アウトドアコーヒー

【キャンプ向き】コーヒー豆の持ち運びにおすすめ容器!おしゃれなキャニスターを厳選!

コーヒー豆 持ち運び おすすめ容器 

キャンプで美味しいコーヒーを楽しむために最も大切なのは豆の鮮度をキープすることになります。その鮮度を守るキャニスター選びは慎重にする必要がありますよ!

今回はコーヒー豆を持ち運ぶのに便利で機能的なキャニスターを厳選して紹介します。「キャンプでコーヒーを淹れると嫌な酸味が目立つ…」などの経験がある方は持ち運ぶ際にコーヒー豆を劣化させているかもしれません。コーヒー豆がどうして劣化してしまうかも解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

コーヒー豆が劣化する4つの要素を知っておこう

コーヒー豆 持ち運び 容器
コーヒー豆が劣化する4つの要素

温度
酸素
湿度

コーヒー豆が劣化する要素として「温度・酸素・湿度・光」の4つが挙げられます。逆に言うと、この4つの要素に気を付けておけば、コーヒー豆の鮮度をより長持ちさせることが可能です。具体的にどのようなことに気を付けた方が良いのか、1つずつ細かく解説していきます。

温度

コーヒー豆 温度

コーヒー豆は温度が高いところで保管すると劣化のスピードが早まります。ですので、出来る限り低温で保管するとコーヒー豆の劣化を抑えることができますよ。

酸素

コーヒー豆 容器

コーヒー豆の風味は焙煎直後から酸化が始まり風味が変化していきます。酸化が進むとコーヒーに嫌な酸味が生まれ、飲みづらい印象になってしまいます。

コーヒー豆の酸化には焙煎時に表面に滲み出た油分が大きく関係していて、特に深煎りの豆は滲み出た油分が多く、非常に酸化しやすいので注意が必要です。酸化そのものはどうしても避けることができませんが、気密性を高めると酸化を防いでくれるだけでなく、豆の乾燥を防いだり、香りが飛ぶことを最小限に抑えることができますよ。

湿度

コーヒー豆 湿度

湿度もコーヒー豆にとっては天敵です。焙煎後のコーヒー豆の表面は無数の細かい穴が空いているため、非常に水分を吸収しやすい状態になっています。

特に冷凍庫にてコーヒー豆を保管した後に解凍したり、寒いところから暖かいところに移動させたりなど、温度差が激しいと結露によって豆が傷んでしまいます。

そのため、コーヒー豆はできるだけ常温で保管するのがおすすめです。梅雨や夏の時期など、部屋内の湿度が高い場合には冷凍保存をする人もいますが、解凍時には密閉状態のまま常温まで緩やかに戻すことが必要になってきます。

コーヒー豆 光

直射日光などはもちろん、実は蛍光灯などとにかく光が当たる環境で保管するのも劣化を早める原因とされています。冷暗所など可能な限り光を避けるように保管をしたり、遮光性の高いキャニスターに入れるようにしましょう。

せっかくの美味しいコーヒー豆でも、正しく保管をしないと「コーヒーの香りがしなくなる・舌がピリッとするような酸っぱい味が強調される」などといった変化が起きてしまいます。

コーヒーキャニスターの容量「mlとgの違い」

コーヒーキャニスターの容量「mlとgの違い」

コーヒー豆を淹れるキャニスターを探していると容量が“ml”で表記されていることが多いです。この単位では「何gのコーヒー豆が入るの?」と疑問に感じてしまいますよね。

コーヒー豆の煎り具合でも容量が変わってくるので一概には言えませんが、100gのコーヒー豆の容量は300ml前後となっています。購入を検討しているキャニスターに持って行きたいコーヒー豆が入るか確認したい時は

“キャニスターの容量 ÷ 3 = コーヒー豆の量”

で算出することができますので、1つの目安として覚えておくと便利です。

この計算式で出たコーヒー豆の量はキャニスターいっぱいに入れることができる量なので、メジャースプーンを一緒に入れたり、買った袋のまま入れたい場合には容量に余裕を持つようにしてくださいね。

コーヒー豆の持ち運びに適した容器の選び方

コーヒー豆 持ち運び 容器

最近ではキャンプに持って行っても絵になるような、おしゃれなキャニスターが増えています。ですが、見た目ばかりにとらわれてしまうと肝心なコーヒー豆の鮮度が守れなくなってしまいます。

コーヒー豆の持ち運びに適した容器
  • 割れにくい素材
  • 軽量・コンパクト
  • 密封性が高い
  • 最適な容量

ここで紹介する4つポイントを押さえ、使い勝手の良いキャニスターを見つけましょう。

割れにくい素材

コーヒー豆 持ち運び 容器

キャンプに持って行くことを考えると、割れにくい素材かどうかは大切なポイントとなります。積載時にギア同士があたったり、うっかり落としてしまった時でも割れる心配のない素材でできているか確認しましょう。

