水筒・ボトル・ジャグ・バケツ

YETI(イエティ)の保冷缶ホルダー「ランブラーコルスター」の保冷力を検証してみた!

YETI(イエティ)の保冷缶ホルダー「ランブラーコルスター」の保冷力を検証してみた!

暑い季節、外で飲むキンキンに冷えたビールって最高ですよね。ただ、ちょっと残念なのは置いておくだけであっという間にぬるくなってしまい、美味しさが半減してしまうこと。「YETIランブラーコルスター」があれば缶ビールの冷たさを長持ちさせることができます。

アウトドアだけでなく、家飲みにもぴったりなYETIランブラーコルスターの使い方や保冷力をレビューします。保冷缶ホルダー選びの参考になればうれしいです。

YETIランブラーコルスターのスペックや特徴

サイズ H12.4cm×φ7.94cm
重量 240g
カラー ブラック・ホワイト・シルバー・ネイビー・カッパ―・グラファイト

※商品は現行モデルのYETIランブラーコルスター2.0

サイズ

YETIランブラーコルスター

缶ホルダーにしては大きめ。350ml缶と比べてのサイズ感。

底も側面も真空断熱構造になっているため、厚めのつくりになっています。

YETIランブラーコルスター

ちなみに500ml缶では蓋ができません。

デザイン

YETIランブラーコルスター

YETIはタフでおしゃれな高級クーラーボックスで有名なブランドですが、このランブラーもそういったYETIらしさが発揮されています。下部にエンボス加工でYETIのロゴが入っているのですが、主張しすぎていないのがお気に入りポイントです。

YETIランブラーコルスター

底裏面にもエンボス加工でロゴが入っています。

YETIランブラーコルスター

旧型モデルは底から1cm程がステンレスになっていますが、傷もつきにくいです。

YETIランブラー コルスター2.0との違い

コルスター2.0との違い

旧型YETIランブラーコルスターとバージョンアップされた「YETI ランブラー コルスター2.0」との違いを紹介します。

サイズと重さの比較

商品名 YETIランブラーコルスター YETIランブラーコルスター2.0
サイズ 12.7 × φ7.9cm 12.4 × φ7.94cm
重量 241g 240g

このようにサイズと重さはほぼ同じです。

機能面の比較

保温、保冷機能についてはデータがないので具体例がないのですが、共に真空断熱構造が備わっています。

また、缶を固定するためのガスケット(蓋)が、コルスター2.0の方が固定する際に回す回数が少なくなり、1/4回転させるだけで使用できますので、きっと酔っぱらっていても簡単に取り付けられます。

デザインの比較

コルスター2.0は、底部分のステンレスの切り替わりがなく、よりシンプルなデザインになっています。
ふた部分の唇に触れるところも滑らかなカーブになっていますね。

YETIランブラーコルスターのレビュー

使い方

YETIランブラーコルスターのレビュ

缶のセット方法ですが、上部の黒い蓋を回し、缶を入れ、締めて固定します。
固定すると缶がぴったりフィットするので、グラグラ動いてしまうことはありません。

YETIランブラーコルスターのレビュ

締めると缶の飲み口が少しだけでるのて、缶に口をつけて飲みます。飲む際はランブラーの蓋部分にも唇が触れてしまうので、使用後は蓋部分をよく洗うようにすると衛生的です。

ランブラー本体の中に飲み物が入ってしまうということはないので、本体のお手入れは簡単に済ませても問題なさそうです。

YETIランブラーコルスターのレビュ

缶ではなく直接飲み物を入れて使うこともできそうですが、ふたを外すとステンレスがむき出しになってしまい、温かい飲み物の場合、飲み口が熱くなってしまうので、やめた方が良さそうです。

自分の飲み物であることが一目瞭然

大人数のバーベキューではドリンクの温度を保てるだけでなく自分の飲み物であることが一目瞭然です。うろうろしている間に自分のドリンクがわからなくなってしまうことはありません。

家でも使える

ゆっくり映画やテレビを見ながら晩酌していても、ずっと冷えたままのビールを楽しむことができます。真空断熱構造なので、結露でテーブルが濡れる心配がないのもうれしいポイント。

YETIランブラーコルスターの保冷力は?氷で検証してみた!

