バーナー

おすすめのバーナーパット7選!安くても効果は一緒?ユニフレームとキャンピングムーンを比較!

おすすめのバーナーパット7選!安くても効果は一緒?ユニフレームとチャンピングムーンを比較!

キャンプや登山で調理に欠かせないのがシングルバーナー。シェラカップやメスティン料理などのワンバーナークッキングに大活躍です。しかし火力が強すぎて料理を焦がしたり、とろ火調整に苦戦した経験はございませんか?

そんなときにおすすめしたいのがバーナーパット。バーナーパットを使用することで炎を拡散させ、焦げや火力調整のトラブルから開放してくれます。

そこで今回は、ワンバーナークッキングを快適にするバーナーパットについてご紹介します。これまでバーナーの炎をうまくコントロールできず困っていた方必見の内容となっていますので、ぜひご参考にしてみてください。

バーナーパットはいらない?効果はあるの?

バーナーパット 効果

バーナー調理の際にこんな経験ございませんか?

  • メスティンやクッカーでお米を炊いたとき毎回焦がしちゃう…
  • 弱火にしたいけど風が邪魔して火力調整が難しい…
  • クッカーが不安定で調理中は目が離せない…

ひとつでも当てはまる項目があればバーナーパットの出番です。

バーナーパットとは特殊耐熱鋼素材のメッシュ網のこと。バーナーパットを使用することで火力調整が可能となり、五徳で暴れん坊だったクッカーがズレずに大人しく安定することでバーナー調理が快適になります。

まずはバーナーパットを使用する効果やメリットを詳しくご紹介していきます。

炎が拡散され火力を調整してとろ火にもできる

バーナーパット soto

バーナーパットをセットすることで炎が拡散され火力を調整することができます。真っ直ぐ立ち上がった炎がバーナーパットに接することで炎が広範囲に拡散。炎を熱に変換し分散することで火力が下がり、弱火調整が可能となります。

これまでバーナーの火力を弱めてとろ火にしようとしても風のイタズラですぐ炎が消えてしまうというストレスが解消。じっくり時間を掛けて煮込みたいときや保温したいときなどに役立ちます。

高火力を抑えて焦げを軽減できる

バーナーパット ユニフレーム

火力が強いために起こるお焦げ。せっかく作った料理が台無しになった…という経験が誰しもあるかと思います。バーナーパットを使えば一点集中型だった炎が広範囲に拡散されるので火力を弱めることが可能。熱が分散されるので焦げの原因である高火力を抑えた調理ができます。

お焦げはキャンプ飯の醍醐味でもありますが、そのあとの洗い物が大変なのは言うまでもなく…。バーナーパットを使うことで焦げを軽減しクッカーに優しい調理が可能です。

五徳の間隔を調整してクッカーがズレない

バーナーパット ユニフレーム

バーナーパットを使うことで五徳の間隔を調整することができます。バーナーにのせたクッカーやシェラカップが五徳の間隔と合わずちょっとした動きでズレてイライラすることも度々。そんなときはバーナーパットをセットすることでクッカーが安定し、ズレることなく安心してお湯を沸かしたり調理したりすることができます。

特に整地されていないフィールドだと石ころや傾斜地など不安定な要素が多いため、バーナーパットが効果的です。

ミニストーブ効果

バーナーパット いらない

バーナーパットはちょっとしたミニストーブとして活用できます。バーナーパットのメッシュ素材である特殊耐熱鋼が加熱することで遠赤外線が発生し、手をかざすことでポカポカ温かく感じることができます。これは遠赤外線効果であり、カラダの水分と共鳴振動することで熱エネルギーが生まれ、岩盤浴のようにカラダを芯から温める効果があります。

バーナーパットを使うことで調理をしながら手を温めることができるので一石二鳥の効果ありです。

遠赤外線効果で料理が美味しくなる

バーナーパットを加熱することで遠赤外線が発生するとお伝えしましたが、ミニストーブ効果以外にも料理が美味しくなるという効果があります。遠赤外線は表面だけではなく奥深くまで温めることができるので食材の中までしっかり熱が通り、ふっくら美味しく食べることができます。炭火料理や石焼き芋が美味しく感じるのは遠赤外線による効果のお陰です。

