関東の東部、茨城県つくば市に位置する筑波山。初心者からベテランまで様々な登山コースが楽しめ、週末になれば多くの登山客が訪れます。

子供でも登ることができるコースもありファミリー登山にもよく利用されている山です。今年こそは挑戦したいと思っているあなたに、登山コースやアクセス情報、下山後のお楽しみ情報まで一挙ご紹介!

筑波山とは

標高…877m
所在地…茨城県つくば市

筑波山は筑波山神社のご神体で、西の男体山と東の女体山の2つの峰で構成されています。茨城県のシンボルともいわれ、万葉集でも謡われたほど古くから親しまれている山です。

標高1000m以下で日本百名山に選ばれているのは、鹿児島県の開聞岳とこの筑波山だけ。いかに山としての魅力が大きいかがわかります。

ケーブルカーやロープウェイが整備され、頂上からの絶景とともに、奇岩や梅林などの見どころが多いことから、観光地しても人気です。

お子さんや初心者でも登山OK

標高としては低山の部類に入る筑波山。登山道がよく整備されていることや、ケーブルカーやロープウェイが運行されているので、子供や初心者の方でも登山可能です。

また、登山口をはじめ、山頂付近にもトイレや売店があるので、小さなお子さんでも安心です。

筑波山の快適登山は何時から

筑波山は非常に人気があり、週末になると多くの登山客や観光客で混雑します。

特にロープウェイやケーブルカーを使うとなると行列に並ぶこと必至。山に来てまで人ごみではちょっと嫌ですね。そこで、おすすめなのは8時には登山口に到着すること。この時間帯であれば、まだ混雑していません。

なお、ロープウェイやケーブルカーは繁忙期以外の場合、始発9時20分ですので、自力での登山になります。

スポンサーリンク

筑波山のおすすめの紅葉時期と天気

紅葉時期

筑波山は紅葉でも有名。特に御幸ヶ原から山頂にかけては、ブナ、イロハモミジ、マユミなどをはじめとする落葉広葉樹の見事な紅葉を見ることができます。

毎年11月には、「筑波山もみじ祭り」も開催され、もみじライトアップや、ケーブルカーの夜間運行が行われます。

筑波山の天気

筑波山登山の前に、事前に天気をチェックして、服装も決める参考にしてください。

てんきとくらす

筑波山の登山やハイキングの服装や初心者おすすめコースをご紹介!

筑波山のアクセスと駐車場情報

筑波山登山の代表的な登山口である「筑波山神社入口」と「つつじヶ丘」までのアクセスをご紹介。
なお、「筑波山神社入口」は、ケーブルカー宮脇駅の近く、「つつじヶ丘」は、ロープウェイつつじヶ丘駅の近くになります。

つくばエクスプレス利用

つくばエクスプレスで秋葉原駅~つくば駅まで45分。つくば駅からは、筑波山シャトルバスで筑波山神社まで30分、つつじヶ丘は45分です。

つくばエクスプレス

筑波山シャトルバス

高速バス利用

高速バスで東京駅~つくばセンターまで60分。つくばセンターからはつくばエクスプレス使用と同じです。

関東交通

JR利用の場合

JR常磐線、上野駅~土浦駅を特急利用で45分、普通で70分。土浦駅から路線バス利用で筑波山神社まで60分、つつじヶ丘まで75分です。

マイカーの場合

その1…常磐自動車道(土浦北IC)から約40分。

その2…北関東自動車道(桜川筑西IC)から約40分。
駐車場は、
・筑波山神社の場合、市営筑波山駐車場に450台ほど

・つつじヶ丘の場合、筑波山つつじヶ丘駐車場に400台ほど

駐車可能。
そのほかの駐車場やコインパーキングもありますが、便利がいい場所や週末はすぐに満車になりますので注意しましょう。

つくば市筑波山への
交通案内(アクセス)

スポンサーリンク

筑波山はロープウェイやケーブルカーが便利

ここまでも度々出てきましたが、筑波山の男体山にはケーブルカー、女体山にはロープウェイが通じているため、長く登山することなく山頂に立つことができます。

体力に応じ、登山コースにうまく組み合わせれば、ロングコースを組むこともできるので便利。お子様が疲れた時に利用することもできますので安心です。

筑波山ケーブルカー

筑波山神社隣の宮脇駅から、御幸ヶ原の筑波山頂駅まで、約1.6km、標高差495mを8分で結びます。ここから男体山は15分ですが岩がある急斜面、女体山は20分ですがなだらかです。

