ケトル

キャプテンスタッグのポット&ケトルのキャンプにおすすめ8選!

キャプテンスタッグのポット&ケトルのキャンプにおすすめ8選!

アウトドアでポットやケトルがあると、コーヒーやインスタントラーメンを作る時に便利です。鍋でもお湯は沸かせますが、ケトルなどの方がマグカップにお湯を注ぎやすく快適に使うことが出来ます。

高品質な製品を低価格で販売することで人気のあるアウトドアブランドのキャプテンスタッグでは、様々なポットやケトルを販売していますが、ここではその中からおすすめポット&ケトルを紹介します。

アイキャッチ出典:amazon

キャプテンスタッグのポット&ケトルはここが凄い!

出典:amazon

品揃えが豊富であることで知られるキャプテンスタッグでは、素材や形状の違う様々なポット&ケトルが販売されています。

素材ではステンレス・チタン・ホーロー。形状ではやかん型・縦長タイプ・寸胴タイプなどがあります。

使っている素材や形状によってそれぞれ特徴が違うので、自分に合った使いやすいポット&ケトルを多くの数ある製品の中から見つけられるのはキャプテンスタッグならではの強みと言えるでしょう。

容量が大きいケトル

約2Lの容量が入るファミリーキャンプにおすすめサイズのケトルです。

キャンピングケトル1.9L

<商品スペック>

  • サイズ:幅165mm×奥行220mm×高さ190mm、本体外径(約)130mm
  • 容量:満水/(約)1.9L、適正/(約)1.3L
  • 重量:(約)580g
  • 材質:ステンレス鋼(底の厚さ0.6mm)

キャプテンスタッグのポット&ケトルの中でも、定番のアイテムといえばこちらの「キャンピングケトル1.9L」です。
1.9Lの大容量に、ステンレス製なので丈夫で傷にも強くハードな使用にも耐えられます。

しかも直火にかけても大丈夫なので、価格を抑えて直火対応のケトルを探しているのなら、うってつけのケトルでしょう。

キャンピングクックポット

<商品スペック>

  • サイズ:16.8×16.6×14.7cm
  • 重量:490g
  • 容量:2L

取っ手がついてるので気兼ねなく直火でも使用できて、小さなお鍋代わりにも使えるケトル。デザインがシンプルで注ぎ口も大きく、洗いやすさと軽量さを兼ね備えたリーズナブルなケトル。

人気のフードポット

出典:captainstag

フードポットとはステンレス製の容器の事で、保温・保冷効果に優れています。見た目は水筒のような形をしていますが、フードポット最大の魅力とも言える「汎用性」は水筒とは全く違います。

保冷だけでなく保温にも対応しており、さらに口が広い形をしているので、飲み物だけでなく食べ物や温かいスープなども入れておくことが出来ます。

アウトドアで温かいスープをそのまま保存できるフードポットはとても助かるアイテムなのです。

モンテHDフードポット400

<商品スペック>

  • サイズ:外径90×高さ135mm
  • 容量:400ml
  • 保温効力:65度以上(6時間)
  • 保冷効力:12度以下(6時間)
  • カラー:シルバー、サックス、ブラック、カーキ

真空二重構造によって保温・保冷どちらにも対応したキャプテンスタッグのフードポットです。

蓋はスクリュー栓になっているので開閉はとても簡単、ハンドルもついて持ち運びもしやすいのでアウトドアでも使いやすいデザインとなっています。

CSランチフードポット300

<商品スペック>

  • サイズ:外径100×高さ100mm
  • 容量:0.3L
  • 保温効力:約50度以上(6時間)
  • カラー:ベージュ・ピンク・ネイビー・ブラウン

色鮮やかなデザインで、ついつい触りたくなるようなキャプテンスタッグのフードポットです。主菜、副菜はもちろん、汁物やデザートも6時間の保温効果で温かいまま保存出来るフードポットで、カラフルなデザインが好きな人におすすめです。

キャプテンスタッグのチタンケトル

高強度で軽量、そして耐食性・耐熱性お兼ね揃えているチタンはアウトドアギアとしても様々な製品で活躍しています。そしてチタンの性質はポットやケトルともマッチしているのです。そんなチタン製のキャプテンスタッグのケトルを紹介します。

