水筒・ボトル・ジャグ・バケツ

キャンプの水用タンクのおすすめ11選!容量は10L?20L?置き場所も解説。

ウォータータンクはキャンプで必要な水を入れるタンクです。ウォータータンクがあると、自分のサイトと水場を何度も行き来する必要がなくなり、とても便利ですよ。水場のない穴場キャンプ場でのキャンプでは水用タンクは特に必要なキャンプ用品です。

今回はキャンプで使えるウォータータンクについて、選び方やおすすめ商品を紹介します!ウォータータンクと一緒に使うと便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてくださいね。

ウォータータンク(水用タンク)はキャンプで必要?

ウォータータンク(水用タンク)はキャンプで必要?

ウォータータンクは必要ないと考える人もいるかとは思いますが、快適なキャンプのためにはウォータータンクは欠かせません。

ちょっと手を洗いたい時、お皿を使う前にすすぎたい時、食べ終えた食器などをつけておきたい時など、キャンプでは水が必要になるシーンが多くあります。料理をする時には特に必要になってきます。

そんな時、わざわざ水場まで行くのは正直面倒くさいですよね。寒い冬キャンプや、一度座って食事を始めたり飲み始めてしまうと、より一層水場まで行くのは腰が重くなってしまいますね。

そんな時、テントサイトにウォータータンクがあればとても助かりますよ。水が必要な時に必要な分だけすぐに使えるウォータータンクは、ストレスなくキャンプを楽しむために必要なキャンプ用品の1つになります。

キャンプの水用タンクの選び方

キャンプの水用タンクの選び方

ウォータータンクには色々な種類があります。いくつかポイントがあるのでご説明しますね。

水タンクの素材で選ぶ

ウォータータンクには主にソフトタイプとハードタイプの2種類あります。

折りたたみ水タンク

ソフトタイプのウォータータンクはタンクに使われている素材がやわらかく、コンパクトに折りたたんで収納できるものが多くあります。

キャンプの折りたたみ水タンク

使用しない時期の保管場所に困らなくて済みますし、携行性にも優れていますよ。

ですが、タンク全体がやわらかい分、水を入れた時に少し不安定になるウォータータンクもあるので、使用の際には特に置き場に気を付けなくてはいけません。

おしゃれなキャンプにおすすめのウォータータンク

反対にハードタイプのウォータータンクは携行性には劣りますが、底が安定しているため、倒れる心配が少ないのが特徴です。

どちらのタイプも長所と短所がありますので、ご自身のキャンプで譲れないポイントはどこかで選ぶと良いですよ。

水タンクの蛇口で選ぶ

キャンプで使う水タンクの蛇口

ウォータータンクは蛇口の有無や形状でも使い心地は変わってきます。蛇口はついていた方が便利ですよ。

また、蛇口の形状も押した分水が出るタイプと、コックを1回ひねれば好きな量の水を出しっぱなしにできるタイプがあります。

押した分だけ水が出るタイプのものは、手を洗いたい時などは不便に感じるかもしれませんが、水を無駄に出しっぱなしになることがないのでお子さまがいるご家庭には向いていますね。コックをひねるタイプは手や物を洗う時に便利です。使い勝手の良さで選んでみましょう!

ウォータータンクは通気弁の有無で選ぶ

おしゃれなキャンプ用ウォータータンク

ウォータータンクに通気弁があるかないかで、排水のスムーズさが変わってきます。
通気弁はタンク内に空気を取り込むのに必要な弁で、水を出しているときに「ゴポゴポ」と音が鳴る場合はタンク内の空気が少なく、うまく排水が出来ていないということになります。

水の出る勢いが足りないと感じた時にこの通気弁を開けるとスムーズに水が出てきますよ。通気弁があると便利なので、チェックしておきたい項目ですね。

キャンプに必要な水の量は10L?20L?

ウォータータンクの容量は10L?20L?

