおこなう設計なので、どなたでも手軽に使用可能。バッテリー残量を確認できるのも便利です。

シンプルでありながら可愛らしいデザインがとても魅力的で、インテリアに違和感なく溶け込みます。連続で使用できる時間が少々短めなので、キャンプに持っていく際にはモバイルバッテリーもあわせて用意しておくのがおすすめです。

アンソロ(ANSOLO) 卓上扇風機

サイズ 幅19×奥行き19×高さ25.5cm
重量 720g
連続使用時間 最長16時間
電源 充電式
風力調節 4段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

本体を折りたたむことができるキャンプ用扇風機。収納時の高さが10cm以下とかなりコンパクトになるので、バッグに入れて持ち運びをするのに非常に便利です。さらに扇風機としてはめずらしく、LED照明を搭載。リング状に配置されたLEDが、夜の雰囲気を演出します。

内蔵されているバッテリーは容量が4000mAhとなっており、風量「最大」で4時間、「最小」で16時間の連続使用が可能。操作ボタンはタッチパネルを採用しているので、軽いタッチで操作することができます。高性能かつコンパクトなキャンプ用扇風機が欲しい方におすすめの機種です。

Blueekin卓上扇風機

サイズ 幅16.9×奥行き12×高さ23.6cm
重量 406g
連続使用時間 最長16時間
電源 充電式
風力調節 無段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

7枚もの羽を装備していることで、やわらかくリッチな風を生み出すことができるキャンプ用扇風機です。ダイヤルを回すことで風量を無段階で調整できるという、ほかの製品には見られない特徴を持っています。そのうえ超静音設計で、読書や音楽鑑賞の邪魔になりません。

自動首振り機能を使用すると160度の広い範囲で回転するので、これひとつで複数の人が一緒に涼むことができます。寝るときに使用すると頭から足までまんべんなく風が行き渡り、とても快適に感じられます。

KAHE卓上扇風機

サイズ 幅19×奥行19×高さ23cm
重量 600g
連続使用時間 最長16時間
電源 充電式
風力調節 4段階
給電機能 なし
首振り機能 あり

丸みを帯びたシルエットが可愛らしいキャンプ用扇風機。持ち運びがしやすいように、背面に大きめのハンドルが備わっています。操作は風量を調節するためのスイッチと、首振りのオン・オフを切り替えるスイッチの2つでおこなうようになっており、シンプルで扱いやすいのが特徴。

ファンを真上に向けられるのもこのキャンプ用扇風機の強みで、冬にテントの中でストーブを使用するとき、天井にたまりがちな熱を効率的に循環してくれます。音も静かで風量も十分にあり、コストパフォーマンスにおいて非常に優秀な製品です。

OPOLAR 充電式クリップ扇風機

サイズ 幅20x奥行13.5x高さ25.4cm
重量 600g
連続使用時間 最長24時間
電源 充電式
風力調節 4段階
給電機能 なし
首振り機能 なし

強力なクリップがついているキャンプ用扇風機です。
クリップは直径7.5cmまで固定できるので、タープポールにも安心して固定できます。縦横360°回転できるので、好きな方向にパワフルな風を送り込むことができます。

さらにバッテリーに充電する際、「MicroUSB」と「USB Type-C」の両方が使用できるのも大きな特徴。このキャンプ用扇風機を充電するために、いちいち充電ケーブルを差し替える必要がありません。美しい見た目に加えて、全体的にかなり使いやすい設計がなされていると言えます。

【キャンプ用品】温度計のおすすめ10選!薪ストーブに使えるものまで一挙公開!
【キャンプ用品】温度計のおすすめ10選!薪ストーブに使えるものまで一挙公開!温度計は家だけでなく、キャンプでも役に立つアイテムです。最近はデジタルのもの、カラー表示ができるもの、ワイヤレスのものなど多種多様な温度...

キャンプ用扇風機のまとめ

キャンプ用扇風機のおすすめ

キャンプのほかにも、自宅やオフィスなど様々なシーンで使えるコードレス扇風機。LED照明付きのものやクリップ式のものなど、製品ごとの特徴をよく見て、自分が理想とする使い方にマッチしたキャンプ用扇風機を探し出しましょう。

1年を通して役に立つキャンプ用扇風機が、あなたのアウトドアをより楽しく快適なものにしてくれるはずです。

クレイモア扇風機のレビュー!新型「v600+」のアップグレードされた点は?
クレイモア扇風機のレビュー!新型「v600+」のアップグレードされた点は?昨年完売状態が続いたクレイモアの扇風機が2021年5月に「CLAYMORE FAN V600+」とアップグレードされて販売開始されます。...
ダイソーウォータージャグ
【100均キャンプ】ダイソーのウォータージャグを実際に使ってみて感じたこと!キャンプ用品を揃えるとき、ウォータージャグって本当に必要かな?と悩んでらっしゃいませんか?、テントやライト等に比べると優先順位が低く、私...
ABOUT ME
m.saitou
m.saitou
暇を見つけてはソロキャンプに出かけている、キャンプ・バイク・スキューバダイビングが趣味のアウトドアライター。キャンプ用品の紹介などを中心に、記事を読んでくださる方にとって本当に役立つ情報の発信を心がけています。
こんな記事もおすすめ