都会の喧騒から離れ、大自然の中で過ごすキャンプはストレスから解放されゆっくりと流れる時間を堪能できますが、テントの中で過ごす時のインナーマットは、キャンプの質をさらに高めてくれる重要なアイテムです。大自然の中で、快適な睡眠をもたらしてくれるインナーマットはキャンプの必需品と言えるでしょう。

しかし、実際にどんなインナーマットを選べばアウトドアをより楽しめるのでしょうか?
ここでは、おすすめのインナーマットを選び方のポイントから代用品までご紹介致します。

テント内のインナーマットの必要性や役割

まず、インナーマットは何のために必要なのでしょうか。その役割を知ることで、より自分に合った素敵なインナーマットに出会うために役割について知っておきましょう。

快適な寝心地を確保する為に必要

最も大切なのは快適な寝心地を確保することです。テントの中は意外とゴツゴツしていてシュラフだけでは寝心地がよくありません。
「これがアウトドアの醍醐味」というのなら構いませんが、せっかくなら快適な空間で気持ちよく大自然の朝を迎えたいですよね。
インナーマットを使うことで地面のゴツゴツもなくなり快適な寝心地が確保できます。

暑さや寒さの断熱の為に必要

インナーマットなしでは冬の地面はとても冷たく、シェラフだけでは熱を奪われます。そして夏は地面からの熱で暑く、寝苦しい思いをすることになるでしょう。

インナーマットの重要な役割に断熱があります。冬の寒さ、そして夏の暑さから身を守るためにもインナーマットは欠かせないアイテムなのです。

ちなみにインナーマットの断熱性能を表す「R値(熱抵抗性)」という指標があります。R値が高いほど断熱性能が高いということなので、購入する際はチェックしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

テントのインナーマットの種類

一言でインナーマットと言っても大きく分けて4種類に分かれます。それぞれの特徴を知っておきましょう。

テントのインナーマットの種類①銀マット

硬質ウレタンに銀のビニールを貼ったもので、他のものと比べ安価でホームセンターでも手に入ります。
機能性ではやや劣りますが、断熱性は春・秋なら問題ありませんし、ちゃんと整地されたキャンプ場なら寝心地も快適になります。難点と言えば収納サイズが大きくなる事でしょう。

テントのインナーマットの種類②ウレタンマット

かさばることと快適性が低いのは難点ですが、合成樹脂で作られたウレタンマットなら、高い断熱性があり、夏・冬のキャンプでも快適な空間を作ることが出来ます。
断熱性能を重視する人にはおすすめです。

テントのインナーマットの種類③エアマット

中にエアーを入れ、膨らませて使うタイプのマットです。浮遊感があり凹凸のある地面でも快適に過ごせる為、寝心地を重視する人におすすめです。
しかし、エアーを入れる・抜くという作業が手間になるのと破れる心配があります。

テントのインナーマットの種類④インフレーターマット

中にスポンジが入っていて、広げると半自動的に膨らむので、エアマットと比べると手間がかかりません。その分寝心地は劣りますが、他のものと比べ、かさばらないのがおすすめポイントです

おすすめのテントのインナーマット5選

DOD(ディーオーディー) キャンピングマット 2人用サイズ

2人でも広々使える特大サイズ。インフレータブル方式なので、エアバブルを緩め地面に広げるだけで、自動的に空気が入っていき膨らんでいきます。また、内部に使われている「ハイパーエラスティックラバースポンジ」は、高い弾性と軽量化を両立させているので、快適な寝心地を確保でき、さらに持ち運びもとっても楽にできます。

マットの表面は、耐スクラップ性・摩擦性を向上させ、裏面は滑りにくいドット加工がされているので、様々な環境に対応できる作りになっています。

サイズ:幅112cm×長さ180cm×厚さ3cm
収納時サイズ:直径18cm×幅58cm
重量:2200g
素材:表面 190Tポリエステル+PVCコート
  :内部 ハイパーエラスティックラバースポンジ

