折りたたみ式でコンパクトなテーブルは軽量コンパクトを重視するソロキャンプに最適です。
何かと便利に使えるコンパクトテーブルは、材質やテーブルの高さなどにより種類もさまざまです。
今回は、ソロキャンプ向け折りたたみコンパクトテーブルのおすすめを5つ厳選してご紹介します。

折りたたみコンパクトテーブルの魅力

View this post on Instagram

SOTO フィールドホッパー入荷いたしました。 アルミ製のミニテーブルに革を張り合わせてサムライフト仕様にカスタム! このコンパクトサイズの折り畳みテーブルはあると本当に便利! キャンプにかかわらず、野外にいるときってこの「ちょっと置きたい」っていうシーンが意外となりますよね。 バックパックに入るサイズで軽いので持ち運びも苦になりません。 ※革は圧着しているため、取り外しはできません。 味を入れて育てて、替えごろになったら弊社での貼り換えというかたちで対応いたしております。 #samuraicraft #サムライクラフト #soto #折り畳みテーブル #コンパクトテーブル #フィールドホッパー #キャンプ道具 #vegtan #経年変化

A post shared by Samurai Craft (@samurai_craft) on



折りたたみ式のテーブルは、なんといっても手軽に準備や片付けができるという魅力があります。
中でも、ソロ向きの折りたたみコンパクトテーブルは、メインテーブルとしても使用できますが、ちょっとした小物を置きたいときのサイドテーブルとしても大活躍するアイテムです。

ソロキャンプにテーブルは必要?

「ソロキャンプにテーブルは必要かな?」と思う方もいらっしゃると思いますが、意外にもテーブルがあるのとないのとでは、キャンプの快適さが違ってくるんです。
食べ物を地面に直置きするのに抵抗があるという、女性のソロキャンパーにもおすすめです。

なるべく荷物を増やしたくないという方でも、折りたたみコンパクトテーブルであれば、軽量で携帯しやすいので持っていくことも可能です。

スポンサーリンク

ソロキャンプ向け折りたたみコンパクトテーブルの選び方



折りたたみコンパクトテーブルにはさまざまな種類があるので、どのテーブルにしたらいいのか、迷ってしまう方も多いでしょう。
ここでは選び方のポイントをご紹介します。

自分の使用用途に合った材質を選ぶ



折りたたみコンパクトテーブルには、アルミ製やスチール製、木製などがありそれぞれ特徴があります。

・アルミ製
アルミ製のコンパクトテーブルは軽量なものが多いです。
ソロキャンプには、軽量で丈夫なアルミ製がおすすめです。
価格も手ごろなので、初心者が最初に購入するコンパクトテーブルとしてもおすすめです。

・スチール製
熱に強いというメリットがありますが、重量があるためソロキャンプでは少し大変かもしれません。
天板がメッシュ加工されているものだと少し軽くなります。
スチール製だとスキレットを直接乗せることも可能なので、そういった場合はスチール製の軽めのタイプを選ぶと良さそうです。

・木製
ナチュラルでおしゃれな雰囲気が人気の木製テーブルは、耐久性や重さで他の素材より劣る部分があります。
多少重くても、雰囲気を重視したい場合や、おしゃれなテーブルで楽しみたい方にはおすすめです。

この他に、安価で手軽に購入できるプラスチック製もあります。
使い勝手を良くするためにも、自分の使用用途に合った材質を選ぶようにしましょう。

高さや大きさは使いやすいサイズを選ぶ



ソロキャンプ向けなので、ロースタイルテーブルの方が軽量コンパクトでおすすめです。
ただし、ソロでも料理をしっかり作りたい方には、重くなりますが多少高さのあるテーブルの方が使いやすいです

ソロキャンプ向けのコンパクトテーブルの高さは、10~30cm前後のタイプが主流です。
チェアをお持ちの方やチェアと併せて使いたい方は、チェアとの相性がよいサイズのものを選ぶようにしましょう。

組み立てやすさで選ぶ



折りたたみ式といっても、たたみ方や組み立て方がそれぞれ違います。
天板と脚が一体化しているタイプがほとんどですが、中には収束式のように天板と脚が別々になっていて、組み立てに時間がかかるものもあります。

ソロキャンプでは、必要な時にサッと取り出してすぐに使えるような手軽なものが使いやすいので、コンパクトテーブルを選ぶ際には、折りたたみ方や組み立て方も確認すると良いでしょう。

おすすめのソロキャンプ向け折りたたみコンパクトテーブル

ソロキャンプに行かれる方や、ソロキャンプに挑戦しようとしている方におすすめの、折りたたみコンパクトテーブルをご紹介します。

ソト(SOTO)フィールドホッパー




ソロ用軽量折りたたみコンパクトテーブルでは定番商品のフィールドホッパー。
本体の重さが約395gと超軽量で、折りたたむとA4サイズになるコンパクトなローテーブルです。
使用時はワンアクション、手で開くだけという手軽さが特徴です。