一般的に1日で大人1人当たり2.5Lほどの水が必要といわれています。これを参考に考えると、例えば大人4人でキャンプに行く時には目安として1泊で10Lのウォータータンク、2泊20Lの容量が良さそうですね。キャンプサイトと水場との距離でタンクの容量は前後しても問題ありませんが、容量が少なすぎると何度も水場に行く必要が出てきますので注意しましょう。

また、必要な水の量はウォータータンクの用途にも変わってきます。料理にメインで使う場合にはたっぷりの水が必要になりますが、ちょっと手を洗うだけに使う場合にはそれほど大きなウォータータンクでなくても十分ですよ。

ウォータータンクと一緒に使うと便利なアイテム

キャンプにおすすめの水用タンク

ウォータータンクを使う時にぜひ一緒に使ってほしいアイテムがあります。あるとないとでは使い心地が変わってきますよ。

ウォータータンクスタンド

ウォータータンクスタンド

ウォータータンクはテーブルにそのまま置いたり地面に直接置く方もいますが、ウォータータンクの置き場にはスタンドを使用しましょう!スタンドを活用するとウォータータンクの置き場に困りませんし、テーブルに置くよりも邪魔にならず、何よりバランスよくウォータータンクを置くことができますよ。

また、ウォータータンクの置き場をテーブルや地面にしてしまうと、注ぎ口がついているタイプは地面に注ぎ口が着いてしまい汚れてしまいますが、スタンドを使うと注ぎ口部分がどこにも干渉せず清潔ですし、注ぎ口と地面の距離ができることで手も洗いやすくなりますよ。

ジャグスタンドのおすすめ
ジャグスタンドのおすすめ4選!高さ選びやおしゃれな木製も紹介!「ジャグスタンド」はウォータージャグ(タンク)を置くための台で、あると非常に便利なアイテムです。 キャンプでは料理や手洗いなど水を...

水受け(バケツ)

ウォータータンクの水受け(バケツ)

ウォータータンクの水が落ちる位置に、水受けを置くことをおすすめします。水受けはバケツなど少し深めのものを使うのがおすすめですよ。

手や物を洗う時に水受けがないと、ウォータータンクから出た水が全て地面に落ちていき、気がついたら雨も降っていないのに自分のキャンプサイトが水浸しになってしまいます。それに手や物を洗った後の汚れた水が地面に直接落ちてしまうことは、環境に悪いですしキャンプ場にも迷惑がかかってしまいますよね。

環境の面もありますし、水受けは便利だから使うというよりもウォータータンクを使う時は必要なアイテムだと考えましょう。

キャンプにバケツは必要?折りたたみなら軽量で持ち運びもラクチン!
キャンプにバケツは必要?折りたたみなら軽量で持ち運びもラクチン!「キャンプにバケツがあると非常に便利」ということをご存知ですか?わざわざ用意する必要もないと考える方も少なくありません。 しかし、...

ウォータータンクは置き場所と水の量に注意

ウォータータンクの置き場所

ウォータータンクは置き場所と水の量に注意して使用しましょう。

置き場所

置き場所については先ほど便利なアイテムでご紹介したように、スタンドを活用して安定感のある置き場所を用意してください。テーブルの真ん中に置いてしまうと邪魔になりますし、かといってテーブルの端に置くとバランスを崩してひっくり返ってしまい、思わぬ事故や怪我へつながる可能性がありますので注意が必要です。

スタンドを使うのが1番安定しますが、持っていない場合にはステップ台や2つ折りできるコンパクトな椅子などを活用するのもおすすめです。
また、サイトに傾斜がある場合にはできるだけ傾斜が緩やかになっている下の方に置くと安定しやすいでだけでなく、注ぎ口を傾斜の下側に向けることで水がスムーズに排水されやすくなります。

水の量

水の量については、運ぶ時に無理のない水の量にしましょう。容量10Lのウォータータンクにいっぱい入れると、10㎏もの重さになりますし、それを運ぶとなると結構な体力を消費します。

また、いっぱいに入れすぎると運ぶ時の揺れで注ぎ口から水が若干漏れることもあります。水の量はタンクの容量に対して無理のない量にしてください。

使わない水の量を入れてしまうとキャンプ場では貴重な水の無駄になってしまうので、必要最低限の水の量を確保するようにしましょうね。

キャンプにおすすめ10L・20Lのウォータータンク6選!

キャンプにおすすめ10L・20Lのウォータータンク

それでは、ここからは1泊から2泊にちょうどいい、おすすめのウォータータンクを紹介します!

