ポータブル電源

キャンプ用ポータブル電源の使い道(用途)と容量の選び方も解説!

キャンプ用ポータブル電源の使い道(用途)と容量の選び方

ポータブル電源は冬キャンプにあると快適度がグッと上がるアイテムです。
冬キャンプは電源サイトの人気が高まり、予約が取れない&高額になることもしばしば。そんな時にポータブル電源があれば通常サイトでちょっとした暖房器具が使えますよね。冬キャンプだけでなく夏キャンプにも、そして万一の備えとしても使えるので1台は持っておきたいですね。

今回はポータブル電源の便利な使い道(用途)や、購入時にはどこを重視したら良いのかの選び方、そしておすすめ商品もご紹介します!

冬キャンプで電気毛布などの暖房器具を使うとどれくらいの消費電力となるか具体的な目安もご説明しますので、ポータブル電源を初めて買う方も、追加購入を考えている方も必見です!

アイキャッチ出典:Smart Tap公式

キャンプでのポータブル電源の使い道(用途)や活用法

キャンプでのポータブル電源の使い道(用途)や活用法

出典:Smart Tap公式

ポータブル電源を冬キャンプに持って行くと色々な使い道や活用法があります。どんな使い方がしたいかもポータブル電源を選ぶ際には大切になってきますので、これから紹介するキャンプでの用途を参考にしてみてくださいね。

キャンプの用途①バッテリーが切れてもすぐに充電

ポータブル電源の使い道といえば充電です。冷え込みが厳しい冬キャンプでは、どうしてもテント内にこもりがちになりますよね。テント内でLEDライトを使ったり、スマホをいじったり、音楽を聴いたり…気付かないうちに思っている以上に電化製品の充電を消費しています。

ポータブル電源があれば予備のライトやバッテリーをいくつも持って行かなくても、1台で色々な電化製品を充電できますよ。冬キャンプは荷物が増えがちなので、あれこれ持って行かなくて済むのは楽ですね。

キャンプの用途②電気毛布&ホットカーペットなどの暖房器具が使える

冬キャンプでは焚き火や薪ストーブを使って暖まる方も多いですが、寝ている間も暖を取るのはなかなか難しいです。ですが、ポータブル電源があるとちょっとした暖房器具が使えますよ。

特に冬キャンプの朝はテント内も冷え切っているので、すぐに暖かくなる電気毛布が使えるのは嬉しいですね。ポータブル電源の容量によっては数時間であればホットカーペットも使うことも可能なので、快適に暖を取りながら冬のデイキャンプを楽しめますよ。

キャンプの用途③調理家電を使って炊事も簡単に

冬キャンプのご飯づくりは寒さとの闘いです。極力動きたくないときはポータブル電源で調理家電を使いましょう。
最近ではポータブル電源で使える消費電力の低い調理家電も多くあります。

例えば炊飯器を使えば、寒空の中ご飯が炊けるのをずっと気にかけている必要もありませんし、焦げて洗い物が大変になる思いもしなくて済みそうですね。お湯が使えないキャンプ場もたくさんあるので、洗い物が簡単になるのは助かります。

キャンプの用途④テント内で温かい夜食もすぐ作れる

なんとなく小腹が空いた時も、ポータブル電源と電子クッカーを使えばあっという間に夜食が作れます。冬キャンプでありがちな寒くて眠れない夜も、温かい飲み物や食べ物でホッとできますよ。

キャンプの用途⑤夏キャンプにも使える!

冬キャンプで大活躍のポータブル電源ですが、夏キャンプにも役立ちます。最高気温が年々高くなっていく昨今、扇風機は夏キャンプには欠かせませんし、ポータブル冷蔵庫を使えばいつでも冷たい飲み物が飲めますね。

キャンプ用で使うポータブル電源の必要な容量の目安は?

