話題の調理器具スキレット。料理がおいしく作れて、しかもおしゃれと評判のアイテムです。
スキレット料理レシピは今やレシピ専門のホームページにも多く掲載され、スキレット料理本が発行されるまでに。そんなスキレット料理の中でも特に簡単でおいしくおしゃれなものを紹介します。

スキレット料理とは



スキレットは鋳鉄製で厚みのあるフライパンです。熱をしっかり蓄えるので、食材にまんべんなく熱を伝えて食材の旨みを引き出す特徴があります。焼き物、炒め物はもちろん揚げ物や煮物も食材をふっくら仕上げます。また、オーブンにそのまま入れることもできますので、オーブン料理や蓋をして蒸し料理や燻製も作ることができます。

スポンサーリンク

スキレット料理前にすること



新しいスキレットは表面保護加工などのコーティングをしていません。そのため、焦げ付きを防いで、スキレットを錆から守るために、シーズニングという作業が必要です。これによりスキレットにオイルが膜を作り保護する役目があります。

スキレットの簡単なシーズニングの方法




新しいスキレットはまず空焼きします。出荷時に付いている錆止めのワックスや汚れを焼くことにより取り除きます。その後洗剤と水でしっかり洗って乾燥させます。洗ったスキレットにオイルを塗って加熱します。この作業を2、3回繰り返して、最後にオイルを塗って使用、保管します。高温で加熱しますので火傷に気をつけてください。

意外と簡単!スキレットの失敗しないシーズニングのやり方を解説!

スキレット料理後にすること




スキレットのお手入れの基本は洗剤を使わないことです。洗剤で洗うと表面にできた油の膜を壊してしまいます。お湯とスポンジで汚れを落としましょう。引っ付いている焦げは水を入れて沸騰させれば剥がしやすくなります。また、頑固な汚れはスチールたわしで取り除きましょう。その後はシーズニングをしましょう。

スポンサーリンク

スキレットで作った料理が黒くなる原因は?

スキレット料理では食材が黒くくすんだようになることがあります。これは鉄の表面を保護する役目の酸化皮膜というものによるものです。ゴボウやレンコンなどアクの強い食材に反応しやすく、食べても体に害はありません。気になるようでしたら調理する前に水で表面を洗うと多少軽減されます。

キャンプにおすすめのスキレットの簡単料理レシピ



キャンプなどのアウトドアでは熱源にガスコンロ以外に炭火や焚き火を使用することがあります。デイキャンプでバーベキューの炭火を利用してスキレット料理を作ることも可能です。スキレットがあれば、いつものキャンプやバーベキューでも料理の幅が広がります。

朝食にフレンチトースト



キャンプの朝はのんびりしたいですよね。スキレットで作ってスキレットのまま食べる朝食にぴったりの簡単フレンチトーストです。

<材料>
食パン:1枚
とろけるチーズ:適量
卵:1個
牛乳:50cc
砂糖:大さじ1
バター:少々
黒コショウ:お好みで
パセリ:お好みで



パンは9つほどに切り、牛乳、卵、砂糖を混ぜ合わせたソースに4つに切ったパンを入れしみ込ませます。
熱したスキレットにバターを入れ加熱し、パンを両面焼いて焼き色が付いたら、とろけるチーズをかけます。
チーズが溶けたらお好みで黒コショウやパセリをふりかけ出来上がりです。
スキレットのままテーブルに置いてどうぞ。

じゃがいもピザ



ピザ生地の代わりにじゃがいもを使ったキャンプならではの豪快なピザです。具材はお好みでいろいろ試して楽しみましょう。

<材料>
じゃがいも:2個
ベーコン:3枚
玉ねぎ:1/2玉
オリーブオイル:大さじ2
ピザ用チーズ:適量
ピザソース:適量
乾燥バジル:少々



じゃがいもは洗って皮ごと5ミリ程度にスライス、玉ねぎもスライス、ベーコンは短冊に切ります。
スキレットにオリーブオイルを入れジャガイモを敷き詰め、弱火にかけます。
ベーコンと玉ねぎを上にのせ蓋またはアルミホイルを被せ蒸し焼きにします。
玉ねぎに火が通ったらピザソース、ピザ用チーズを好きなだけかけて再び蓋をします。
チーズが溶けたら乾燥バジルを振りかけて出来上がり。

肉たっぷりのすき焼き



キャンプでスキレットを使ってお肉多めのすき焼きを作ります。キャンプですき焼きは贅沢な感じですが、簡単に作れてご飯にもお酒にもあうのでおすすめです。砂糖としょうゆで味付けもいいですが、アウトドアですのですき焼きのたれで簡単にしました。

