モーラナイフは一般的なキャンプでの料理から、最近人気が高まっているブッシュクラフトまで幅広く使用できる万能ナイフ。
初心者にも使いやすいナイフとしておすすめです。
豊富な種類の中から、特に人気のあるコンパニオンとヘビーデューティの違いや使い方を比較してみました!

モーラナイフとは?



モーラナイフとは、スウェーデンのモーラ地方で設立された創業120年以上という老舗ナイフブランドのモーラ社が製造しているナイフです。
さまざまなナイフを製造販売していますが、アウトドア用ナイフが特に有名です。

安価で購入できるナイフとしては、かなり高品質で使いやすく、ナイフ初心者から上級者まで幅広く支持を得ています。

ナイフの刃の材質はステンレスとカーボンスチール

モーラナイフの刃の材質には、錆に強いステンレス製と切れ味抜群のカーボンスチール製の2種類があります。
どちらにもメリット・デメリットはありますが、選び方のポイントとしては

「料理や釣りなど水に濡らして使うことが多い場合は錆に強いステンレス製」

「それ以外であれば切れ味が良く研ぎやすいカーボンスチール製」

というのを基準に選ばれることが多いようです。

スポンサーリンク

モーラナイフコンパニオンとヘビーデューティの違いを比較



コンパニオンとヘビーデューティはデザインや見た目がほとんど同じで、ヘビーデューティの方が若干大きいくらいです。
この二つのナイフの大きな違いは刃の厚さです。
価格も大きな差はありませんが、刃厚が薄いコンパニオンの方が低価格で購入できます。


スペック比較表

コンパニオン ヘビーデューティ
刃の材質 ステンレス カーボン ステンレス カーボン
刃長 約10.4cm
(全長約21.9cm)
約10.4cm
(全長約21.8cm)
約10.4cm
(全長約22.4cm)
約10.4cm
(全長約22.4cm)
刃の厚さ 約2.5mm 約2.0mm 約3.2mm 約3.2mm
重さ 約84g 約77g 約104g 約101g

モーラナイフコンパニオンの特徴

モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (ステンレス)




コンパニオンは刃の厚さが約2mm~2.5mmで、ヘビーデューティより薄いのが特徴です。
軽量で切れ味もよく、調理はもちろんのことハードな使い方以外であればどんな作業もこなす使い勝手の良いナイフ。

コンパニオンは、モーラナイフのラインナップの中では最も安く購入でき、初心者でも気軽に手にすることができるナイフとして人気があります。
アウトドアナイフの最初の一本としてもおすすめです。

モーラナイフヘビーデューティの特徴

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty Orange




ヘビーデューティの特徴は、刃の厚みが約3.2mmと厚く丈夫な点で、かなり手荒に扱っても壊れない頑丈なナイフとして定評があります。
アウトドアでは何かと必要な、木を切る作業に向いています。
刃が厚めなので繊細な作業には向いていませんが、キャンプでのざっくりとした調理であれば難なくこなせる万能ナイフです。

以前はカーボンスチール製のみでしたが、2019年に錆に強いステンレス製も販売が開始されています。
コンパニオン同様、かなり使い勝手が良いナイフの割に、モーラナイフのラインナップの中では安価で購入できることでも人気の高さを保っています。

モーラナイフコンパニオンとヘビーデューティ使い方の違い

コンパニオンもヘビーデューティも実用性抜群でコスパの良いナイフですが、それぞれどのような使い方が適しているのかを比較してみました。
まずはコンパニオンからご紹介します。

モーラナイフコンパニオンの使い方

コンパニオンの刃厚は約2~2.5mmと薄いため、ハードな作業には不向きですが、細かな作業は得意なので主に調理に使われることが多いようです。

ステンレス製であれば、錆にも強いので水場での調理も気にせず使用できます。
魚をさばいたり、野菜を千切りにしたり、といった細かな調理も可能です。
購入後の研ぎ直しが必要なくすぐに使うことができます。

バトニング(ナイフを木材で叩いて、細かな薪を作る作業)にも使えるようですが、刃が欠けてしまう可能性があるため注意が必要です。
フェザースティック(着火剤用にナイフで木を薄く削る作業)くらいであれば問題なく使える万能タイプです。