バーナーパットのサイズ選び

バーナーパット サイズ

バーナーパットには、使用するバーナー器具に合わせてSとMの2サイズがあり、適正サイズを選ぶ必要があります。ここではユニフレームのバーナーパットを例にサイズの選び方についてご紹介します。

バーナーパットSサイズ

サイズ 約120×120mm
重量 約50g

フレーム枠が12cmの正方形をしたサイズ感なので、コンパクトバーナーや固形燃料タイプのポケットストーブ・ミニ焚き火台などの小型バーナーに最適です。

【適合する主なバーナー例】

  • SOTO:ウインドマスターSOD−310
  • スノーピーク:ギガパワーマイクロマックスウルトラライトGST−120R
  • エスビット:ポケットストーブ

バーナーパットMサイズ

サイズ 約150×150mm
重量 約65g

フレーム枠が15cmの正方形をしたサイズ感なので、一般的なシングルバーナーやレギュレーターストーブに最適です。

【適合する主なバーナー例】

  • イワタニ:ジュニアコンパクトバーナーCB−JCB
  • SOTO:ST−310、ST−330
  • EPI:REVO−3700

ユニフレームのバーナーパットを使ってみた

実際にsotoのシングルバーナーとユニフレームのバーナーパットを使用した時の効果の違いを見ていきましょう。

ユニフレームのバーナーパットの効果

ユニフレーム バーナーパット soto

sotoシングルバーナーの炎は幅が小さく、そのままの状態では点で火がクッカーに当たってしまいます。点で当たってる部分が特に温度が上がり、焼きむらや焦げ付きの原因になります。

ユニフレーム バーナーパット soto

ユニフレームのバーナーパットを置くと、真上へと上がっていた炎が押さえつけられて、青い炎が赤い熱へと変わり丸いドーナツ状に広がります。

ユニフレーム バーナーパット soto

そのまま熱すると燃焼範囲も大きく広がり、クッカーが面で熱がとらえることができるようになり、底面全体の温度が上がり料理や炊飯がしやすくなります。

ユニフレームのバーナーパットでお湯を沸かしてみた

ユニフレーム バーナーパット soto
バーナーパット無し 2:09
バーナーパット有り 3:44

sotoシングルバーナーを同条件の火力で、300mlのお湯を沸かした時にかかる時間の違いです。

バーナーパットが伝える熱の範囲がメスティンの幅以上になったため、お湯を沸かすスピードが遅くなりましたが、同じ火力でも広範囲に熱を加えてくれることで、焼きむらや焦げ付きを軽減してくれる結果となりました。

ユニフレームとキャンピングムーンのバーナーパット比較

ユニフレームとキャンピングムーンのバーナーパット比較

ユニフレームとキャンピングムーンのバーナーパット比較してみました。サイズは一緒ですが、重量の違いが20g程度の差がありますが、そこまで気にすることではなさそうです。

メッシュ部分の違い

バーナーパット 比較

メッシュ部分はユニフレームのバーナーパットよりキャンピングムーンの方が、耐熱鋼がきめ細かく編み込まれていて耐久性があるような印象です。

メッシュ部分の張りがユニフレームはピンと張っているのに対し、キャンピングムーンは真ん中あたりに少しだぶつきがあるのが少し気になります。

変形する?

バーナーパット 比較

バーナーパットは熱すると少し盛り上がってしまい、クッカーのバランスが不安定になりますが、熱し続けるとクッカー底面にフィットして安定します。ユニフレームとキャンピングムーンのバーナーパットどちらとも同じようになります。

バーナーパット 比較

使用後は同じように少し変形しました。

熱伝導率

バーナーパット 比較

同じ火力でバーナーパットを使用してみましたが、キャンピングムーンの方が熱伝導率が良いのでしょうか?赤く熱せられた部分が強く大きくなりました。

お湯を沸かしてみましたが、かかる時間に差はほとんどなかったので、バーナーパットの効果に大差ない様な印象です。

おすすめのバーナーパット

それではおすすめのバーナーパットをご紹介していきます。購入をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

UNIFLAME バーナーパッド

バーナーパットの定番モデルとも言えるユニフレーム製。シングルバーナーの炎を拡散し赤外線の熱に変換します。火力調整が難しいシングルバーナーの弱点を克服しとろ火調理を可能にします。S(120×120mm)とM(150×150mm)の2サイズ展開。