<材料>
牛肉スライス:200g
白ねぎ:1/2本
焼き豆腐:1/2丁
春菊:1/2束
すき焼きのたれ:適量
お酒:少々
サラダ油:小さじ2
生卵:1個



白ねぎは3センチほどに、焼き豆腐は好みの大きさに、春菊は5センチに切ります。
スキレットを熱してサラダ油を敷き牛肉を焼きます。
肉が焼けたらすき焼きのたれとお酒を入れ、白ねぎ、焼き豆腐を入れます。
ねぎに火が通ったら春菊を入れしんなりしたら出来上がり。
お好みで生卵をつけながら食べてください。

簡単おつまみベーカマ



ベーコンをカマンベールに巻きつけて焼くだけの簡単なベーカマを作ります。手早くできてベーコンを切ると中からとろりとチーズが出てくる光景はお酒が欲しくなりますね。

<材料>
カマンベールチーズ:1個
ベーコン:4枚
ブラックペッパー:少々
オリーブオイル:大さじ1



カマンベールチーズの周りを隙間のできないようにベーコンで巻きます。
ベーコンがはがれないように爪楊枝を刺してもいいでしょう。
熱したスキレットにオリーブオイルをいれ、ベーコンを巻いたカマンベールチーズを焼きます。
ベーコンに焦げ目が付くまで両面を焼いて、仕上げにブラックペッパーを振りかけて出来上がり。
ベーコンがカマンベールチーズからはがれないように丁寧に裏返すことがポイントです。

キャンプスイーツのスモア



焼きマシュマロをチョコレートと一緒にビスケットで挟んで食べるキャンプスイーツのスモア。キャンプの焚き火を利用してスキレットで簡単に作ります。

<材料>
マシュマロ:適量
板チョコレート:2枚
ビスケット:適量



スキレットに板チョコレートを割って敷き詰め、その上にマシュマロを重ならないように並べていきます。
蓋をして焚き火の火が弱いところに置き、蓋の上に炭火を置いて5分程度焼きます。
マシュマロに焼き色が付いたらチョコレートとマシュマロをフォークやスプーンでビスケットに挟んで出来上がり。
熱いうちにビスケットへ挟むのがポイントです。

家庭料理におすすめのスキレット簡単料理レシピ



家庭の台所でスキレットを使う場合のメリットはスキレットのままオーブンへ入れて加熱できることです。

また、IH対応のスキレットも多く、さまざまな台所でつかえます。スキレットで調理して、スキレットのまま食卓へのせれば、おしゃれですし盛り付けの手間が省けますね。

トマトソースの煮込みハンバーグ



スキレットはステーキやハンバーグなどの肉料理が得意ですが、ここではイタリアンなトマトソースの煮込みハンバーグを紹介します。

<材料>
合びき肉:200g
玉ねぎ:1/2玉
塩:少々
コショウ:少々
パン粉:大さじ3
牛乳:大さじ3
カットトマト缶:1/2缶
ケチャップ:大さじ1
とろけるチーズ:適量
乾燥パセリ:少々



玉ねぎはみじん切りにして透き通るまで炒めます。
パン粉は牛乳にいれておきます。
ひき肉に玉ねぎ、パン粉、塩、コショウを入れて練り、二つ分に成型します。
スキレットにサラダ油を敷きハンバーグを焼いていきます。
蓋をしながら両面がこんがり焼けたら、カットトマトとケチャップ、塩を入れて蓋をして煮込みます。
5分ほど煮込んだらとろけるチーズと乾燥パセリをかけて出来上がり。

たこのアヒージョ



アヒージョをスキレットで作れば、食材の芯まで均一に熱が通り、食材とオリーブオイルが一体となりおいしく仕上がります。ここではたこのアヒージョを紹介しますが、いろいろな具材が楽しめますよ。

<材料>
オリーブオイル:100cc
にんにく:1片
鷹の爪:1本
ゆでたこ:100g
マッシュルーム:5個
パプリカ:1/4個
塩:少々
バケット:適量



にんにくはみじん切りに、パプリカは2センチ角に、たこは一口大に切って水分をよく取っておきます。
スキレットにオリーブオイルとにんにくを入れ火にかけます。
ポイントは、火にかける前ににんにくを入れること、ゆっくり加熱することで、オリーブオイルににんにくの香りが移っていきます。
にんにくの香りが出てきたら、たことマッシュルーム、鷹の爪、パプリカを入れ、野菜に火が通ったら塩で味を調え出来上がり。
スライスしたバケットにアヒージョのオリーブオイルをつけて食べるとさらにアヒージョを楽しめます。

ふわふわ卵のスフレオムレツ



ふわふわの食感が楽しめるスフレオムレツ。材料もシンプルで作り方も簡単ですが、ポイントは火加減です。スキレットは熱を均等に伝えてくれるので難しい火力調節も比較的簡単にできますよ。