通常は9:20から16:40まで、繁忙期は8:00から17:20まで運行されています。
【料金】片道:大人 580円 子供290円 往復:大人 1050円 子供530円

筑波山ロープウェイ

つつじヶ丘駐車場横のつつじヶ丘駅から、女体山山頂直下の女体山駅まで、約1.2km、標高差298mを6分で結びます。ここから女体山まで5分程度。

通常は9:20から17:00まで、繁忙期は8:00から17:20まで運行されています。
【料金】片道:大人 620円 子供310円 往復:大人 1100円 子供550円

筑波山ケーブルカー
&ロープウェイ

筑波山の楽々登山コースをご紹介

様々な登山コースがある筑波山。超楽々なコースから、往復4時間近い登山コースまで一挙にご紹介しましょう。

ロープウェイを使って女体山へ(11分)

つつじヶ丘(1分)→ロープウェイつつじヶ丘駅(ロープウェイ、6分)→ロープウェイ女体山駅(5分)→女体山

ロープウェイで女体山まで。歩行時間5分。これだけでは、登山とは言えませんが、他の登山コースを組み合わせれば、山頂連絡路で男体山縦走など楽しむことができます。

ケーブルカーを使って男体山へ(38分)

筑波山神社入口(15分)→ケーブルカー宮脇駅(ケーブルカー、8分)→筑波山頂駅(15分)~男体山

次はケーブルカーで男体山へ。これも登山とは言えませんが、男体山からは女体山へ山頂連絡路で縦走したり、自然観察路で散策するなどできます。後でご紹介しましょう。

山頂連絡路(30分)

男体山頂(15分)→御幸ヶ原(15分)→女体山頂

男体山山頂と女体山山頂のふたつの山頂を結ぶ登山頂連絡路。男体山と女体山を縦走する場合は必ず通りますが、縦走で利用しなくても、ツツジやカタクリの群生地もあり、ちょっとしたハイキングが楽しめます。

御幸ヶ原にはケーブルカー山頂駅があり、展望台とともに展望レストランがあるので、休憩に最適。途中には、奇岩のセキレイ石や、ガマ石が見られます。

自然研究路(60分)

ケーブルカー筑波山頂駅(60分)→ケーブルカー筑波山頂駅

男体山周辺を巡る自然観察路1.5kmを歩くコースで、ゆっくり歩いて1時間。ブナ林など自然豊かなコースで、登山と言うよりお散歩というイメージです。

途中にいくつか展望所があり、関東平野や霞が関などを望むことができ、他の登山コースと組み合わせて使いたいコースです。

筑波山の登山コースをご紹介

迎場コース(45分)

つつじヶ丘(45分)→迎場分岐

酒迎場といわれる分岐ポイントへのハイキングコース。

ここを往復でもいいですが、酒迎場は展望がありませんので、先の登山コースへ行くのが一般的です。
岩や歩きにくいところもないことから、夏場、あえて山頂を目指さず、日影の杉林の中の散策に利用する方もいます。

おたつ石コース(40分)

つつじヶ丘駅(15分)→つつじヶ丘高原(25分)→弁慶茶屋跡

弁慶茶屋を往復すると気持ちのいいハイキングコース。

この先の登山コースで山頂へ向かうこともできます。コース途中、奇岩群があり、弁慶茶屋は女体山を眺めることができます。

最初は急な階段の道ですが、途中、ベンチがある「つつじヶ丘高原」からは、自然林のゆるやかな尾根道になり、白雲橋コースと合流する弁慶茶屋跡になります。

御幸ヶ原コース(115分)

筑波山神社入口(105分)→御幸ヶ原(10分)→男体山

筑波山神社から男体山へ登る一般的なコースです。

ケーブルカーのルートの横を歩いていくことになりますので、傾斜がきつくなっています。
特に御幸ヶ原の手前は長い丸太の階段。時間は短いですが、標高差610mの体力勝負のコースです。

途中の見どころは、登りと下りのケーブルカーがすれ違う中間地点の休憩ポイント。これだけを見るために登ってくる方もいます。

白雲橋コース(115分)