CAMPING MOON ファイアパッド

通常の平織りによる網目を「綾織」にすることでメッシュ密度を高め強度を向上させたバーナーパット。S、Mサイズが展開しており、シェラカップサイズからメスティン、山クッカー角型などの大型クッカーに対応します。

SRECNO バーナーパッド

幅150×150mmの使い勝手のよいサイズ感でありイワタニジュニアコンパクトバーナー(CB−JCB)に適用。嬉しいお手頃価格なのでお試しモデルとして初めてのバーナーパット購入におすすめです。

FUTURE FOX バーナーパット

Amazonベストセラー「イワタニジュニアコンパクトバーナーCB−JCB」にジャストフィットする140×140mmサイズのバーナーパット。フレームに五徳外寸がぴったり収まる溝を設けているのが特徴でズレることなく安心して使用できます。

YOLER バーナーパッド遮熱板セット

バーナーパットと遮熱板のセットモデル。輻射熱による高温からCB缶を守る遮熱板が付いているので安心して使用できます。サイズは「120×120mm」と「150×150mm」の2サイズ展開。収納ケース付きなので遮熱板と一緒に持ち運べます。

Chaslean シングルバーナーパッド

コンパクトバーナーやポケットストーブに程よい大きさの140×140mmサイズ。ユニフレームの約1/2ほどの価格で購入できるのでバーナーパッドを多用するユーザーのリピート買いモデルにおすすめです。

Yumosmn バーナーパッド

Amazonでの評価も高く低価格で購入できるバーナーパット。シェラカップやメスティン炊飯、また保温やコーヒー焙煎の炙りなど、じっくり時間を掛けて調理したいときの五徳代わりに適した140mm×140mmサイズです。

バーナーパットのデメリットや使用上の注意点

バーナーパット メスティン

バーナーパットは炎を拡散し熱に変換するため火力調整ができるというメリットがありますが、その反面デメリットも存在します。ここではバーナーパットのデメリットや使用上の注意点をご紹介していきます。

輻射熱に注意

バーナーパット いらない

バーナーパットを使用することで輻射熱が発生します。輻射熱とは遠赤外線の熱線によって放射された熱のこと。高温の放射熱がガス缶を熱くすることでガス圧が上昇し爆発する危険があります。そのためバーナーパットを使用中はガス缶自体が熱せられて熱くなっていないかチェックが必要です。

バーナーパット 輻射熱
バーナーパット無し 34.5℃
バーナーパット有り 61.9℃

火力・時間・気温を同条件でシングルバーナーを使用してお湯を沸かした時の、バーナーパット有り無しの輻射熱によるテーブル温度の違いです。燃焼中は90℃程度の熱気が放出されているので、長時間の使用は危険です。

輻射熱対策として、放射熱を遮る遮熱板を取り付けるか、バーナーとガス缶が分離したセパレートタイプのガスバーナーを使用するとよいでしょう。

使用直後は火傷に注意

ユニフレーム バーナーパット

バーナーパットを使用していて最も起こしやすい事故が素手で触ることによる火傷。使い慣れたベテランでも油断してると素手で掴もうとすることが多く、取り扱いに注意が必要です。

火傷を防ぐためにも火を取り扱うときはグローブや火ばさみ・トングなどを必ず持ち合わせる習慣を身につけましょう。

火力が低下する

バーナーパット soto

バーナーパットを使用することで火力の低下が起こります。炎を拡散させて火力調整するのがバーナーパットのメリットですが、その反面熱が分散されるので当然火力が低下し調理時間が掛かりがち。

そのためとろ火でじっくり時間を掛けて調理したい煮物や保温目的、また焦げを作りたくない焼き料理や炊飯などはバーナーパットを使用し、お湯沸かしなどはバーナーパットを外すなど工夫が必要です。

固形燃料でバーナーパットは使える?