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 抗菌 伸縮ウォータージャグ

サイズ 幅23 ×奥行 25.5 ×高さ 31.5cm
重量
容量 10L
素材 ポリエチレン

1,000円程度で買えるキャプテンスタッグのウォータータンクは伸縮タイプとなっていて、畳むと高さが9㎝になるので収納や持ち運びに便利です。低価格でコンパクトになりますが、丸みがあり握りやすい取っ手や、簡単に水が出せるコック付きで使い勝手の良さが考えられていますよ。半透明なので水の減りが一目瞭然なのも良いですね。
また、無機系抗菌剤使用で菌の増殖や発育を防止するので、飲み水入れとしても使えます。

LOGOS(ロゴス) シンクになるウォーターコンテナ10L

サイズ 幅32 ×奥行 22.5 ×高さ 23cm
重量 220g
容量 10L
素材 LDPE、HDPE、ABS

広げて水を入れれば容量10Lのウォータータンクとして使用ができ、畳むと食材やお皿などを洗うときに便利なシンクになります。2WAY仕様なのでどちらも中途半端な使い心地ではと心配になる方もいると思いますが、コックがついているのでウォータータンクとしての使い心地も良く、シンクも自立するので家族分の食器の運搬などにもしっかり使えますよ。

アイリスオーヤマ ウォータータンク 10リットル

サイズ 幅22.5 ×奥行 22.5 ×高さ 27cm
重量 170g
容量 10L
素材 高密度ポリエチレン、ポリプロピレン

とにかく低価格でコンパクトになるウォータータンクを選びたいという方にはアイリスオーヤマのウォータータンクがおすすめです。こちらは折り畳むと高さが約6㎝ととても小さくなるので積載時のストレスがないので、予備でいくつか持って行くのも良いですね。

重量も約170gと今回ご紹介している10Lタンクの中では最軽量となります。この軽さなら水を満タンにしてもそこまで重量感を感じずキャンプサイトまで水を運搬することができますよ。

尾上製作所 ウォータータンク

サイズ 幅36.5 ×奥行 23 ×高さ 34cm
重量 800g
容量 22L
素材 ポリエチレン

キャンプ用品をはじめ、アウトドアやレジャー用品を販売する尾上製作所のウォータータンクは、水専用の容器となっているので飲料用の水を安心して入れられますよ。

1,000円ちょっとと価格が安いですが、細かい部分までキャンパーの使い心地が考えられています。例えば注ぎ口が短く設計されていて、これにより接地面に注ぎ口が干渉しませんし、注ぎ口の収まりがいいことで積載時に他のキャンプ道具とぶつかることがありません。

また、タンクの真ん中に取っ手がくるようになっているので、タンクに水を入れた時に非常にバランスよく持つことができますよ。容量もコスパも重視したウォータータンクをお探しの方にぴったりな商品です。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ウォータータンク

サイズ 幅39.5 ×奥行 19 ×高さ 36cm
重量
容量 20L
素材 ポリエチレン

キャプテンスタッグのハードタイプのウォータータンクには5L、5L抗菌、10L、10L抗菌、20L抗菌、30L抗菌キャスター付きと幅広いランナップとなっているので、必要に応じたウォータータンクが選べますよ。

こちらは20L抗菌タイプとなっていて、大人数でのキャンプでも使い勝手の良いサイズになっています。給水口が大きく、中までしっかりと洗える構造になっているので清潔さ維持できますし、抗菌タイプなので飲み水を入れておけるのは嬉しいですね。

タンゲ化学工業 水専用タンク 20L

サイズ 幅44 ×奥行 25 ×高さ 33cm
重量 1.93kg
容量 20L
素材 ポリエチレン

人気のキャンプ場ですと、水場近くなど便利なところからサイトが埋まってしまいますよね。水場まで遠いサイトになってしまっても安心なのが、タンゲ化学工業のコロコロタンクです。

名前の通りホイール付きのウォータータンクで、さらにハンドルは段階で長さ調整できるので女性でもお子さまでも水汲みがラクラクできちゃいますよ。設営中にお子さまが少しでも手伝ってくれると嬉しいですよね。

キャンプにおすすめのおしゃれなウォータータンク5選

ウォータータンクを検索するとジャグとは違い、どうしてもデザイン性といった面では同じように感じてしまいますね。ですが、ウォータータンクの中でもキャンプサイトで映えるおしゃれなデザインのものもありますよ。ここからはおしゃれなウォータータンクをご紹介します!

