タープ

【レビュー】BUNDOK(バンドック) ミニヘキサゴンタープをソロで使ってみて

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープを使ったテントサイト

今回はBUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープのご紹介です。キャンプにおいてタープがあるのとないのとでは大分違うので、ソロキャンプ用で購入してみました。

結果、この価格でこのクオリティーなら文句なしです!

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープのスペック

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープの付属品

今回カラーはカーキにしました。その他のラインナップはダークグリーン、ベージュです。
詳しいスペックはこちら

<商品スペック>

  • 人数:3~4人
  • 耐水圧:約1000㎜
  • サイズ:天幕W420xD320cm・ポール長さ200cm
  • 収納時サイズ:73×11×11㎝
  • 重量:約2.2㎏
  • 付属品:ペグ×8、ロープ×8、ハンマー×1、取扱説明書

付属品にペグ、ロープ、ハンマーまでついてきます。フルセットそろっているのはありがたいですね。

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープに付属してるペグとペグハンマー

ペグは切りっぱなしで加工はされておらず、このままだと固い地面だと刺さらなさそうです。ハンマーもとても軽くて、こちらも固い地面に通用するか不安です。

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープの特徴

ミニヘキサゴンタープの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

タープの質感

タープの質感

ポリエステル素材になっていて、水をはじくような質感になっています。

タープのシーム加工

シーム加工もきちんと施されているので雨漏りの心配もなさそうです!

タープのハドメ部分

角もこのようにしっかり縫い付けられているので安心して使用できます!

タープは頑丈さが命なのでこのように細部まで丈夫に作りこまれていると安心して使用できます。

ポール

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープに付属のポール

ポールは思ったよりも太くて、短めでした。色は黒で幕の色ともマッチしそうです。

ポールはワイヤーでつながってるタイプ

このように3本のポールが分かれていて、ワイヤーでつながっているタイプです。

ポールの接合部分

接続部分も綺麗に加工されています。中に入っているワイヤーも強度の強いものになっています。

ポールを繋ぎ合わせた状態

実際に繋げてみました!ジャストサイズでポール同士が組み合わさっているので、まったくぶれることがありません!

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープの張り方

基本的には一般的なタープと組み立て方は変わりません。今回はひとりで設営することを想定して説明していきます!

①まず2本のポールを組み立てましょう。

②幕を広げます。ひとりでやる場合だと広げるのが難しいので、重りになるようなものを置きながら進めるとよいでしょう。

③ポールをそれぞれの頂点に置きます。

④幕のすべての角にロープを結びつけます。

⑤ペグを打ちロープを固定します。この段階では仮留めになるのでペグを深くまで打たなくてよいです。

⑥ハトメ部分にポールの先端→ロープという順番で差し込み、ポールを立てます。

この時ポールと2本のロープが引っ張りあうように自立できていればOKです。

⑦もう片方のポールを同じように立ち上げます。

⑧一通りタープが自立するようになったら、調節をしていきます。

・ポールはやや内側に傾ける。
・ポールとロープがしっかり支えあう位置を見つけたら、深くペグダウンしましょう。

⑨最後にすべての角に結びつけたロープを地面に固定したら完成です!

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープを買って良かった点

タープに印刷されたBUNDOKのロゴ
  • シーム加工がされているので雨漏りしない
  • ポールがぶれず安定感がある
  • ひとり~少人数にぴったりなサイズ感、組み立てもしやすい

バンドックミニヘキサゴンタープは値段の割にタープ自体の品質がとても高いです!裏地には雨漏りを防ぐシーム加工、それぞれのハトメ部分は頑丈に縫い付けられているので多少の風や雨などにしっかり耐えてくれます。撥水性があるので朝露もすぐ乾くのでとても便利です。
ポールもつなぎ目がピッタリ接続されているので、タープを立てた状態でもぐらつく様子はありませんでした。
いやー、この価格でこの品質はびっくりです!めちゃくちゃコスパがいいと思います!

ゼログラムの軽量ソロタープ「Minimalist Nano II Tarp」のレビュー
【レビュー】ゼログラムの軽量ソロタープ「Minimalist Nano II Tarp」を登山で使ってみてアウトドア空間に快適な居住スペースを作り出してくれるタープ。キャンプサイトではテントに付随して設置されるのが一般的ですが、このゼログラム...

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープの残念な点

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープに付属のロープ
  • 付属品が全体的にチープ…
  • ロープが細くて不安…
  • 3~4人だと少し窮屈かも…

続いて残念な点は付属品が全体的にチープなことです。特にロープに関しては細くてタープをしっかり地面に固定できるか心配になる細さです。付属ハンマーに関してはうまくペグに力が伝わっていない印象でした。この価格で付属品まで充実させるとなるとなかなか難しいようです。私の場合、ロープとペグは別途強度の高いものを使用しています。タープにとってロープは大事な部分になるので別途用意するといいでしょう。

また、サイズに関して3~4人用として販売されていますが、実際に成人が4人入るとなると少し狭い印象があります。ゆとりをもってこのタープを使用するなら、1~2人で使用するのがよいでしょう!

ペグハンマーのおすすめ5選!スノーピークなど人気メーカーで厳選!ペグハンマーはテントやタープを設営する際に必須のアイテムとなります。ペグハンマーが付属しているテントやタープが多いので、その付属品のペグ...
最強ペグはソリステとエリステ!比較して長さの選び方も解説!キャンプなどアウトドアでテントやタープを設営する時に必要となるペグは、ハンマーで叩くなどハードに使うことが多いため、丈夫な鍛造ペグが良い...

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープのまとめ

BUNDOK(バンドック)ミニヘキサゴンタープの中から見たキャンプ場

今回はバンドックミニヘキサゴンタープをレビューさせていただきました!
この商品は品質が良く、コスパが良いのでタープ初心者さんのお試しとして購入してみるとよいでしょう!付属品は少々チープな感じではありましたがこの値段でタープの品質が良いので文句なしです。付属品は別途ホームセンターなどでそろえると良いでしょう!
ぜひこの機会にバンドックミニヘキサタープでタープデビューをして、より快適なキャンプライフを楽しんでくださいね!

長さや種類が違うペグ
ペグの長さの使い分け方とおすすめの長さの選び方を解説!ペグの長さの使い分けは、キャンプの目的に応じて必要となります。テント購入時に付属されるペグは曲がりやすいため、最も自分に適した物を早い段...
DDタープの張り方を種類別に紹介!アレンジ次第でバリエーション豊かな万能タープ!DDタープの張り方は種類が豊富で、キャンプ場の地形や気候に合わせ臨機応変に張り方を変化できる構造が人気の秘密です。ソロキャンプや複数人で...
ソロキャンプ用タープおすすめ9選!軽量・コンパクトなソロタープを厳選!タープはソロキャンプを快適にしてくれるアイテムとして定番となっています。しかし、2人以上のキャンプとソロキャンプとではタープの選び方に違...