バーナーパット 固形燃料

バーナーパットはガスバーナー以外にも、固形燃料を熱源とするポケットストーブにも使用できます。固形燃料はガスバーナーのようにガス量を調整する機能がないのでただただ炎の勢いに身を任せるまま。そのため火力調整できるバーナーパットが効果的に使えます。

しかし取り扱いには最心の注意が必要であり、直接固形燃料の炎で食材を焼いたり炙ったりしないことが重要です。

固形燃料の主原料はメタノールをゲル状に固形化したもの。揮発したメタノールは有害物質を含んでおり、固形燃料で直接焼いたり炙ったりした食べ物を人体に取り込むことは有害であり危険です。

そのため固形燃料を熱源とするポケットストーブでトーストやマシュマロ・お餅を焼くなど焼き料理に使う時は、バーナーパットにアルミホイルを敷くなど、直接食材に炎が当たらないよう注意する必要があります。

アルコールストーブでバーナーパットは使える?

バーナーパット アルコールストーブ

アルスト(アルコールストーブ)でバーナーパットを使用するのは危険ですので控えましょう。ユニフレーム公式サイトのバーナーパットにはこのような注意書きがなされています。

※アルコールバーナーにはお使いいただけません。不完全燃焼を起こします

引用元:UNIFLAMEバーナーパット

アルコールストーブとはその名の通りアルコールを熱源とする燃焼器具のこと。メタノール(メチルアルコール)を燃やし熱エネルギーを得ることで調理器具として使用するのですが、バーナーパットを使用することで酸素不足となったガスが不完全燃焼を起こします。

赤い炎は酸欠になったガスが不完全燃焼を起こしている目印。不完全燃焼となったガスは一酸化炭素中毒を引き起こすので非常に危険です。

アルコールストーブを使用したときに目や鼻に刺激臭を感じた方が多いのでは?それは燃料であるメチルアルコールが人体に有害である証拠。〈目散るアルコール〉と言われるほどですので、くれぐれもアルコールストーブにバーナーパットを使用しないよう注意しましょう。

キャンプや登山におすすめのウインドスクリーンを軽量・コスパ比較!
キャンプや登山におすすめのウインドスクリーンを軽量・コスパ比較!キャンプや登山に必要不可欠なバーナーやストーブ。お湯を沸かしたり調理をするときに欠かせない必至アイテムです。しかし風が強くてうまく着火し...
赤外線ヒーターアタッチメントのおすすめ4選!原理や効果は?【フューチャーフォックス・BSR比較】
赤外線ヒーターアタッチメントのおすすめ4選!原理や効果は?【フューチャーフォックス・BSR比較】冬キャンプを楽しく行うためには寒さ対策が必要不可欠です。テントの種類や着るものを工夫することも重要ですが、ストーブ等の暖房器具があればよ...

まとめ

おすすめのバーナーパット7選!安くても効果は一緒?ユニフレームとチャンピングムーンを比較!

今回は、おすすめのバーナーパットについてご紹介してみました。

バーナーパットがあれば、一点集中するバーナーの炎を広範囲に拡散し炎を熱に変換してくれます。柔らかい炎に変換してくれるので火力調整が可能となり、煮込みや保温に適したとろ火料理が可能です。さらに熱が分散するため焦げを軽減、遠赤外線効果によりミニストーブとしても使用できます。

これまで風に悩まされ火力調整に苦戦していた方や炊飯のお焦げ対策などに効果的ですので、ぜひお試しくださいね。

今回紹介したバーナーパット

UNIFLAME CAMPING MOON SRECNO FUTURE FOX YOLER Chaslean Yumosmn
¥1,497 ¥910 ¥799 ¥1,980 ¥920 ¥699 ¥699
amazon amazon amazon amazon amazon amazon amazon

※価格は2021年11月現在の価格なので、商品リンクからご確認ください。

焚き火と火ばさみ
【2021】火バサミのおすすめ比較!キャンプの焚き火でどれが使いやすい?【トングとの違いも】火バサミはキャンプで焚き火やバーベキューをする際に必須のアイテムです。アウトドア用品の中ではあまり目立たない存在ですが、使用頻度が高いの...
キャンプグローブのおすすめ10選!おしゃれな革手袋からコスパ抜群な革手袋まで一挙紹介!キャンプグローブを持っているかどうかでキャンプの快適さが大きく変わります。普段からキャンプでは軍手を使用している方も多いと思いますが、キ...
ABOUT ME
ZEEN
元アウトドアショップスタッフのWEBライター
こんな記事もおすすめ