モーラナイフヘビーデューティの使い方

ヘビーデューティは刃厚が約3.2mmあり、コンパニオンと比べると頑丈でハードな作業にも使えるタイプです。
最近人気が高まっているブッシュクラフト用に購入する人も増えているようです。

切れ味の良さに定評があるカーボン製は、簡単なバトニングやフェザースティック作りに向いています。
バトニングに関しては、割りにくい素材の木もあり、無理矢理使うと刃が欠けたり折れたりする場合もあるので注意が必要です。

2019年にステンレス製モデルも販売され、水場で使用する場合やこまかな手入れが面倒な場合におすすめです。
刃が厚いので繊細な作業では使いにくいですが、おおざっぱに肉や野菜などの食材を切ったり、魚をさばいたりすることはできます。

ヘビーデューティはある程度なんでも万能にこなせるため、ソロキャンプや焚き火をするときにも便利な実用性の高いナイフとして多くの人に愛用されています。

スポンサーリンク

モーラナイフの選び方のポイント



モーラナイフのコンパニオンとヘビーデューティはそれぞれにメリット・デメリットがあり、使われている材質も2種類あります。
初心者の方であれば、結局どのナイフがいいのだろう?と悩んでしまう方も多いでしょう。
選び方のポイントをまとめたので、モーラナイフ選びの参考にしてみてください。

コンパニオンをおすすめの方

ステンレス

  • 水場での調理メイン
  • こまめな手入れが不要
  • 錆に強い
  • カーボン

  • 安価で気軽に購入でき、切れ味抜群
  • 調理からフェザースティック作り
  • 錆対策が面倒じゃなく、むしろ黒錆加工を楽しみたい


  • ヘビーデューティがおすすめな方

    ステンレス

  • こまめな手入れが不要
  • ブッシュクラフト用
  • 水場でも使いたい
  • カーボン

  • ブッシュクラフトから簡単な調理までマルチに使用したい
  • 錆は気にしない


  • モーラナイフの手入れ方法



    ステンレス製とカーボンスチール製で手入れ方法が少し違ってきます。
    それぞれの手入れ方法のポイントをまとめました。

    ステンレス製ナイフの手入れ

    ステンレス製は錆に強くこまめな手入れが不要というメリットがありますが、使いっぱなしではいずれ錆びて刃もボロボロになってしまいます。
    使うたびにする必要はありませんが、たまに砥石(#1000くらいの中砥石)で研ぐようにしましょう。

    カーボンスチール製ナイフの手入れ

    カーボン製は切れ味が良く研ぎやすいのが特徴ですが、水に弱く錆びやすい性質があります。
    錆がついたままにしておくと、どんどん侵食されて切れ味が悪くなってしまいます。
    錆がついてしまったら、砥石で研いで錆を落としておくことをおすすめします。

    カーボンスチールには黒錆加工

    必要であれば、錆を防ぐ黒錆加工をしておきましょう。
    モーラナイフの黒錆加工は紅茶のティーバッグとレモン汁かお酢があればできます。

    黒錆加工手順
    ➀ナイフは(錆は落とす)クレンザーで油分を落としておく
    ➁濃い目の紅茶を作る(目安:お湯500mlにティーバッグ5~6個)
    ➂煮出した紅茶の量に対して3割くらいのレモン汁かお酢を入れて混ぜる
    ➃2~3時間ナイフを浸しておく(途中、ブクブクと泡がでるのは化学反応中)
    ➄刃が黒く変化したら、取り出して水でサッと洗い流ししっかりと乾燥させる
    ※刃に触らないように注意
    ➅オリーブオイルを塗って完成(この工程は必須ではありません、お好みで)

    まとめ







    使い勝手がよく安価で気軽に購入できることでも大人気のモーラナイフのコンパニオンとヘビーデューティを比較してみました。
    結論としては、調理がメインならコンパニオン、食材をざっくり切るくらいの調理やブッシュクラフトなら頑丈なヘビーデューティがおすすめです。

    とにかくどちらも使いやすく安価で購入できるナイフなので、悩んだけど最終的に両方購入して使い分けているという方も多いようですね。
    初心者から上級者まで、使う人を選ばないシンプルな作りもファンが多い理由の一つになっているようです。

    スポンサーリンク