軽量・コンパクト

コーヒー豆 持ち運び 容器

持ち運びを前提とした軽量さ、バックパックやコンテナなどに入れやすい形状やコンパクトさも使い勝手を左右します。キャニスターのみの重さだけでなく、コーヒー豆を入れた際に重さがどうなるかもチェックする必要があります。

密封性が高い

コーヒー豆 持ち運び 容器

キャニスターの密封性はコーヒーの鮮度を保つうえで重要なポイントです。できるだけキャニスター内を真空状態にできるものだと安心ですし、パッキンが付いていると外気に触れにくくなるのでおすすめです。パッキン付きを選ぶ際にはゆるみやひび割れがないものを選びましょう。

最適な容量

コーヒー豆 持ち運び 容器

持って行きたい豆が入る容量かどうかも確認しましょう。先ほどお伝えした通り、キャニスターの多くは“ml”で容量が表記されているので“キャニスターの容量 ÷ 3 = コーヒー豆の量”の計算式を使って大体どれくらいのコーヒー豆が入るか算出してみてください。

240ccのマグカップ1杯分のコーヒーを淹れるのに約18gのコーヒー豆が必要となり、ほとんどのキャニスターが何杯分かのコーヒー豆が入るサイズ感となっています。

ですが、余った空間が大きすぎるとコーヒー豆の酸化が進む原因となるので、出来るだけ無駄の少ないサイズを選ぶようにしたり、ジップロックなどで真空状態にしてからキャニスターに入れるのがおすすめです。

コーヒー豆の持ち運びに便利なキャンプにおすすめのおしゃれなキャニスター

ここからはキャンプへの持ち運びに便利なおすすめのコーヒー豆用のキャニスターを厳選して紹介します。前述してきたポイントを踏まえ、キャンプスタイルに合ったキャニスターを選んでみてくださいね。

UNIFLAME(ユニフレーム) UFキャニスター

サイズ φ6 ×高さ6.5cm
重量 約90g
容量 約160ml
素材 <本体>ステンレス <パッキン>シリコン

容量が160mlと小さめで、コーヒーセットをコンパクトにまとめられますよ。コーヒー豆はおよそ45gほど入るので、ソロやデュオキャンプにはぴったりです。見た目は小さいですが、蓋にはパッキンが付いていてコーヒーの酸化を防いでくれます。キャニスター自体の重さも軽いので、登山キャンプにも持って行きやすい大きさになりますね。

パール金属 保存容器 18-8 ステンレスキャニスターHB-3796

サイズ 幅14 ×奥行き10.5 ×高さ10cm
重量 約230g
容量 530ml
素材 <本体>18-8ステンレス鋼 <蓋>ポリスチレン <パッキン>シリコーンゴム <止め具>鉄(クロムめっき)

530mlの容量があるので150g以上のコーヒー豆が保管できますが、重量はたったの230gととても軽量なキャニスターです。本体には18-8ステンレスが使われているので、軽さがありながら丈夫さも備えています。止め具はしっかりととまり密閉性を高めてくれる一方、開けるときは力がいらずスムーズに開けられますよ。

珈琲考具 下村企販 キャニスター

サイズ φ7.9 ×高さ11.4cm
重量 約165g
容量 400ml
素材 <本体>18-8ステンレス

コーヒー粉がおよそ100g入るサイズとなっています。空気と光を遮断する蓋が内蔵されていて、蓋の上には別売りの10gメジャーもセット可能です。燕市の職人が作った作りの精度の高さはもちろん艶消し仕上げの美しい輝きは、どのキャンプギアともマッチしますよ。

Kalita(カリタ) コーヒー キャニスター Lサイズ

サイズ φ8.8 ×高さ15.8cm
重量 約230g
豆容量 約200g
素材 <本体>18-8ステンレス

コーヒー豆が200g入る大きめサイズのキャニスターです。無機質なステンレスに木製の蓋が温かみをプラスしてくれているので、ナチュラルな雰囲気が好きな方にもおすすめです。一見蓋が外れやすそうに見えますが蓋にはパッキンが付いているので、コーヒー豆の香りが外部に逃げないようになっていますよ。

NALGENE(ナルゲン) コーヒービーンズキャニスター 200g

サイズ
重量
容量 650ml(豆容量:約200g)
素材 <本体>飽和ポリエステル樹脂 <キャップ>ポリプロピレン

キャンプで外せないボトルメーカー、ナルゲンからはドリッパーのイラストが可愛いキャニスターが販売されています。シンプルなボトルデザインですが、独自のキャップシステムで完全密閉を実現し、素材にはプラスチック臭をコーヒー豆にうつさないよう飽和ポリエステル樹脂が使われているなど、細かいところにこだわりが詰まっています。豆はたっぷり200g入りますよ。