キャンプ用で使うポータブル電源の必要な容量の目安

出典:Smart Tap公式

容量 適している方
【200Wh~】 日帰り程度でパソコンや携帯電話の充電メインの方向け
【350Wh~】 冬キャンプで電気毛布を一晩など、1泊のキャンプで小物家電を使いたい方向け
【600Wh~】 日中も含め、長時間ストレスなくポータブル電源を活用したい方向け
【1000Wh~】 数日の冬キャンプや消費電力の大きい電化製品を使いたい方向け

このようになります。1つの目安としてみてくださいね。

サイズや重量の目安

キャンプなどで使用するのであれば、持ち運びのしやすさも考慮するといいですね。高出力・大容量のポータブル電源ほど、本体サイズが大きく、重量は重くなります。自分が求めている性能を満たしつつ、無理なく持ち運べる製品がベストですよ。

ポータブル電源の重量については、以下を参考にしてください。

重量 適している方
3kgまで 携帯性を重視したい方
5kgまで 性能・携帯性のバランスを重視したい方
5kg以上 性能を重視したい方

以上の表はあくまで参考です。これらのほか、車の積載能力やキャンプ場での運搬方法などの事情も考慮して選びましょうね。

キャンプ用で使うポータブル電源の失敗しない選び方

キャンプ用で使うポータブル電源の失敗しない選び方

出典:Smart Tap公式

ポータブル電源には様々な使い道や活用法があってとても便利ですが、実際買うとなると見慣れない単位や言葉が並んでいてどれを買っていいか悩んでしまいます。購入するときは以下のポイントを気にしてみましょう。

容量は十分か

ポータブル電源の容量は「Wh(ワット時)」という単位を使って表されています。この「Wh(ワット時)」というのは「電力(W)×時間(h)」で算出することができます。

例えば40Wの電気毛布を一晩8時間ほど使いたい場合には「40(W)×8(h)=320(Wh)」となりますので、単純計算で320Wh以上の容量は必須となります。このように「使用製品の消費電力合計(W)×使用時間(h)」で必要な容量を確認しておくとポータブル電源を選ぶ時に便利ですよ。

ただ注意してほしいのは、ポータブル電源は表示容量の100%が使用できるわけではなく、実際に使えるのは70%程度となっているポータブル電源が多いです。そのため、必要容量に対して余裕のある容量を選ぶようにしてください。

出力はカバーしているか

出力数も重要です。製品情報には「定格出力」と「瞬間最大出力」と記載がありますが、「瞬間最大出力」はあくまでも一時的に対応できるワット数なので、基本的には安全に連続使用できるワット数の合計である「定格出力」を確認しましょう。

冬キャンプで使いたくなる電気毛布は5~50W前後で、ホットカーペットは500~800W程度の出力が必要になります。
出力のワット数が低いポータブル電源は比較的安く購入できますが、1000W近くの出力数のポータブル電源となると10万円を超えることもあります。
値段の幅が大きく出ますが出力数が大きいと使える電化製品は大幅に増えますので、快適な冬キャンプになりますよ。

出力端子は何種類あって何個あるか?

使用機器に対応した出力端子の種類や数が足りているかも確認しましょう。
メインで使う出力端子の種類にはホットカーペットなど家庭用家電で使用するAC100Vコンセントの他に、携帯電話の充電や電気毛布などで使うUSBポート、さらには車載用家電で使うDC12Vシガーソケットがあります。

また、出力口の個数が多いと容量や出力数の範囲内であれば、一度に使える電化製品が多くなります(種類の違う出力端子を同時に使うことができないポータブル電源もあります)。キャンプに来ている全員分の携帯電話を充電しようとしたら出力口数が足りない…といったことがないようにしましょうね。

波形は正弦波か

ポータブル電源のAC出力の波形には「正弦波(純正弦波)」「短形波」「修正正弦波」という3種類あります。聞き慣れない言葉かと思いますので簡単にご説明しますが、ポータブル電源を購入するときには「正弦波(純正弦波)」と記載のあるものにしましょう。