チタン製ケトルクッカー900mL

<商品スペック>

  • サイズ:外径125×高さ72mm(本体のみ)
  • 容量:満水/900mL、実容量/600mL
  • 重量:150g

ステンレス鋼と比べ、わずか60%の重量に高い耐久性と耐食性を併せ持つチタン製のキャプテンスタッグのケトルです。

取っ手の位置を変えることで使い方に応じた形に変える事ができ、表面にはシリコン樹脂加工を施す事で、より快適な使い心地を実現しました。

キャプテンスタッグのホーローケトル

出典:instagram

鉄の強度とガラスのサビない性質を兼ね揃えたホーローは、その機能性もさることながら、可愛らしくおしゃれなデザインがアウトドアでも楽しい雰囲気を演出してくれます。

ホーローコーヒーポット

<商品スペック>

  • サイズ:幅110×奥行208×高さ190mm
  • 容量:適正/700mL、満水/1.1L
  • カラー:ホワイト、レッド、ブラウン

こちらはシンプルで可愛らしいデザインのキャプテンスタッグのコーヒーポットでアウトドアでのコーヒーブレイクを楽しみたい人におすすめです。注ぎ口が細くなっているのでカップに注ぎやすく、耐久性・耐熱性に優れており、熱伝導の高いホーローは、アウトドアで使うにはピッタリの素材と言えます。

また、匂いや色が移りにくいのもホーローの魅力と言えます。

ホーローケトル

<商品スペック>

  • サイズ:幅122×奥行182×高さ175mm
  • 容量:適正/750mL、満水/1.1L

直火にも対応しているので焚き火などでもお湯を沸かすことができるキャプテンスタッグのケトルです。容量1.1Lは片手でカップに注ぎやすいサイズです。

本体に沿うように付けられた注ぎ口は収納時にも場所を取らないので、荷物をかさばらせたくないアウトドアシーンでも便利に収納できます。また、この注ぎ口はカップに注ぐ時の湯量を調整しやすいのも特徴です。

炊飯もできるケトルクッカー

ケトルは形状によって特徴が変わります。ただお湯を沸かすだけでなく他にも使い道があれば、荷物も減らせてとても助かりますよね。これから紹介するキャプテンスタッグのケトルはそんな便利さを実現したケトルです。

キャンピングケトルクッカー

<商品スペック>

  • サイズ:外径145mm×高さ90cm
  • 重量:370g
  • 容量:満水/1.3L、適正/1L

取っ手の位置を変えるだけでケトルとしても鍋としても使える、1台2役のちょっと変わった便利なキャプテンスタッグのケトルです。金物の街として有名な新潟県燕三条で作られたこちらのケトルは、ケトルとしての性能はもちろん、鍋として調理に使ったり炊飯をする事も出来ます。

ケトルに鍋に飯盒となると、荷物もかさばりますが、このケトル1つで済めば荷物の持ち運びも楽になりますね。

持ち運びに便利なボトルのおすすめ

登山などでは水分が必要不可欠です。キャプテンスタッグのボトルなら持ち運びしやすいデザインになっているので、アウトドア全般で扱いやすいボトルです。

HD2wayボトル

<商品スペック>

  • サイズ:スクリュー栓使用時/外径75mm×高さ25mm
        フラップ栓使用時/外径75mm×高さ225mm
  • 容量:0.5L
  • 保温効力:スクリュー栓使用時/45度以上(12時間)・61度以上(6時間)
         フラップ栓使用時/28度以上(12時間)・43度以上(6時間)
  • 保冷効力:スクリュー栓使用時/11度以下(6時間)
         フラップ栓使用時/12度以下(6時間)

こちらのキャプテンスタッグのボトルはスクリュー栓とフラップ栓の2つの栓が付属しています。持ち運びする時はハンドルの付いているスクリュー栓、卓上使いの時はワンタッチで開閉が楽なフラップ栓と使い分ければ、2つの栓が付属している使いやすさを実感するでしょう。
真空二重構造で保温・保冷どちらも可能で、広口タイプなので家庭用製氷機の氷も入ります。

キャプテンスタッグの水筒ボトルのおすすめ7選!口コミや評判も。今回は日本を代表する金物の町、新潟県三条市のキャプテンスタッグが手がける高品質な水筒ボトルのおすすめ商品を紹介していきます。 水筒...
スタンレー(STANLEY) 水筒ボトルの選び方!シリーズ別の違いや特徴を解説!スタンレーは100年以上に渡り、真空断熱の水筒を製造し続けているアメリカの老舗メーカーです。スタンレーの水筒は、その無骨で男らしいデザイ...

キャプテンスタッグのポット&ケトルのまとめ

出典:captainstag

ポット&ケトルは形状や素材によって様々な特徴がある事が分かったと思います。自分に合ったポット&ケトルを見つける為には、まず自分がどんな性能を求めているかを理解しましょう。

「鍋でお湯を沸かすからケトルやポットがなくてもよい」という人もいるでしょうが、実際にあると思っている以上に便利なのがポット&ケトルです。キャンプのお供に素敵なキャプテンスタッグのポット&ケトルを見つけて下さい。

キャンプにバケツは必要?折りたたみなら軽量で持ち運びもラクチン!
キャンプにバケツは必要?折りたたみなら軽量で持ち運びもラクチン!「キャンプにバケツがあると非常に便利」ということをご存知ですか?わざわざ用意する必要もないと考える方も少なくありません。 しかし、...
こんな記事もおすすめ