ファイヤースターターで火起こしをしたいと考えている人のために、ファイヤースターターの使い方から選び方、そして初心者におすすめのファイヤースターターを紹介します。

アウトドアを楽しむなら火起こしから拘りたいと思う人も多いでしょう。
ライターなら簡単に火が付くかもしれませんが、それでは味気ないし、天候が悪いと火が付かない事もあります。
ファイヤースターターなら、天候に左右されずに火を付けられるし、何よりも自然の中で過ごす楽しさが増します。

ファイヤースターターとは

ファイヤースターターとは一言で言うと「火付石」の事です。
火花を起こして点火する仕組みで、マグネシウムファイヤースターターとも言います。

燃料がいらず水に濡れていても点火でき、しかも小型で携帯しやすいことから、キャンプや登山などアウトドアシーンで活躍してくれます。
強風や雨などライターが使えないような悪天候の状況でも火を起こせるので、アウトドアだけでなく災害時にも使えます。

スポンサーリンク

ファイヤースターターの使い方のコツ!

ファイヤースターターで火を起こすにはコツがいります。
初心者には難しいので、実際に使う前に使い方をしっかりと覚えておきましょう。

マグネシウムを削る

最初に火種となる紙を用意します。
新聞紙やティッシュペーパーなど紙なら何でも構いません。
その上にストライカーやナイフを使ってマグネシウムを削ります。
削ったマグネシウムは着火しやすいよう、ひとまとまりにしておきましょう。

火を点火する

マグネシウム本体をストライカーで摩擦させ火花を起こします。
削ったマグネシウムの粉に火花を飛ばすことが出来れば点火します。
この時、マグネシウム本体を動かすと上手に火花が飛んでくれません。
マグネシウム本体の位置は固定し動かさず、ストライカーを手前に引くように動かすと火花が付きやすく、コントロールもしやすいので覚えておきましょう。

火を大きくする

点火したらその火を大きくしていくために、新聞紙や枝を入れていきます。
一気にたくさん入れるとせっかくの火が消えてしまう事もあるので、燃えやすい紙や小枝から徐々に入れるようにしましょう。

上手に火起こしをするためのコツ

上手にファイヤースターターを使うためには火種にも気を配る必要があります。
麻ひもや割りばしの削りかすは比較的火持ちが良いのでオススメです。

フェザースティックにおすすめナイフ5選!作り方のコツも解説!

ファイヤースターターの選び方

ファイヤースターターは初心者には難しいので、最初は使いやすいものを選ぶようにしましょう。
ここからはファイヤースターターの選び方を説明します。

ストライカーの形状で選ぶ

まずはストライカーの形状です。
上手に火花を起こすにはしっかりと握って力の入るものが良いです。
グリップ付きのタイプもあるので、出来れば試しに握ってみて力が入るか確認すると良いでしょう。

また、初心者はストライカーが7cm以上のものを選びましょう。
これはロッドと手が近すぎると火花を起こしにくいからです。
携帯性も重視したいところですが、ストライカーにはある程度の大きさは必要です。

タイプで選ぶ

アウトドアで使う以上、携帯性は気になるでしょう。
ネックレスのように首から下げるタイプや、ブレスレットのように身に着けられるタイプもあります。

しかしこれらのタイプは紛失しにくい反面、ロッドやストライカーが小さくなりがちです。
中級者以上にはおすすめですが、初心者には不向きでしょう。

火起こしのしやすさで選ぶ

これはロッドの長さで決まります。
ストライカーでマグネシウムを削る時、力加減などが難しいのです。
ロッドが短いと削る時も火花を飛ばす時もなかなかうまくいきません。
初心者はロッドが5cm以上あるものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

初心者におすすめのファイヤースターター!

初心者が扱いやすいファイヤースターターを厳選してご紹介します。

GERBER(ガーバー)ベア・グリルス ファイヤースターター




1939年に創立し、全世界にファンを持つナイフ&ツールブランド「GERBER」から出ている、サバイバルのスーパースター「ベア・グリルス」モデルのファイヤースターターです。

黒の本体にオレンジ色がアクセントとなり、アウトドアシーンに良く映えるデザインとなっています。
防水で万が一マグネシウム部分が水に濡れても乾いた布でふき取れば問題なく使用できます。
また、ホイッスルも付いているので、非常時にも活用できます。

サイズ:12cm×2.2cm

Rothco(ロスコ)ファイヤースターター672




低酸素や雨風にさらされる場所でも点火しやすいのが特徴です。
その為、初心者でも扱いやすく初めてファイヤースターターを挑戦する人にもおすすめです。
マグネシウムをたっぷり使っているので、長く使うことが出来、コスパが高いのもファイヤースターター672の長所と言えます。

「Rothco」はミリタリー・タクティカル・サバイバル・アウトドア製品のブランドで、60年以上にわたり製品を提供してきました。
その品質は、米軍を始め各国の軍隊へ供給するなど世界中で認められています。
そんなRothcoのファイヤースターターだからこそ、安心して使うことが出来ます。

サイズ:7.5cm×2.5cm

Chileeanyファイヤースターター




10cmと大きめサイズのロッドで初心者でも扱いやすいファイヤースターターです。
使用回数は15000回なので長く使えます。

ホイッスルと缶オープナーがセットになっているので、アウトドアでの機能性は抜群です。
リーズナブリな価格で扱いやすくしかも多機能と、コスパの良いファイヤースターターなので、初めて購入を考えている人にはおすすめです。

サイズ:火打ち石全長10cm ロッド部径0.8cm

The Friendly Swede(フレンドリー・スウィード)ファイヤースターター




7cmと扱いやすい長さのフェロセリウムロッドが木目のハンドルに着いた、北欧らしいデザインのファイヤースターターです。
スウェーデン発祥のThe Friendly Swedeらしく、ツバキ科の木材が使われたハンドルはナチュラルでスタイリッシュなデザインに仕上げられ、アウトドアにピッタリの雰囲気を持っています。
ロッドは7cmと十分な長さがあるので、使用回数は10000回まで使えます。
こちらのファイヤースターターは、ストライカーには50mm定規とボトルオープナーの機能が付いているので、アウトドアで活躍の場が増えそうです。

サイズ:ロッド7cm

SURVIVE(サバイブ)マグネシウムメタルマッチ




軽量・コンパクトなファイヤースターターで、釣りや登山など険しい山道を歩く時にも携帯しやすいファイヤースターターです。
明るい火花は緊急信号にもなるので非常時にも役に立つ1品です。
扱いやすく手頃な価格のファイヤースターターなので、初めての購入でもお試し感覚で使えます。

サイズ:横2.5cm×縦7.5cm×厚さ1cm

まとめ

登山、キャンプなどアウトドアにおいて、焚き火は必ずと言っていいほど必要になります。
マッチやライターでは風が強い日や雨の日はなかなか火が着かないこともありますが、ファイヤースターターなら天候に左右されること無く火を起こすことが出来ます。

アウトドアにおいて火を起こすということは、楽しむためだけでなく、非常時の救難信号にもなる重要な要素です。
だからこそファイヤースターターは、アウトドアツールとして世界中のアウトドアファンから愛されてきたのです。

現在では、火起こし以外の様々な機能が付いた製品も多数販売されており、その機能性は飛躍的に向上しています。アウトドアを楽しみたいのであれば、ファイヤースターターを1つ持っておくのも良いでしょう。

スポンサーリンク