<材料>
卵:2個
バター:10g
塩:少々
コショウ:少々



卵を卵黄と卵白に分けて、卵白を泡だて器で角が立つくらい固めのメレンゲにします。
メレンゲに卵黄、塩、コショウを入れ、メレンゲを潰さないように軽く混ぜます。
スキレットを弱火にかけバターを入れ、バターが溶けたら混ぜ合わせたメレンゲを流し込みます。
蓋をして3分程度、表面に小さな穴が開いてきたら半分に折って出来上がり、お好きなソースをかけてどうぞ。
スキレットは一度温度が上がると冷めにくいので、弱火のまま調理できます。

おつまみにぴったりハッセルバッグポテト



スウェーデン料理でスライスしたじゃがいもにチーズやハムを挟んで作るハッセルバッグポテトをスキレットで作ってそのまま食卓へ。見た目にも楽しくおつまみにおすすめです。

<材料>
じゃがいも:2個
ベーコン:2枚
スライスチーズ:4枚
オリーブオイル:大さじ2



ベーコンとスライスチーズは5センチほど、同じ大きさに切りそろえておきます。
じゃがいもを洗って皮ごと一部分を残して5ミリ間隔で切り込みを入れます。
じゃがいもの両側に割り箸を2本並べて切るとじゃがいもの一部を残して切り込みを入れることができます。
じゃがいもをラップに包んで2分ほどレンジで熱を加え、荒熱を取ります。
じゃがいもの切り込みにベーコンとチーズを挟み、オリーブオイルを入れたスキレットにおきます。
200度に温めたオーブンで15分程度加熱し、焼き上がりにオリーブオイルを軽くかけてでき上がり。

まろやかチーズのチーズタッカルビ



スキレット一つでチーズタッカルビを作ります。2種類のチーズを使って辛口の味付けの鶏肉をマイルドにしていただきます。

<材料>
鶏もも肉:200g
キャベツ:4枚程度
玉ねぎ:1/2個
とろけるチーズ:適量
モッツァレラチーズ:適量
しょうゆ:大さじ2
みりん:大さじ2
砂糖:大さじ1
コチュジャン:小さじ2
ごま油:大さじ1



しょうゆ、みりん、砂糖、コチュジャンをあわせて、一口大に切った鶏もも肉を漬け込み、キャベツ、玉ねぎを一口大にカットします。
ごま油を敷いて熱したスキレットで、たれに漬け込んだ鶏もも肉、玉ねぎ、キャベツを炒めます。
蓋をして弱火で2分ほど蒸し焼きにし、鶏もも肉に火が通ったらとろけるチーズ、モッツァレラチーズを入れ再度蓋をして1、2分で出来上がり。
鳥もも肉や野菜をチーズに絡めてお召し上がりください。

カフェスイーツを家庭で!ダッチベイビー



カフェでおしゃれなスイーツのダッチベイビーを家庭で簡単に作ります。トッピングはお好きなフルーツを好きなだけどうぞ。

<材料>
小麦粉(薄力粉):40g
牛乳:60ml
卵:1個
無塩バター:5g
粉糖:適量
フルーツ:お好みで



牛乳と卵を混ぜて、だまをなくした小麦粉をあわせます。
オーブンにスキレットを入れて200度で余熱、スキレットも一緒に温めます。
温まったスキレットを取り出しバターを敷き、生地を流し入れ、再びオーブンに戻して15分から18分程度焼きます。
取り出してお好きなフルーツをトッピングして最後に粉糖を振りかけて出来上がり。
粉糖をかけると一気にカフェメニューに見えますよ。

人気のスキレット料理本をご紹介

スキレットを使った料理は、簡単ですが奥が深く、何よりおいしく仕上がります。たくさんのスキレット料理本も発行されていますので、使い方の参考になります。ここで人気のスキレット料理本を紹介します。

毎日スキレット! もっと簡単&おいしいスキレット活用レシピ




定番メニューからスイーツまでスキレットを使った簡単メニューがたくさん収録されています。タイトルどおり、毎日スキレット料理でも飽きないメニューの豊富さで、スキレット初心者におすすめです。

塩山舞の「ニトスキ」レシピBOOK




「ニトスキ」とは安価で人気のニトリのスキレットのこと。ニトスキに限らず、スキレット料理のレシピ本としておすすめです。料理家の塩山舞が監修したスキレットの特徴を最大限に生かしたレシピを紹介しています。ワンランク上のスキレット料理が楽しめます。

スキレットで楽しくオリジナル料理を!



スキレットは手入れさえすれば一生使うことができるアイテムです。焼いたり炒めたりするだけの普通のフライパンと違い、スキレットは料理の幅が広がります。いろいろなレシピを参考にして、オーブン料理やスイーツなど自分だけのスキレット料理を作るのも楽しみの一つですね。

スポンサーリンク