筑波山神社(5分)→白雲橋登山口(15分)→迎場分岐(50分)→弁慶茶屋跡(45分)→女体山

筑波山の主要な見どころをめぐる白雲橋(しらくもばし)コースは、筑波山登山を満喫できるコース。

御幸ヶ原ほど常に急登ではないので、登山コースとしては一番人気があります。詳しくご紹介しましょう。

【筑波山神社→白雲橋登山口 5分】
筑波山神社からスタート。東側の橋を渡ると「是より女體山(にょたいさん)」と書かれた道標。これを100mほど歩いたところに立つ石の鳥居が登山口になります。

【白雲橋登山口→迎場分岐 15分】
白雲橋登山口から石段を登ると、迎場分岐に到着します。この分岐を右に向かうと先にご紹介した迎場コース。今回は左の白雲橋コースを進みます。

【迎場分岐→弁慶茶屋跡 50分】
すぐに「白蛇弁天」が現れ、さらにうっそうとした森の中を登っていきます。石段は滑りやすくなっている箇所をあるので注意。登りつめると、おたつ石コースでご紹介した弁慶茶屋跡です。ベンチもあるのでいったん休憩しましょう。

【弁慶茶屋跡→女体山 45分】
弁慶茶屋跡を出発すると、すぐに、弁慶が恐れをなして七回戻ったといわれる奇岩「弁慶七戻り」。
さらに進むと「北斗岩」「高天原」「母の胎内くぐり」など奇岩が現れますので見どころ満載ですが、足元によく注意して歩きましょう。岩場の急登になってくると、まもなく女体山山頂へ到着です。

【山頂からは絶景が】
さすが独立峰の筑波山!遮るものがない無い絶景で、関東平野を見渡せます。山頂の絶景は見事ですが、筑波山ロープウェイの女体山駅横の展望台からの眺望もおすすめです。

天候が良ければ、富士山や東京スカイツリーをはじめとする東京の高層ビル群を見ることができます。

下山は、往路を戻ってもいいですが疲れたら、山頂連絡路で男体山へ行きケーブルカーで下山することもできます。

筑波山観光スポットをご紹介

筑波山やその周辺には多くの観光スポットが点在。登山後に行きたい観光地や神社などの情報をご紹介します。

筑波山神社

筑波山の登山口でもある「筑波山神社」。古くから歴史を持つ筑波山神社は、筑波山がご神体で、筑波山自体も境内になっており、なんと東京ドーム80個分の敷地を有します。

拝殿周辺には、たくさんの見どころがあり、拝殿の上の巨大な鈴や、「君が代」で歌われている「さざれ石」を見ることもできます。筑波山登山の際は、安全登山祈願に参拝しておきましょう。

【所在地】〒300-4352 茨城県つくば市筑波1番地
【電話番号】029-866-0502
【WEBサイト】筑波山神社公式サイト

筑波山梅林

筑波山梅林は、筑波山の中腹にある梅林。4ヘクタールを超える敷地に白梅や紅梅など約1000本が植えられ、2月の中旬から3月中旬見ごろを迎え、その期間は梅まつりが開催されることもあり、多くの観光客が訪れます。

【所在地】〒300-4353  茨城県つくば市沼田
【電話番号】029-883-1111(つくば市 観光推進課)
【WEBサイト】つくば市筑波山梅林

筑波山 知足院中禅寺 大御堂

筑波山神社から徒歩5分。筑波山 知足院中禅寺 大御堂は、8世紀に徳一法師により開山され、その後、弘法大師が入山したといわれる歴史ある密教寺院です。明治時代に廃仏毀釈で廃寺されましたが、昭和5年に再興されています。
※2020年3月まで工事中なので中には入れません。

【所在地】〒300-4352 茨城県つくば市筑波748
【電話番号】029-866-0126
【営業時間】8:00~17:00(閉門)、11~翌3月は9:00~16:00(閉門) (無休)
【WEBサイト】ハローつくば 知足院中禅寺 大御堂

北条大池

筑波山神社から車で16分の北条大池は、桜の名所として有名。筑波山を背景にして、大池のほとりに250本の満開の桜が咲く風景は、まるで絵画のようだともいわれるほどです。池の周囲は遊歩道になっており、ウォーキングするのにちょうどいい多さです。

【所在地】〒300-4231  茨城県つくば市北条

筑波山ガマランド

View this post on Instagram

@natsumigiaoがシェアした投稿

筑波山の女体山の登山口である「つつじヶ丘」。ここには、筑波山ガマランドというレジャー施設があり、珍スポットとして有名。かなり謎なアトラクションや昭和レトロな展示物で話題になっており、ツッコミどころ満載の施設です。変わったもの、奇妙なものが好きな方にはぜひおすすめ。