多くの家電は正弦波の波形を持つ電源を使うことを大前提に作られているため、「短形波」「修正正弦波」で安全に使用できる家電はほんの一握りです。正弦波以外の波形のポータブル電源を使用して家電を使うと、一時的には使えても長期の使用は事故や故障の原因となりますよ。
低価格のポータブル電源には正弦波以外の波形がAC出力に使われている場合があるので、確認してくださいね。

安全性に問題はないか

冬キャンプは特に暖を取るために火器が増えますし、毛布などの布製品も増えます。ポータブル電源購入時に安さばかり重視して安全性を無視すると、発火や漏電によって大事故につながる可能性もあるので、製品自体の安全性に問題ないかは購入前に確認が必要です。

分かりやすいのは「PSEマーク」という日本の厳しい基準に適合した証の有無です。海外製品の場合はその国の安全基準を満たしたマークがついている場合もあるので見てみましょう。
もちろん、正しい使い方は大前提です!

【安心の日本メーカー製】ポータブル電源のおすすめ10選!冬キャンプ・車中泊にも。ポータブル電源があれば、家庭用の電化製品をアウトドアでも使用できるようになります。屋外で暖房器具や扇風機なども使えるようになるので、冬キ...

ポータブル電源で使える?家電の消費電力目安

ポータブル電源で使える?家電の消費電力目安

出典:Smart Tap公式

ポータブル電源で使えるかどうか、気になる家電製品の消費電力目安をご紹介します。あくまで目安で製品によって変わってきますので、詳細は使用予定製品の消費電力を確認してくださいね。

電気ストーブ/セラミックファンヒーター

冬キャンプで暖を取るといえばストーブですね。便利な電気ストーブやセラミックファンヒーターは強で1000W前後、弱で500W前後の消費電力となります。弱であれば数時間程度使えるポータブル電源もありそうですが、強での使用は難しいかもしれません。

ホットカーペット

冬キャンプの電源サイトの定番、ホットカーペットは1畳サイズで200W 2畳サイズ500W 3畳800W程度の消費電力になります。小さめのサイズを選べば時間制限有で使用はできますが、他の電化製品と当時に使う時には注意してくださいね。

電気毛布

電気毛布も暖が取れるアイテム。冬キャンプで使うと体感温度が結構変わりますので消費電力が大きいと思われがちですが、実は消費電力は5~50W前後です。ポータブル電源で一晩使っても無理なく使用できる場合が多いです。

サーキュレーター(扇風機)

夏キャンプでは扇風機として、冬キャンプではテント内の暖かい空気を循環させるためにサーキュレーターを使用する方もいますね。消費電力は10W~30W程度なので、電気ストーブではなく、石油ストーブや薪ストーブと併せて使用するのもおすすめです。

調理家電(ホットプレート、ホームベーカリー、炊飯器)

電源サイトで使う方も多いホットプレートは、ほとんどが消費電力が1000Wを超えているためポータブル電源での長時間の使用は難しくなります。

たこ焼き器もホットプレートと比較すると消費電力は低いですが、長時間の使用には不向きです。

ホームベーカリーは捏ねるモードは50W前後、焼きに入ると400W前後の消費電力になります。無理のない範囲ではありますが、他の目的でもポータブル電源を使いたい場合には捏ねる機能のみ使っても便利ですよ。大変な捏ねの作業だけお任せしてしまえば、あとはダッチオーブンなどで焼き立てのピザやパンをキャンプで楽しむことができますね。

炊飯器は1.5~2.5合の小型であれば200~300Wの消費電力になるので、無理せず使える調理家電になりますよ。

ポータブル電源の寿命は?