YETIランブラーコルスターで一番気になる保冷効果ですが、実際どれほどなのか、氷を入れて溶けきるまでの時間を計ってみました。

YETIランブラーコルスターのブログ

約100gの氷を入れて検証します。

場所は室内で、室温は17℃~23℃です。

YETIランブラーコルスターのブログ

6時間経過後の様子です。
氷の角がとれてきた程度です。すでに家飲みで使用するには申し分ない効果が確認できると思います。

YETIランブラーコルスターのブログ

こちらが17時間後の様子です。
5mmほどの薄い氷が残っていますが、ほぼ溶けきりました。

以上が保冷力の検証結果です。
比較的涼しい場所での検証でしたが、それでも十分効果があることはわかると思います。

ただし表面はもちろんむき出しになっていますので、炎天下の中で缶が直射日光を浴びていると期待する効果が得られない可能性が高いのです。

冷たい飲み物をコップで飲みたい方には、キャンプに氷が持っていけるグロウラーも選択肢の一つです。

ビールや氷が持ち運べるグロウラーとは?おすすめを比較紹介!グロウラー(グラウラー)は、ビールを持ち運ぶための容器のこと。比較的マイナーな存在ですが、グループキャンプに持っていけば、仲間がよろこぶ...

YETIランブラーコルスターの気になる点

本体が重い

本体の重さがあるので、使い始めのころは、もう空なのにまだ入っていると勘違いしてしまうことが何度かありました。代わりに安定感はあるので、ある程度平な場所であれば気にせず置いちゃってます。

椅子や車のドリンクホルダーに入らない?

サイズが他の保冷缶ホルダーと比べても大きめなので、アウトドア用の椅&子や車のドリンクホルダーに入らないことが多いです。

ソフトドリンクは使えない?

輸入代理店A&FのサイトにはYETI ランブラー コルスター2.0について、以下のような記載がありますのでご注意ください。

アメリカのブランドのため、缶の適応サイズが日本とは異なります。一般的な日本の350mlの缶ビールの場合、蓋は最後まで閉められませんが使用していただけます。ソフトドリンクの缶の場合は蓋が閉まらず使用できません。

使用しているYETIランブラーコルスターは、ソフトドリンクの缶についてはわかりませんが、一般的なお酒の缶は問題なく蓋は閉まりますので、缶の形状により差があるかもしれません。蓋が閉まらなければ、蓋をしなくても使えるので、そこまで気にすることもなく使用してます。

YETIランブラーコルスターのまとめ

以上、YETIランブラーコルスターのレビューでした。
YETIのクーラーボックスに憧れているけど値段が気になる、という方にもYETIグッズの中でも比較的安価ですのでおすすめです。
また、キャンプやアウトドア好きな家族や友人にプレゼントしても喜ばれると思いますので、ぜひご検討ください。

スタンレーのグロウラーの使い方レビュー!氷は解ける?炭酸は抜けない?検証してみた。
コストコ「スタンレーのグロウラーセット」の使い方レビュー!氷は解ける?炭酸は抜けない?検証してみた。スタンレーのグロウラーは、ビールを注ぎたての冷たさと炭酸を保持できることが特徴ですが、今回コストコで購入したグロウラーセットを使い、本当...
ABOUT ME
suzu_mai
suzu_mai
福島県在住のライター。趣味はキャンプと登山で主に福島近郊のキャンプ場を巡っています。キャンプはこだわりを持ちつつリーズナブルに楽しみたいので、ギアはかなり時間をかけて選んでいます。
こんな記事もおすすめ