Kalita(カリタ)キャニスター B:BOTTLE

サイズ φ6.5 ×高さ20cm
重量
容量 500ml(豆容量:約180g)
素材 <本体>飽和ポリエステル樹脂 <蓋>ポリプロピレン

蓋の裏で10gのコーヒー豆を計量できる便利なキャニスターです。シンプルな形でペットボトル感覚でコンテナやバッグに収納できますよ。透明なので豆の減り具合も分かりやすいですし、洗った後汚れが落ちているかも確認しやすいです。パッキンは付いていませんが密閉性もあるので安心です。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)コーヒービーンズボトル

サイズ 幅6.8 ×奥行き9.5 ×高さ15.2cm
重量
容量 350ml (豆容量:約120g)
素材 <本体>飽和ポリエステル <蓋>ポリプロピレン

BPAフリーのキャニスターなので、コーヒー豆の風味を損なう心配がありません。耐熱100度なので使用前後に煮沸消毒などで清潔に保つことができますよ。側面には目盛りが付いているので、ボトルとしても活躍します。

タケヤ化学工業 フレッシュロック 角型 300ml

サイズ 幅6.8 ×奥行き7.9 ×高さ10.4cm
重量 約100g
容量 300ml
素材 <本体>飽和ポリエステル <蓋>トライタン樹脂 <パッキン>エラストマー樹脂

食材の保管にも使われるフレッシュロックは風味を逃がさず、コーヒー豆の天敵である湿気をブロックしてくれるので、豆の劣化スピードを抑えてくれますよ。角型なので無駄なスペースを生むことなくコンテナなどにすっきり収納できます。パッキンが劣化してきたらメーカーに問い合わせれば再購入可能なのでその点も安心です。

ゆるキャン△×[DRESS] コーヒーキャニスター

サイズ
重量 約180g
豆容量 約120g
素材 <本体>18-8ステンレス <蓋>天然木 <パッキン>シリコン

アニメ「ゆるキャン△」とコラボしたコーヒーキャニスターは耐久性、遮光性に優れたステンレスでできているので、コーヒー豆の鮮度をキープしてくれます。蓋にはパッキンが付いているので密閉性も抜群です。可愛い見た目だけでなく、機能性も兼ね備えた優秀なキャニスターになりますよ。

【軽量・コンパクト】アウトドアにおすすめの手動コーヒーミル11選!人気のポーレックス2ミルのレビュー!
【軽量・コンパクト】アウトドアにおすすめの手動コーヒーミル11選!人気のポーレックス2ミルのレビュー!”アウトドアコーヒー”という言葉が広くキャンパーの間で広がるほど、キャンプとコーヒーは切っても切れない関係です。とはいえ、コーヒーグッズ...
直火で使える「細口」コーヒーケトルのおすすめ選10!注ぎ口の代用も紹介!
直火で使える「細口」コーヒーケトルのおすすめ10選!注ぎ口の代用も紹介!キャンプでコーヒーを淹れる時、ケトルはどのようなものを使っていますか?「一般的なキャンプ用のケトルを使っている」という人も多いですが、美...

まとめ

コーヒー豆 持ち運び おしゃれな容器

キャンプにコーヒー豆を持って行くのに便利で機能性が高いキャニスターを紹介しました。これまでビニール袋などにコーヒー豆を入れていた方はこの機会にぜひ、キャニスターの購入を検討してみてください!

見た目がおしゃれになるだけでなく正しい保管をすればコーヒーの風味や味も変わってくるので、キャンプでのコーヒータイムがグッと楽しみになりますよ。

キャンプコーヒー 必要な道具 上手な淹れ方
キャンプでコーヒーを楽しむために必要な道具と上手な淹れ方!【バリスタ監修】今回は、まだキャンプやアウトドアでコーヒーを淹れたことのない方に向けて、バリスタの歴10年の筆者がキャンプコーヒーを楽しむために必要な道...
シングルバーナーの五徳におすすめのクッカースタンド9選!安い高さ調整・風防付きゴトクをレビュー!シングルバーナーで調理するときに五徳として大活躍するクッカースタンド。鍋やダッチオーブンなど重量級の調理器具を安定して置くことができるた...
キャンプにおすすめのコーヒードリッパー比較
キャンプにおすすめのコーヒードリッパー比較!【コンパクト・ステンレスタイプ】キャンプでコーヒーを淹れるのに欠かせないコーヒードリッパー。アウトドア用のコーヒードリッパーはたくさん種類がありますが「キャンプにおすす...
ABOUT ME
kyon-si
ひきこもりから、キャンプ歴8年。 キャンプ道具が自宅に入りきらなくなってきたので、都内から引っ越し。長期休暇があれば夫婦2人で長期キャンプ旅へ出かけています。 愛車はジムニーとランクル80ですが、ペーパーゴールド免許。田舎道で練習中。
こんな記事もおすすめ