ポータブル電源の寿命

出典:Smart Tap公式

ポータブル電源に使用されている蓄電池の主な種類は「リチウムイオン電池」です。蓄電池は放電と充電を繰り返すと充電容量が少しずつ減っていきますが、リチウムイオン電池は放電と充電のサイクルを繰り返し行っても充電容量が減りづらいという特徴があります。

リチウムイオン電池の大体のサイクル回数は3500~4000回となっていて、ポータブル電源の寿命は大体6~11年程度と言われています。ですが、寿命年数が経ったらポータブル電源として全く使えなくなってしまうということではなく、電池容量が20~30%程度減少するというイメージになりますので過度に心配する必要はありませんよ。

これを考えると、ポータブル電源は一度購入すると長く使えるアイテムですし、寿命を迎えて電池容量が20~30%減になることを考えると、高額であっても大容量なポータブル電源を購入した方が結局は得だと感じるキャンパーも多いです。

もちろん寿命年数6~11年は目安であって、使用環境や使用状況で寿命を早く迎えることもあれば、良い状態で長く使えることもあります。ポータブル電源の劣化の1番の原因は放電と充電を繰り返すことによるものなので、頻繁に充電をするのではなく、一度使い切ってから充電をしてあげると寿命も長くなりますよ。

キャンプ用ポータブル電源で人気の3大メーカー

ここからは冬キャンプでぜひ使ってほしい、人気のポータブル電源メーカーを紹介します。高いイメージのあるポータブル電源ですが、安くてコスパの良いものもありますので気になるポータブル電源をチェックしてみましょう!

Smart Tap(スマートタップ)Power ArQ

サイズ 幅30 ×奥行19.3×高さ24.2cm
重量 6kg
電力容量 626Wh/3.6V/174,000mAh
AC出力 300W(最大瞬間500W)
出力波形 純正弦波
出力ポート AC 1、DC 2、USB 3
シガーソケット あり
本体フル充電所有時間 7〜9時間(ACアダプタを使用時)

ポータブル電源というとどうしてもメカニックなデザインで、カラーも緊急時でも目に付きやすい蛍光グリーンやブルーが多く、おしゃれなものは少ないですよね。容量や機能性も譲れないけど、キャンプサイトにも馴染むおしゃれなポータブル電源を買いたいという方にはスマートタップのポータブル電源がおすすめです。

数々のアウトドア雑誌にも取り上げられていて、発売前から話題になっていたPower ArQは2019年にグットデザイン賞を受賞するほど見た目にこだわったデザインになっていて、カラーバリエーションは6色もありますよ。

もちろん、人気の理由は見た目だけではなく、626Whの容量の大きさと300WのAC出力といった、キャンプで使用するには十分なスペックにもあります。電気毛布に加え、暖かい空気の循環を促すサーキュレーターなどを一度に使えるので、快適な冬キャンプを過ごせますね。

輸送規格UN38.3、電気用品安全法、品質マネジメント規格などの国内外基準で合格しているので、安心して使用できますよ。

Smart Tapにはこちらの容量以外に346Wh、1000Whモデルがあります。

LACITA(ラチタ)エナーボックス

サイズ 幅13.4 ×奥行30.3×高さ18.4cm
重量 5kg
電力容量 444Wh/3.7V/120,000mAh
AC出力 400W(最大瞬間600W)
出力波形 純正弦波
出力ポート AC 3、DC 2、USB 3
シガーソケット あり
本体フル充電所有時間 約7時間(ACアダプタを使用時)

こちらのポータブル電源を見て、最初に驚くのはそのコンパクトさです。容量444WhにAC出力400Wとポータブル電源の中でもスペックが高いのですが、同程度のポータブル電源と比較するとサイズの小ささは一目瞭然。

さらに重さも約5kgと軽量で、お子さまや女性でも簡単に持ち運びができますよ。サイズがコンパクトな上に取っ手部分も邪魔にならないので、積載時にはキャンプ道具と一緒にコンテナにもしまえますし、積載が終わった隙間にも置くことができます。業界初といわれる防水防塵性を備えていますので砂ぼこりにも強いので、荷台に乗らなくても座席の足元に置いておけますよ。