BUNDOK(バンドック) フォールディング ジャグ 7L

サイズ 幅42 ×奥行 15 ×高さ 32cm
重量 80g
容量 7L
素材 ポリエチレン

500円ちょっとで買えるこちらのウォータータンクは、予備で1つ持っておくととても役に立ちますよ。メインのウォータータンクの補充用として使用しても良いですし、キャンプ場でお子さまがたくさん遊んだ後の手洗いや足洗い用の水としても使えます。

マチが15㎝あるので小さいのにしっかりと自立しますし、デザインもキャンプ場にぴったりのアウトドアなデザインなので、おしゃれなキャンプサイトの見える位置に置いても景観を邪魔しませんね。もちろん、ソロキャンプやツーリングキャンプのメインのウォータータンクとしてもおすすめですよ。

Hunersdorff Fuel(ヒューナースドルフ) Can Pro 10L

サイズ 幅35 ×奥行 16.5 ×高さ 31cm
重量 788g
容量 10L
素材 高密度ポリエチレン

燃料タンクで人気のヒューナースドルフのタンクも、水の運搬にちょうど良いで。もともとは危険物を運搬することを想定し耐久性の高い素材を使用しているので、ウォータータンクとして使用するには十分すぎる強度となっています。キャンプサイトに置いてあるだけで絵になるようなデザインなので、長く愛用したくなるウォータータンクになりますよ。

ヒューナースドルフ5Lタンクの改造レビュー!パッキン・ノズル・空気穴のカスタム術!
ヒューナースドルフ5Lタンクのレビュー!パッキン・ノズル・空気穴・灯油漏れ対策の改造カスタム!ヒューナースドルフ5L(リットル)は、高いデザイン製と丁度良い容量からアウトドアにも最適な燃料用キャニスターです。 そんな冬場のキ...

DOD(ディーオーディー) フツーノタンク

サイズ 幅38 ×奥行 16 ×高さ 26.5cm
重量 700g
容量 10L
素材 ポリエチレン

家族4人程度のキャンプでは程よい容量になっています。頑丈なポリエチレン製ですが重量が約700gと軽量なので、満タンに入れても重くなりすぎず持ち運びがしやすいです。保冷機能などもなく名前の通り「フツーノタンク」ですが、シンプルで使いやすいウォータータンクですよ。

RidgeMonkey(リッジモンキー)ウォーターキャリア

サイズ 幅32 ×奥行 18 ×高さ 28cm
重量
容量 10L
素材 高密度ポリエチレン

イギリスのブランド、リッジモンキーのウォータータンクはコック部分を蓋の裏側に収納できるので、積載に困らない作りになっています。手持ち部分の形状が波形になっているので持った時に手にフィットしやすく、持ち運びが考えられています。無骨なカラーとデザインですが、可愛らしいおさるのキャラクターがポイントとなっていますよ。

タンゲ化学工業 ミリタリーウォータータンク

サイズ 幅40.5 ×奥行 20.5 ×高さ 35cm
重量 1.8kg
容量 20L
素材 ポリエチレン

便利なタンゲ化学工業のコロコロタンクにもおしゃれなデザインがありますよ。コロコロがついていて携行性の良さはそのままに、ミリタリーグレーのカラーとなっているこちらは水場からサイトまでコロコロ転がしているだけで目を引きそうですね。

【使い方レビュー】ナルゲンボトルの知って得する活用術!アウトドア用ボトルの定番商品といえばナルゲンボトル!丈夫さと利便性を兼ね備え、多様なアクティビティで活躍するため、世界中で多くのユーザー...

キャンプの水用タンクのまとめ

キャンプの水用タンクのまとめ

容量別に色々なウォータータンクを紹介してきました。ウォータータンクがあるだけでキャンプの快適度がグッと上がりますし、何度も水場とキャンプサイトを行き来する必要もなくなりますので、どっしり腰をおろしてキャンプタイムを思う存分楽しめますよ。

ウォータータンクというと単調なデザインを想像しますが、最近ではおしゃれなタンクもあって選ぶ幅が広がっています。ぜひ、ご自身のキャンプサイトに合うウォータータンクを見つけてくださいね。

ビールや氷が持ち運べるグロウラーとは?おすすめを比較紹介!グロウラー(グラウラー)は、ビールを持ち運ぶための容器のこと。比較的マイナーな存在ですが、グループキャンプに持っていけば、仲間がよろこぶ...
ウォータージャグってキャンプに必要
ウォータージャグってキャンプに必要?選び方やおすすめも紹介!ウォータージャグはキャンプ場で真夏の必須アイテムの一つ。テントの側に水分を確保できるため脱水症状対策にも有効なウォータジャグの魅力や必要...
ABOUT ME
kyon-si
kyon-si
ひきこもりから、キャンプ歴8年。 キャンプ道具が自宅に入りきらなくなってきたので、都内から引っ越し。長期休暇があれば夫婦2人で長期キャンプ旅へ出かけています。 愛車はジムニーとランクル80ですが、ペーパーゴールド免許。田舎道で練習中。
こんな記事もおすすめ