ロゴスプレミアム フリースパッドALサーモマット・SOLO

クーラーボックスで有名なロゴスですが、快適な寝心地を追求したインナーマットも作っています。その秘密は厚みのあるパッドと、上質なフリース。さらにアルミラミネート加工で冷気を断熱するので、冬場のキャンプにおすすめのインナーマットです。

サイズ:幅205cm×奥行95cm
収納時サイズ:17cm×36cm
重量:900g
素材:表地 ポリエステルフリース
  :裏地 PEアルミラミネート
  :フォーム ポリウレタンフォーム

THERMAREST(サーマレスト)Zライトソル

表面にアルミ蒸着を施し、断熱性を向上させたマットです。アルミ蒸着させていないものと比べ断熱性は20%アップしているので、暖かさを求める人にはおすすめです。収納時の大きさがややかさばりますが、重量は軽く、空気を入れる必要もないので破損や、広げたり収納したりの手間も少ない、使い勝手の良いマットになっています。

サイズ:幅51cm×長さ183cm×厚さ2cm
収納時サイズ:51cm×15cm×13cm
重量:410g
素材:軽量EVAフォーム

サーマレストZライトソル評価レビュー!リッジレストソーライトと比較!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)キャンピングジャバラマット

大きめサイズなので、荷物を広げる時にも役に立つマットです。マット自体は薄手ですが、十分なクッション性があり、アルミ蒸着を施すことで断熱性も兼ね揃えています。

サイズ:幅100cm×長さ200cm×厚さ0.8cm
収納時サイズ:100cm×32cm×5cm
素材:ポリエステル(アルミ蒸着) 発泡ポリエチレン

コールマン】フォールディングマットレス ダブル

こちらのインナーマットは、マット自体はダブルではなく、シングル2枚で構成されています。端面のマジックテープで連結して使うので、寝る人数によってアレンジが出来る所が優れていますね。少し重いですが、クッション性能が高く、かなり快適な睡眠が期待できます。

サイズ:幅120cm×長さ200cm×厚さ1.5cm(2枚)
収納時サイズ:60.5cm×17.5cm×41cm
重量:1.7kg
素材:表地 210Dポリエステル(PUコーティング)
  :中綿 高密度ポリエチレンフォーム
スポンサーリンク

テントのインターマットの代用品

インナーマットは様々な商品があり、アウトドアで使用するだけにどれも機能性に優れていますね。ですが品によってはお値段も結構するので、購入を考えてしまうこともあると思います。
そこで、「他のもので代用出来ないの?」と考えている人のためにインナーマットとしても使える代用品を紹介していきます。

銀マット

インナーマットの代用品として最もよく使われているのが銀マットです。ホームセンターなどでも買えて価格も安いことから多くのキャンパー達が愛用しています。

機能性で考えても、銀マットは熱を反射させるので、断熱性に優れていますし、厚みも数種類から選べるので、キャンプをする場所に合わせて快適な寝心地を確保することが出来ます。

最近では100円ショップでも銀マットは売っています。少しサイズが小さく厚みも薄いですが、テントのサイズに合わせて数個揃え、銀マットの上からラグをひけば、オシャレで快適な空間が出来上がります。

大判レジャーシート

折りたためばコンパクトに収納でき、キャンプ以外の様々な場面で使えるレジャーシートは、持っているととても便利です。
裏面は完全防水のPVC素材、そして表面は起毛素材で座り心地が良く撥水加工もされているタイプのものなら、インナーマットの代用品として十分な効果を発揮してくれます。

まとめ

キャンプはテントを張れば快適に過ごせるというものではありません。テント内を快適な空間にするためには、インナーマットは必需品です。

インナーマットには、様々な種類があり、キャンプをする場所や季節。求める性能によって適したインナーマットは変わっていきます。

また、代用品としてご紹介したものも、正規のインナーマットに負けず劣らない性能があるので、とりあえずで考えている人は試してみる価値は十分にあるでしょう。

スポンサーリンク