多くのポータブル電源は大容量さをうたっていますが、実際は表記の70%程度しか容量として使用できないのに対して、ラチタのエナーボックスは表記容量の99.1%が使用することができます。20%近く差がありますので、無駄なくしっかりとポータブル電源を使いきれますよ。本当の意味での大容量のポータブル電源をお探しの方におすすめしたい商品です。

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源 1000

サイズ 幅33.2 ×奥行23.3×高さ24.3cm
重量 10.6kg
電力容量 1002Wh/21.6V/278,400mAh
AC出力 1000W(最大瞬間2000W)
出力波形 純正弦波
出力ポート AC 3、USB 4
シガーソケット あり
本体フル充電所有時間 約7時間(ACアダプタを使用時)

10万円を超えるポータブル電源は、驚愕のスペックを備えています。
ポータブル電源で有名なジャクリですが、その中で最上クラスのこちらは容量が1002Wh、定格出力1000Wの瞬間最大出力が2000Wとほとんどの家電が使えるスペックになっています。

小型の暖房器具も使えますし、デイキャンプであればホットカーペットも弱で数時間使えますよ。そこまで消費電力の高いものを使わない場合は、数日キャンプできてしまうほど十分なスペックがありますよ。このポータブル電源があれば、寒さが苦手な人も冬キャンプに付いてきてくれるかもしれませんね。

冬キャンプでストレスなく快適に過ごしたい方、冬キャンプの電源サイトの取り合いにもう参戦したくないという方におすすめしたいポータブル電源です。高額ですが、快適さや後々の寿命を考えるとそこまで高くない買い物にも思えてしまいます。

ジャクリにはこちらの容量以外に700Wh、400Wh、240Whモデルがありますので、ご自身の冬キャンプスタイルに合うモデルが選べますよ。

【コスパ最強】キャンプにおすすめの安いポータブル電源
【コスパ最強】キャンプにおすすめの安いポータブル電源8選!安くても信頼できるメーカーで厳選!ポータブル電源があれば、家庭用の電化製品をキャンプで使用できるようになります。電気毛布などの暖房器具も使用可能で、冬キャンプや車中泊では...

まとめ

キャンプ用ポータブル電源の使い道(用途)と容量の選び方

出典:Smart Tap公式

ポータブル電源は自然に癒されながら文明の利器にも頼れる、とても快適な冬キャンプを実現してくれます。様々な種類に悩んでしまいますが、冬キャンプに1台あれば寒さ対策としても万一の備えとしても使えますよ。

ポータブル電源には色々な用途や活用法がありますので、「こんな使い方ができた!」という自分だけの快適さの追求をしながら、冬キャンプも思い切り楽しんでくださいね。

冬の車中泊やキャンプ用におすすめの電気毛布10選!ポータブル電源とUSBモバイルバッテリーに分けて紹介!
冬の車中泊やキャンプ用におすすめの電気毛布10選!ポータブル電源とUSBモバイルバッテリーに分けて紹介!冬キャンプにぴったりの防寒アイテムである電気毛布。「電源なしサイトだから使えない…」と思っている方もいるのでは?ですが、ポータブル電源や...
【2021】キャンプ扇風機のおすすめ12選!強力なのは?音や風力を比較検証!
【2021夏】キャンプ扇風機のおすすめ12選!強力なのは?音や風力を比較検証!キャンプ扇風機は、真夏のキャンプに涼しさをもたらしてくれる優秀なツール。最近はキャンプ扇風機も高性能化が進んでおり、一晩中稼働できる大容...
ABOUT ME
kyon-si
ひきこもりから、キャンプ歴8年。 キャンプ道具が自宅に入りきらなくなってきたので、都内から引っ越し。長期休暇があれば夫婦2人で長期キャンプ旅へ出かけています。 愛車はジムニーとランクル80ですが、ペーパーゴールド免許。田舎道で練習中。