ソロキャンプやソロツーリングにはもちろんですが、登山でもファミリーキャンプのサイドテーブルとしても便利。設置や撤収作業が必要ない軽量コンパクトテーブルを探している方におすすめです。

使用時サイズ:幅約29.7cm×奥行21cm×高さ7.8cm
収納時サイズ:幅約29.7cm×奥行12cm×高さ2.5cm
重さ:約395g
耐荷重:約3kg
材質:アルミニウム(天板)、ステンレス(スタンド)


フィールドホッパーは登山やソロキャンプで活躍!魅力や使い方をご紹介!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)アルミロールテーブル




通称「鹿番長のアレ」でおなじみのキャプテンスタッグアルミローテーブル。
ソロキャンパーに根強い人気でファンも多いコンパクトテーブルです。
天板自体をコンパクトに折りたたむタイプ。
収納袋付きで持ち運びにも便利です。
天板の表面はアルマイト加工が施されていて、耐久性も十分です。

安定感があり使い勝手も良く、軽量コンパクトで頑丈なミニテーブルが安価で購入出来るのが魅力です。
ソロツーリングやコスパ重視の方におすすめの折りたたみコンパクトテーブルです。

使用時サイズ:幅約40cm×奥行29cm×高さ12cm
収納時サイズ:幅約6cm×高さ7cm×長さ40cm
重さ:約700g
耐荷重:約30kg
材質:アルミニウム(天板、表面アルマイト加工)、鉄(スタンド)


鹿番長のアレはコスパ最強のアルミローテーブル!おすすめの椅子もご紹介!

クイックキャンプ3つ折りミニテーブル




他にはないサイズで使いやすいという声があるクイックキャンプの3つ折りミニテーブルです。
幅が約90cmでソロ向きとしては少し長めですが、重さが約1.8kgと軽量でコンパクト収納も可能でソロキャンプにもおすすめです。

また、高さも2段階に調節可能。
用途に合わせて対応できるのも便利ですね。
ソロでもしっかり料理がしたい方や、ソロ以外では、お子さんのいるご家庭でのファミリーキャンプや運動会などにも最適です。
多目的な使い方ができるミニテーブルです。

使用時サイズ:幅約90cm×奥行40cm×高さ27/34.5cm(2段階調節可)
収納時サイズ:幅約40cm×奥行30cm×高さ6.7cm
重さ:約1.8kg
耐荷重:約5kg
材質:アルミニウム(天板MDF耐熱耐水加工)

KingCamp(キングキャンプ)アルミロールテーブル




重さ約850gでコンパクト収納可能、耐荷重が約30kgと頑丈な折りたたみコンパクトテーブルです。
組み立ても収納もとても簡単。
天板を重ねて折りたたむタイプのため、かなりコンパクトに収納ができ、ザックのサイドポケットにも収納可能と、ソロツーリングにも最適です。

高さが15cmというのも、低すぎず作業しやすいと高評価です。
また、組み立て時に棒を差し込んで固定するタイプのため、安定感も抜群で使いやすいコンパクトテーブルです。

使用時サイズ:幅約44cm×奥行29cm×高さ15cm
収納時サイズ:幅約46cm×奥行8cm×高さ8cm
重さ:約850g
耐荷重:約30kg
材質:アルミニウム(天板、表面アルマイト加工)

コールマン(Coleman) テーブル ナチュラルモザイクミニテーブルプラス




コールマンのオシャレな折りたたみコンパクトテーブルです。
可愛らしいデザインなので、テントの中での使用や女性にもおすすめです。
ソロキャンプでは十分な大きさで作業しやすいサイズです。

脚を中に畳んで天板をパタンと折りたたみ持ち運ぶタイプのテーブルで、中にシートやB6君などコンパクト収納可能なアイテムを一緒にパッキングという使い方をしている人もいるようですね。

使用時サイズ:幅約53cm×奥行40cm×高さ23cm
収納時サイズ:幅約40cm×奥行6cm×高さ26.5cm
重さ:約1.4kg
耐荷重:約10kg
材質:メラニン加工板(天板)、アルミニウム(フレーム)

スポンサーリンク

まとめ

ソロキャンプ向け折りたたみコンパクトテーブルのおすすめをご紹介しました。
作業用、食卓用、ちょっとした小物を置く台として、あると何かと便利なコンパクトテーブル。

軽量でコンパクト収納が可能であれば、ソロキャンプにも持っていきやすいです。
重さや大きさ、高さなど自分が重視するポイントをふまえて、使いやすいコンパクトテーブルを見つけて、ソロキャンプをより快適に楽しみましょう!

スポンサーリンク