【所在地】〒300-4352 茨城県つくば市筑波1
【電話番号】029-866-0658(筑波ニュー三井谷)
【休園日】12月、2月、9月の木曜日
【営業時間】09:00~17:00(冬季は09:00~16:00)
【料金】ガマランドは無料 ガマ洞窟:大人500円 小学生200円
【WEBサイト】日本珍スポット100景

グルメ・温泉情報

筑波山登山に便利なお食事処や、温泉をご紹介します。

筑波山温泉 つくば湯

「つくば湯」は、筑波山神社より徒歩10分、車で5分の位置にある日帰り温泉です。大浴場や露天風呂、貸切風呂もあり、大自然の中、ゆっくりとできると評判です。

【所在地】〒300-4352 茨城県つくば市筑波64−9
【電話番号】029-866-2983
【営業時間】11時~19時 ※18時半最終受付
【料金】大人 平日1100円 土日祝1300円 子供 平日800円 土日祝1000円
【WEBサイト】筑波山温泉 つくば湯

やさと温泉 ゆりの郷

「やさと温泉 ゆりの郷」は、つつじヶ丘より車で15分。内湯のほか、2つの露天風呂「万葉の湯」「真秀の湯」が日替わりで楽しめ、遠く筑波山を眺めながら温泉に浸かることができます。

【所在地】〒315-0155 茨城県石岡市小幡1416
【電話番号】0299-42-4126
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】毎月第2・第4月曜日(※祝日の場合はその翌日)1月1日
【料金】大人 平日 800円 土日祝 1000円 子供 平日 400円 土日祝 500円

つつじヶ丘レストハウス

ロープウェイつつじヶ丘駅に隣接する「つつじヶ丘レストハウス」。104席のレストランや、地元名産品を販売するお土産コーナーも併設しています。「つくば鶏親子丼」や「茨城グルメ納豆カツ定食」などが好評で、季節限定メニューもあり、登山前後の食事におすすめです。

【所在地】筑波山ロープウェイつつじヶ丘駅発着場となり
【電話番号】029-866-0918
【営業時間】ロープウェイ運行時間と同じ
【WEBサイト】つつじヶ丘レストハウス

つつじヶ丘ガーデンハウス

View this post on Instagram

@chiyominnがシェアした投稿

「つつじヶ丘ガーデンハウス」は、つつじヶ丘登山道入り口近く、つつじヶ丘庭園をバックに休息が楽しめるポイントです。「天ざるそば」や「カレー」などの食事から、「焼き団子」や「ソフトクリーム」などの軽食もあるので、登山後にちょっと休憩するのに最適です。

【所在地】筑波山ロープウェイつつじヶ丘駅発着場となり
【電話番号】029-866-0833
【営業時間】ロープウェイ運行時間と同じ

女体山展望パーラー

ロープウェイ女体山駅展望台にある「女体山展望パーラー」。関東平野を一望する展望の中、いろいろな食事メニューを楽しめます。「けんちんそば・うどん」、「あぶり豚丼定食」が好評で、売店で発売する「北海道ソフトクリーム」も人気。女体山登山の際は、ソフトクリームで疲れを吹き飛ばしましょう。

【所在地】筑波山ロープウェイ女体山駅となり
【電話番号】029-866-0282
【営業時間】ロープウェイ運行時間と同じ
【WEBサイト】女体山展望パーラー

筑波山かりんとう饅頭

「筑波山かりんとう饅頭」は、筑波山のおみやげとして大人気のお菓子です。そのままでもおいしいですが、オーブンでちょっとだけ焼いて食べると、表面がサクサクしておいしさ倍増!おみやげにおすすめです。

【販売場所】ケーブルカー、ロープウェイ駅の各売店、レストハウスなど
【価格】6個入り700円 10個入り1150円

楽しみ見どころ満載の筑波山に登ろう!

誰でもどこからでも登れる筑波山。山頂からの眺めが素晴らしいことはもちろん、奇岩や自然などの見どころも満載の山です。グルメや観光スポットもたくさんあるので、飽くことはありません。
はじめての方も、登ったことがある方も、登るたびに新発見があるはず。ぜひ、筑波山登山へ!

スポンサーリンク